吉方位の効果はいつ出る?効果の持続期間や強さも知って運気アップ!

九星気学で恵方(縁起の良い方角)と言われる“吉方位”。行くだけで運気が上がると考えられている吉方位ですが、九星それぞれによって望める効果が異なります。

そこで今回は、この分野に詳しいmiyuさんのお話をもとに、九星ごとにどのような効果が見込めるのかまとめました!吉方位でさらに効果を上げるのに有用な方法や注意点なども解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

【九星別】吉方位で期待できる効果一覧


九星気学の吉方位は、九星ごとにそれぞれ望める効果が異なります。吉方位にあたる九星にどのような効果が見込めるのかチェックして、運気アップを狙いましょう!

一白水星

  • 愛情運
  • 子宝運
  • 健康運
  • 復縁
  • 悩み事解決

二黒土星

  • 家庭運
  • 仕事運
  • 不動産運
  • 良妻賢母

三碧木星

  • 商売発展
  • 気持ちの若返り
  • 自立心の芽生え
  • 新たな試みの成功

四緑木星

  • 信用
  • 結婚運
  • 交友関係の広がり

五黄土星

  • 吉効果なし

六白金星

  • 結婚運
  • 昇進・昇格
  • 事業運
  • 金運

七赤金星

  • 金運
  • 結婚運
  • 資金援助

八白土星

  • 就職運
  • 転職運
  • 不動産運
  • 相続運

九紫火星

  • 地位
  • 名誉
  • 成果
  • 資格取得
  • 合格
  • 人気運
  • 才能開花

吉方位の効果が出るのはいつごろ?


吉方位へ行くことで、体に溜まった毒(悪い運気)が吸い出され、代わりに良い運気が体内に入ることで運気がアップすると考えられています。その効果がいつ出るとされているかは、距離・時間と日盤・月盤・年盤で違います。

ここでは、効果の出方についてまとめました。

距離・時間

九星気学の場合、吉方位まで移動した距離と滞在した時間によって、得られる効果の大きさや効果が現れるまでの時間、効果の持続期間が変わると考えられています。基本的な距離と時間の関係は以下のとおりです。

近い場所で少しの滞在の場合

得られる効果:小さい

効果が出るまでの時間:早い

効果の持続期間:短い(または、少しの運が貯金される)

遠い場所でゆっくりの滞在の場合

得られる効果:大きい

効果が出るまでの時間:長い

効果の持続期間:長い

日盤

日盤は、1日ごとに吉方位が変わるものです。そのため、近距離や日帰りで行ける範囲のお出かけに向いているでしょう。

得られる効果のはじまりとしてはその日のうち~2週間ほどで、効果のある期間は約60日と考えられています。このことから、効果はすぐに望めると解釈することが可能です。ただし、その力は少なめ、持続力(運の貯金)も低めとされています。

とはいえ、あまり長い休暇が取れない人でも、週末などに運を吸収しに行くことで、運を貯めることに期待が持てる点では魅力的です。

月盤


月盤は、およそひと月ごとに吉方位が変わるものです。ある程度距離のある遠方へ、2泊程度の小旅行がぴったりです。効果の出はじめとして考えられているのは当月~約1年のあいだ、持続期間は約60か月と長め。

よって、効果が出るまで少し待つこともあると解釈できますが、ある程度強めの効果が一定期間続くことが期待できます。それなりに高い効果と即効性を求めるのであれば、月盤による吉方位へ行くことをおすすめしますよ。

年盤

年盤は、1年ごとに吉方位が変わるもので、九星気学では一番長い盤となっています。4泊以上の長距離の旅行や海外旅行がおすすめです。

大きな効果が期待できますが、効果が出はじめると考えられているのは当年~13年と幅があります。しかし、その効果は60年ほど続くとされているため、長期間にわたって運を求めるのであれば年盤の吉方位へ行くと良いでしょう。結婚や引っ越し、事業をはじめるなど、生涯を左右する重大なときに活用する人が多く見られますよ。

1・4・7・10・13の法則

九星気学の吉方位の効果の出方については、「1、4、7、10、13」の法則があると言われています。これは、それぞれの数の「日」「か月」「年」に効果が現れやすいというものです。

たとえば、月盤の吉方位の効果が現れるのは、当月から13か月のあいだとされています。そのうち「1か月目(当月)」「4か月目」「7か月目」「10か月目」「13か月目」が効果が出やすいと解釈できるのです。

これらは日と年にも当てはまるので、いつ効果が出るのか気になる人は、この法則を覚えておくと良いですね。

吉方位でのNG行動や事前・事後に注意すべき点

開運効果を得るために吉方位へ行くのであれば、できるだけ良い運を吸収したいものです。ここでは、そのために気をつけたいことをまとめました。良い運気を得るための参考にしてみてくださいね。

スマホを使用しない

スマホからは、さまざまなエネルギーがあふれています。開運のためのお出かけなので、不要なエネルギーはシャットダウンしましょう。使用するのは、場所を調べるときなど必要時だけにして、それ以外のときはバッグにしまっておきましょう。

体調が悪いときにはお出かけを中止する

吉方位へは、体調が万全な状態で行くことで開運につながると考えられています。逆に言えば、体調が悪いときに無理に行っても、良い効果を期待することはできないということです。

とくに、「なんとなくだるい、行きたくない……」と感じるときはやめておくのが無難です。体調が回復し、万全になるのを待ちましょう。

家の中の掃除をしてからお出かけする


吉方位の良いエネルギーを持ち帰っても、家の中が散らかって汚れているマイナスな状態では、良いエネルギーが落ち着いて居着くことができないと考えられています。せっかく持ち帰った良いエネルギーを定着させるためにも、お出かけ前には部屋を整理整頓、掃除をしてから出かけましょう!

帰宅後に体調が悪くなる、悪いことが起こる場合も……

「吉方位に行ったのに体調不良になった」とか、「悪いことが起こった」などの声をよく聞きます。しかし、実はこれらはどちらも、開運のための一時的な自然現象と考えられているのです。「このあとに良いことが待っている」というポジティブな気持ちで受け止めましょう。

吉方位の効果をさらにアップさせるには?


吉方位での効果を最大限に得るために、何かできることはあるのでしょうか?ここでは、吉方位でのおすすめの行動について紹介します。

できるだけ遠くへ行く

すでに述べたとおり、吉方位は遠くへ行けば行くほど、滞在時間が長いほど開運効果が高まると考えられています。もし、まとまった時間が取れたら、近場だけではもったいありません!ぜひ遠出をして、たくさんの良い運気の吸収を狙いましょう。

温泉に入る


天然温泉や源泉のあるところでゆっくり過ごすと、厄落とし効果が期待できます。温泉には五行の要素(木・火・土・金・水)が含まれているため、バランスを整える効果も望めますよ。泊りがけはもちろん、日帰りの場合でも日帰り温泉などを利用すると良いでしょう。

その場所ならではの食べ物をいただく

吉方位へは訪れるだけでなく、その場所で飲食することによっても、良いエネルギーが吸収できると言われています。とくに、その土地ならではの名物料理や銘菓をいただけば、運気アップにつながると考えられているためおすすめです。同様に土地のお土産品の購入や、その土地に住まう人との交流も効果的です。

そのほか、その地にある自然物(土や石など)には、良いエネルギーがあるとされています。しかし、稀に霊的なものが混じっていることがあるとも言われているのです。したがって、念のため石や土などは持ち帰らないようにしましょう。

ゆっくり歩いて自然に触れる

吉方位のエネルギーは自然界のエネルギーであり、ゆっくり歩けば大地のエネルギーをしっかり取り入れることができるとされています。2時間も歩くと溜まった悪い運気が浄化され、新しいエネルギーを取り入れることができると考えられているのでおすすめです。

長時間歩くのが難しいときは、心地良いと感じる場所に腰を落ち着け、ゆっくりと過ごしても良いでしょう。

まとめ

行くだけで良い効果が期待できる吉方位は、九星ごとに効果の種類が違います。自分が求める効果と吉方位を把握して、ここぞ!というときにお出かけしてみましょう!きっと、良い効果が望めますよ。

また、吉方位の効果の強さや現れるタイミング、持続期間が、移動した距離と滞在時間によって変わると言われているのも覚えておきましょう。ぜひこの記事を参考に、実際に吉方位にお出かけしてみてくださいね!

- 1 / 1ページ -