職場の人間関係が怖い!うまくいかない!疲れた!31の改善法、ストレス解消法を紹介

職場の人間関係に悩む人は、決して少なくありません。悩みが深くなるほど、毎日の仕事に向かう足取りが重くなる、という人もたくさんいます。どうすれば職場での人間関係が、より良いものになるのかがわかれば、改善に向けて頑張れますよね。

そこで今回は、職場の人間関係を改善する方法や、職場の人に恐怖を感じた時の対策、ストレスを解消するための方法などについて、まとめました。

100人に「今までの職場で人間関係に難しさを感じたことがあるか」のアンケートを実施。気になる数値を紹介しています。

職場の人間関係を改善する24の方法だけでなく、ストレスを解消する3つの方法などについても紹介しています。

⇒⇒無料診断を受けてみる

⇒⇒オンラインカウンセリングを受けてみる

\ 無料マッチング診断を受けてみよう /

職場の人間関係が「怖い」「うまくいかない」「疲れる」と感じる主な要因

職場の人間関係に、ストレスや恐怖を感じる原因にはどういったものがあるのでしょうか。1つ1つ見ていきましょう。

セクハラ・パワハラ
極度な成果主義
オフィス環境が悪い
上下関係が強すぎる
横のつながりが密接すぎる

セクハラ・パワハラ

セクハラ・パワハラは職場の人間関係をもっとも悪化させる原因になります。2019年6月のワークポートの調査では、社会人の3人に2人がパワハラを受け、5人に1人がセクハラ被害の経験あり。3人に1人がハラスメントが原因で退職経験を持つという壮絶な結果が明らかになりました。

今回の記事では、後半で主に「職場の人間関係を改善する方法」を紹介します。

しかし前提として、ハラスメントが蔓延する企業に長居するのはおすすめしません。耐えきれなくなったらすぐに転職活動を始めるのがおすすめです。ハラスメントでの退職は会社都合退職として扱われるため、失業給付金の受け取りにも有利です。

⇒⇒無料診断を受けてみる

⇒⇒オンラインカウンセリングを受けてみる

極度な成果主義

かつて日本の企業は「家族的」と呼ばれ、終身雇用が当たり前でした。しかしグローバル化と「失われた20年」と呼ばれる長引く不況を背景に、転職が当たり前に。同時に年功序列や家族経営は廃れ、欧米型の成果主義が当たり前になりつつあります。

一方で極度な成果主義は、会社の雰囲気を悪化させます。売り上げや契約数といった数値のみを成果指標にすると「部下の評価は見並低いのに、上司だけが高評価で高報酬をもらう」「部下と上司が談合し、ずるをして高評価を得る」といった問題が起きます。また過去にとある大手企業で起きた事例としては、成果主義を導入する一方で給与抑制も試みて、部長同士が談合して、ある部長の部下数十人の評価を不当に押し下げたという事例も。

このように、社員が疑心暗鬼になりやすい一面を持っています。そのため極度な成果主義は、会社の人間関係を悪化させるのです。

オフィス環境が悪い

オフィス環境の悪さも、職場の人間関係悪化の要因。「飲食物のカスが散らばっている」「匂いがこもる」「加湿器・除湿器がない」「話し声がうるさい」など一つ一つのことは些細でも、積み重なると大きなストレスに。

ストレスが積もり積もると、社員同士が互いにけん制しあったり、ちょっとした言葉遣いに棘が生まれたりもします。

上下関係・年功序列が強すぎる

近年は上下関係がフラットな企業も増えていますが、古い体質の企業も依然として存在します。「先輩に対する敬意」はもちろん重要ですが、上下関係が厳しすぎると部下が思うような意見を述べられないことになりやすいです。また上のポジションが年齢に応じて詰まりやすいため、若手の間に閉塞感が出やすいです。

フラットな会社と年功序列の古い体質の企業には一長一短があります。フラットな会社は成果主義を導入するケースが多く、年功序列は個々の成果はそれほど重視せずにチーム制。前者は緊張感あるムードがあり、後者は穏やかです。

成果主義と上下関係・年功序列はどちらも行きすぎると弊害が強いため、メリット・デメリットを正確に把握したうえで会社サイドはマネジメント方針を策定。社員サイドはいまの会社に残るか、転職するかを検討すべきです。

横のつながりが密接すぎる

フラットな会社は上司・部下・同期のいずれもが、友達のようなフランクさを持ちます。ポジションに応じた適度な緊張感を求める人には、この「友達のような横のつながり」がストレスに感じることもあるでしょう。

また「仕事は仕事。プライベートはプライベート」と切り分けたい人にも、この人間関係がうっとうしく感じることもあるでしょう。

100人中100人が「今までの職場で人間関係に難しさを感じた」と回答

feely編集部が100人を対象にしたアンケートでは、100人全員が「職場での人間関係に難しさを感じたことがある」という結果が得られました。

職場での人間関係は、大きく「自分よりも上の立場の人との人間関係」と、「自分と同等、もしくは自分よりも目下の人との人間関係」に分けることができます。

この2種類に分けたうえで、どのような理由で人間関係が難しいと感じているのか、まとめました。

先輩・直属の上司と人間関係の難しさを感じる理由

気分の浮き沈みがあり威圧的

本人の機嫌の良い時はとても話しかけやすいが、機嫌が悪い時は地雷を踏まないように気を使って話さなければならないのが苦痛。また、怒るとかなり威圧的で、恫喝されているような状態で、恐怖を感じる。物を投げつけられた事もある。

感情的で強引

感情的で、その日の気分で物事を言います。また、上司が飲みに行くのが大好きで、終電が無くなっても構わず付き合わされます。ほぼ毎日飲みに誘われますが、家庭がある私としては大迷惑。しかも誘いを断ると、付き合いが悪いとあからさまにイヤな態度を取られるので最悪です。

先輩や上司の対応に、威圧感を感じたり、気分の浮き沈みが激しいと感じている人は、特に多く見受けられます。その他にも、指示に一貫性がないという悩みを抱えている人も少なくありません。また、人として信用できないといった、根本的な要因を挙げる人もいることから、悩みの深刻さが窺えますね。

「同僚・後輩・非正規社員」との人間関係に難しさを感じる理由

同僚や下の立場の人は、自分の意見や考えを伝えやすい関係ではありますが、だからといって、相手がすんなりと言うことを聞いてくれるわけではありません。色んな人が集まる会社だからこそ、目下の人との関係性に悩む人も少なくないと言えるでしょう。

気が利かない

仕事をきちんとしていないわけではないのですが、私達の仕事は営業サポートという仕事で、周りの様子を見て仕事をしていくのですが、後輩は周りを見ることなく仕事をするタイプで、気が利かず、もう少し周りを見て仕事をしてほしいと感じます。

揉め事に巻き込まれた

同じ職場の派遣社員の女性同士で揉めていて、勝手にやってる分には構いませんが、わたしまでまき込まれたときは、勘弁して欲しいと思いました。

わがままですぐ拗ねる

同じ待遇のアルバイトが多い中で自分より少しでも楽そうな仕事をしていると妬む。自分より少しでも優遇されていると思うと拗ねる。年上の人だったので余計にめんどくさかった。

同僚や後輩、非正規社員との人間関係で難しさを感じる人の理由には、「不平不満が多い」「自分の考えに固執する」「人柄が信頼できない」という理由が多く見られます。いつも文句ばかり言っていたり、周りの人の考え方を受けいられない人にストレスを感じる人は多いもの。

また、目下の人に対しても、やはり人柄が信頼できないという理由を挙げる人も多く、相性が悪いことが、人間関係の難しさにつながると考えられるでしょう。

職場の人間関係を改善するための24の対処法

毎日仕事で関わる人との関係性が良くない場合、たくさん連携を取って仕事を進めなければいけないほど、あなたが苦痛に感じるということは増えるでしょう。

では、職場の人間関係を改善するためには、どのようなことに注意をすれば良いのでしょうか?より良い人間関係を築くための対処法をまとめました。

まずは、行動に移すことが比較的簡単で、取り組みやすい解決策を13個紹介します。

挨拶や「お疲れ様です」などのコミュニケーションをきちんとする


挨拶は最も大切なコミュニケーションの1つです。「お疲れ様です。そういえば、昨日の会議はどうでした?」などと、会話に入りやすくなる効果が期待できます。笑顔で明るく挨拶をするだけで、相手に与える印象は良くなり、その後のコミュニケーションにも良い影響を及ぼすでしょう。

素直な気持ちで接する

人は自分の気持ちを正直に話してくれる人に好感を持ちやすいもの。自分の気持ちを包み隠さずに伝えてくれる人は、信頼で来ますよね。「この人はいつも正直に話してくれるから、嘘をつくような人ではない」といった信頼が強くなるほど、好感度も上がるでしょう。

話す時には笑顔で


職場の人間関係を良好にしたい場合には、周りの人に対して良いイメージを与えることが重要です。そのため、話す時には笑顔で接するように心がけましょう。笑顔で話すことで、相手のことを受け入れているという姿勢をアピールできるので、あなたのイメージはより良いものになりやすいのです。

相手の話をよく聞く

相手の話をよく聞くことはもちろん、常に目を見て聞くようにしましょう。さらに、普段の会話をきちんと聞いておくことで、普段の会話中で「そういえばあの時の〜」などと話題を広げるきっかけにも繋がります

相手の話に共感や同意をする

あなたは、「自分の話に共感してくれる人」と、「否定的な立場をとる人」の、どちらに良い印象を抱きますか?多くの人は、自分の話に共感してくれる人と答えます。

相手の話に共感や同意をすることで、「この人は、私のことをわかってくれる」「認めてくれる」といった印象を与えることができ、良好な人間関係が築けるでしょう。

話のテンポやスピードを合わせる


話のテンポを合わせることで、相手はより心地よく話すことができます。心地よく話せれば、自分のペースで気持ちや考えを表現でき、快適なコミュニケーションをすることができるのです。

リアクションは大きめに

「えー、そうなんだ!」「それ、すっごく面白いじゃん!」などと大きいリアクションをする人は、周りの人のテンションを上げてくれ、周りの人から好かれる傾向があるのです。

些細なやり取りでも大切に

職場でのコミュニケーションは仕事を優先しないといけないので、長々と話し込むことはできないことが多いもの。だからこそ、些細なやり取りが大切です。

ちょっとした隙間の時間を狙って、「最近、調子どう?」などと聞くことで、職場の人間関係が良くなっていくことは珍しくありません。大した用事がなくてもいいんです。また、相手から全く意味のない返答が返ってきても気にしてはいけません。大切なことは、会話の中身ではなく、コミュニケーション自体だからです。

相手の立ち振る舞いを観察する

世の中には色んな人がいるので、考え方や価値観、行動パターンなども様々です。そのため、相手がどんな人かを知ることはとても大切。のんびりとした性格なのか、それともせっかちな性格なのか。仕事中は、仕事に集中したいタイプなのか、適度に周りの人とのコミュニケーションを取りながら楽しくすすめたいタイプなのか…。

このように相手のタイプを見極めることで、より快適なコミュニケーションをとることができます。そのためには、相手の立ち振る舞いを見て、どのような人なのかを判断することが重要。他の人と話しているところ観察したり、仕事に取り組む姿勢を観察しましょう。

相手の立場を理解する

職場では立場の違いがあるので、本人は良いと思っていることでも、立場上は許可できない、などということは、珍しくありません。

このような事情を汲み取ることができず、相手に対して腹を立てたり、イライラしてしまったりすると、人間関係が悪化してしまう恐れがあります。そのため、相手の立場をふまえた上で、思いやりのある態度をとることが大切です。

ミスをしてしまったときは、誠実に謝る

ミスをしてしまった時、ついつい言い訳をしてしまうという人も少なくありません。しかしそれでは周囲の人の印象を悪くするだけ。

そのため、ミスをしてしまった時には、誠実な態度で謝りましょう。しっかりと謝ることで、迷惑をかけてしまった人や上司の気持ちが収まるということは珍しくありません。自分のミスを認めて、誠実な気持ちを見せれば、信頼できる人というイメージにも結び付きます。

悪口を言わない、言っていることに同意しない

人の悪いところを見つけ出して悪口を言っていると、「あの人は、いつも人の悪口ばかり言っている」「自分のことは棚に上げて、人のことばかり責める」「これだけ人の悪口を言うということは、陰で自分の悪口も言われているかもしれない」と、周囲の人の信頼を失くしてしまいます。

周りが言った悪口に同調するのも同じこと。悪口が始まったらその場を立ち去る、難しいなら、せめて同調はしないでください。

気配りする


大勢の組織で働くほど、チームワークの良さが求められます。つまり、良好な人間関係が重要になってくるということ。

「困っている人はいないか」「雰囲気が悪くなっているところはないか」といった視点で職場を眺めていると、些細なことに気が付けるでしょう。そういったところにいち早く気付ければ、手助けをしてあげたり、声をかけてあげたりすることができ周りの人からの印象も良くなるでしょう。

相手の性格を深く知る

ここからは、もう少しステップアップした対処法を試してみましょう。さらにレベルをあげて周りの人と付き合うことで、より信頼関係が強くなり、人間関係が良くなることが期待できます。

人間関係をさらに深めていくためには、相手の性格をさらに詳しく知ることが大切です。「どのような趣味を持っているのか」「毎日の生活で、どんなことを楽しみにしているのか」など、相手のことを深く知ることができれば、より会話を楽しいものにできるでしょう。

普段家へ帰ったら何をしているのですか?」と聞いてみたり、こちらから趣味について話すことによって、お互いの意外な共通点を知ることができるかもしれません。

1:1のコミュニケーションを増やす

たくさんの人とのコミュニケーションも良いのですが、仲を深めたい場合には、1:1で話を掘り下げていくことが効果的。また、大勢で話をしていると、どうしても全体の雰囲気に注意を払う必要があるので、特定の人との仲を深めていくことは難しくなってしまうもの。だからこそ、この人と親しくなりたいという人が見つかった場合には、1:1で話せるような状況を作り出しましょう。

相手との共通点を見つける

人は、共通点があるほど親近感を覚えやすくなります。故郷が一緒であったり、趣味が一緒だったりすると、それだけで相手の印象が良くなるということは珍しくありません。そのため、仲良くなりたいと思う人がいる場合には、共通点を探るように意識してみましょう。

相手の持ち物好きなテレビ番組などの共通点が見つかれば、その部分についての話を掘り下げていくと良いですよ。お互いに知らないことを教え合うなどの関係になれれば、さらに仲が深まるでしょう。

仕事で困っている同僚や部下の相談に乗る

仕事で困っている人を見つけた場合には、積極的に声をかけてあげると良いですよ。相談に乗ってあげることで、相手から信頼されると共に、周囲の評価も良くなるので、職場での人間関係がより良いものとなるでしょう。

お礼、お詫びなどは倍返しで

職場での人間関係を良いものにしたい場合は、相手を良い気持ちにするように心がけることが大切。そのため、相手からしてもらったことに対するお礼や、迷惑をかけてしまったお詫びなどは、倍にしてお返しするという気持ちを持つと良いでしょう。

相手にたくさんのメリットを与えることで、周囲の人に与える印象が、より良いものになると期待できます。さらに信頼感もアップするので、お礼やお詫びは倍返しを心がけてくださいね。

男女の会社での特性を意識する

男女 仕事 打ち合わせ

男性は合理的な考え方をしたり、1つの仕事に集中するという傾向があります。また、女性は、コミュニケーションを大切にしたり、複数の仕事を同時に進めることが得意という傾向があるもの。

このような男性と女性の特性を把握したうえで、能力を発揮するように求めている会社もあります。男性、女性の特性を意識して仕事に取り組み、円滑に仕事を進めることで、より良い人間関係を築けることもあるのです。

自己肯定感を高める

自分の能力や人間的な魅力を高めることで、頼りにされることが増えたり、自然と周りに人が集まってくるということも。そこでここからは、自分を高めることで、職場の人間関係を改善する方法についてまとめました。

まずは、自己肯定感を高めましょう。仕事を進めていく上では、決断力やオリジナリティを求められることもあります。そういった時には、自分の決断や能力などに自信を持つことが大切です。自信が持てないと、なかなか決断ができなかったり、自分の能力を活かせるチャンスを逃してしまうかもしれません。

自己肯定感を高めるためには、物事を前向きに捉えることが重要です。短所と思えることでも、考えようによっては長所になることもあるので、プラス思考を心掛けましょう。

仕事で高い評価を得る

仕事の能力を高めると、色んな人から相談されたり、頼られたりすることが増えるもの。たくさんの人のために力を尽くすことで、職場における人間関係はさらに良いものになるでしょう。

高い評価を得られれば、出世する可能性も高まります。出世できれば部下を持つことになるので、その分、周りの人との関係性も深まってくるでしょう。もし、仕事で失敗ばかりしてしまうという場合には、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

仕事で失敗ばかり。ミスの対処法や落ち込んだ時に気持ちを整理する13の対処法

続きを読む

小さな成功体験を積み重ねる

うまく仕事をこなしたいと思っていても、いきなり大きな仕事を成し遂げようとしてはいけません。仕事に対するモチベーションが高いほど、大きな目標を掲げがちですが、それは失敗のもとになる恐れもあるのです。なぜなら、大きすぎる目標は、達成するまでの道のりが長すぎるからです。

そのため、小刻みに目標を設定して、小さな成功体験を積み重ねることが大切です。ちょっとした成功で充実感を得られれば、少しずつですが着実に目標に近付くことができるでしょう。

些細なことで落ち込まないようにする

真面目な人ほど、ちょっとしたことでも深刻にとらえてしまいがち。ですが、あまりにも気にし過ぎると、その他の仕事にも悪影響を及ぼしてしまいます。

ミスは誰にでもあるもの。またミスを後悔しても、失敗をなかったことにはできません。そのため「ミスをしたことから学び、次に活かそう」と考えれば良いのです。そうすることで、今後の成長につなげられるでしょう。

セルフイメージを書き換える

過去の失敗やミスを過大視してしまうことで、自分の能力を過小評価するなど、思い込みによって自分の能力を正しく把握できていないと、仕事で成果を出すことが難しくなります

そのため、自分にはできないと思い込んでいる意識を取り払うことが重要。これは、「セルフイメージを書き換える」と呼ばれています。セルフイメージを書き換えることで、自分の能力を最大限に引き伸ばせるので、仕事での成果を出しやすくなるのです。セルフイメージを書き換えるためには、プラス思考を心掛けたり、小さな成功を積み重ねることが有効です。

職場の人間関係で恐怖を感じたときにできる対策4つ

仕事をする上では、毎日のノルマや締切などに追われてピリピリしている人も少なくありません。そういった人の中には、周りの人や後輩、部下などに辛く当たる人もいます。時には暴言ともとれるような言い方をしたり、身の危険を感じるほどの怒りを露わにする人もいるので、精神的に大きな負担を感じる人もいるでしょう。

そこで、職場の人間関係で恐怖を感じた時にできる対策についてまとめました。

自分からは積極的に話しかけないようにする

職場の人間関係で恐怖を感じる人がいる場合、必要がない時には、むやみに話しかけないことをおすすめします。恐怖を感じるほど威圧的な態度をとる人は、どんなことがきっかけで怒りが爆発するかわかりません。また親しくなるほど、余計に辛くあたる人もいるので、できる限り関わらないようにすることが大切なのです。

親しくなってしまうと、周囲の人からも「何かあったときには、あの人の対応、お願いね」などと言われることもあるので、むやみに関わらないよう注意しましょう。

職場は仕事をする場と割り切る

職場に怖い人がいると、「いつまた怒られるのだろう」などと怯えてしまって、仕事が手につかなくなってしまう人も珍しくありません。

そういったことになってしまうと、仕事が進まないばかりか、余計なトラブルに発展してしまうことも考えられます。そのため、職場は仕事をする場所と割り切ることで、仕事に集中することができるのです。

相手の気持ちを伺いすぎない

怖い人と接する時には、色々と気を遣ってしまうもの。「こういう言い方をすれば良いだろうか」「先に書類だけでも提出しておいた方がいいだろうか」などと悩んでいるうちに、どんどん時間ばかりが過ぎてしまうということは、珍しくありません。

このようなことに時間や労力を割いてしまうと、目の前にある仕事が進まず、自分や周りに迷惑をかけてしまいます。そのため、怖い人の気持ちを伺いすぎず、思い切って対応することも重要です。

人事部に相談

職場に恐怖を感じるほどの怖い人がいる場合、その人のことを気にし過ぎて仕事が進まないということが起こり得ます。その状況が深刻で長期化するほど、会社としても不利益を被ることになります。

そういった状況をいつまでも見過ごすことはできないので、人事部に相談するという方法もあります。中には、嫌がらせやパワハラをしてくる人もいるので、そういった場合には、できる限り早い段階で人事部に相談をしてください。人事部としても、より良い職場環境を整え、仕事の成果を得たいと考えているはずですので、力になってくれるでしょう。

職場の人間関係によるストレスを解消するための3つの方法


職場の人間関係でストレスを感じている場合、どこかで解消しなければ、精神的な負担が積もっていってしまいます。そのため、適度にストレスを解消しましょう。

職場の人間関係によるストレスを解消するための方法についてまとめました。

プライベートを優先する

仕事だけが人生ではありません。プライベートを優先させ、「プライベートのために仕事を頑張っている」くらいの感覚を持ってみましょう。

「仕事はお金を稼ぐための1つの手段だから、時には嫌な人とも関わらなければならない」と割り切ることで、必要以上にストレスを感じることもなくなるかもしれません。

職場以外での居場所を作ることが大切

仕事に一生懸命な人ほど、家と職場との往復だけで毎日が過ぎ去ってしまうもの。だからこそ、職場の人間関係によるストレスを、上手く解消できないということにつながってしまうのです。そんな時には、職場以外での居場所を作ることを考えましょう。

趣味サークルなど、職場以外のコミュニティに属することで、新しい価値観が得られるでしょう。そういった価値観を仕事に活かせることもあります。

信頼できる人に相談をする

職場での人間関係でストレスを感じている場合、誰かに助けを求めることも大切です。自分だけで悩んでいても、解決策が見つからず、さらに思い悩んでしまったり、ふさぎ込んでしまったりすることもあります。

そんな時には、職場の人以外の友達や恋人、家族などに相談してみるのも良いでしょう。当事者である自分だからこそ、考え付かないことや、見落としていることがあるかもしれません。

もしも身近な人に相談するのが難しいという場合には、自宅で手軽に受けられるカウンセリングを有効活用することも1つの方法です。以下の記事では、24時間、オンラインでカウンセリングが受けられる「cotree(コトリー)」というサービスについて詳しく紹介しているので、参考になさってください。

あわせて読みたい

【オンラインカウンセリング】cotreeの評判・口コミ・実際に受けた感想・メリット・おすすめの理由

続きを読む

 

本当に辛い時は転職も視野に入れる

職場が本当に辛い時には、転職を視野に入れて、仕事のことを考える必要があります。大切なのはあなた自身です。仕事のために、体調を崩してしまうことのないよう、無理をしずぎないように注意し、必要があると判断した場合は転職先を探しましょう。

転職で全てが解決しない場合もある

ただし、転職さえすれば問題が解決するとは限りません。確かに、今の苦しい状況から抜け出して新しい環境に飛び込むことは、希望が持てるもの。「今よりも悪い状況になるはずがない」と考えて、心が少し軽くなることも珍しくありません。ですが、転職をしても問題が解決せず、同じようなことで不満を感じることもあるのです。

そんなことにならないよう、転職をする時に大切なことも知っておきましょう。

「なぜやめるのか」をじっくり考える

転職をしようとするなら、なぜ今の会社を辞めるのかを明確にしておく必要があります。今の環境が嫌だからという理由で、なんとなく転職をしてしまうと、次の会社でも同じような状況になってしまいかねません。

実は今の職場で感じる不快感は、自分に原因があるかもしれないのです。そういった場合、転職をしても問題は解決されず、また似たような状況に苦しむことになるかもしれませんので、注意しましょう。

転職する先でうまくいっている人は、「やりたいことが明確」な人

転職をする人の中には、自分のやりたいことがわからないまま、新しい仕事を探す人が珍しくありません。そういった人は、転職できたとしても、不満を感じる傾向が強いと言われています。

その一方で、転職をして満足しているという人は、自分のやりたいことが明確であるという人が多いのです。転職で成功した人には、「自分の経験や知識を活かしたい」「より良い収入を得たい」などの、明確な理由を持っている人が約4割にも上るというデータもあります。そのため、転職を成功させたいという場合には、目的を明確にするよう心がけましょう。

自分の価値観とキャリアをマッチングさせてくれる「VIEW」

出典:VIEW

「やりたいこと」を明確にするために、自分の価値観と合うキャリアを知る必要があります。そんな時におすすめなアプリが「VIEW」。

簡単な質問にタップして答えるだけで、あなたの価値観に合ったキャリアを提示してくれるアプリです。数分で簡単にできてしまいますので、ぜひやってみてくださいね。

 

あわせて読みたい

価値観×AIキャリア診断「VIEW」を実際にやってみた!VIEWはどんな人にオススメ?

続きを読む

退職をする際は「円満退職」を心がける

退職をする場合には、会社との関係を悪くしないように注意する必要があります。会社との関係性が悪くなってしまうと、引き止められてしまったり、過去のトラブルなどを蒸し返されたりする恐れもあるのです。

そのため、「お世話になった」という気持ちをしっかりと持つことが大切です。今後、新しい仕事を始める際の障害となってしまわないよう、トラブルのない円満退職を心がけましょう。

職場の人間関係を円滑にする方法を知って、快適に働こう

今回、職場の人間関係で悩んでいる人に向けて24の改善法、4つの回避法、3つのストレス解消法についてご紹介しました。

これらを参考にして、少しでも人間関係がよくなりましたら幸いです。

また、どうしても辛いという方はcotreeで話を聞いてもらったり、転職を検討するようにしましょう。転職をする際には自分の価値観に合った仕事を見つけるためにも、まずは自分の価値観と合うキャリアをVIEWで調べてみてくださいね。

- 1 / 1ページ -