DYM就職はニートやフリーターの就職率96%!実際に使った私が登録から面接までの流れを解説

これまでに働いた経験がなく、なんとなく親に頼って生きてきたらいつの間にか引きこもりの生活を送っていました。
「このままだと私、一生働けない?」

誰かに何かを褒められた経験もないし、学生時代から特に目立つような存在でもなかった私が、悩んだ末に頼ったのが就職エージェントでした。

ビジネスマナーなんて言葉しか知らない、これまでに履歴書なんてアルバイトで書いたことがあるぐらい。そういった社会人の基本を教えてくれ、希望する就職先を見つけてくれたのが、就職エージェントのDYM就職です。

自分に自信がない方、就労経験がない方も参考にできる内容になっていますので、引きこもりだったアラサー女性の私が会社員になるまでの道のりをぜひご覧ください。

この記事に登場する専門家

引きこもりニートで、社会人経験も得意なこともなかった私が、DYM就職によって会社員になることができた体験談をご紹介。DYM就職がなぜフリーターやニートの就職に強いのか、登録方法から就職までの経緯を実例を交えて解説します!

サービス名 DYM就職
提供 株式会社DYM
概要 学歴・職歴なし、ニートでも就職できる。エージェントが無料で就職サポート
総合評価 社会人未経験者、既卒・フリーターの就職に強い
実績 就活成功者5000人
活用のしやすさ マッチング機能で人気企業との相性がわかる
内定率 96%
選考までの流れ 書類選考なしで面接へ
エージェントからのサポート あり(面接対策、書類作成指導、服装指導)
求人数 厳選された2000社からの求人
主な業界 IT(営業職)、不動産(エンジニア)、システム(販売・サービス)、メーカー(企画・マーケティング)、人材(事務・管理)

 

 

【総評】DYM就職は引きこもりニートに最適な就職エージェント

書類選考がなく、無料で利用することができると口コミで評判が広がっている「DYM就職」は、スタッフの親身なサポートと提携企業の多さで注目されています。

今回は私が実際に利用した体験を踏まえてDYMをご紹介したいと思います。ハローワークはジョブカフェに足を運んでも就職先が見つからなかった人や、現状から脱したいニートや引きこもりの人はDYM就職がどうして多くの優良案件を紹介できるのか、その理由を知ってください

やりたい仕事や希望する職種が見つかっていない方でも、スタッフに相談することから始めることができます。

まずは評価の詳細をご紹介しましょう!

総合評価

総合評価 社会人未経験者、既卒・フリーターの就職に強い

20代から30代前半の方が登録可能になっており、就労経験がないニートや既卒・第二新卒・フリーターであっても就職率は96%、正社員の採用率も90%を超えています。スタッフのサポートも手厚く、転職エージェントとして利用することも可能です!

一方で学歴やスキルを持っている人にとっては職種が限られているから物足りなく感じてしまうかも。

実績

実績 就活成功者5000人

ニートやフリーターの多くは「書類選考」の壁に阻まれます。通過率はたったの20%。そこで挫折してしまう人も多いでしょう。しかしDYM就職には書類選考がなく、 面接を行うことが可能なんです!

そのため就職までのスピードが速く、就活成功者はこれまでに5000人にものぼっています。

出典:DYM就職

活用のしやすさ マッチング機能で人気企業との相性がわかる

登録すると有名企業とのマッチング診断が行えるため、サイバーエージェントやセブンイレブンといった有名企業の求人条件に自分が当てはまるかすぐに判断してくれます。

DYM就職でしか紹介できない案件も多く、特にIT企業の就職に対して太いパイプを持っています。これは離職率がわずか3%のDYM就職がつくりだした企業との信頼関係があるからこそです。

 

DYM就職とは?

出典:DYM就職

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーターをターゲットにした就職・転職エージェントです。未経験者や空白期間が長くても、30代前半であれば正社員になれるのが魅力です!

ここからは、サービスの詳細を紹介していきます。

厳選した優良企業2000社の求人から自分と合うものをマッチングしてもらえる

出典:DYM就職

就職拠点は東京・ 名古屋・大阪・広島・仙台・札幌・福岡と全国7か所にまたがっていて、優良企業求人が2000社以上!

優良企業の採用枠には「若手枠」を設けており、学歴や職歴に関係なく、積極的に20~30代を採用する傾向があるからチャンスです!

マッチング診断で、そういった優良企業に求められる人材なのか分かるので、まずは登録してみましょう。

ほとんどが正社員の求人!

一般的にフリーター(ニート)歴が1年を超えると正社員になれる割合が50%にまで落ち込むと言われています。

しかしDYM就職が扱っている求人は100%が正社員採用なので、効率的に企業を探すことができます。さらに、労働条件の悪いブラック企業を排除しているのも嬉しいところ。

職歴・学歴問わず、書類選考なしでサクッと面接まで行けちゃう!


出典:DYM就職

DYM就職はあらかじめ企業と求職者の情報を共有しています。そのため学歴やニート・フリーターの期間を理由に選考から外れることはありません

書類による選考なしにダイレクトで企業と求職者がつながるため、採用までのスピードが速く、登録から1週間で内定をもらう人もいます

エージェントの親身なサポートを受けられる

スタッフの業界知識は大変豊富。求職者の悩みを理解して、的確なアドバイスを送ってくれます。例えば30歳、ニート歴3年の方であってもしっかり企業に売り込んでくれます。

登録は35歳までできるので、不安に思う方もまずはカウンセリングから始めてみてください。

内定獲得後もフォローをしてもらえる

もしもミスマッチな企業から内定をもらった場合でも、スタッフに相談すれば内定の取り消しを行うことができます。

その他、入社手続きであったり、入社後の聞き取りなど内定が決まった後のフォローも行ってくれます。

東京・大阪・福岡・札幌・名古屋・広島・仙台の7箇所に拠点があるため、地方での就活も可能!

DYM就職を利用できるのは東京だけではありません。広島や仙台と行ったオフィスを構えていない地域でも面談を行っていますので、登録後に希望面談場所に指定することが可能です!

DYM就職の面談拠点 住所
東京 東京都品川区西五反田2-28-5 第2オークラビル 3F
大阪 大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 16F
名古屋 名古屋市中村区名駅1丁目1番1号 JPタワー名古屋 12階
福岡 福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル6階
札幌 札幌市北区北7条西4丁目-1-2 KDX札幌ビル1階
広島 オフィスではなく駅周辺の面談会場
仙台 オフィスではなく駅周辺の面談会場

なぜDYM就職はニート&フリーターの就職・転職に強いのか

これまで就職経験がない人、またはフリーター歴の長い人は「面接でアピールすることがない」と不安になりがちです。

そんな方々をどうして就職に導けるのかというと…スタッフが企業ごとに攻略ポイントを教えてくれるからです!ニート・フリーターで判断する書類選考をやめ、なおかつ慣れない面接への対策を十分に行っているから、ニート&フリーターの就職・転職に強いわけです。詳しく説明します!

就職成功者5000人の実績がある

ニート&フリーターの就職・転職に強いのは、就職成功者5000人の実績があることからも明らかです。

その理由は、求職者と企業のマッチングミスがないことです。希望条件に合う企業を見つけると入職する前に、職場見学を行ったり、事前に企業と求職者の情報を共有し、マッチングミスがないように努めています

第二新卒・既卒・フリーター向けの正社員の求人が多数ある

新規事業の立ち上げメンバー募集、研修制度が充実、人物重視採用を心がけた企業が集まっているため、学歴や職歴が採用に大きな影響を及ぼすことがありません。

そのため社会人未経験がマイナス評価されることなく、ベンチャービジネスであるIT企業、不動産業の求人案件を多数抱えています。また、新卒でしか応募できないような求人があることも注目されています。

「寄り添う就活」をモットーとしている

最初のカウンセリングから、1時間みっちり悩みや希望する就職先について話すことができます。希望会社を相談するとスタッフが該当企業をすぐに紹介してくれるのもDYM就職ならではでしょう。

自己分析を行い、自分にあった業種や仕事内容をスタッフとともに探っていくシステムも構築されています。

DYM就職で紹介してもらえる業界・企業の例

面談でエージェントから数件〜10件近くの企業の提示が行われます。

Abema TVを運営するサイバーエージェントや、人材派遣など様々な事業を展開しているリクルート、広告会社の朝日メディアネットワークなど大手企業と提携しているため、紹介案件にこれらの企業が入っている可能性が高いです!

DYM就職に登録すれば必ず紹介してくれるというわけではありませんが、このような大企業に種類選考なしで面接までたどり着くことが可能です!

また、DYM就職の求で多い業界の順番は以下のようになっています。

業界/業種 業界 業種
1位 IT 営業職
2位 不動産 エンジニア
3位 システム 販売・サービス
4位 メーカー 企画・マーケティング
5位 人材 事務・管理

【実録】引きこもりニートが就活をするにあたりぶち当たった壁

引きこもり生活が長くなるほど就職するのは難しくなります。私も、働く意思が全くないわけではなく、焦りや不安を抱きながら日々を過ごしていて、コンプレックスや自己評価の低さが働けない一因にもなっていました。

そんな私が感じた、ニートのデメリットや、就活でぶち当たった壁を紹介します。

何より将来が心配で仕方ない

働けない焦りは将来の不安につながります。やはり周りと違うことでプレッシャーを感じることが多かったです。

皆が汗をかいて働いている時に、自宅でのんびり過ごせるのはちょっとした優越感もあって最初は楽しめました。でも、将来のことを考えているうちに不安に襲われるようになり、毎日の食事やお風呂、そして寝る場所は今後も保証されているわけではない。そう考えるとますます自分の人生に不安を感じずにいられませんでした。

暇すぎて苦痛

とにかく暇。働いていなければ充実感を得ることができませんし、一緒に過ごす相手もおらず、虚しい毎日でした。

趣味があるわけじゃないし、何もやることがなくて苦痛なんです。友達は働いている人ばかりだし、遊びに行こうにも時間が合わない。毎日寝て起きての繰り返しで、充実感がなく終わる1日は虚しくてやりきれません。

体が不健康になる

デスクワークでは体を動かすことはありませんが、現在は、人と接することで精神的な健康を保てています。あの頃の体の不健康は、精神的な面からきていたのかもしれません。

運動もせず食っちゃ寝を繰り返していると、ちょっとしたことで体が不調を訴えました。日中に外へ出れば立ちくらみ、運動不足で体重は増えるし健康的な生活とは程遠くなっていました。

社会的な価値がない辛さ

誰にも必要とされていないことが辛かったです。目標や達成感がなく、社会に居場所がないから価値がないという思いにつながっていました。

どこかの有名企業に就職した、仕事ですごい成果を出した、若いのに出世しているなど、友達の噂を聞くだけで気が滅入りました。自分は誰からも必要とされていなくて、これから就職活動を始めてもアルバイトも見つけられるかどうか…。周りの人間がどんどん社会的価値を上げていく中、自分だけ取り残されている気がして辛くなりました。

どこへ行っても楽しくない

何かを楽しむという感覚が麻痺していたんだと思います。誰かに連絡を取ることもなく、テレビを見ていても笑えることが少なくなっていました。

学生時代は明るく活発で、何にでも興味を持てるぐらい好奇心があったのに、ニート時代は何をやっていても楽しいと感じることができなくなりました。オシャレなカフェでランチする。そんな些細なことで気分が盛り上がっていた日もあったのに…。

自分に自信が持てない

得意分野もなく、成功体験も少なかったので、自分に対する評価が低かったです。それで行動力も失われていました。

特技があるわけでもなく、スポーツができたわけでも成績が良かったわけでもありません。何となく学生時代を過ごして、明確な目標もなかったので自分に自信が持てませんでした。コンプレックスも多く、引きこもっているうちに人に会うのが怖くなっていました。

嫌われている気がする

みんなが働いているのに私は働いていない、親は仕事に出かけていくのに私は引きこもり。そんな自己嫌悪から、周りに嫌われているような錯覚も覚えました。

私のことを話していないのはわかっていますが、街中で立ち話をしている人を見るだけで悪口を言われているように感じました。友達から飲み会に誘われても断るようになり、それから一切誘いが来なくなりました。私と遊んでも楽しくないんだ、嫌われてしまったんだとネガティブに考えるとますます社会と接するのが嫌になりました。

家族からの威圧感が辛い

良かれと思っている家族からのアドバイスや叱咤激励も、悩みを無視されると苦言でしかありません。わかっていることを言われるのが余計にストレスに感じてしまいました。

「早く働いて欲しい」「いつまでも親がいると思うな」などと家族から就職を常に迫られていました。自分の考えていることを理解してくれない、こっちだって悩んでいることをわかってほしくても、家族からは就職しろ!の一点張りでした。

職歴が一切ない

そんな日々を乗り越えて、なんとか就職しようという気持ちになりましたが、職歴がないことのデメリットが次々と襲ってきました。

これまでに働いたことがないのにアラサーになってしまったので、面接で「何をしてきたのか?」と聞かれるのが怖かったです。1つのことに打ち込むような生活をしてこなかったし、働いたことがない=怠け者、社会的価値のない人間とレッテルを貼られているような気がしました。

自分に全く自信がなく、正社員で就職なんて絶対に無理とネガティブに

成功体験が極端に少なく、コンプレックスの塊だったので、「正社員で就職なんて絶対に無理」と諦めてしまいそうになることが何度もありました。

正社員になることなんて考えたこともありませんでした。就職すると言っても誰でもできるような簡単なアルバイトしか思いつかず、夢のような話でした。スキルや資格を持っているはずもなく、どうしたら正社員になれるのかと考えるほどハードルの高さを感じました。

コミュニケーション能力が皆無だから、どの仕事も無理に思えてくる

働く上で絶対必要になってくるのがコミュニケーション能力。挨拶、最低限の礼儀、ビジネスマナー…。これまでに身につけたことがないスキルばかりで、就職は難しいと感じていました。

人に話を合わせるのが苦手で、愛想笑いが精一杯。上司や同僚とうまく関係を築けるとは思えませんでした。どんな仕事でも一緒に働く人とのコミュニケーションが求められると考えると、働くこと自体が無理だと思ってしまいました。

ブラック企業に絶対就職したくない!

就職に高いハードルを感じながらも、就職先はしっかり選びたいというのも本音。耳にするニュースや周りの友人からの話で、職場環境の悪い会社では絶対に働きたくないという思いが芽生えました。

[
残業、パワハラ、セクハラ、働いている友達の話には必ずと言っていいほど会社の愚痴が出てきました。それってブラック企業じゃないの?と聞くと我慢するしかないと。私はそんな会社で働きたくないし、ストレスに耐えられる自信もありませんでした。どこに行ってもブラックな気がして就活する意欲が湧いてこない日もありました。

しかし、そんな私でもDYM就職を使って就職することができたんです!ここからは、キャリアコンサルタントがおすすめする、引きこもりニートが就活を成功させる最適ルートと、DYM登録〜就職までの記録をご紹介します。

キャリアコンサルタントに聞いた!引きこもりニートが就活を成功させる最適ルート

引きこもりニートになってしまったからと言って、絶対に就職できないとは限りませんし、正社員になることだって夢ではありません。

ここでは採用側が考える、職歴なしや空白期間の長い人を雇うメリット・デメリットをご紹介します。

この見出しに登場する専門家

採用側から見たニートの印象

採用側から見たニートの印象はどのようなものなのでしょうか。働く側からするとデメリットしかないのでは?と考えてしまいますが、実際の転職コンサルタントがその実態を明かしてくれました。

メリット①:「同業他社と併願された際にどうしても競り負けてしまう」企業にとっては採用しやすい人材

転職コンサルタント 山本 幸史さん
ニートは年々増加していると言われています。人口比でいえば現在正社員として就業している人たちよりもリーチしやすいので「転職希望者の採用活動を積極的に行っているが、同業他社と併願された際にどうしても競り負けてしまう」といった企業には狙い目の層です。

新卒や、しっかりとした経歴のある転職希望者は、高い理想を求めて妥協のない就活をしています。そのため、同業他社と併願された際にどうしても競り負けてしまい、人材獲得に苦戦している会社にとっては、ニート人材は狙い目と考えられているとのこと。

ただし、競り負けているのには何か原因がある場合も。雇用条件や職場環境に問題がないかどうかは冷静に見極めましょう。

メリット②:偏った考えや癖がないため、ニュートラルな人材と言える

転職コンサルタント 山本 幸史さん
直近まで定職に就いていないので、偏った考えや癖がついていない人が多いようです。ニュートラルな状態の人材を一から教育できるので、やり方次第では能力の高い社員に化ける可能性があります。

すでに社会人経験がある場合は、前職の経験や慣れから自己流の仕事をしてしまうことも多いもの。職歴のないニートなら、新卒と同様一から指導ができるため、企業にとっては扱いやすいと考えられることもあるようです。

デメリット:教育・研修に時間と手間がかかってしまう

転職コンサルタント 山本 幸史さん
前述のメリットは、裏を返せば「教育・研修に時間と手間がかかる」ということです。即戦力としてカウントすることは難しく、中長期的な目線での採用が必要です。また、採用した人材が将来的に活躍できるよう、しっかりとした研修カリキュラムを用意する必要があります。

しかし、デメリットももちろんあります。こちらは皆様の想像通り、社会人経験がないために教育・研修に時間と手間がかかってしまうこと。即戦力が欲しい会社に就職することは難しいかもしれません。

ただ、DYM就職なら、そもそも学歴や職歴が大きく影響しない求人を提案してくれるため、このデメリットをクリアしやすいと言えるでしょう。

DYM就職を使う前に!引きこもりニートが就活成功のためにクリアすべき3つのこと

それなら今すぐDYM就職に登録!と思うかもしれませんが、全てをエージェント任せにするべきではありません。

就職を成功させるためには下準備も大事。そのためにやるべきことを紹介します。

①規則正しい生活を取り戻す

まずは何においても規則正しい生活を取り戻すことを目指してください。会社員になれば不規則な生活を送ることができませんし、就活が始まれば、エージェントとの面談や企業との面接などで時間管理が求められます。

起床、就寝の時間を決める、短期のアルバイトを行うなど、自分ができることから生活リズムを正していきましょう

②仕事をする上での強みを知る

就職するため、そして自分の能力を活かすためには優れている部分を自覚しなければいけません。資格や経験が最も大きな強みになりますが、それ以外となると自分の性格を把握する必要があります。

そこで、自己分析をすることで、どんな分野の仕事が向いているのか、面接でのアピールポイントにもできるよう自分の強みを把握しておきましょう。企業とのマッチング率も格段に上昇するでしょう。

あなたの強みを知ることができる「ストレングスファインダー」

強みを知るならストレングスファインダーがおすすめです。質問に答えるだけで強みが簡単にわかります

世界中で2000万人が利用しているかなり正確なテストなので、就職活動をする際の自己分析の際にぜひ利用してみてください。

ストレングスファインダーとは?受検方法・受ける前に知るべきことなどを徹底解説!

③適正職種をチェックする

自己分析が完了した後は、「自分に合っている仕事」をチェックしましょう。適職診断をすることによって、自分では気づかなかった潜在的な「適職」を知ることができます。

以下の記事にある適職診断をいくつかやってみることをオススメします。一つだけでなく複数の診断結果から、総合的に「適職」を判断した方が正確な結果を得られます。

【無料】当たる適職診断ランキングTOP20!キャリアコンサルタントがポイントも解説

③DYM就職を活用する

自己分析をし、自分の資質、適正職種がわかったら、いよいよDYM就職を使ってみましょう。

エージェントとの面談でそれらのデータを提示することで、よりあなたに合った就職先を提案してもらえるかもしれません。

転職コンサルタント 山本 幸史さん
最終的にDYM転職を利用することは有効な選択肢のひとつですが、他にも「ハタラクティブ」などの実績ある転職サイトも同様に有効と考えます。

【やってみた!】まずはDYM就職に登録!

悩んでいても仕方がないので、私もとりあえずDYM就職に登録してみました。拠点は東京・池袋・横浜・船橋など関東圏が中心になっていますが、札幌や福岡といった地方都市でも行っています。

以下の緑のボタンをクリックし、HPへアクセス

出典:DYM就職

まずは以下のボタンをクリックすると、画像のようなトップページが表示されます。

 

 

全ての項目を埋めて無料登録

画面左側に表示されている、登録画面から入力作業を行います。登録に必要なのは名前、住所やメールアドレスといった個人情報から学歴や希望の面談場所のみ。細かい情報入力は一切ありません。

届いたメールのURLをクリック

情報を入力した時点で登録は完了になりませ。指定したメールアドレスに届いたURLをクリックしましょう。

そこから本登録の流れになります。

パスワードを設定する

出典:DYM就職

次回からログインする際に必要なパスワードになります。マイページにログインすることによって、エージェントとの面談日程などを確認できますから、覚えやすいパスワードか忘れないようにメモを取るようにしてください。

登録完了!すぐにログインをする

出典:DYM就職

ログインするとマイページに飛びます。基本画面は検討している企業のリストが表示され、「企業検索・エージェント紹介・コラム」を閲覧することが可能になりました。

コラムには、面接で失敗しないコツやフリーターと正社員の平均月収など、役立ち情報が記載されています。参考にしましょう。

気になる企業にエントリーをすることができる

出典:DYM就職

「企業検索」から求人を行っている企業を閲覧できます。ワンクリックでエントリーが可能なため、気になった企業にすぐ応募することができます。

DYM就職登録後の面談(カウンセリング)もスムーズに進めることができました!

DYM就職が支持されている要因はエージェントによる個人面談です。全てがネット上で解決するわけではなく、エージェントと面談することによって非公開の案件を紹介してくれたり、コラムにはないミニ情報を教えてくれます。

その流れをご紹介しましょう。

登録後、DYM就職から電話で連絡が来る

最初の電話は初回面談の案内・確認です。日程調整は登録時にも行うことができますが、登録日時から4日間の希望日のみ表示されます。その際に「電話で調整」を選択すると電話でやり取りを行うことになります。

登録からおおよそ30分以内に電話連絡がきます。登録が完了してから5分程度で電話がくる場合もありますので、準備して待ちましょう。

ちなみに私の場合は登録後10分で連絡がきました

電話に出なかった場合メールがきて、そこで日時を取り付けることができる

万が一電話に応答できなくてもメールで案内があるので安心してください。面談できる日時と希望職種や年齢を記載する旨が書かれていますが、希望する職種がない場合は面談時で相談することもできます。

全国7拠点にある面談場所から選ぶことができる

東京・大阪・福岡・札幌・名古屋・仙台・広島の7箇所から希望の面談場所を選択してください。

専属のエージェントと面談することは、就活する上でとても重要になります。上記以外のエリアを希望しないように気をつけてください。

面談後の面接の流れ

面談が終わるとエージェントから面接対策や、履歴書などの書類添削、そして企業側に好印象を与える服装指導が行われます。

2~3回の模擬面接を経ていよいよ採用面接開始です!

書類選考なしで即企業面接できる!

就職希望した企業、またはWEB上でエントリーした企業があれば即面接!書類選考はありません。企業側も人事の担当や社長が自ら面接を行ってくれるので、面接のシミュレーションはエージェントと繰り返すようにしましょう!

面接の日程調節はエージェントが行ってくれる

面接の日程や希望日を伝えると、企業との調整はスタッフが行ってくれます。日程は電話とメールの両方で伝えられます。

面接対策などのサポートもエージェントからしっかりしてもらえる

出典:DYM就職

エージェントが書類作成から面接対策まで細かくやってくれて、何よりも面接官が見るポイントをきちんと教えてくれます。

例えばこの企業は言葉遣いに厳しい、自己アピールで盛り込めば好まれる内容、好印象を与えるネクタイの色など、採用されるために必要なアドバイスをもらいましょう。

就職成功!

あとは面接に臨んで結果を待つだけ。私はエージェントのサポートを最大限活用して、念願の正社員になることができました!

 

キャリアコンサルタントが教える!転職エージェントを最大活用する方法

登録すると担当者が二人三脚で就職をサポートしてくれるのが、DYM就職の最大の強みです!積極的にアドバイスを求めることによって、エージェントのサポート熱も異なります。

それぞれの経験を活かして分野別にアドバイスを行ってくれますから、内定をもらうために必要なこと、役立つ情報はどんどん取り入れて実践していきましょう!

この見出しに登場する専門家

自分の希望は全部伝える

キャリアコンサルタント 山本ゆきさん
まずは自分の希望は全部伝えましょう。それを前提に、エージェントは妥協できるラインを一緒に探っていき、マッチする仕事を探し当ててくれます。
キャリアコンサルタント 山本ゆきさん
内定をもらった場合、その後の条件交渉もエージェントが行ってくれます。相場観などもエージェントが把握しており、きちんと調整してくれますので、自分の希望を素直にエージェントに伝えてみてください。せっかくエージェントが調整してくれるのですから、最初から妥協をする必要はありません。一方で、エージェントからアドバイスがあった場合は検討するようにしましょう。

就職先を見つける時だけでなく、内定後の条件交渉のためにも自分の希望を伝えておくのは大切。気を遣わずに素直に理想を伝えましょう。

どんどん日程調整をお願いする

キャリアコンサルタント 山本ゆきさん
エージェントはスケジュール調整などもしてくれますので、どんどん日程調整などもお願いしましょう。ただし、書類の準備や実際に面接会場に足を運ぶなど、自分でしかできないこともありますので、エージェントと足並みをそろえて取り組むことが重要です。

転職活動の際、スケジュール調整は意外と面倒な作業。苦手だという人も多いと思います。そんな時もエージェントを活用すれば、自分は面接対策だけの集中することができますよ。

わからないことはどんどん質問

キャリアコンサルタント 山本ゆきさん
知らない、聞いたことがない企業でも興味があればエージェントに質問してください。また希望していない業界であっても、やりがいや求めているような条件がマッチングすると詳しく教えてくれます。

どこに就職成功のヒントがあるかわかりません。わからないこと、気になったことは些細なことでもどんどん質問するようにしましょう。

エージェントはあなた専属の「秘書」だと思って活用しよう!

キャリアコンサルタント 山本ゆきさん
エージェントは就活の際に情報提供からスケジュール調整、条件交渉までしてくれる専属秘書のような存在です。就活に関する自分の秘書だと思って、積極的に相談してみてください。

どこまで頼っていいんだろう?と迷うかもしれませんが、エージェントはあなた専属の「秘書」のようなもの。遠慮せずに、スケジュール調整などの細かなタスクもお願いしてみましょう。

実際にDYM就職を利用した人の声

私の体験談だけではまだ信用できない方も多いと思うので、実際に利用した人の口コミも集めてみました。感謝の言葉やおすすめしたいポイントが多々あるようです。

一方で「ちょっと期待と違った」といった声も聞かれたので合わせてご紹介しましょう。

「よかった」と回答した方が50パーセント

DYM就職を利用した方100人に聞いたところ、「よかった」「悪かった」の評価はちょうど半々になりました。

よかったと回答した人の声

思いがけない大手企業への就職が叶ったり、職歴で判断されないことが「利用してよかった」の声につながっています。また、エージェントの質が高く、登録から短い時間で内定をもらえることも、DYMの評判を呼んでいます。

「経歴や前職関係なく平等な目で見てもらえる」

経歴や前職に関係なく、平等な目で見てもらうことができたところがよかったです

「大手企業の求人が豊富にあった」

大手企業の求人が豊富にあったので希望の会社がすぐに見つかった

「キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれた」

キャリアアドバイザーは業界知識が豊富なだけでなく、とても親身になって相談に乗ってくれました。熱意が感じられてよかったです。

「相談から就職できるまでの期間が短かった」

相談してから就職できるまでの期間が早かったです。

 

悪かったと回答した人の声

一方、最後の砦として利用した割には職種の選択肢が少ない、20代を対象にしているので30代は避けられがち、エージェントのクオリティーが思ったより低かった、そのような声が「悪かった」の評判につながっています。

「スタッフの言葉遣いが悪かった」

担当したスタッフが年下であったが、言葉遣いがタメグチに近かったです。

「30代の求人が少なかった」

30代の求人に関しては少なかったので残念でした。

「自分に合った企業が見つけられなかった」

あまり自分にあった企業が見つからなかったからです。広告では非常に選択肢があるようにみえますが、自分には見つけることができませんでした。

実際にDYM就職で内定をもらった人の声

就職率が96%を誇るので内定をもらえた喜びの声も続々と上がっています。中には競争率の高い企業を勝ち取ったこと、ブランクが長く不安な気持ちをフォローしてくれたエージェントに対する感謝の気持ちなど、その仕事ぶりを評価しています。

「前職と違う業種で内定をもらうことができた」

前職とは異なる業種でかつ大手企業という厳しい条件で就職先を探していたが、しっかりとしたサポートがあったので無事に内定をもらうことができた。エージェントの方が親身になって相談に乗ってくれたので心強かった。

「エージェントさんが親身になって応援してくれたおかげで就職できた」

私はもともと事務職をしていましたが、辞めた後のブランクが長く、こんな私を雇ってくれる企業が果たしてあるのかどうか内定をもらうまではとても心配でしたが、エージェントさんが最後まで親身になって応援してくださったおかげで無事に就職することができました。
内定をもらうまでしっかりとサポートしてもらえたのがよかったです。

【注意点】DYM就職を使う上で気を付けるべきこと

よくない口コミなどから、DYM就職を使う上での注意点もピックアップしてみました。

未経験歓迎の求人が多いため、業種にばらつきがある

DYM就職の求人企業はIT関連が16%、営業職が34%になっています。ピンポイントでこれらの職種・業種を希望しているならば非常に役立つエージェントですが、それ以外の仕事を求めているなら幅が狭く感じてしまうかもしれません。

<DYM就職で扱う業界・業種ランキング>

業界 業種
1位 IT 営業職
2位 不動産 エンジニア
3位 システム 販売・サービス
4位 メーカー 企画・マーケティング
5位 人材 事務・管理

エージェントとの面談がスタートライン

DYM就職はオンライン上で解決する就活ではなく、カウンセリングから始まる就職エージェントです。登録しただけで就活ができるシステムではありませんから、きちんとエージェントとの面談に臨むようにしましょう。

職歴・学歴に自信がある人にはおすすめできない

学歴や職歴で判断されないのはDYM就職の強みですが、逆にいえば学歴や職歴が採用基準にはなりません。企業が求めているのは未経験のまっさらな人材であることが多く、経験のある中途採用は少ないのが特徴です。

DYM就職と他社との比較

他にも、ニートの方に使いやすい転職エージェントがいくつかあります。それらとDYM就職の違いを比べてみましょう。

 フリーター向け DYM就職 JAIC キャリアスタート
案件数 ×
選考フロー数 書類選考なし 書類選考なし 書類選考あり
サポート体制  △
案件企業の質  ○   △

JAICとの違い

出典:JAIC

両社ともに書類選考なしの企業面接を受けることができる!という特徴を持ったエージェントです。それならJAICで就職活動してもいいんじゃない?と思ってしまいますが、2つのエージェントには異なる特徴があります。

共通点:フリーター・既卒に強い

どちらもメインユーザーが既卒・第二新卒・フリーターであり、JAICはこれに高卒も加わります。未経験で就職できる案件を数多く紹介し、内定までのスピードも他社に比べると早いのが特徴です。

DYM就職が勝っている点

  • 第二新卒、ニート、未経験からの就活に強い
  • 就職成功率の高さ(DYMは96%、JAICは88.1%)

JAICの強み

  • 「職業紹介優良事業者」に認定されている
  • 紹介される仕事が全て「正社員」
  • 「就職カレッジ、女子カレッジ」という制度でビジネスマナーから自己分析までバッチリサポート

\正社員に絶対なりたい・最初から最後までサポートしてもらいたい人には最適!/

 

JAIC(ジェイック)はフリーター・既卒にぴったりの就職エージェント!最短二週間で内定がもらえる魅力を調査

キャリアスタートとの違い


出典:キャリアスタート

共通点:フリーター・第二新卒に強い

こちらもフリーター(やニート)、第二新卒に強い転職エージェントです。

DYM就職が勝っている点

出典:DYM就職

DYMは厳選した2000社の中から求人を選ぶことができることが強みです。一部上場企業からトップベンチャーまで様々な企業が集まっているため、多様な転職者のニーズに応えることが出来ます。

キャリアスタートの強み

キャリアスタートはサポート体制がかなり万全です。

最初から最後まで徹底サポートをしてくれることがウリで、応募から面接まで支援体制が整っているため、最初から最後まで二人三脚で仕事探しをしたい方にオススメです。

キャリアスタートはフリーター・第二新卒の転職におすすめ!6つの魅力を紹介

他社との比較【結論】

フリーターが就職するには圧倒的に有利ですし、内定までのスピードは早いものの、他社を利用するとサポート体制には不満を感じるようです。例えばJAICには「就職カレッジ、女子カレッジ」という、ビジネスマナーから自己分析までを学べるセミナーが、キャリアスタートには、転職後も電話や面談を行い、転職先でしっかり活躍できるようにしてくれるサポートがあります。

それでも企業との信頼関係を築いているため、非公開案件が多く優良企業の紹介を受けたい人にとっておすすめできます。

DYM就職に関するよくある質問

就職エージェントを使いたいけど、DYM就職って無料なの?そもそもニートやフリーターでも利用できるって年齢制限はないの?

このような質問がDYM就職には数多く寄せられます。そこで!DYM就職を利用する上で多くの人が気になっている質問を集めてみました。

料金は無料で利用できるの?

面談、求人紹介、面接サポート、内定後のフォローなど全て無料で利用することができます。DYM就職は企業からお金をもらって運営しているので、利用者の支払いが発生することはありません。

何歳まで利用可能?

20~30代前半の方におすすめしていますが、35歳まで登録することが可能です。35歳以上の方は紹介できる求人案件が極端に減ってしまうため、サポートの対象外となり利用することができません。

職歴がないニートでも正社員になれる?

30代前半までであれば、空白期間に関係なく書類選考なしで面接まで進むことができます。また、正社員のみの求人となっており、採用率の高い企業しか紹介していませんから、正社員採用される可能性は高いです。

大手のホワイト企業に就職できる?

求人を扱う前に厳正な審査を行っているため、労働環境の劣悪な企業は紹介案件から排除しています。さらに優良企業2000社と提携しているため、求職者と企業のマッチングができれば大手企業への就職も可能です。

キャリアアドバイザーとの面談の時の服装や持ち物に指定はある?

キャリアアドバイザーとの面談はカウンセリングの意味合いもありますから、スーツなどを着ていく必要はありませんし、持ち物の指定も特にありません。気軽に相談を行ってください。

キャリアアドバイザーを変えることはできる?

もしも担当者と相性が悪いと感じた時は、電話もしくはメールで伝えてください。次回からの別のアドバイザーが担当になります。

メールや電話がしつこく来てしまうのって本当?

面接予定日や内定が決まった時以外にメールや電話をすることはありません。会員登録後も最初の連絡は電話で行っていますが、ご不在の場合はメールでの連絡を行っています。

退会方法

メールまたは電話で連絡をするだけで退会することができます。退会に際して違約金などの料金が発生することも一切ありません。

DYM就職は、将来や就職に対して不安な人にこそ使って欲しい転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーターやニートとして就活に苦労している方にぜひ活用してもらいたいエージェントです。

それ以外にもIT企業や営業職に転職を考えている方におすすめします。

無料で利用ができる上に、紹介してもらった求人にも無理に応募する必要はありません。悩むだけではなく、DYM就職から求人の紹介を受けるようにしましょう!