【認定コーチが解説!】ストレングスファインダーの34の資質を活かすための4つのポイント

自己分析ツールとして大人気の「ストレングスファインダー」。Webサイトで177個の質問に答えることで、自分の資質を知ることができます。診断で出た34の資質を活かすことで、人間関係の構築や仕事、転職などに役立てることができます。

そこでこの記事では、ストレングスファインダーの34の資質を活かすポイントについて、詳しく紹介しましょう。

この記事に登場する専門家

Gallup認定ストレングスコーチ 重光咲希さん
Gallup認定ストレングスコーチの他にも公認心理師、臨床心理士の資格を保有しています。今回は、ストレングスファインダーの34の資質について解説します。
サービス名 ストレングスファインダー
提供 Gallup社
概要 質問に答えるだけで、履歴書や面接の際に使える「自分の強み」を知ることができる
総合評価
占いによくある性格診断とは違う正確さに信頼感を感じられる。自分への理解を深めたい、働き方を変えたいなら自己投資と思って受検するのがGOOD
実績
世界中で2000万人が診断をしている
活用のしやすさ
受検結果は自分だけに向けられた活用しやすいアドバイスなのが嬉しい。さらに発展させたいならコーチングを受けることで活用の幅や可能性が広がります。
質問数 177問
所用時間 30分〜40分
受検費用 1800円〜
\ ストレングスファインダーって? /

ストレングスファインダーの全資質の基本情報だけでなく、強み、弱みも徹底紹介いたします!また、資質の組み合わせが人それぞれ違うことによって起こる「組み合わせによるダイナミクス」についても解説します!

ストレングスファインダーの全34の資質一覧

実行力
  • アレンジ
  • 回復志向
  • 規律性
  • 公平性
  • 慎重さ
  • 信念
  • 責任感
  • 達成欲
  • 目標志向
影響力
  • 活発性
  • 競争性
  • コミュニケーション
  • 最上志向
  • 自我
  • 自己確信
  • 社交性
  • 指令性
人間関係構築力
  • 運命思考
  • 共感性
  • 個別化
  • 親密性
  • 成長促進
  • 調和性
  • 適応性
  • 包含
  • ポシティブ
戦略的思考力
  • 学習欲
  • 原点思考
  • 収集心
  • 戦略性
  • 着想
  • 内省
  • 分析思考
  • 未来志向

ストレングスファインダーはアメリカのギャラップ社が開発した、才能診断ツールです。才能を34の資質に分類し、その人に最も特徴的な上位5つ(または1〜34の並び)を診断結果として提示します。

どの資質にも他の人と比べて強いがゆえに強みと弱みの二面性があり、「強み」として十分に活かせている場合と「弱み」として現れてしまう場合があります。ここでは、34の資質の「強み」と「弱み」について、順に解説しましょう。

【ストレングスファインダー資質1】アレンジ

「アレンジ」は物事を効率的に組み合わせ、生産性の最大化を目指す資質です。常に最良の組み合わせは何かを探していて、変化の激しい状況でもベストの力を発揮することができます。

強み:アイデアによって変化を起こし、管理することが得意

「アレンジ」の資質を持つ人の強みは、目まぐるしく変わる状況に適応できる能力を持つということです。予期しない事態に直面しても新たな組み合わせを探し出し、新しい協調関係を作りだすことができます。

弱み:頻繁にアレンジをし直すことで、周囲がついていくことが難しい場合がある

「アレンジ」の資質は、目の前にあるリソース(もの・こと・人)をその時々に合わせて最適な形で組み合わせることが得意な資質です。

それゆえに、次から次へと新しい組み合わせが思いつき、それを実行していくこと多くなりすぎると周囲がその変化について行けなくなってしまう場合が考えられます。

【ストレングスファインダー資質2】運命思考

「運命思考」は、あらゆるものや人との結びつきを感じられる資質です。すべてはどこかでつながっているとの感覚があり、人との縁を大切にします

すべての行いや出来事に意味を見出し、辛い出来事も意味あるものと受け取ります。逆境の中でも強く生きていける人です。

強み:人を結ぶ架け橋になることができる

相関関係を見抜く能力が抜群です。万物は繋がっていると考え、まったく異なる属性の人を結びつける能力があります。思いも寄らない分野で才能を活かすために、手を伸ばしてあげることができるでしょう。

弱み:個性的に思われたり現実離れしていると思われることも

自分の言動やすべての物事に意味や繋がりを自然と感じられる力が強いがゆえに、他の人にはその繋がりや意味がわからなかったりすることもあります。

そのため、個性的に思われたりどこか不思議な印象を持たれることもあるかもしれません。しかし、コミュニケーションを通して、相互理解を深めることができれば他の人に新しい気づきを与えられたり、自らも自分とは違う視点に触れることができます。

【ストレングスファインダー資質3】回復志向

「回復志向」は物事を本来あるべき姿に戻すことができる資質です。物事の足りない部分、欠けている部分に自然と目が向きます。

仕組みや手順に潜む問題点、あるいは人のできない部分や欠点を見つけることが得意です。問題や欠点を見つけると、解決する方向に動き出し、実際に解決できる能力があります。

強み:問題解決能力が高く、パニックになりにくい

問題解決能力が高く、何か突発的なアクシデントがあってもパニックになりにくいのが特徴です。すでに発生した問題を解決するだけでなく、これから起こる問題を予測する能力もあり、問題発生を予防することもできます。

弱み:自分に厳しくなりがち

自分の欠点に目が行きすぎて、自分に厳しくなりがちな傾向があります。自分を責めることにもなるので、少しリラックスすることも大切かもしれません。

人の欠点に対しても厳しい目を向けがちです。好意で指摘したことでも、相手にとっては単なる余計なお世話になることもあります。

【ストレングスファインダー資質4】学習欲

「学習欲」は、常に向上心をもち「知らなかったこと」を知ることができるというプロセスを楽しむ資質です。結果よりも学習のプロセスに惹かれ、学習を心から楽しみます。

強み:新しい物事を吸収する力に優れる

学ぶことが好きなので、新しい物事を吸収する力に優れています。新たな経験は学びのチャンスと捉え、積極的に吸収しようとするでしょう。

詳細がよくわからなくて他の人は躊躇してしまうことでも、尻込みせずにチャレンジする精神を持っています。

弱み:闇雲に勉強してしまう

「学習欲」が弱みになって現れると、学ぶ上での目的を持たずに闇雲に勉強してしまう可能性があります。学ぶこと自体が目的化して、「学び」のために無駄に時間とお金を使ってしまうことにもなるでしょう。

【ストレングスファインダー資質5】活発性

「活発性」は行動力に優れた資質です。「やってみなければわからない」という思考を持っています。行動が最良の学習手段と考え、行動した結果から学ぼうとします。

強み:フットワークの軽さですぐに行動に起こす

フットワークが軽く、すぐに行動を起こすのが強みです。行動が自分の思考を活性化させてくれることを知っていて、人にも行動を起こさせる影響力を持っています。

弱み:影響力について考えるようにする

思い立ったらすぐに行動してしまうので、後から考えるとよく考えてから行動した方が良かったという結果にもなりがちです

また、周りへの影響力が大きいので、自分の行動が周りにどのような影響を与えるかを考えるようにした方がいい場合もあります。

【ストレングスファインダー資質6】共感性

「共感性」は、人の感情が自分のことのようにわかるという資質です。感情を察知するアンテナが発達して、映画やドラマで感情移入してしまうことも多いでしょう。

「共感性」の資質を持っている人は災害や事故などの様子がテレビに映し出されると、画面の向こうにいる人たちの心情を察して辛くなることもあるかもしれません。

強み:相手の気持ちを理解できる

「共感性」の強みは、自分を相手の状況に置き換えて考える事により相手の気持ちを理解できるということです

相手の必要としていることがわかり、言葉を聞く前にそれに応えることもできます。人の幸せを自分のことのように喜ぶことができるでしょう。

弱み:人の気持ちを自分のもののように感じ、辛くなってしまうことも

人の気持ちをあたかも自分のもののように感じるので、それが否定的な感情であると辛くなってしまうこともあります

周りにどのような人がいるかで影響を受けることが多く、愚痴や不満の多いネガティブな人がいる環境からは遠ざかる必要があるでしょう。

【ストレングスファインダー資質7】競争性

「競争性」は、常に一番を目指すという資質です。競争には必ず勝つことを目指します。勝負ごとは全力勝負を好み相手から手を抜かれたりすることをとても嫌います。自分の進捗を他の人のパフォーマンスと比較し測ることで勝つために自分を高めます。

強み:競争して、勝利したい

勝つために全力を尽くし、勝利することを好みます。仕事や日常生活の中に決着がつくゲーム性を持ち込むと、モチベーションを持って取り組むことができるはずです。

また、比較対象となる同レベルの相手を見つけることで、その勝負に勝とうと努力することでどんどんとレベルアップできるでしょう。

弱み:勝つことに執着し、本来の目的を忘れる

勝つことに執着しすぎて、本来の目的を忘れることがあるのが弱みです。競争していた相手に負けてしまったときは、くやしさのあまり仕事に支障が出る場合もあります。

組織やチームにいる場合は、自分ではなく「皆で勝つこと」をモチベーションにすると、周囲への配慮を忘れることなく「競争性」の特性を活かすことができるでしょう。

【ストレングスファインダー資質8】規律性

「規律性」は、物事をルーティン化することが得意な資質です。「やる」と決めたことは苦もなく続けることができます。

一般的にはルーティンをどう持続するかが問題であるのに対し、「規則性」が高い人にとってはルーティンをしないことがストレスになります。

強み:きちんと計画を立て、それをこなすのが得意

「規律性」の強みは、きちんと計画を立てて、それをこなすのが得意なことです。効率的に物事を進めるために計画を立ててそれを習慣化し、淡々と進めていきます。臨機応変に変化を楽しむより、自分ルールを作って習慣化した方がパフォーマンスが上がります。

弱み:予期しない行動に動揺してしまうことも

計画や自分のルーティンを優先しすぎると、予期しない出来事に対応できないこともあります。ルーティンの秩序が乱れることで、怒りを感じることもあるでしょう

周りの予期しない行動に動揺することがあるかもしれません。周りは自分ほど規律的でないことを認識し、余裕を持った計画を立てることも大切です。

【ストレングスファインダー資質9】原点思考

「原点思考」は物事のルーツを探るという資質です。思考は過去に向かい、物事が必要になった経緯や背景を探りたがります。それを知ることで、自分が何をするべきなのかを理解しようとするでしょう。

強み:過去を分析し、現在に活かすことが得意

「原点思考」の強みは、過去を分析して現在に活かすことができるということです。過去の成功事例やこれまでの経験から学んだことを自然と思い出し、今に活かすことが得意です。

弱み:過去にとらわれてしまう

過去の出来事を重視するあまり、過去にとらわれてしまうという弱みがあります。過去を分析することは、未来の変化に貢献することです。変化を受け入れ、よりよい未来のために過去を分析するようにしましょう。

【ストレングスファインダー資質10】公平性

「公平性」とは、あらゆる人を平等に扱う必要性を確信している資質です。個よりも全体の利益を優先し、ルールを守ることを尊重します。誰とでも等しい距離感で付き合おうとします。

強み:ルールをきちんと守る

「公平性」の強みは、ルールをきちんと守るということにあります。みな平等で公平である必要性を強く感じていて、ルールを守ることなどによってそれが担保されると考えています。

組織のニーズを重視して、公平なルールや仕組みを作る能力があるでしょう。

弱み:ルールに固執してしまう

ルールを尊重する気持ちが強すぎるとそれに固執してしまうことがあります。個人の感情よりもルールを重視して考えたり、イレギュラーな状況にも既存のルールを用いて対応したいという思いが強い場合があります。

そのため「融通が利かない」「頭が固い」と思われることにもなるかもしれません。

【ストレングスファインダー資質11】個別化

「個別化」は、個性や違いに目を向け、それを見抜くことができる資質です。無意識に人を観察しながら、その個性を見つけます。

その情報を元に、その人ごとに異なる、一番ふさわしい対応をすることができる才能があります。

強み:一人一人の個性に気づき、尊重する

「個別化」の強みは、メンバーの一人一人の個性に気づき、尊重することです。組織のリーダーの場合は、メンバーの特徴をよく掴み、個別の対応をすることができます。

また、自分自身も他の人とは違った、個人としての対応をしてもらうことを望むでしょう。異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作る事に長けています。

弱み:えこひいきだと思われてしまう、時間がかかる

個別対応がいきすぎると、周りの人からえこひいきだと思われる場合があります。他の人と違う対応をされることに、不満を感じる人がいるかもしれません。

また、個別対応をしたいために時間をかけ過ぎてしまう場合もあります。

【ストレングスファインダー資質12】コミュニケーション

「コミュニケーション」は、言葉で表現することができる資質です。人間関係という意味のコミュニケーションとは意味が異なります。

話すことが好きで、自分の考えをすぐに言語化して表現する能力が非常に高いという特徴があります。

強み:人の心を動かすことが得意

「コミュニケーション」の強みは、人の心を動かすのが得意ということです。人前で話すことや、プレゼンすることが上手で、ドラマチックな言い回しやたとえ話で物事をわかりやすく説明することができます。

自分の想いを言葉に乗せて自由自在に表現し、人々を語りに惹きつけます。話が面白いとよく人から褒められるかもしれません。

弱み:沈黙が苦手で、喋りすぎてしまう場合がある

コミュニケーションの資質は、自分の考えを頭で考えるよりも先に言葉で表現できる資質なので、話しながら考えがまとまっていくという場合もあります。

ですから、どんどん言語化して相手に伝えていきます。しかし、それが強すぎると喋りすぎという印象を与えたり、沈黙する間も無く喋り続けてしまうという状況になることもあります。

Gallup認定ストレングスコーチ 重光咲希さん
例えば、内省の強い人は沈黙の時間で考えをまとめる作業をしていたりするので、その時間にもしゃべりかけられ続けると困るかもしれません。

【ストレングスファインダー資質13】最上志向

「最上志向」は、何事にもより良くしたいと思い、上を目指す資質です。向上心が高く、何かを極めたい、クオリティを高めたいと思っています。無駄なことを嫌い、優秀な人に惹かれるという傾向もあります。

強み:ストイックに自分の才能を伸ばそうとする

向上心が高いので、ストイックに自分やチームの才能を伸ばそうとします。現状に満足せず、知識やスキル、経験を積み重ねていく努力をすることができるでしょう。

他の資質との組み合わせで、他の資質を磨き、尖らせていくという特徴があります。

弱み:こだわりが強く、8割程度の出来栄えでは満足しない

より良い結果を求めるために、細部にまでこだわり過ぎる場合があります。完璧主義なので、8割程度の出来栄えでは満足できないこともあるでしょう。

また、そのストイックさは自分だけでなく他人にも向けられ、高い成果を出すことを望んでしまいます。

【ストレングスファインダー資質14】自我

「自我」は、重要な存在として認められたいという資質です。周囲の人から注目され、賞賛されるとモチベーションが上がります。スポットライトを浴びて自分を表現することに喜びを感じたり、周囲からの承認されることを好む傾向があります。

強み:人に褒められることで大幅にモチベーションアップ

「自我」の強みは、人に褒められることで大幅にモチベーションが高まり、パワーアップすることです。自分が重要な存在だということを認めてもらいたいという思いがあり、それがさまざまな思考や振る舞いとして現れます。

人の役に立つことをして感謝されることにとても喜びを感じ、それがまた役に立つようなことをしたいという原動力になります

弱み:ネガティブな評価やフィードバックにとても弱い

ネガティブな評価やフィードバックには、とても弱いのが特徴です。重要な存在として認められたいという思いがあるので、認められないだけでもかなりのダメージを受けるでしょう。

さらにネガティブな評価を受けることは、とても耐えられないということになります。

【ストレングスファインダー資質15】自己確信

「自己確信」は、自分の能力や判断力に自信があるという資質です。根拠のある自信はその根拠が消滅することで同時に消え去りますが、根拠のない自信は揺らぐことがありません。

「自己確信」の資質はこのような根拠のない自信で、自分が決めたことに対しては絶対的な自信を持っているのが特徴です。

強み:自分の意思で決定できる環境にとても強い

「自己確信」の資質は、自分の意思で決定できる環境でその能力を発揮します。そのことを自覚し、行動することで大きな成果をあげることができるでしょう。

逆に、指示を待ったり、言われたことを忠実にこなすだけの仕事では、その能力を活かすことはできません。

弱み:人の意見を聞き入れない人と思われる場合がある

自分の決定に絶対的な自信があるために、周りの意見に耳を傾ける姿勢がなくなる場合もあるかもしれません。「自己確信」の資質は、自分の望む方向に決断できる羅針盤が身体に備わっている感覚が強いので、人に意見を聞かずとも自分で決断できることが多いです。

のために、自己中心的と思われる場合もあります。自信は持ちながらも、周りの人の意見も聞く姿勢を見せることでバランスがとれ、新しい視点も得られるかもしれません。

【ストレングスファインダー資質16】社交性

「社交性」は、新たな出会いを求め、人とつながっていくことがことを好む資質です。目の前にいる人を魅了し、楽しませることができます。

初めて会う人でもこちらから話しかけ、元から友だちという感覚で接することができます。

強み:たくさんの人と交流することで真価を発揮する

「社交性の資質」を持つ人は、たくさんの人と交流することでその真価を発揮します。 多くの人と接する仕事や、初めて会う人たちを出迎えるようなポジションにつくことで、その強みを活かすことができるでしょう。

弱み:表面的なつき合いと思われる場合がある

人とすぐ打ち解ける資質はあるものの、一人一人との深い関係性を築くよりも、新しい人と出会いたいという思いが強い傾向があるため、人によっては表面的な付き合いと思われることもあるかもしれません。

相手は親しくなったと感じているのに、自分はそうでもないというすれ違いが生ずることもあるでしょう。

Gallup認定ストレングスコーチ 重光咲希さん
例えば、親密性の資質が強い人は、1対1の深いつき合いを好み、それを誠実なつき合いと感じることもあります。そうのように、他の資質の特徴を知っておくと相手に合わせた対応ができるかもしれません 

【ストレングスファインダー資質17】収集心

「収集心」は、好奇心旺盛で情報を集めることに優れた資質です。知らないことがあると、すぐにネット検索などで調べます。

知らないことをそのままにしておけないということです。「学習欲」の資質も合わせ持つことで、さらにその傾向が強くなるでしょう。

強み:その領域の専門家になれる!

この資質を持つ人は広い範囲でさまざまな興味を持ちますが、特に際立って興味があること、何年も続けていることなどを専門にして深めていくことで、その領域の専門家になることもできます

興味をそそる情報を取り入れる時間を増やすようにしてみてください。「収集心」の資質をより活かすことができるでしょう。

弱み:闇雲に情報を得ようとする

何にでも興味を覚えてしまうので、ただ闇雲に情報を得ようとする傾向があります。あまり役に立たない情報にも、無駄に時間を使ってしまうことも多いでしょう。

何のためにその情報を得ようとしているのかを考えるようにするのが大切です。

【ストレングスファインダー資質18】指令性

「指令性」は、場に影響力を与え、主導権を握り決断を下せる資質です。中でも、混沌とした状況下でも統率力を発揮しチームをまとめて先導することができることも強みです。

強み:主導権を握りチームを先導できる

「指令性」の強みは、場に影響を与え人やチームを先導できるという点です。自分で決定して人に指示を与える能力があり、その発する言葉は率直で、相手を従わせてしまう力強さに溢れているでしょう。

Gallup認定ストレングスコーチ 重光咲希さん
他の資質との組み合わせで、普段はあまりチームを先導することがないという人もいるかもしれませんが、ここぞという時のチームの統率力は抜群なのではないでしょうか。

弱み:周りに怖くて近寄りがたいと思われてしまっているかも

回りくどいことは言わず率直に発言するので、周りに「怖くて近寄りがたい」と思われてしまいがちです。率直な表現は言葉が足りていない場合もあります。

できるだけ言葉を補足して話すように心がけるといいかもしれません。

【ストレングスファインダー資質19】慎重さ

「慎重さ」は、確実に成果を出すためにしっかりと準備をすることができる資質です。初めて取り組む物事に対して、より真価が発揮されます。

強み:準備を怠らない

「慎重さ」の強みは、準備を怠らないことです。物事に取り組むに際にさまざまなリスクを検討し、それに対する備えを万全にしてから取り掛かります。

何事にも漏れやミスがないことを大切にしています。対人関係にも慎重になる傾向があり、あまり親しくない人にはプライベートを明かさないかもしれません。

弱み:些細なことで不安になりやすい

「慎重さ」の弱みは、些細なことで不安になりやすいことです。その不安を解消するために、事前の準備や確認を怠らないのです。また、選択を迫られたときに、リスクを考えすぎて決断ができない、判断が遅くなるという傾向があります。

【ストレングスファインダー資質20】信念

「信念」は、譲れない価値観を持ち、その通りに行動できる資質です。自分の核となる価値観に情熱を持っており、妥協しません。自分の信じている価値観がモチベーションになり、行動力の源になります。

強み:自分の中での倫理観や価値観をしっかり持っている

「信念」の強みは、自分の中での倫理観や価値観をしっかり持っているということです。自分の核となる価値観にそった行動を積み重ねるため、行動にブレがなく、筋が通っています。そのため、周囲からの信頼は厚いものになるでしょう。

弱み:融通が効かない

「信念」の弱みは、想いが強いがゆえに、自分の信念になかなか妥協できないところです。決して譲れないものがあり、それに背くことは誰からの指示や命令であっても従うことがないため、周囲からは頑固な人と見られることもあるでしょう。

自分の価値観を大切にしつつも、自分とは異なる価値観も尊重することが大切になります。

【ストレングスファインダー資質21】親密性

「親密性」は、一人一人と深い信頼に基づく親密な関係を築くことに喜びを感じる資質です

「社交性」は多くの人と交流することを好む資質ですが、「親密性」は個々の関係性を丁寧に築いていきます。

強み:仲を深め、信頼を深めていくことが得意

「親密性」の強みは、相手とのつながりや信頼を深めていこうとすることです。いったん関係ができると時間をかけて丁寧に関係を深めていきます。

真の人間関係を築きあげることができ、それがエネルギーを生み出していくでしょう。

弱み:人見知りの傾向が強い

「親密性」が強いと、初対面の人に対する緊張が強い傾向があります。身近な人についてもっと深く知って行きたいという思いが強いため、新しい関係性を築くのにはどうしても時間がかかります。

人間関係が広がらないという感じを受けるかもしれませんが、1対1の関係をたくさん作るという意識を持つといいでしょう。

【ストレングスファインダー資質22】成長促進

「成長促進」は、どんな人にも成長する可能性があると信じられる資質です。人が成長していくのを見ることが、自分の喜びにつながります。

その人ができることに目を向け、その成長を支援しようとします。

強み:人の変化に気づき、人の背中を押してあげることが得意

人の変化に気づき、その背中を押してあげることが得意です。誰もが変化する可能性があると信じていて、その成長を一緒に喜ぶことができます。

部下や後輩の面倒見が良く、教員などの職に就く人も多いでしょう。

弱み:自分自身の成長をおろそかにしてしまう

他人の成長に一生懸命なばかりに、自分自身の成長をおろそかにしてしまう場合があります

また、すべての人に可能性があると信じることで、見込みのない部分に無駄な時間を費やしてしまうこともあるでしょう。

【ストレングスファインダー資質23】責任感

「責任感」は、自分の責任や役割を確実に果たすことができる資質です。人との約束は必ず守るので、周囲から大きな信頼を得ています。

仕事の依頼を受けるときは、必ずその詳細を確認します。そして、自分への期待などを感じると、確実にやれると確信がない場合でも引き受け、それを期待通りに完遂するためにかなりの労力をも厭わず努力しやり遂げます。

強み:周りの人から信頼されている

責任のあることや約束は必ず守るので、周りからの信頼は絶大です。この人なら必ず成し遂げてくれるという確固たる信頼を得ています。

また、「責任感」の資質を強い人は、約束を果たせなかった場合に言い訳をしません罪悪感を感じ、謝罪だけでなく行動することで埋め合わせようとします。

弱み:自分で全てを背負ってしまう

「責任感」の弱みは、自分で全てを背負ってしまうことです。自分が関わることは最後まで責任を果たしたいと思い、自分で抱え込んでしまいます。人に任せるということが苦手な傾向があります。

【ストレングスファインダー資質24】戦略性

「戦略性」は、達成するべき成果に向けて先読みし、いくつものアプローチを考えることができる資質です。成果を出す方法はひとつではなく、常に複数のプランを考え出すことができます。

強み:全体像を把握し、先を見通してプランを考えることができる

「戦略性」の強みは、全体像を把握し、先を見通してプランを考えることができるという点です。目標とする成果が必ずあり、それが明確になればいろいろな思考を繰り返しながらアプローチ方法を考えます。

弱み:周囲への説明を怠ってしまう

「戦略性」の弱みは、周囲への説明を怠ってしまうことです。先読みして次々にプランを練っていくので、それが当たり前になってしまいます。

そのため、なぜそのようなアプローチをするのかの説明を省いてしまい、周囲を置いてきぼりにしてしまうことがあるかもしれません。

【ストレングスファインダー資質25】達成欲

「達成欲」は、よりたくさんの成果を出すことが好きという資質です。同じ時間内でできるだけ多くの成果を出すという、生産性の高さを求めます。

中途半端を嫌い、必ず最後までやり遂げるのが特徴です。

強み:物事をやり遂げた時に喜びを感じる

「達成欲」の強みは、物事をやり遂げた時に喜びを感じることです

ひとつのことをクリアすることに達成感があり、次から次へと進みます。効率良く行動することも重要なので、自ずと生産性が高くなっていきます。

弱み:目的を見失う場合がある

物事をやり遂げるという点に喜びを感じるので、目的を見失いがちになる傾向があります。また、「達成欲」の資質を持つ人は生産性の高さを追求するので、その作業ペースはとても速くなります。

そのペースを周囲にも求めすぎてしまうことがあるかもしれません。

【ストレングスファインダー資質26】着想

「着想」は、アイディアが次々とひらめく資質です。一見つながりがないと思われる物事をつなぎ合わせ、新しいものを生み出すことができます。

強み:アイディアを生み出すのが得意

「着想」の強みは、アイディアを生み出すのが得意ということです。物事を別の角度から捉え、それぞれの関連性を見出し、組み合わせることができます。混沌としていて複雑な状態の中から、アイディアがひらめきます。

弱み:飽きやすいかもしれない

「着想」の資質を持つ人は新しいものが好きなので、飽きやすいかもしれません。常にアイディアが生まれるような状態を意識して作り出してみるのがいいでしょう。

また、発想が斬新なことで、周囲になかなか理解してもらえないということもあります。

【ストレングスファインダー資質27】調和性

「調和性」は、意見の一致を求めチームの推進(物事が目標に向かって進むこと)に価値を置いている資質です。

場の空気を読み、対立を起こさないようにと振る舞います。そのため、譲歩して相手や周囲に合わせることを選びがちです。

強み:対立を嫌い、争いを最小限にしようとする

「調和性」の強みは、対立を嫌って争いを最小限にしようと行動することです。異なる意見を受け入れ、それらの着地点を見つけるのが得意です。

会議やミーティングなどで議論が対立しがちになっても、それをうまくまとめることができるでしょう。

弱み:本音を言えずに我慢してしまう

周囲に合わせることを重視するあまり、本音を言えず我慢してしまうことがあります。また、「自分の意見がない」と思われることもあるでしょう。

チームの意見を一致させる事に向かわすことのできるパワフルな強みですが、強すぎると周囲から誤解されることもあるため、バランスを意識して他の資質も組み合わせながら周囲に意見を伝えていく視点を持つことが大切です。

Gallup認定ストレングスコーチ 重光咲希さん
調和性が強い人は「自分の意見がない」のではなく、自分の意見を主張するよりもチームが意見を一致させ物事を推進させる事に価値を置いている傾向があります。 

【ストレングスファインダー資質28】適応性

「適応性」は、何が起きても柔軟に対応できる資質です。この資質を持つ人は未来は常に変わるものだと考えています。不測の事態にも慌てずに頭を切り替え、解決策を導き出すことに集中します。

強み:起こったことを全て受け入れる適応力がある

「適応性」の強みは、起こったことを全て受け入れる適応力があることです。そのため、予期しない展開にも、落ち着いて柔軟に対応することができます。

今この瞬間を大切にして、目の前のことに全力で取り組むでしょう。

弱み:目標を持って計画的に進めていくのが苦手

「適応性」は、今起こることに意識を集中し、起こったことを受け入れます。そのため、目標を持って計画的に進めていくことが苦手な場合があるかもしれません。

その場合は、短期間で達成できる小さな目標立ててそれをクリアすることで、モチベーションを保つことができるでしょう。

【ストレングスファインダー資質29】内省

「内省」は、物事を深く考えるという資質です。思慮深く、好奇心が旺盛という特徴があります。知り得たことをとことん深めて考えるという傾向があります。

強み:考えることが大好き

考えることが大好きで、ひとつのテーマを深く掘ることに喜びを感じます。自問自答しながら思考を深めていくタイプです。

自分で納得したことを口にしたいので、対面で話すよりもテキストで伝える方が得意でしょう。深く考え出された物事の真理や知恵の奥深さは人々の助けとなるでしょう。

弱み:同じ内容を長考してしまう

「内省」をの資質を持つ人は、同じ内容を長考してしまうのが弱みです。ひとつのことにとらわれるとそのことばかり考えすぎて、深みにはまってしまいます。

また、よく考えてから言葉にするので、その場ですぐに答えることが苦手です。人によっては反応が遅いと思われるかもしれません。

【ストレングスファインダー資質30】分析思考

「分析思考」は、論理性を大切にする資質です。物事には筋が通っていることが大切で、感情ではなく客観的な事実や数値データを重視します。

強み:事実に基づいて分析をするのが得意

「分析思考」の資質を持つ人は、感情に流されず事実に基づいて分析をするのが得意です。世の中で起きる全てのことに必ず原因があり、結果との間に因果関係があると考えています。筋道立てて話すことができ、複雑で難しいことも噛み砕いてわかり易く伝えることができます。

弱み:相手の感情を蔑ろにしてしまう

「分析思考」の資質を持つ人は、事実やデータに基づく考えを重視するため、相手の感情よりも事実を重視してしまう可能性があります

また、筋が通らないことにはなかなか納得できず、周囲からは融通が効かないと思われることもあるでしょう。

【ストレングスファインダー資質31】包含

「包含」は、仲間はずれを作らずに、その場にいる人全員に居場所を与えられるという資質です。グループから外れて一人でいる人は、放って置けません。性別や年齢、価値観にかかわらず、平等に接することができます。

強み:グループの輪に色々な人を巻き込むのが得意

「包含」の資質を持つ人は、グループの輪に色々な人を巻き込むのが得意です。輪に入れない人とも積極的にコミュニケーションをして、仲間に加えることができます。

弱み:価値観の異なる人と衝突することも

さまざまな人を平等に包含しようとすると、どうしても価値観の異なる人と衝突する場合があります。このような事態が起こることを想定して、うまく対処しなければなりません。

【ストレングスファインダー資質32】ポジティブ

「ポジティブ」の資質が強い人は、情熱的で、その熱意はまわりの人に伝染していきます。また、明るく陽気なため他の人たちもワクワクする気持ちが湧いてきます。

強み:ユーモアに富んでいる

「ポジティブ」の資質を持つ人はいつもユーモアに富んでいて、物事の良い面を見つけることが得意です。困難な状況でもなんとかなると楽天的に考えます。

その前向きな姿勢は周囲にも影響を与え、明るい雰囲気にするでしょう。

弱み:タイミングを間違えると不快感を与えかねない

楽天的な側面も、タイミングを間違えると周りに不快感を与えかねません。 深刻な場面でユーモアを発揮しても、空気が読めない人と思われるでしょう。

また、ミスをして落ち込んでもすぐに元気になるのを見て、「全然反省していない」と思われてしまうかもしれません。

【ストレングスファインダー資質33】未来志向

「未来志向」は、未来をイメージすることができる資質です。過去を振り返ることはせず、未来を想像します。

どれくらい先の未来かは人それぞれで、3年〜10年ぐらい先の近い未来か、あるいは何十年も先をイメージする人もいます。

強み:まだ起きていない未来のビジョンを予測できる

まだ起きていない未来のビジョンを予測することができるのが強みです。その描く未来は周囲にもエネルギーを与えます。最新技術や科学など、最先端のものに携わることでその能力を発揮できるでしょう。

弱み:他の人も自分と同じように未来が見えていると思いがち

他の人も自分と同じように、未来のビジョンが見えていると思いがちです。しかし「未来志向」の資質がない人にはそのような未来をイメージすることは難しいものです。そのような人たちには、積極的に伝えてあげるといいでしょう。

【ストレングスファインダー資質34】目標志向

「目標志向」は、一度目標を定めたらそこに向けて一直線に突き進むことができる資質です。今やるべきことが明確であることを重視します。目標を持つことでやる気が高まり、着実に目標を達成することができるでしょう。

強み:目標をもち、しっかりそれに向かうことができる

明確な目標を持ち、しっかりそれに向かい達成できるのが強みです。目標が定まるとモチベーションが高まり、目標達成のために必要な行動を本能的に判断します。他のことを忘れてそれに集中し、着実に達成するでしょう。

弱み:過程を楽しむことを忘れてしまうことも

目標達成にフォーカスするあまり、過程を楽しむことを忘れてしまうことがあります。目標達成が大きなモチベーションなので、達成するための効率ばかりを考えがちです。

また、目標に集中しすぎて周囲への配慮が欠けてしまうこともあるでしょう。

ストレングスファインダーの34の資質を見るメリット

ストレングスファインダーで分類されている資質は34個あります。その資質を見ることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

上位1/3は日常的に自然と現れている資質

ストレングスファインダーでは34の資質のうち、最も特徴的な5つを診断結果として出します。

34の資質の上位にくる1/3程度は日常的に意識しなくても自然に現れている資質です。上位5つだけでなく34の資質すべての順位を知ることで、自己理解をより深めることにつながるでしょう。

自分の資質を知ることで、自分が自然に他の人よりも支えている才能を「強み」として活かす生き方をすることができます。

使いづらい資質で生きようとするのは大変なこと。34の資質を知ることで、自分の生き方を明確に覚悟することができます

資質は組み合わせを知ることによって真価を発揮する

前の項目ではストレングスファインダーの34の資質について個別に説明しましたが、資質は単独ではなく、組み合わせで考える必要があります。同じ資質を持つ者同士でも、組み合わせ次第で性格が変わってきます。

ひとつの資質が他の資質と組み合わさることで、単体での傾向性が変化するのが「組み合わせによるダイナミクス」です。このダイナミクスを理解することで、ストレングスファインダーをより良く活用することができます。

ストレングスファインダーの資質の組み合わせは上位5つでも3300万通り

ストレングスファインダーでは才能を34の資質に分類し、そのうち、優先度の高い思考や感情、行動のパターンという最も特徴的な上位5つの資質を診断結果として出します。

組み合わせ数は上位5つでも3,300万通りにもなり、5つとも同じ資質を持つ人はいないに等しいということになるでしょう。

さらに34の資質全てを見ることで、他の人にはない自分だけの傾向性を知ることができます。本当の自分を理解することができるのです。

資質の組み合わせによるレポートを実際に見てみよう!

ストレングスファインダーのレポート(強みの理解レポート)は、資質の組み合わせで内容が異なります。同じ資質が上位にある人でも、組み合わせによって全く異なる内容になることも珍しくありません。

34種類の資質は、単体ではなく組み合わさることで初めて自分の才能を知ることができます。上位5つの組み合わせだけでも3,300万通りあるので、34全ての資質となると、完全に同じ資質を持つ人はほぼいないということになります

実際に、二人のレポートを見てみましょう。

最上志向

Kさんの場合(1. 戦略性2. 最上志向3. 着想4. コミュニケーション 5. 内省)

「多くの場合、あなたは、 持って生まれた才能を信頼すると、目標に向かってはるかに簡単にすばやく進むことが できます。 一人で仕事することが好きなので、才能を最大限に活用できるという価値を称賛するでしょう。 生ま れながらにして、あなたは、 人に影響を与えて行動を起こさせようとする際、全ての人に対して同様のアプロー チをとることはありません。 その代わり、各人の特別な才能、スキル、知識、使命、選好、嫌悪を見つけ出します。 そうして得た情報から、あなたは言葉や行動を相手に合わせることができます。 あなたは本能的に、 通常、 人々の特質や個性を形成するものを特定することに力を注ぎます。 この知識によって、あなたは多くの人に最 高の仕事をこなそうというやる気を起こさせるでしょう。 おそらくあなたは、 自分の得意なことや、不得意なこと がよくわかっています。 このことについて自分の直感を信頼しています。 あなたは長年、自分の才能を頼りに 成長し、先へと進んできました。 自分には才能が欠けていると思う作業に臨んで自信を失ってしまうことのない よう、そのリスクは避けています。例え、多少の関連する知識、スキル、経験があっても、そのリスクは取りませ ん。 持っている才能によって、あなたは、 通常、個人的にも仕事上でも、さらなる向上のために自分の才能を使 います。 あなたはいつも、すでに十分うまくやっていることをさらに練習します。 あなたは繰り返し自問します。 「もっとうまくできないか。 自分はすべての力を出し切っているか」。あなたはおそらく、自分の過去の業績や天 与の才能に満足するのは極めて危険だと主張するでしょう。 このような考えでは、平凡で終わってしまう可能 性があります。 そうならないように、あなたは努力します。」

Sさんの場合(1. 収集心 2. 内省3. 未来志向 4. 個別化 5. 最上志向)

「強みによって、あなたは、 自分の欠点より才能について考える時間の方が長いでしょう。 あなたは、ミスや失敗 に遭遇したときは、限界についてじっくり考えることがあります。 あなたは、自分とは別の誰かになろうとするよ り、自分にない才能を持つ人に協力してもらい、お返しに自分の才能を提供することがあります。 持っている才 能によって、あなたは、 好ましい結果を助長することを重視します。 あなたは他の人の良い点を見つけて強調 します。 あなたは人に得意なことについての具体的な特定の詳細事項を伝えます。 そして才能を活かせるよう に手助けします。 これがその人の継続的な成功につながると、あなたは主張します。 生まれながらにして、あな たは、 誰かがあなたの長所を認めてくれると、力を最大限に発揮できます。 あなたは、自分の才能や技術、知 識を認めてほしいのです。 おそらくあなたは、 本能的に、自分の強みを強調できるときに、成長や利益を得られ ることを知っています。 このことは、あなたが常に自分の才能の価値を認めてくれる人と交際しようとしている 理由を示しています。 あなたは本能的に、 自分の読書への強い関心と、人の個性を際立たせているものを見 つける能力を組み合わせています。 あなたは、人の興味を引くものを見つけるようです。 それから、あなたはそ うした話題に関連するものを読みます。 あなたは、相手に影響を与えるような洞察を得て、その人が自分なら ではの才能や知識、スキル等を活かせていけるようにすることを目指しています。 」

内省

Kさんの場合(1. 戦略性2. 最上志向3. 着想4. コミュニケーション 5. 内省)

「多くの場合、あなたは、 頻繁に、自分自身をしっかりと掘り下げて振り返ります。 おそらく、あなたは達成できた ことと達成できていないことを確認するでしょう。 さまざまな人への接し方や相手からの反応に細心の注意を 払って精査します。 個人的または仕事上の優先順位をよく見直します。 人生のあらゆる側面を分析する傾向 があります。 持っている才能によって、あなたは、 あなたの頭の中ではたいてい新しいアイデアが駆け巡ってい ます。 あなたは問題の解決、新しい概念の考案、計画の立案、日常的な物事の理解に大きな興味を抱いてい ます。 生まれながらにして、あなたは、 読んだ事、見た事、聞いた事などについてじっくり考えるための時間を1 週間に5時間程度設けているかもしれません。 考えるための時間を1時間単位で設けていることもあれば、 そ れより短い単位の時間を、有効活用していることもあるでしょう。 たとえば、歩きながら、自転車に乗りながら、 車を運転しながら、あるいは仕事や習い事の往復途中などに、特定のアイデアについてじっくり検討したりする かもしれません。 強みによって、あなたは、 参加者が真実や理由を探すことに熱心に取り組むような議論に惹 かれます。 あなたは本能的に、 幼少時代からこれまでに至る間、様々な考えについて話し合うような場にいま す。 あなたは、子どもの頃、大人の議論に注意深く耳を傾けていたでしょう。 そうすることで、あなたは、波風を 立てずに話に加わることができたのです。 今もあなたは熱心に話を聞いて情報を集めてから、自分の考えを言 ったり、自分の洞察を共有したり、提案をしたり、質問をしたりします。」

Sさんの場合(1. 収集心 2. 内省3. 未来志向 4. 個別化 5. 最上志向)

「おそらくあなたは、 個人プレーヤーであるかもしれません。 独力で知識を得たり熟考したりする機会を喜ぶよう です。 他人や騒音に悩まされることなく考えることができるように一人になれる場所を探し求めることもある程 度あります。 多くの場合、あなたは、 1週間に最低5時間は一人になって考える時間として決めます。 おそらく 雑念や割り込みを取りはらう方法を見つけているでしょう。 家族、友人、同僚、チームメンバー、クラスメなどと 過ごす時間が少ないという事実を受け入れています。 強みによって、あなたは、 よく本、定期刊行物、文書、通 信、インターネットサイトを読みます。 思考を刺激するアイデア、情報、データ、予測、洞察、人物、筋書から知的 に刺激を受けようとします。 生まれながらにして、あなたは、 グループの集まりで話し合う話題に関する資料を 読むことにより、できるだけ多くの情報を集めることがよくあります。 これは、あなたの長所であり強みです。 当 然のことながら、一部の人たちは全部の下調べ、事前の資料の読み込みやリサーチについて、あなたを頼って います。そうしてあなたに頼れば、何も心配はありません。 あなたは本能的に、 現在の出来事に注意を払いま す。 多くの人は、聞いたことや見たこと、読んだことをただ伝えるだけです。 あなたは、テーマに深く入り込むの が普通です。 あなたは、ニュース記事などの背景にある論理的思考を説明するために、理論や概念、哲学を生 み出す傾向があります。 あなたはいつも、出来事や政策方針、人、危機などについて情報を集めています。 あ なたの斬新な洞察は、同じように深く考える人々を会話に引き込むことでしょう。」

このように、ダイナミクスを反映させ、同じ資質だとしても、文章としては全く異なったアドバイスがされていることがわかります。

4つの色で生き方の傾向がわかる

実行力の強み 影響力の強み 人間関係構築力の強み 戦略的思考力
アレンジ 活発性 運命志向 学習欲
回復思考 競争性 共感性 原点志向
規律性 コミュニケーション 個別化 収集
公平性 最上志向 親密性 戦略性
慎重さ 自我 成長促進 着想
信念 自己確信 親和性 内省
責任感 社交性 適応性 分析思考
達成欲 指令性 包含 未来志向
目標志向 ポジティブ

ストレングスファインダーの34の資質は、次の4つのグループに分けられています。

実行力の強み 完遂したい、成し遂げたいという気持ちが強い資質
影響力の強み 人に影響力を与えたい、人を動かしたいという気持ちが強い資質
人間関係構築力の強み 人と繋がりたい、関係性を築きたいという気持ちが強い資質
戦略的思考力  考えたい、頭脳(ブレイン)的活動をしたいという気持ちが強い資質

そして、この4グループはそれぞれ色分けされています。

  • 実行力の強み:紫
  • 影響力の強み:黄
  • 人間関係構築力の強み:青
  • 戦略的思考力:赤

出典:Gallup

上の図のような色の偏りによって、その人の生き方の傾向を理解することができるでしょう。

上の図では戦略的思考、影響力に偏っているため、考えることが好きで、人に影響力を与えたいという考えが強いことがわかります。

Gallup認定ストレングスコーチ 重光咲希さん
この4つの色分けの境界線は限りなく薄いため、「偏りがある」や「〇〇の領域がない」ということではないので安心してくださいね。ご自身のトップ5もしくはトップ10までの上位の資質を活かすことで「実行」「思考」「影響」「人間関係構築」などどのようなことでもできます。 

34の強みを購入する方法

ストレンジャーファインダーを受ける方法は。3通りあります。

  • 書籍を購入し、付属のアクセスコードを利用する
  • 公式サイトから直接アクセスコードを購入する
  • 公式のスマホアプリをダウンロードして診断を受ける

書籍を購入する

書籍を購入後、ストレングスファインダー販売元のギャラップ社のホームページにアクセスし、書籍に付属のアクセスコードを入力します。ユーザー登録をして日本語版ストレングスファインダーを選択し、テストを開始します(30~40分)。上位5つの診断結果が出されますが、すべての資質を見たい場合は追加料金を支払って購入することになります。

公式サイトで購入する

ギャラップ社のホームページにアクセスし、右上の「製品の購入」ボタンをクリック。次の3種類があるので、受けたいものを選びます。「34の強み」は、「上位5つの強み」のみを購入してから追加購入する方法と、初めから「34の強み」を購入する方法があります。

  • Top 5 Strengths Access(上位5つの強みのみを知ることができる)
  • 全34の強みのアップグレード(6位以下の強みも知ることができる)
  • ALL 34 STRENGTHS ACCESS(最初から34の強みを知ることができる)

スマホアプリで購入する

スマホアプリをApp Store(iPhone)もしくはGoogle Playストア(Android)からインストールします。「上位5つの強み」と「全34の強み」のどちらかを選んで支払いをしたあと、テストを受けることができます。

34の強みを購入する手順

公式サイトで34の強みを購入する場合、2通りの手順があります。

グレードアップする場合

出典:Gallup

5つの資質を購入した場合、全34の強みへのグレードアップをすることができます。このような画面が出てきますので、カートに追加をクリックしましょう。この後の手続きは、全34の強みを購入する場合と同じです。

全34の強みを購入する場合

出典:Gallup

「CliftonStrengths®テスト付き電子書籍」の「購入」をクリックします。

出典:Gallup

「カートに追加」をクリックします。

出典:Gallup

別窓でこのような画像が出てくるので、「CHECKOUT」をクリックします。

出典:Gallup

必要事項を記入し、「続行」を押します。

出典:Gallup

支払いのためのクレジットカード情報を入力します。「購入の完了」を押したら、テストを受けることができます。

34の資質を活かすための方法

34の資質の診断結果を受け取ったら、それを見て満足しているだけではもったいないことです。強みを活かし、より自分らしく生きるためにも資質を十分に活かしていきましょう。そのための方法を紹介します。

ギャロップ社公式の「資質解説動画」をチェック

ギャロップ社公式の「資質解説動画」は、日本語字幕付きで34全資質分の解説を見ることができます。本を読んだだけでは理解しづらい内容を、それぞれの資質をトップに持つ人が具体例と共にわかりやすく説明してくれます。上位にある資質の解説を見ることで、理解を深めることができるでしょう。

友人同士で出た資質の結果を共有し、議論する

自分の資質を理解するためには、友人同士でお互いの資質の結果を共有し、議論することもおすすめです。資質の比較表を作って比べてみる、本の説明を引用しながら自分の資質について説明する、過去の経験を資質と絡めて説明するといった内容で議論を深めてみましょう。一人で考えているだけではわからないことに気づくことができます。

書籍を読んで自分の資質を深く学ぶ

ストレングスファインダーを受けるために書籍を購入した人も多いと思います。アプリや公式サイトで購入した人も、この本を読むことで診断結果の理解を深めることができます。書籍には各資質ごとに、次のような内容が記載されています。

  • 資質の説明
  • 各資質をTOP5に持つ人の体験談
  • 資質を活かすための行動やアイディア

特に自分の上位5つの資質については、何度も読み返してみましょう。

ストレングスファインダーのコーチングを受講する

より深く自分の資質を強みにする方法を学びたい場合は、ストレングスファインダーのコーチングを受けるのがいいでしょう。コーチングを受けることで、上位資質の強みを発揮できる方向性を知ることができます。

上位5つの資質の組み合わせ数は、3,300万通りありますが、それを機械的に分類するのは不可能です。ストレングスファインダーの専門教育を受けた、ギャラップ社認定ストレングスコーチにしかできません。認定コーチはギャラップ社のサイトに一覧として載っていて、連絡先や専門領域も記載されているので自分に合ったストレングスコーチを探す事ができます。

また、ストレングスラボというストレングスを扱う日本の会社の公式ページでは、ワークショップや個別セッションが紹介されています。

Gallup認定ストレングスコーチ 重光咲希さん
私も認定ストレングスコーチ一覧に載っていますので、ストレングスファインダーについてのご質問やコーチングのご依頼等お気軽にご連絡くださいね。

さらに自分を知りたい方はこちらがおすすめ

さらに自分について知りたいという人には、無料で試すことができる自己分析ツールもあります。おすすめの2つを紹介しましょう。

無料で受けられるストレングスファインダー「グッドポイント診断」も試してみて

無料で受けられるストレングスファインダーとも称されるのが、「グッドポイント診断」です。「リクルート」が開発した自己分析ツールで、「リクナビNEXT」に登録すれば誰でも無料で受けることができます。

無料とはいえ、その内容がストレングスファインダーに劣るというわけではありません。30分程度の診断テストを受けるだけで18種類の強みから5つの強みを診断し、自分の個性をつかむことができます。

ストレングスファインダーを利用する前に手軽に試したいという人におすすめです。次の記事で「グッドポイント診断」の詳しいことがわかりますので、ぜひ参考にしてください。

 

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

キャリアに悩んでいるなら「ミイダス」も併用しよう

新しい形の転職サイト「ミイダス」では、登録すると無料でキャリア適正チェックができます。ミイダスはこれまでの転職サイトとは異なり、登録するだけで書類選考通過済み(面接確約)のオファーがもらえるという画期的な転職サービスです。登録することで「適正チェック」を受けられるほか、具体的な数字で自分の市場価値を知ることもできます。

ミイダスについては次の記事で詳しく知ることができるので、チェックしてみましょう!

 

ミイダスのコンピテンシー診断(旧キャリア適性チェック)でわかる自分の5つの強み!

34の資質を知ることで、自分をもっと知ることができる

ストレングスファインダーの34の資質について、詳しく説明しました。177の質問に答えることで、本当の自分について深く知ることができます。

ストレングスファインダーが開発された背景には、「自分の強みに意識を向けそれを活かすことが、最大の能力を発揮することができる」という考えが根本にあります。

上手に利用することで自分の資質を強みに変え、才能を最大限に発揮できる生き方ができるでしょう。