結婚を後悔する男性の割合は?後悔する理由と結婚生活を続けるコツ!

この記事の情報提供者

結婚を後悔する既婚男性は、決して少なくないということを知っていますか?華やかなイメージのある結婚ですが、実際にはそんなに簡単にいくものではありません。

そこで今回は、恋愛コンサルタントのAnnalieseさんのお話をもとに、結婚後に後悔する男性の割合や、後悔してしまう理由についてまとめました。また、結婚を後悔しながらも離婚しない理由や、結婚生活を続けるために注意していることなどについても紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

既婚男性が結婚後に後悔している割合


結婚したことを後悔しているという男性は、決して少なくありません。華やかで幸せなイメージが抱かれがちな結婚。ところが、既婚の男性が結婚を後悔している割合を見ると、「実際には、結婚はそんなに甘くない」ということがわかります。

そこで、どれくらいの男性が結婚を後悔しているのか、見てみましょう。

日本の男性の場合は約30%

ある調査によると、結婚したことを後悔している人は、およそ30%と言われています。最近では、離婚率も高くなってきていて、30%の夫婦が離婚しているという結果もあるのです。そのため、「結婚を後悔している人が、30%ほどいる」という結果も納得の数字と言えるでしょう。

その一方で、潜在的に結婚を後悔している男性は、もっといると考える人も少なくありません。なぜなら、結婚を後悔した人の全員が離婚をするわけではないから。たとえば、結婚を後悔している人が50%であっても、何らかの事情で離婚ができず、結果的に離婚率が約30%になっているというケースも考えられます。

結婚したことに後悔しながらも、そのまま結婚生活を続ける男性の心理についてはのちほどご紹介しますが、結婚を後悔している男性は決して少なくないということがわかるでしょう。

欧米の男性の場合は約50%


欧米では、今や2組に1組以上の夫婦が離婚することもあると言われています。そのため、欧米の男性が結婚を後悔する割合は、約50%と考えられるでしょう。

ですが、離婚率が50%であっても、男性が結婚を後悔しているとは限りません。つまり、離婚した夫婦のすべてが男性ではなく、女性の後悔を原因とする離婚である場合も考えられるということです。そのため、約50%という数値は、あくまで参考程度と考えるのが良いでしょう。

このように見比べると、日本の離婚率はまだ3組に1組ほど。欧米に比べると、結婚を後悔している人が多いというわけではありません。とは言うものの、昔と比べて少しずつ結婚を後悔する人の割合が増えてきているというのが現状です。

既婚男性が結婚後に後悔する理由


結婚を後悔する男性は、決して少なくありません。世の男性が、どんな理由で結婚を後悔しているかを把握することで、今後の参考になるケースは少なくありません。

「女性を見るときには、ここに注意しよう」「こういう人とは、結婚しないようにしよう」と役立つことも多いので、既婚男性が結婚後に後悔する理由について、まとめました。

ちゃんと家事ができない

最近では、共働きが増えてきており、男女平等の考え方が広がりつつあります。そのため、家事や子育てを夫婦で分担するというケースは珍しくありません。

それでも男性は、女性に家事ができることを求める傾向があります。完璧に家事をこなしてほしいと願う男性はそこまで多くないとしても、まったく家事ができない女性を見ると、落胆してしまうというケースは決して珍しくありません。料理や掃除ができないとなると、男性にとって安らぐ家がないと感じることでしょう。

また、奥さんとの食生活の違いや生活習慣の違いによって、離婚を考える男性も少なくありません。周りの人から見ると、取るに足らないと感じることでも、「この女性とは暮らしていけない」と感じてしまう男性がいるのです。料理の味付けや洗濯物の畳み方など、些細なことが積み重なって、結婚を後悔してしまう男性は決して珍しくありません。

金銭感覚の違い


付き合っているときはお財布を別にしていても、結婚後にお金をひとつにまとめる家庭は多いもの。この場合、家庭のことを考えずに女性がお金をたくさん使っていると、男性は呆れてしまうことでしょう。共働きの夫婦が増えてきているものの、男性のほうが収入が多いというケースはまだまだ一般的。

「男性は外で働いて、女性は家庭を守る」という考え方が、抜けきれていない人も少なくありません。なので、「男性は仕事を頑張って、たくさんの収入を得ることが役割」と考えている人は多いもの。そのため、男性が必死になって働いたお金を、湯水のように無駄遣いする女性を見ると嫌気が差してしまうのです。

「この女性と一緒にいる限り、いくら働いても自分は裕福にはなれない」と感じてしまい、真面目に働くことが馬鹿らしく感じてくるケースもあります。そのため、結婚相手との金銭感覚の違いは、男性にとって大きなマイナス要素となるのです。

結婚したことに後悔しながらも、既婚男性が結婚生活を続けている理由


結婚したことに後悔しながらも、そのまま結婚生活を続ける男性には、それなりの理由があります。この理由を把握しておくことで、離婚の難しさがわかるでしょう。

それは、「気軽に結婚相手を決めてはいけない」「自分だけが離婚を切り出せないというわけでない」という考え方につながるので、この機会に把握しておきましょう。

子どものことを考えているから

子どもがいる場合には、離婚をするといろいろとややこしいことがあります。親権や養育費、子どもとの離婚後の関わり方などです。

また、親が離婚すると、少なからず子どもはショックを受けるもの。その度合いが大きいほど、子どもにとって良くない影響を与えてしまいがち。子どもの将来を大きく傾かせてしまうおそれもあることから、簡単に離婚することができなくなってしまうのです。

離婚は単なる事務処理だけで片付く話ではありません。夫婦だけでなく、子どもの一生を大きく左右することだからこそ、うかつに離婚に踏み切れないのです。

妻が離婚後に生活できない


妻が専業主婦をしている場合、男性は離婚を躊躇う傾向があります。なぜなら、専業主婦をしている期間が長いほど、離婚後に生活ができなくなる可能性が高くなるから。

長く専業主婦をしているほど、社会とのつながりが薄れてしまい、仕事を見つけにくくなるもの。「結婚をしていたから長期間働かなかったが、離婚を機に働きたくなった」という女性は、採用されにくくなる傾向があります。離婚後、妻が仕事に就けなかった場合には稼ぎがゼロになってしまうので、なかなか離婚しづらくなるのです。

なんだかんだ言っても情がある場合も多く、離婚後にまともな生活が送れないことをイメージして、離婚を切り出せないという男性は少なくありません。

結婚生活に後悔している男性が、結婚生活を続けるために行っていること


結婚は楽しいことばかりではありません。そのため、辛いときや苦しいときに、どのように相手と向き合うかによって、将来が大きく変わってきます。

そこで、結婚生活に後悔している男性が、結婚生活を続けるために行っていることについて、まとめました。

距離を置く

夫婦になると、一緒にいる時間が長くなってしまうもの。なので、相手の嫌な部分を見てしまうことも増えてしまいがち。

そのため、お互い一人になれる時間を作ったり、別々のことをして過ごしたりといった気分転換をして、ある程度の距離を保つことも大事です。少し距離を置くことで、相手の大切さがわかるケースも決して珍しくありません。

しっかりとコミュニケーションをとる


思っていることは、言葉にしないと相手には伝わりません。そのため、2人の関係が良くない場合には、その問題を解決するための話し合いをすることも大事です。お互いに嫌なことを言い合うのではなく、より良い夫婦になれるように話し合うことで、これまでよりも深い愛が育まれるでしょう。

まとめ

結婚を後悔している男性は、少なくありません。そのため、できる限り早い段階で、「なぜ結婚を後悔してしまうのか?」「後悔しながらも、結婚生活を送らなければいけない理由は何か?」ということを押さえておきましょう。

先のことを見越して、できる限り具体的なイメージを持っておくと、より良い結婚生活を送れるはず。少しでも将来を明るくするために、今回お伝えした内容を役立ててくださいね。