職場で孤立する人(女性・男性)の10の特徴と対処法。孤立したら転職・退職すべき?

職場にどうしても馴染めない、孤立してしまう…そんな方達のために、職場で孤立してしまう人の特徴、対処法について紹介します。

100人に、人間関係がきっかけで退職・転職をしたことがあるかについてアンケート調査をしました。

さらに、職場で孤立したことがきっかけで転職を考えている方のために、「職場で孤立をした際の転職の考え方・やり方」についても解説しています。

⇒⇒オンラインカウンセリングで悩み相談をしてみる

⇒⇒キャリア適正診断を受けてみる

職場で孤立してしまう人(女性・男性)の10の特徴と16の対処法

職場で孤立していると感じた時は、まずは原因を探りましょう例えば、職場で孤立している原因が、身だしなみを整えていないことなのに、自分のコミュニケーションに問題があると考えていては、なかなか問題を解決できません。むしろ、積極的にコミュニケーションをとろうとすることで反感を買ってしまい、逆効果になってしまうことも。

そこで、職場で孤立してしまう人の特徴と、それに対する対処法をまとめました。

場の空気が読めない


職場で孤立してしまう人は、周囲の人達から、良くない印象を持たれていることが多いもの。例えば、仕事の繁忙期に入って、皆で一致団結し、大変な時期を乗り越えようとしている時などに、チームワークを乱す、空気の読めないようなことをしているのかもしれません。

皆で残業をして、大変な時期を乗り越えようとしている時に、一人だけ「私は、残業できないので」と平気で帰ってしまっていたりしませんか?

対処法①:みんなと同じ行動をする

空気をどう読んでいいのかわからないのなら、周りをよく見て、みんなと同じ行動をしてみましょう。

いつも定時で帰っているなら試しにみんなが帰るまで帰らないという行動をしてみましょう。そうすることで普段みんながどれくらいまで仕事をしているのかがわかります。

また、みんながどんな業務をしているのか、どんな気遣いをしているのかも自分が同じ行動をすることで気づくことができるので、積極的に取り組んでみましょう。

対処法②:事情がある場合は説明と謝罪・感謝を欠かさない

もし、残業をしないという契約で働いていたり、どうしてもという理由がある場合には、自分の口から説明をしましょう。「本当は残業したいんだけど、子供を迎えにいかないといけないから、どうしても残業ができなくて…。本当に申し訳ありません」などと理由や謝罪の言葉を伝えるだけでも印象は変わります。

上司などに相談をして、他の同僚達に良くない印象を与えないよう、配慮ある発言をしてもらうなども有効でしょう。ただし、言い訳に取られないよう言い方には注意が必要です。

身だしなみに無頓着


「髪がボサボサ」「ひげが伸びっぱなし」「シャツがヨレヨレ」「いつもすっぴん」「体臭や口臭がひどい」など、清潔感のない人は要注意。

特に女性は、清潔感には敏感なもの。不潔な人へ嫌悪感を感じやすいので、女性の多い職場の場合は、特に身だしなみに注意する必要があります。

対処法:身だしなみを整える

男性だったら髪を伸ばしっぱなしではなく爽やかな短髪にする、ヒゲをきちんと剃る、衣服を毎日取り替えることを徹底しましょう。

女性の場合は、最低限のナチュラルメイクをするようにする、香水はつけすぎない、業務に合わせてネイルや爪の長さ、髪色や長さには気をつけるよう心がけましょう。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションをとることが苦手だと、自分の気持ちを相手に上手く伝えられません。そのため、「あの人、なんでこんなやり方をしているんだろう」「何も言わずに書類だけ置いておくなんて、失礼な人ね」などと、思われてしまうことがあるのです。

仕事ができなかったとしても、いつも笑顔で話しかけてくれる人には、良いイメージを持つのが人間の心理。

難しいと思うかもしれませんが、今日からできそうな対処法もたくさんありますよ!

対処法①挨拶をきちんとする

仕事仲間とすれ違った時や、エレベーターで一緒になった時など、うつむいて気付かない振りをしていませんか?人は、全く知らない人よりも、普段から挨拶をしている人の方が、話しかけやすいもの。また、普段から顔を見ているけれど、避けてくる人よりも、やはり挨拶をしてくれる人の方が話しかけやすいのです。

積極的に挨拶をする人というイメージが広まれば印象が良くなり、話しかけられやすくなるので、職場での孤立を抜け出すきっかけになりやすいのです。

対処法②挨拶と一緒に褒める

例えば、「今日のスーツ、清潔感があっていいですね」「いつも明るくて、こっちまで元気をもらえます」などと声をかけることで、あなたの印象がさらに良くなると考えられます。

褒められて嫌な気分になる人はほとんどいません。積極的に相手の良いところを見つけて褒めることで、ちょっとしたコミュニケーションができるうえに、あなたのイメージを良いものとできるのです。

対処法③飲み会などに参加する


積極的にコミュニケーションを取るのが難しいと感じる人は、飲み会だけは欠かさず参加してみましょう。

節目節目に開催される飲み会は、仕事仲間と仲良くなるための良い機会。飲み会を楽しんで、周りの人と積極的にコミュニケーションをとる人は、上手く仕事を進められることが多いもの。

飲み会を断ることで得られる少しのプライベートタイムよりも、飲み会に出席することで、その後の職場環境を良くしたり、仕事を円滑に進められたりすることの方が魅力的ではないでしょうか。

対処法④職場に一人でもいいので、仲のいい人を作る

職場で孤立している場合、誰とも親しくないといった印象自体が孤立化に拍車をかけているケースもあります。いつも一人でいる人には、なかなか話しかけづらいもの。

そこで、あなたに対して心を開いてくれる人が表れた場合は、職場での孤立を抜け出す大きなチャンスです。職場の中で、一人でも仲の良い人ができれば、色んな相談に乗ってもらえます。辛い時の支えになる上、周りの人からも「あの人と仲がいい人」という印象になるので、「孤立した人」という印象から抜け出せるでしょう。

さらに、仲の良い人を起点にして、色んな人と仲良くなれる可能性も。

対処法⑤自分を出すことで信頼を得る

とはいえ、その最初の1人と仲良くなるのが難しいという人も多いと思います。そんな人は、徹底的に自分をさらけ出すことを意識してみましょう。

自分のことを全く話さず、相手の話を聞いているだけの人は、信頼感を得にくいもの。本音を話さないので、「この人は、何を考えているのかわからない」と思われてしまうからです。

その一方で、自分の心を開いて何でも話してくれる人は、信頼されやすいもの。自分の家族や趣味、プライベートな時間の過ごし方などを話してくれる人は、印象が良くなり、信用してもらいやすくなるのです。

「自分について色々話したのに、裏切られたらどうしよう…」などと感じていると、なかなか相手に心を開けません。だからこそ、自分をさらけ出すと、相手から信頼される可能性が高まります。

否定的な話し方をしてしまったり、文句が多い

ネガティブな人は、周りの人から敬遠される可能性が高くなります。何を話しかけても否定的なことを言ったり、文句ばかり言っている人は、相手に不快感を与えがち。

仕事の提案などをしたにもかかわらず、毎回のように否定する人には、話しかける気がなくなってしまいます。「そんなことしても意味ないんじゃない?」「そんなに上手くいくわけないじゃない」などと言っていませんか?

対処法:否定をする場合、一旦肯定することを心がける

仕事の提案をしてもらった時、それが良くなかったとしても一旦は肯定するようにしましょう。

なるほど、○○さんはこういう考えがあってこういう風に思うんだね。でも私は〜」と、相手の意見を一旦肯定してから自分の意見をいうように心がければ、相手の受け止め方も大きく変わってくるはずです。

人に感謝の言葉を言わない

相手のことを思いやれない人は、相手に不快感や不信感を与えがちです。

「これはあの人の仕事なんだから、やってもらって当然」などと考えて働いている人は注意が必要。与えられた仕事をしっかりとこなすことは、社会人として当然の責任ですが、その一方で、相手がしてくれたことに対して、お礼を言うのも、社会人として当然のマナーと言えるでしょう。

対処法:周りへの感謝・配慮を忘れない

仕事仲間に配慮して感謝を忘れないようにしましょう。

何かをしてもらうたびに、「ありがとう」といった言葉を積極的に発していきましょう。ありがとうと言われて悪い気持ちになる人はいないので、積極的に伝えるといいでしょう。

また、常に仕事仲間を配慮し力になってあげることで、むやみに波風を立てず、上手く物事を収めることができるのです。「あの人に相談すれば、何か力になってくれるかもしれない」と思ってもらえるほど、あなたの周りには、人が集まってくるでしょう。「あの人は良い人」「とても頼りになる人」といったイメージが、職場での孤立を防いでくれるのです。そして、あなたに何か困ったことがあった時には、周りの人も助けてくれるでしょう。

約束を守らない・遅刻をするなどの問題行動を起こしがち

社会人として当然のことができないと、職場で孤立してしまいがち。例えば、「来週までに、この書類を完成させておいて」などと言われたにもかかわらず、全く進められず、当日になって問題が発覚するなどは最悪ですよね。

こういったことが重なると、周囲の人からの信頼されなくなるでしょう。他にも、遅刻をすることが多いなど、約束を守れない人、時間を守れない人には大切なことを任せられず、仕事はもちろん、人としても関わりを避けられるようになってしまいます。

対処法:リマインダー・予定帳を活用

スマートフォンやパソコンに入っているアプリ「リマインダー」を利用しましょう。そういった電子機器が使えない職場の場合は、予定帳などを購入すると良いでしょう。

その日自分がやるべきことを書き、仕事を始める前にそれを一通り確認。そしてチェックをつけて、一つずつ仕事をこなしていくようにしましょう。そうすることで約束を守らない・遅刻をしてしまうといった事態は大幅に解消されるはずです。

仕事でのミスが多かったり、きちんと取り組んでいない

仕事をするうえでミスをするのは仕方のないこと。ですが、あまりにも仕事でのミスが多い場合には、周りの人からの信頼を失くしてしまうことになります。

例えば、同じミスを繰り返したり、マニュアル通りに取り組まずにミスをしたりする場合などは特に周りに嫌がられるでしょう。

対処法①ミスをしたら素直に謝る

ミスをした時には素直に謝るように心がけましょう。最初に言い訳をするのではなく、まずはしっかりとミスを認めて謝ることで誠意が伝わり、周りの人もあなたの立場になって考えてくれるでしょう。

また、いつも誠実な対応をする人という印象を与え続ければ、ミスをした時に味方になってくれる人も増えてくるでしょう。

対処法②きちんと仕事をこなす

与えられた仕事はきちんとこなすことが重要。また、余裕を持って予定を管理しておくことが、きちんと仕事をこなしていくうえでは重要です。万一のトラブルなどを見越して、余裕をもったスケジュールを組んでおけば、少々の問題は乗り越えられるでしょう。

さらに、自分の仕事が上手く進まない場合、時には上司に相談することも必要となるでしょう。どうしようもなく手が付けられない状態になってから問題が発覚するよりも、早い段階で問題を認識してもらう方が、困難を乗り越えられる可能性が高まるからです。

嫉妬されている

仕事でミスを重ねたり、頻繁に遅刻をしたりすることで信頼を失くしている人がいる一方で、仕事ができることが原因で孤立している人もいます。

例えば、どんな仕事であっても問題なくこなせる人は、周りの人にすごいと思われる反面、嫉妬される恐れもあるのです。「自分は毎日残業や休日出勤をして、必死に仕事を進めているのに、あの人はいつも定時で帰ってしまう」と思われていることもあるでしょう。

本当は、周りの人以上の仕事量をこなしていたり、難しい仕事をしていたりする場合でも、周りの人には、その大変さが伝わらないことがあります。

対処法:常に謙虚な姿勢でいる

いつも謙虚な姿勢でいることで、周りの人に良い印象を与えることが大切です。「自分の仕事が上手くいったのは、周りの協力があったから」「仕事仲間がいるからこそ、自分は気持ち良く働ける」…。大きな仕事を成功させたにも関わらず謙虚な姿勢でいる人は、周りの人から見るととても魅力的な存在に映るでしょう。

「あの人はあんなに仕事ができるのに、いつも低姿勢で熱心に仕事に取り組んでいる」というイメージを与えられれば、さらに好印象を与えられることも。

さらに、低姿勢ながらも、周囲の人にアドバイスをすることで、周りから感謝され、慕われることが増えることもあるでしょう。

原因がなくても避けられている可能性も

特にこれといった原因がなくても、職場で孤立してしまう可能性はあります。この場合、職場の人が共通して持っている価値観と合っていない場合や、年代が違うこと、話が合わないことなどが考えられるでしょう。いずれにしても、原因がハッキリとわからないので対処ができないという問題があり、簡単に解決できるものではありません。

対処法:自分の行動を振り返って職場に馴染む努力をする

原因がハッキリとわからない場合には、自分の行動を振り返ってみて、少しずつ職場に馴染む努力をすることが大切です。

「今日は少しだけ職場で良い雰囲気になった気がする」「いつもより避けられていたかもしれない」と日によって波があるでしょう。そういった雰囲気から、自分の行動を振り返って、良い原因や悪い原因を探っていくのです。そうすることで、少しずつ、職場での過ごし方のコツが身についてきて、自然と職場に馴染めることが期待できます。

対処法:仕事と割り切り、プライベートを充実させるようにするのも◎

職場で孤立した場合には、仕事とプライベートをしっかりと分けることも大切です。仕事はあくまでもお金を得るための手段として位置付けることで、人間関係の煩わしさや、仕事の大変さを受け入れられるでしょう。

毎月の給料の中に、人間関係における面倒さや、周囲の人とのコミュニケーションをとる必要性などが含まれていると考えることで、プライベートとの区切りをきっちりとつけられるということもあるのです。

対処法を試してもうまくいかなかった人は、自分でもわからない「悪い点」があるのかも?

ここまでにお伝えした対処法を試したのに、職場での孤立を解消できなかったという人もいます。それは、自分では把握しきれていない原因があるから。

そのため、「あなた自身が見つめるあなた」ではなく、「第三者から見たあなた」という視点が大切なのです。そこで、主観的な目線から離れ、客観的な視点で自分自身を見つめ直す方法について、紹介します。

信頼できる人に相談をして、自分のどこが悪いのかを客観的に知る

友達や恋人、家族など、信頼できる人に相談をすることで、客観的な視点で問題にアプローチすることが期待できます。仕事仲間が感じていることは、思ってもみなかったことかもしれません。これは、あなたが当事者であるために、わからないということも十分考えられます。そんな時だからこそ、周りにいる人に意見を求めることが有効なのです。

自分では気付けないことでも、第三者から見れば、ハッキリとわかるということは、珍しくありません。

プロに任せるのもあり

信頼できる人がいない、相談しづらい…といった場合は、プロのカウンセラーにお任せするのがおすすめ。お手軽な方法なら、24時間オンラインでカウンセリングをしてもらえる「cotree(コトリー)」がおすすめ。

cotreeではあなた専属のカウンセラー「書く」「話す」のいずれかの方法でカウンセリングをしてもらえます。

以下では実際にcotreeを利用したレビューを見ることができますのでチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい

【オンラインカウンセリング】cotreeの評判・口コミ・実際に受けた感想・メリット・おすすめの理由

続きを読む

 

自分のいいところ、悪いところを書き出す

人には、短所もあれば長所もあるもの。それにもかかわらず、悪いところだけが周りの人に伝わっていて、長所が隠れてしまっている状況だと、周りの人から避けられてしまうことがあるのです。

ただ、自分の長所や短所がわからないままがむしゃらに職場に馴染もうとしても、空回りしてしまったり、逆効果になってしまったりする恐れがあります。そのため、自分の良いところや悪いところを正確に把握して、上手く周りにアピールすることが重要です。

そこで、自分のいいところと悪いところを紙に書き出してみて、はっきりと可視化できる状態にしてみましょう。

とは言うものの、普段から自分の強みや弱みを意識している人はかなり少ないもの。なので、いざ、紙に書き出そうとした時に、なかなかペンが動かないという人は自己分析に役立つツールを役立ててください。

あなた強みを知ることができる「グッドポイント診断」

リクナビNEXTで提供されている「グッドポイント診断」は、あなたの性格の強みを把握するために役立ちます。グッドポイント診断は、人の性格を「親密性」「冷静沈着」「受容力」「決断力」など18種類に分けて、その中から5つの強みをピックアップして教えてくれる無料診断サービス。

グッドポイント診断については、以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

あわせて読みたい

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

続きを読む

 

「ストレングスファインダー」で得意を伸ばす、苦手を改善する

ストレングスファインダーは、あなたの才能を把握するために役立つ診断ツール。77の質問に答えることで、「あなたにどんな才能があるのか?」を教えてくれるサービスです。

ストレングスファインダーは、人間の才能を大きく4つのジャンルに分け、さらにそれらを34項目に分類することで、その中から最も才能があると診断された5つの項目について示してくれます。ストレングスファインダーで示してくれるのは、「アレンジ」「運命思考」「回復思考」「学習欲」などからなる、34の才能。これらの中から、あなたが最も才能がある5項目を教えてくれるのです。

職場で孤立してしまう人は、自分が得意でない資質を知ることにより、それを伸ばす方法を知ることができます。また、自分が得意な資質を知り、そちらを伸ばすことで職場で孤立してしまう事態を改善することが期待できます。詳しくは以下の記事をチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい

ストレングスファインダーとは?受検方法・受ける前に知るべきことなどを徹底解説!

続きを読む

職場で孤立したら転職・退職すべき?

職場で孤立するのは必ずしも悪いことではない。かえって楽?

職場で孤立するのは、必ずしも悪いことではありません。

気が合わない相手と無理にコミュニケーションをとるのは、多くの人にとってストレス。職場に気が合う相手がいるならそれに越したことはないでしょう。ですがうまくコミュニケーションができないなら、逆に「孤立」した方が楽でしょう。

会議・MTGや営業ではしっかり会話をしつつ、不必要な会話は避け、良い意味で「孤立」するのも手です。

あわせて読みたい

人間関係に疲れた人必見!仕事(職場&転職)・恋愛・友達・学校別の15の対処法を紹介

続きを読む

人間関係が煩わしい人は「あえて孤立したい」ということも

職場で孤立したらサクサク仕事を終わらせてプライベートを充実させよう

本当に辛いのであれば、転職を考えるのも手

今回、職場での孤立や人間関係に悩む人100名の男女に対して、feely編集部で独自のアンケートをお願いしたところ、「人間関係がきっかけで退職したことはありますか?」という質問に対して、「はい」と答えた方は、71名(71%)にものぼりました。

人間関係がきっかけで退職をした人の口コミ

私が仕事の覚えが悪く、そのことで上司や同僚に裏で悪口を言われていた。
同僚で、私に対してのライバル意識が強く、ある時から彼女よりはるかに仕事が出来るようになってから、違う同僚と一緒になって、私を避けるようになった。

仕事の覚えが悪くても、仕事ができても人間関係が悪くなり、孤立するなどして退職した経験のある人は少なくないようです。

「今までの職場で、人間関係に難しさを感じたことはある」人は100パーセント


さらに今までの職場で、人間関係に難しさを感じたことはありますか?」という質問をしたところ、100人、つまり全員が、今までの職場で人間関係に難しさを感じたことがあると答えました。

職場での孤立を解消できず辛い状況が続く場合には、転職を考えることも1つの手です。いつまでも辛い状況が続くことは、良いことではありません。仕事に嫌気がさして「もう働きたくない」と希望を失くしてしまうと、今後の人生が辛いものになってしまうこともあるでしょう。

また、年齢を重ねるほど、スキルや経験を活かして、即戦力としての働きが求められる傾向があります。そのため、異なる分野への転職は難しくなるでしょう。

そのため、職場での孤立が本当に辛い状況の場合には、早めに転職を考えた方がいいのです。そこで、転職をするにあたって優先すべきことを紹介します。

転職したい人は、自分の「価値観」に合った職場を探すのがベスト

転職するなら今よりも働きやすい職場を選びたいもの。そんな職場を選ぶためには、「自分にどんな適性があるのか」「自分の価値観に合う職種とは何か」を把握することが重要です。

転職をする人の多くは、これまでに培ったスキルや経験を活かせる仕事を選ぶ人が多いものですが、そういった仕事の選び方をすると、「思い切って転職したのに、あまり状況が変わらない」といったことになりがちなのです。

ですが、自分の価値観に合った職種を見つけられれば、やりがいを持って働けるより快適に仕事に取り組めることなどが期待できるのです。

あなたの価値観に合った転職ができる「VIEW」


自分の価値観に合った職種を見つけるなら、適職診断サービスの「VIEW」。価値観を基準にして、業種と職種の組み合わせから、おすすめのキャリアプランを教えてくれるアプリです。

キャリアプランの数は、なんと1000以上それぞれのキャリアプランで想定される年収や、具体的な企業名も教えてくます。

実際に転職をする際は、各領域に強い専門のエージェントを紹介してくれます

 

あわせて読みたい

価値観×AIキャリア診断「VIEW」を実際にやってみた!VIEWはどんな人にオススメ?

続きを読む

ミイダスの「キャリア適性チェック」はあなたがストレスフリーな環境がわかる

自分に最適な職種がわかっても、実際に転職する職場の環境や仕事の仕方によっては、また孤立してしまったり、人間関係に悩んだりしてしまうかも。

そこでおすすめなのが、ミイダスのキャリア適性チェックです。

ミイダスのキャリア適性チェックは、162の質問に答えることで5「適性の高い職種・低い職種」「仕事で発揮できる能力・適性」「マネジメント資質の有無」「相性の良い上司・部下」「あなたの苦手なストレス」を教えてくれます。

これらの特徴を把握したうえで、147もの職種の中から適性の高い職種と低い職種を教えてくれるので、VIEWとミイダスで適性の高い職種を絞り込み、ミイダスの結果を参考に会社選びをすることができます。

 

あわせて読みたい

実際に登録してわかったミイダスのメリット4つ!特徴や注意点を紹介

続きを読む

職場で孤立してしまう原因がわかれば対処可能!いますぐ脱却しよう

職場で孤立してしまうと、毎日の仕事が辛くなってしまいますよね。そんな時には、今回お伝えした、職場で孤立してしまう原因や、その対処法を参考にしてみてください。

ですが、それでも職場での孤立を解消できない場合は、転職も視野に入れる必要があります。今の職場よりも、あなたに適したところがあるかもしれません。

自分の適性や価値観に合った職場で働くことで、毎日がより充実することも十分に考えられます。そんな時には、今回お伝えした自己分析に活用できるツールを活用して、少しでも良い仕事に出会えるように頑張ってみてくださいね。