本命的殺って何?意味や影響を知って吉を手繰り寄せる対策をしよう!

この記事の情報提供者

九星気学に興味を持っていて、本命的殺のことを詳しく知りたいと思っている人は必見です。今回はセラピストであり、九星気学に詳しいmiyuさんのお話をもとに、本命的殺の意味や影響、向き合い方にいたるまで、盛りだくさんの内容でお届けします。ぜひチェックしてみてください。

本命的殺の意味

本命的殺は、九星気学における方位のひとつです。“殺”の文字が含まれているため、不幸が待っているのではと心配になるかもしれません。ここで、意味を押さえておきましょう。

凶方位のひとつ

凶方位とは、人がそれぞれに持つ気をつけなければいけない方位のことです。生まれた年からわかる自分自身を表す星=本命星の正反対側の方位が本命的殺です。本命的殺は、本命的殺のほかに五黄殺・暗剣殺・本命殺・月命殺・月命敵殺・歳破・月破・日破で構成されている、九大凶殺方位のひとつとして恐れられています。

なお、本命星は九年かけて一周し、自分自身の凶方位、吉方位は毎年変化するため、本命的殺がない年もあります。その年というのは、本命星が中宮に回座=位置する年です。

またの名は的殺

的殺は目的を殺すという意味で、本人の根本的な望みを殺します。良いと思って行動しても間違いを起こしやすく、自滅的に目的をダメにしていき、精神的に悪影響が出るのが特徴です。何をしても失敗してしまい、最悪の場合は命を脅かすことにもなりかねません。

このことから、的殺には十分に警戒する必要があります。大きな行動を起こすにあたっては、必ず的殺にあたる方位を確認しましょう。

本命的殺がもたらす影響

本命的殺の意味についての説明でもある程度は触れましたが、ここでは本命的殺が自分自身に及ぶ影響に焦点を当てて解説します。では、順番にチェックしていくことにしましょう。

新たなアクションへの影響

本命的殺の影響は、自分自身の本命星が回座している方位であり、九大凶殺方位のひとつの本命殺と同様です。たとえば家を建てる、修理する、引っ越しをする、旅行する、結婚式を挙げる、就職する、取引するなど、大きな動きはすべて失敗に終わってしまいます。

現況への影響

大きなアクションを起こしてもうまくいかないだけでなく、社会的地位を失う、財を失う、事故に遭ってケガをする、病気にかかるといったことにも本命的殺は影響を及ぼします。肉体的にも精神的にも、経済的にも苦痛を味わってしまうことになりかねません。

そのため、本命的殺の方位を犯す(本命的殺の方位に移動する)のは避けましょう。自分のミスにより予想外の結果を招いてしまうことが多いため、対処する術を知っておくことが大切です。

本命的殺を回避する方法

何をしても失敗してしまう、命を脅かすことにもなりかねないなどと知れば、できるだけ影響を受けたくないと思うもの。そのために効果的な方法は以下のとおりです。

  • 本命的殺に近づかない
  • 方位を司る神社に行く
  • 吉方位旅行へ出かける
  • 岩塩・パワーストーンを持ち歩く
  • 方違えをする

順番に詳しく見ていきましょう。

本命的殺に近づかない

すでに述べたように、本命的殺を犯さないのが一番です。というのも、その方位へ行くことをしなければ、いっさい影響を受けることがありません。外出前には本命的殺の方位をチェックし、近づかないことを心がけましょう。

ただ、自分の都合ではどうにもならないケースもあるでしょう。そしてその場合には、凶作用を弱めるためにできることをするのが良いです。

方位を司る神社に行く

本命的殺の凶作用を弱める効果が期待できる方法のひとつが、方位を司る神社を訪れることです。きちんと方位除けのお祓いを受けると良いでしょう。そして、方位除けのお札とお守りををいただき、神棚に祀ったお札に祈りを捧げ、お守りを携帯して移動します。

吉方位旅行へ出かける

本命的殺の方位へ移動する前に、吉方位旅行に出かけるのもおすすめしたい方法のひとつです。良いエネルギーを持っておくことによって、本命的殺の凶作用と相殺するという考えが、吉方位旅行にはあります。

岩塩・パワーストーンを持ち歩く

方位除けのお守りのほかには、凶作用を弱めるのを目的に、岩塩を携帯するのも良いです。岩塩には浄化作用があると考えられていて、お守りとして持って歩くのに適しています。

ほかには、水晶などのパワーストーンを身に着けて移動するのも良いでしょう。何か悪いことが起こるときに、パワーストーンが自分の身がわりになってくれるとされているためです。

方違えをする

出かけるとき、目的地の方位が凶方位であれば、前夜に良い方角に一泊して目的地へ向かう方法が方違えです。前夜といっても、日付が変わる前に宿泊場所に到着していないと意味がないため、気をつけなければいけません。

たとえば、目的地である北が本命的殺である場合に、東の方位で一泊し、北を吉方位にして本命的殺の影響を防ぐという考え方です。

本命的殺の方角へ移動しなければいけないときの注意点

本命的殺を回避する方法と同様に、凶作用の弱め方の解説となります。やむを得ず本命的殺に移動する必要があるときには、次のことに気をつけましょう。

  • 本命的殺の方角へ向かう前に吉方位に寄る
  • 心構えをしておき気にしすぎない
  • 用事はさっさと片付けて吉方位に寄ってから帰る

具体的には以下のとおりです。ぜひ取り入れてみてください。

本命的殺の方角へ向かう前に吉方位に寄る

方違えをすることにより本命的殺の影響を回避する考え方について紹介しましたが、経由地で一泊しているような時間的な余裕がない場合もあるでしょう。その場合は吉方位に先に行って、そこで少しの時間お茶を飲んで過ごしてから凶方位へ向かう手もあります。これにより、直接向かうよりも凶作用を弱められると考えられているためです。

心構えをしておき気にしすぎない

本命的殺の方位へ移動しなければならないときには、何が起こっても冷静に対処できるように、気持ちを落ち着かせておくことが大切です。そのためには、本命的殺を必要以上に気にしないのが良いでしょう。

というのも、悪いことが起こると思い込んでばかりいると、その思い込みが現実になってしまう心理があるためです。これをノーシーボ(ノセボ)効果と呼ぶのですが、気をつけなければいけません。

悪いことが起こると囚われてしまわないためには、すでに述べた方位除けや岩塩、パワーストーンの携帯などの対策をしておくのが良いです。そうすれば、「神社でのお祓いを受けたから大丈夫!」などといった具合に、自分自身の気持ちを前向きにできます。

用事はさっさと片付けて吉方位に寄ってから帰る

本命的殺の方位へ足を運んだあとは、家に帰るときにも対策をするのが良いです。本命的殺の場所での用事はできるだけ早く済ませて、吉方位に立ち寄ってから帰宅します。吉方でエネルギーを受け取って凶作用を弱めるという考え方です。

なお、「本命的殺の方位は本来の目的地ではない!」と強く思うことも、凶作用を弱めるのに効果的と考えられています。また、吉方に立ち寄ったときには食事をしてゆっくりすると、凶を吉に変えるパワーがあるといわれているため、おすすめです。

まとめ

本名星の正反対側の方位である本命的殺。九大凶殺方位のひとつであり、本人の根本的な望みを殺し、何をしても失敗する、命を危険にさらすこともあるとされる、非常に恐ろしい凶方位です。

そのため、本命的殺を犯すのは避けるのが最善策ですが、そうもいかないこともあるかもしれません。そんなときには今回ご紹介した方位除けや吉方位旅行、方違えなどの対策を実践してみてください。