吉方位と日盤の関係は?セラピストが伝える開運効果をアップする方法

この記事の情報提供者

吉方位と日盤を把握して、良いエネルギーをたくさん取り込みたいという人は、少なくありません。より良い毎日にするために開運効果を得るためには、正しい方法を知り、注意点などを押さえておくことが重要です。

そこで今回は、この分野にも詳しいmiyuさんのお話をもとに、吉方位と日盤の関係や日盤吉方の正しい取り方、より良い開運効果を得るための注意点などについてまとめました。

吉方位と日盤はどう関係があるのか


九星気学に興味がある人の中には、吉方位と日盤を確認してはいるものの、実際にはどんな関係があるのかを把握している人は少ないとも言われています。吉方位と日盤には、どんな関係があるのでしょうか?詳しく見てみましょう。

吉方位は縁起の良い方向で、日盤はその日の縁起の良い方向のこと

吉方位とは縁起のいい方位のことで、恵方のことを意味します。また、日盤はその日1日の縁起のいい方位を意味するもの。吉方位は毎日違うため、こまめなチェックが必要です。

ちなみに、日盤以外にもその月の縁起のいい方位を意味する月盤や、その年の縁起のいい方位を表す年盤もあります。

日盤を使って出かける場合は基準点から約750m離れた場所

日盤を使って出かける場合は、基準点から750mほど離れた場所にしてください。なお、基準点とはあなたが60日以上寝ている場所のことです。日盤を使い、開運のために吉方位へ出かける場合は、3日に1度くらいのペースで出かけると、開運効果が持続すると考えられています。

日々の良い運勢を貯金するイメージなので、すぐに大きな効果を得るのは難しいと言われているものの、良い運勢を吉貯金することで、いずれ大きな変化が期待できます。

日盤吉方の取り方


日盤を把握できていると、毎日どの方向が良い運勢をもたらしてくれるか考えてしまうもの。そんな心がけが人間的な成長にもつながると期待できるので、積極的に吉方位に出かけることは重要です。そこで、日盤吉方の取り方について見てみましょう。

日盤吉方を取るときはアプリがオススメ

日盤吉方は、アプリなどを使うのが良いでしょう。スマートフォンアプリ「九星気学カレンダー」がオススメです。

最大吉方が表示されるので、地図を見てからその方位へ出かけると良いですよ。日盤だけでなく、月盤、年盤を取るときにも使えます。さらに2030年まで使えるアプリなので、長く使ううちに愛用するようになって、手放せなくなるかもしれませんね。

参照:九星気学カレンダー(App Store)

参照:九星気学カレンダー(Google play)

時間があるときはゆっくり歩くと良い


日盤を取ったあとは、基準点から約750mを目安に出かけるのがポイント。750mという距離は、歩くのに約10分ほどかかります。なので、往復とお茶を飲む時間を合わせると、約30分ほど、良いエネルギーの吸収が期待できるというわけです。

また、出かける時間が長くなるほどエネルギーを多く取り入れることができるとされているので、時間に余裕があるときは、ゆっくりと歩くのがオススメ。

平日は仕事で出かけられないという人もいると思いますが、そんな忙しい人でも大丈夫。仕事場が日盤吉方のときに、ひと駅ぶん歩いてみるだけでも良いでしょう。ちょっとした工夫で、良い運勢を貯金するように心がけ、より良い日々を送りましょう。

日盤吉方を取る際に注意すべき点


日盤吉方を取って開運のために出かけるときには、できるだけ良い運気を取り入れたいもの。そのために心がけておいたほうが良いことがあることを知っていますか?ちょっとした心がけで、良いエネルギーを取り込めて、開運効果をさらに高めることができるもの。

ここでは、日盤吉方を取って出かける際に注意すべき点について、お伝えします。

できる限りスマホを使わない

スマホからはさまざまなエネルギーが溢れています。エネルギーが溢れていると、外からの良い運気を取り入れることができなくなってしまうという悪影響が考えられるので、できる限りスマホを使わないことが大切です。

そのため、日盤吉方を取るときや、最低限の連絡のために使う程度にとどめるようにしてください。開運のためのお出かけなので、不要なエネルギーはシャットダウンしましょう。

体調の良いときに出かける

調子が悪いときに出かけると、良い運気を吸収することができません。気分が優れないときには、感情も落ち込みがち。そんなときには外出したくないという気持ちになるので、開運のためのお出かけのはずが、余計に運を低下させてしまうことにもつながりかねません。

また、体調が悪いときに出かけることで、さらに体調が悪くなるという悪影響も考えられます。そのうえ、調子が悪いときは集中力が低下していたり、身体の動きが鈍くなっていたりするもの。だからこそ、思わぬ事故や怪我などにつながってしまう可能性も考えられます。

家の中を掃除してから出かける


吉方位の良いエネルギーを持ち帰っても、家の中がマイナスな状態だと、開運の効果を最大限に得ることは難しくなります。なぜなら、家の中が散らかっていたり、汚れていたりすると、良いエネルギーが落ち着いて居着くことができないと考えられているからです。

そのため、出かける際にはできる限り家の中を掃除して出かけることが大切なのです。

それだけでなく、家の中をキレイに保つのは日ごろから大切なこと。常に清潔な環境を心がけることで、良いエネルギーを日頃から取り入れやすくなると言われています。

そして、その良い運気を家の中にとどめれば、毎日を快適に過ごすことができるので、いつも家を清潔に保つことが重要です。そのうえで日盤吉方を取り、開運のために出かける際に一層家をキレイにして出かけることで、良いエネルギーをさらに多く取り込めることが期待できるのです。

家をキレイに保つことは、さまざまな面で良い効果が期待できるので、常に清潔な環境を保ち、開運のために出かける際には、いつもより注意して掃除してから出かけることをオススメします。

日盤吉方の効果をアップさせる方法


ちょっとしたことを知っておくだけで、日盤吉方の効果を高めることができます。せっかく開運のためにお出かけをするのであれば、できる限り良いエネルギーを取り込みたいですよね。そこで、日盤吉方の効果をアップさせる方法についてまとめました。

歩いて出かける

日盤は近い距離で開運効果を得られるもの。そのため、良いエネルギーをできるだけたくさん取り入れて、効果をさらに高めるためにも、歩いて大地のエネルギーを吸収することが重要です。

なので、自転車やバイク、車などで出かけるのではなく、しっかりと地面を踏みしめるようにしながら、ゆっくりと歩くことをオススメします。いつもよりゆっくりと歩きながら、自然のエネルギーを取り込むようなイメージで歩くと、さらなる開運効果が期待できます。反対に、せかせかとした気持ちで足早に歩いてしまうと、効果が薄まってしまうとされているので注意しましょう。

水分を摂る


日盤吉方の効果をさらにアップさせたい場合には、しっかりと水分を摂ることが大切です。とくに、温かい飲み物がオススメ

なぜなら、温かい飲み物は気を立ち上がらせてくれるからです。そのため、日盤吉方の効果をさらに高めてくれることが期待できるのです。

ですが、夏場などの場合は、冷たい飲み物でも大丈夫です。日盤吉方の効果を高めるために、無理をして温かい飲み物を飲むことはありません。そういったことで気分が悪くなってしまうと、開運効果が低下してしまうおそれがあるからです。

また、出かけるたびに飲み物を購入するのは金銭的な負担が大きいと感じる場合は、家で入れたものを持って行っても大丈夫です。外で購入しなければいけないという決まりはないので、気にしないでくださいね。

まとめ

日盤吉方は毎日変わるものであり、基準点がどこかによってその場所は変わるもの。だからこそ、正確に日盤吉方を把握して、正しいやり方で良いエネルギーを取り入れることが大切です。その効果をさらに高める方法や注意点などを把握すれば、より開運効果を期待できるでしょう。

今回お伝えした内容をふまえて、素敵な日々を過ごしてくださいね。