モテる顔になりたい!男性ウケする顔を演出するテクニックを伝授


モテる女性ほど、付き合う男性の選択肢は当然多くなるもの。男性の支持率の高さに影響する要素はいろいろとありますが、一番重要なのはズバリ顔です。

そこで今回は、恋愛に詳しいkirakiramuuさんに聞いたお話をもとに、どのような顔の人が男性ウケするのかや、そのような顔に近づけるための効果的な方法についてまとめました。モテる顔になりたいと思っている女性は、ぜひ参考にしてみてください。

モテる顔の特徴

男性ウケする女性の顔は、どのような要素を持っているのか……。ここでは、顔のパーツ別に焦点を当てて解説していきます。それではさっそく、順番に詳しく見ていきましょう。

目元

まず、瞳が大きくまつ毛が長いのが、モテる顔の特徴として含まれます。黒目が大きいと瞳が大きく見え、まつ毛は12mmほどの長さがあれば印象がまったく違い、目の印象が強くなります。

次に、涙袋があるのもモテ要素のひとつです。目の下がふっくらとして涙袋があると、優しく愛情深いような印象を与えます。なお、涙袋があっても血色が悪ければ、不健康なイメージになってしまいます。

口元

ぷっくりとした唇は、モテる顔の特徴のひとつです。唇が薄ければ冷たそうに見えてしまいますし、セクシーさがありません。唇は、メイクでみずみずしいツヤ感が出ているのもモテ要素に含まれます。

口元については、口角がキュッと上がっているのが好印象です。反対に口角が下がっていると、不幸せそうな印象や、怒っているわけではないのに不機嫌な印象を与えてしまいます。

そのほかには、歯も男性ウケするかどうかを大きく左右します。歯並びが良く白い歯は上品な印象や清潔な印象を与えるだけでなく、笑顔も魅力的に映るためです。

頬がふっくらとしていて血色が良いのも、モテる要素のひとつです。頬がふっくらしていて血色が良いとかわいらしい印象を与えます。人相学的にもこのような頬を持つ人は人気運があるとされているのです。

一方、シャープな感じになると、男顔になってしまいます。さらに血色が悪いとげっそりとした、不健康なイメージに……。

鼻については鼻筋が通っていることは大切なのですが、鼻先までシャープだとプライドが高そうで、男性からは敬遠されてしまいがちです。一方、ちょっと丸みのある鼻のほうが、親しみやすさを感じさせてモテ度は高いです。

モテる女性が持つ顔の特徴は、肌にも見られます。多くの男性が支持する女性というのは、透明感がある、美しい白い肌を持っているのです。クレンジングと洗顔、保湿といった日ごろのケアを怠らなかったり、ベースメイクで上手く透き通るような美肌を演出したりしています。

モテる顔の女性芸能人といえば?

考える女性

男性人気の高い女優などの女性芸能人を問われて、あなたは誰を思い浮かべますか?以下に、モテる顔を持つ女性芸能人を二人ピックアップしましたので、チェックしてみてください。

石原さとみ

一人目は、女優の石原さとみさんです。この人といえばぷっくりとした唇のイメージが強いという人が多いかもしれません。しかし、ひとつひとつのパーツを見てみると、たとえば目元は二重でまつ毛が長く、潤んだ瞳、そして涙袋もしっかりとあるなど、多くのモテ要素を兼ね備えています。

新垣結衣

二人目は、ガッキーの愛称で知られ、女優やモデルなどとして活躍している新垣結衣さんです。童顔で、鼻に丸みがあるのがモテ要素です。そのほかにも、新垣結衣さんは瞳が大きいほかに涙袋もあって、最高のモテ目をしています。

モテる顔になるにはどのようなことを気をつければ良い?

男性にモテないと悩む人は、男性がどんな女性を好むのか意識していなかったり、自分の顔の短所との向き合い方に問題があったりするかもしれません。詳しくは以下のとおりです。

男性の好みに寄せる

多くの男性は、優しそうで素直な印象の女の子を好むものです。一方、派手で気の強そうな女の子に見えるメイクをしていると、非モテになる傾向があります。モテる顔になるためには、ナチュラルで優しそうな女の子に見えるメイクを目指すと良いでしょう。

短所と上手く向き合う

自分が嫌いな部分をメイクで盛って隠すのではなく、長所を伸ばして短所に目がいかなくするのはおすすめです。小顔に見える髪型を選ぶ、ハイライトやシェーディングを入れることでも印象は変わります。

また、一重の人が二重の人と同じアイシャドウの塗り方をすると、目が腫れぼったく見えてしまう可能性もあります。そのため、自分の短所をカバーするメイク法を勉強することも重要です。

モテる顔になるためのメイクのポイント

男性に支持される顔をメイクで演出するための要点を、ここではまとめています。ハードルが高くなく簡単に取り入れることができるものなので、ぜひチェックしてみてください。

ひとつめのポイントは、美肌に見せることです。とくに小鼻の毛穴は男性に見られやすいのですが、しっかりとカバーすることでより肌がきれいに見え、赤ちゃんのような素肌感が出せます。ただし、重ね塗りをして厚化粧にならないように気をつけましょう。

ムダ毛

モテる顔になるためのふたつめのポイントは、顔のムダ毛処理をすることです。意外と男性は見ていて、ひそかに引いていることもあるので、顔まわりの産毛、こめかみのあたりや口元、目と眉のあいだの毛などまで気を抜かずにお手入れしておきましょう。

まつ毛

みっつめのポイントであるまつ毛は、パサパサのつけまつ毛ではなく、ナチュラルに近いマスカラを使用するほうが好印象を与えることができます。目元は一番目がいくところなので、アイラインをしっかり引いて、目力をアップさせることが重要です。

そのほかのモテる顔になるためのテクニック

ここまで、モテる顔になるにはどうすれば良いかを解説してきましたが、それら以外にも取り入れると良いテクニックをいくつか記載しました。では、順番に確認していきましょう。

口元

口元に関してはまず、真っ赤な口紅は女性人気は高いものの、男性ウケは良くありません。ピンク系に近い色で、ツヤを大切にするのがモテる顔になるための秘訣です。

ツヤを出すにはウルウルな唇をグロスで演出するのも良いですが、つけすぎはNGです。ベタベタ感が強すぎると、引かれてしまいます。また、せっかく恋人をゲットできてもキスしたいと思われなくなってしまいかねません。

目元

次に目元ですが、まずはアイライナーについて解説します。アイライナーをする際には、目尻のラインがきれいな線に見えるように意識するのがポイントです。横から見たときの印象も大切です。

目元についてはほかに、まゆ毛もモテるかどうかを左右する要素に含まれるため、気をつけなければいけません。細眉よりも、ある程度の太さがあるナチュラルなまゆ毛が望ましいです。そのほうが、柔らかな印象を与えます。

まゆ毛に関しては形も重要で、直線的なまゆ毛は強情に見えてしまいます。そのため、モテる顔を目指すのであれば、ゆるやかなアーチ型のまゆ毛が良いでしょう。

まとめ

大きな瞳や長いまつ毛、ぷっくりとした唇、ふっくらとした血色の良い頬、少し丸みのある鼻、白く歯並びの良い歯、きれいな肌……。モテる顔といわれる女性はこうした特徴を兼ね備えているものです。

もともと男性ウケする顔の要素が揃っている人もいますが、そうではない人もメイクでモテる顔を演出することは可能です。今回お伝えした内容を参考に、男性目線で魅力あふれる女性の顔を目指してみると良いでしょう。