仕事に行きたくない人必見!24の原因と対処法&朝の過ごし方。辛くて泣きたいときはどうすべき?

「今日はどうしても会社に行きたくない」という気分になる日もありますよね。仕事に行きたくない理由もいろいろで、ときどき行きたくなくなる人、毎日行きたくなくて辛い人など、さまざまでしょう。

そこでこの記事では、仕事に行きたくない理由についてアンケートをとり、多くの人が仕事に行きたくないと考える理由と対処法について紹介します。

仕事に行きたくないと思う理由について、100人へのアンケートを実施しました。そこで明らかになった「仕事に行きたくない理由」について、リアルな口コミを交えながら解説。それぞれの対処法についても、詳しく紹介しましょう。

仕事に行きたくないという感情は、決して”甘え”じゃない!「仕事を辞める」のも手

「仕事に行きたくない」と思ったとき、そんな自分を責めてしまう人もいるのではないでしょうか?「甘えている」「たるんでいる」と思い込み、無理して行こうとすることもあるでしょう。

しかし仕事に行きたくないという感情は、決して「甘え」というわけではありません。

無理して体調を崩してしまうくらいなら休もう

仕事に行きたくないという感情は、それなりに理由があるはずです。

我慢していたらストレスが溜まってしまう

仕事に行きたくないのは、ストレスのせいかもしれません。残業が続くなど疲労によるストレス、複雑な人間関係によるストレスなどが原因で、体と心が拒否反応をしている可能性があります

感情を抑えて我慢していると、ストレスが溜まって体調が悪くなってしまうこともあるでしょう。

時には言い訳をして休んでしまうのも手

どうしても行きたくないときは、休む言い訳を考えてに1日ゆっくりしてみるのもひとつの方法です。思い切って休んで好きなことをしてみることでストレス発散ができ、気持ちの切り替えができるかもしれません。

仕事に行きたくない原因をきちんと知ることが大切

 

仕事に行きたくないときは、まずその理由をはっきりさせましょう。それを明らかにせずに我慢しているのは、ストレスを溜めてしまうだけです。ますます行きたくない感情が募る一方になってしまいます。

理由を知ることができれば、対処していくこともできるでしょう。

【基本編】仕事に行きたくない理由とは?

パワハラ・セクハラ

パワハラとセクハラは、働く人の意欲を削ぐもっとも大きな要因です。平成24年度の厚生労働省のデータ(企業調査 4580社・従業員調査9000名)では、従業員相談窓口を設置している企業の中で、もっとも相談件数が多かったのがセクシャルハラスメント(90.9%)。続いてパワーハラスメント(81.3%)、メンタルヘルス不調(69.8%)と続きます。

企業調査では、パワーハラスメントに該当する事案が発生した企業は32%。調査データがやや古く、なおかつ「パワハラやセクハラを受けていても言い出せない人」の存在を踏まえると潜在的により多くのトラブルが発生しているのは確実でしょう。

パワハラ・セクハラに悩まされている方は、社内の相談窓口や上司に相談した上で勤務体系をリモートワークや時短勤務に切り替える手続きを取るのが良いでしょう。もしパワハラ・セクハラの加害者が社内の相談担当や上司という場合には、転職を検討すべきかもしれません。

通勤が辛い

通勤ラッシュの過酷さも「仕事に行きたくない」立派な理由です。国土交通省がまとめた電車の混雑率調査(2016年版)によると、JR総武線各駅停車の錦糸町→両国区間の混雑率は192%。東京メトロ東西線の木場→門前仲町区間の混雑率は199%。

なお国土交通省の定義では、混雑率200%とは「体が触れ合い圧迫感があるが、週刊誌程度なら読める」混雑率。実際に満員電車に揺られて、通勤ラッシュで疲弊している方の肌感覚とはちょっと乖離があるのではないでしょうか。

ブラック労働が恒常化している

「36協定が形骸化している」「残業代が支払われない」「一人では達成不可能なノルマを強いられている」など、ブラック労働が恒常化している場合にも仕事に行きたくなくなるでしょう。

残業代が支払われず、低い給与で働き続けている場合はフリーランスになることを検討しても良いでしょう。フリーランスは業務委託契約となるため、自分の労働時間は自分で決定することが可能になります。

やりたくない仕事をしている

やりがいのない仕事をしていると、必然的にモチベーションが下がってきます。もしも自分の強みや長所を生かせず、やりがいを感じられないなら、リクナビNEXTが提供する「グッドポイント診断」を使って「自分の強み」と「自分の強みを生かせる仕事」を洗い出してみるとよいでしょう。自己分析とおすすめの仕事が同時にわかります。

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

100人にアンケート!みんなが仕事に行きたくないリアルな理由って?

上で、基本的な「仕事に行きたくない理由」を解説しました。とはいえこれらはあくまで一般的な理由。世の中の人の「リアルな本音」はまた別のところにあるかもしれません。

当サイトでは、働いている100人の人に「仕事に行きたくない理由」についてアンケートをとりました。その結果を見ながら、自分に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

複数の回答がありましたが、「人間関係が良くない」と答えた人が52%と、過半数を超えました。職場の人間関係が良くなくて会社に行きたくない人がたくさんいるようですね。それぞれの理由について、回答をしてくれた人の声を見てみましょう。

1.人間関係がよくない

圧倒的に多かったのは、「人間関係がよくない」という理由でした。職場はいろいろな価値観を持っている人が集まっているので、人間関係も複雑になります。1日のうち長い時間を一緒に過ごすので、良い関係が築けないと仕事に行くのが嫌になることもあるでしょう。

アンケートでも、上司や先輩・後輩との関係で悩む人がたくさん見られました。

はるか29歳
女性が多い職場で、悪口などが日常茶飯事です。長年働いているボス的なお局には、仕事内容だけではなく人格を否定されるようなことを言われたりします。もう本当に会社に行きたくありません。
マサル31歳
職場の上司同士でのトラブルに巻き込まれるような状況が続き、精神的なストレスが溜まっています。上司のグチを聞かされたりパワハラも酷く、毎日仕事に行きたくない気分です。

2.仕事がきつい

仕事内容がきつい、勤務時間が長いなどで仕事に行きたくない人は2番目に多い14%でした。ストレスの多い仕事や長時間勤務は、肉体的・精神的な負担が多いでしょう。今日もきつい1日が始まると思うと、出勤するのも嫌になりますね。

晃43歳
コールセンターのスーパーバイザーをしています。毎日毎日、クレーム対応に追われ、自身は精神的に疲弊しながらも、オペレーターのフォローをし、ほとほと疲れ果ててしまいました。そのうえ、目標達成を上からは強いられ、つくづく嫌気がさして休んでしまいました。
真奈美30歳
深夜残業が増え、酷いときは夕方から朝までぶっ続け勤務というのがあり、翌日もそのような勤務が続き嫌になりました。

3.通勤が辛い

首都圏で働く人に多いのが、通勤の悩みです。毎日満員電車に押し込まれるのは、それだけで体力を使い果たしますね。特に体の小さい女性は大変です。人の波に弾かれて、乗りそこなうということもあるでしょう。

和樹31歳
もう乗れないだろうというレベルで電車に押し込まれるので、息をするのもやっとです。都内の通勤事情は異常過ぎますね。出張で地方行くと、その異常さを改めて感じます。
さち23歳
満員電車に揺られ通勤するのが苦痛です。私は背が小さいので、満員電車の中だと常に人に埋もれているような状態。窒息するんじゃないかと思いながら電車に乗っています。徐々に慣れてはいるものの、まだ時々出勤が本当に嫌になります。

4.朝が辛い・眠い

朝起きるのが苦手という人もいます。寝るのが遅い場合や、ストレスが多くて眠りが浅いということもあるでしょう。体質でなかなか起きられないという人もいます。

朝、なかなか起きられないと、仕事に行きたくないと思うのも無理ありません。特に休み明けの月曜日などはありがちですね

あき26歳
寝起きが悪いので、朝起きるのがとても辛いです。特に生理の時は眠くて、会社に行きたくなくなります。自分に甘えて、連絡の上遅刻することもしばしばです。
愛子35歳
休みの前日は夜更かしをしてしまうので、週初めの勤務にはいつも眠くてたまりません。月曜日は本当にだるく、仕事に行きたくないですね。

5.仕事が好きではないから

仕事が好きでないとやりがいが持てず、仕事に行きたくなくなりますね。他にやりたい仕事があったのに仕方なく今の職場にいる、初めに思っていた仕事と違ったなど、今の仕事が好きではない人もいるでしょう。

なつ43歳
人とのコミュニケーションが苦手なのに営業職に就いてしまい、毎日辛いです。努力はしているもののやっぱり好きにはなれません。
祐一26歳
資格を取ってやりたい仕事に就いたものの、プライベートを犠牲にしなければいけない仕事なのでストレスが溜まりすぎます。もう仕事に行きたくないです。

6. 仕事でミスが多く辛い

仕事をミスばかりしていると、またミスするのではないかと萎縮してしまいます。周りから「仕事ができない人」と思われることもあり、ますます仕事に行くのが辛くなりますね。

まいこ29歳
覚えることがたくさんあり過ぎて、ミスばかりしています。周りに迷惑をかけるのが辛く、またミスするのではないかと考えると会社に行くのが嫌になります。
里津25歳
入社してすぐにミスを頻発してしまい、仕事ができない人っていう周囲からのイメージをぬぐえません。仕事に行くのが憂鬱です。

7.その他

その他の理由には、「仕事が忙しすぎる」「暇すぎる」「入社したばかりで仕事が慣れていない」という感想が見られました。仕事の量が多すぎても少なすぎても、ストレスになるものです。また、仕事に慣れないうちは出勤するのも気が重かったりするでしょう。

やよい30歳
忙しくて目の前の仕事をこなすことに精一杯なときは、ポジティブな姿勢で仕事に取り組むことができません。出勤する前もまた忙しいのかと思うと、気が乗りませんでした。
みか27歳
あまり忙しい職場ではないため、日によってはかなり時間を持て余すことがあります。コピー用紙の補充など、何かしら見つけて動いてはいましたが、それもなくなると、苦痛でしかありません。

仕事に行きたくない6つの理由別対処法を紹介!

自分が仕事に行きたくない気持ちを放置していると、ストレスが溜まる一方です。ここからは、仕事に行きたくない理由ごとの対処法を紹介しましょう。

人間関係が良くない人のパターンごとの対処法4選

人間関係には、いろいろなパターンがあります。対処法もそれぞれ異なるので、パターンごとに説明しましょう。

上司との関係が良くない人は、まず相手の立場を理解することが大切

上司との関係が良くない人は、上司がワンマンであったり自分を理解してくれないと不満に思っているのではないでしょうか?しかし、ただ上司を憎んでいてはストレスが溜まるだけです。まず上司の立場を理解するようにしてみましょう

上司の立場に立って考えてみると、その責任の重さやプレッシャー、部下を指導する苦労などが見えてくるはずです。

部下との関係が良くない人は、些細なコミュニケーションを大切にする

部下との関係が良くない人は、コミュニケーションが足りないのかもしれません。一方的に指示を出したり叱責したりするのではなく、部下の考えを聞くことも大切です。仕事を褒める、ねぎらいの言葉をかけるなど、些細なコミュニケーションを大切にしてみましょう

職場で自分が嫌われてしまっている人は、自分のどこが悪いのかを客観的に書き出してみる

職場でみんなに嫌われていると感じる人は、嫌われる原因を知り、それを改善していきましょう。まず、自分のどこが悪いのか、思いつく限り書き出してみてください。書いてみることで自分の欠点を可視化でき、改めることができます。

次の記事では、嫌われないようにする対策を紹介しています。チェックしてみてください。

なぜか誰からも嫌われる人の特徴・行動。嫌われない「好かれる人」になるには?気にせず生きる方法も

職場で孤立してしまっている人は小さなコミュニケーションから

嫌われているわけではないけど、「場の空気が読むことが苦手」「コミュニケーションが苦手」などの理由で孤立してしまっている人もいます

職場で孤立してしまっている人の対処法としては「感謝の言葉を積極的に言うようにする」や「挨拶をきちんとする」など、小さなコミュニケーションを心がけることが大事です。

次の記事でタイプ別の対処法を紹介しているので、チェックしてみましょう。

仕事でミスが多く辛い人は改善策を必ず考え、実行する

仕事のミスが多い人は、次に同じミスをしないよう対策することが必要です。ミスしたことをそのままにしておくと、次も同じ間違いをしてしまいます。どうして間違えたのか考え、改善策を実行しましょう

次の記事を見れば、ミスの事例別対処法がわかります。仕事でミスが多い人は、ぜひ参考にしてください。

朝が辛い・眠い人の対処法

朝が辛い・眠くて仕事に行きたくない場合は、スッキリ目を覚ます工夫をしましょう。

太陽の光を浴びる

朝起きたらすぐにカーテンを開けて、太陽の光を浴びてみましょう。太陽の光を浴びると、脳から体に対して「眠くなるホルモンのメラトニン」の分泌を止めるよう指令が出ます。これにより体内時計がリセットされて、すっきりと目が覚めます。

手を握ったり開いたりする

目が覚めないときは、手を握ったり開いたりしてみてください。手の毛細血管が拡張して血流が良くなります。体に活力が出てきて、眠気もなくなるでしょう。できるだけ勢いよくグーパーするのが効果的です。

コップ1杯の冷たい水を飲む

起きてまだ眠いときは、コップ1杯の冷たい水を飲むと目が覚めます。眠いのは自律神経の副交感神経が優位になっているからですが、冷たい水を飲むことで交感神経が刺激され、眠気がなくなるのです。

冷たい水で顔を洗う

冷たい水で顔を洗うと、スッキリと目が覚めます。顔に冷たい刺激が加わることで、交感神経が活性化されるからです。冷たいのが苦手な人は、少し熱めの蒸しタオルを顔にのせるという方法もあります。

シャワーを浴びる

シャワーを浴びるのも、交感神経を刺激して目を覚ますことができます。熱めのお湯を2分程度浴びれば、眠気もしっかり吹き飛ぶでしょう。

通勤が辛い人の対処法

満員電車などの通勤が辛い人には、少しでも苦痛を避けるためにいくつかの方法があります。

通勤時間を早める

通勤ラッシュは、一定の時間に集中しています。通勤時間を早めることで、空いている電車に乗ることができるでしょう。座席に座ることができれば、早起きした分の睡眠をとることもできます。

空いている車両に乗るようにする

同じ電車でも、車両によって混み具合が違います。ホームの出入り口に近い車両が一番混み合うので、そこを避けるようにしましょう一番端の車両も比較的空いているので狙い目です。女性であれば女性専用車両に乗ることで、車内での不快感を少しでも軽減できるでしょう。

音楽を聴くなどして気分転換

好きな音楽を聴くなどすれば、満員電車の苦痛を和らげることができます。気分良く音楽を聞いているうちに、目的地に到着しているでしょう。

動画・映画などを見る

スマホやタブレットで動画や映画を見るのもおすすめです。楽しんで観ていれば満員の車内から意識を逸らすことができ、あっという間に時間が経つでしょう。

職場付近に引っ越す

電車をいくつも乗り換えたり、片道が2時間以上もかかったりしていると、通勤するだけで疲れてしまいます。事情が許せば、職場付近に引っ越すのもひとつの方法です

満員電車や長い通勤時間の負担がなくなれば、体はかなり楽になるでしょう。

仕事内容がきつい人の対処法

仕事内容がハード、勤務時間が長いなどで仕事がきつい人は、次の対処法を試してみましょう。

一日の目標を何時までに達成するか予め決めておく

ズルズルと仕事をしていると定刻までに終わらず、遅くまで残業をしてしまうことにもなります。仕事を始める前に、一日の目標を何時までに達成するか予め計画を立てておきましょう。目標を設定することで、少しでも仕事を早く終えることができるはずです。

周囲の人に助けを求める

仕事が終わらなくて大変な場合は、周囲の人に助けを求めてみてください。協力し合うことで、あなたの負担が減るかもしれません

周囲の人に助けを求められない場合は、次の記事を読んでみては?

おとなしい人は嫌われる?内向的で大人しい人の特徴・心理・長所・短所・仕事での特徴

上司に相談をする

どうしても仕事がきつい場合は、上司に相談しましょう。仕事に行きたくなくなるほどきついということを伝えれば、仕事の一部を他の人と分担させる、配属を変えるなど、負担を軽くするための何らかの対処をしてくれるはずです。

仕事が好きではない人の対処法

自分の強みが仕事で活かせているのかをチェックする

仕事が好きになれないのは、自分の能力が仕事に活かされていないのかもしれません。誰にでもその人特有の「強み」がありますが、それを知らないと仕事で活かすことができません。自分の強みを知って、仕事に活かせているかをチェックしてみましょう

自分の強みを知るには、転職サイト「リクナビNEXT」が提供している「グッドポイント診断」がおすすめです。制限時間内に質問に答えるだけで、18の資質の中から自分の強み5つを知ることができます。

 

強みを活かすためにはどの業務が自分に向いているか・どのタイミングで活かすことができるかを考え、実行する

診断で自分の強みがわかったら、それを活かすにはどのような業務が向いているか考えてみましょう。もし今の仕事では自分の強みが活かせないとわかったら、転職を考えるという道もあります

自分の価値観と仕事があっているのか診断する

どうしても辛い場合、今の仕事が自分の価値観と合っていない可能性もあります。仕事が合わない場合は、転職も視野に入れてみましょう。転職エージェントに登録して、担当者に相談してみるのもおすすめです。

20代の人におすすめなのが、転職アプリのVIEWです。

出典:VIEW

viewでは価値観×キャリア診断を通して、自分の価値観にあった仕事を探すことができます

これまで仕事探しの基準が年収や待遇だったのに対し、自分の価値観や経歴(スキル)をベースにした仕事選びができるのが特徴です。価値観に合う仕事が見つかれば、仕事に行くのが楽しくなるに違いありません。

VIEWについてさらに詳しく知りたい人は、次の記事をチェックしてみてください。

仕事がだるいと感じた時はだるいと感じた「原因」を突き止める

「仕事が好きではない、だるい」と感じたときは、もう少し詳しく原因を突き止めてみましょう。それによって対処法が違ってきます。

次の記事では、「仕事がだるい」と感じたときの対処法について詳しく紹介しています。

仕事に行きたくなくて、朝に泣く!仕事が辛い人がするべき「朝の過ごし方」

あまりにも仕事に行きたくなくて、朝に泣いてしまう人もいるでしょう。

「泣くとスッキリする」という人も中にはいますが、やはり基本的には「仕事に行く前に泣く」のは心も体も疲れるもの。朝に泣いてしまう人におすすめの「朝の過ごし方」を紹介します。

毎日決まった時間に起きる

決まった時間に起きることで、朝のダルさがだんだんと楽になっていきます。寝る前に長時間スマホをいじってしまったり、不規則な働き方をしていると朝起きるのが辛いでしょう。

生活リズムを整えるには、就寝時間を一定の時間にするだけでなく、起きる時間もそろえる必要があります。もしかしたらあなたが仕事に行きたくない理由は、仕事そのものにあるのではなく、生活習慣が原因だったのかもしれません。

カーテンを開ける

カーテンを開けて、太陽の光を浴びましょう。就寝中はメラトニンというホルモンが働いており、太陽光はメラトニンを抑える働きがあります。太陽の光を浴びて目覚めると気分がすっきりするのは、こうしたホルモンの作用が要因。

朝起きるのが苦手な人は、ためしにカーテンを開けたまま寝てみてください。カーテンから差し込む光で、目覚めがまったく変わるかもしれません。

ハーブティーを飲んで心を静める

朝に水を飲まない人や朝食をとらない人もいますが、体温を高め、日中の集中力を高めるためにはおすすめできません。朝には必ず水分と食べ物を口にしましょう。おすすめはハーブティー。ハーブティーにはリラックス作用があります。

5分間瞑想する

5分間の瞑想も効果的です。瞑想には「平常心が備わる効果」や「集中力アップ」「ストレス軽減」効果があります。疲れて神経が過敏になっている方や、感情的になってしまう方はぜひ試してみてください。

それでも辛かったらするといいこと

対処法を試してみたけど、「どうしても行きたくない」と思うときもあるでしょう。そんなときは「いっそのこと休む」「誰かに相談する」「思い切って転職する」といった手段もあります。

有給を使って数日間だけ休む

「仕事に行きたくない」という気持ちが強いときは、有給を使って休んでしまうのもアリです。「この3日間だけは仕事のことを忘れよう」と期間を設けて、気持ちを切り替えます。まずは疲れた心を休めるのが先決。その日は仕事のことは忘れ、思い切り好きなことをして過ごしましょう

ストレスを発散することで、以降は元気に出社しようという気分になれるかもしれません。

カウンセリングを受ける

どうしても辛いときは、誰か信頼できる人に相談してみましょう。身近に相談できる人がいない場合は、手軽に利用できるオンラインカウンセリングがおすすめです

1:1で24時間オンラインカウンセリングができる「cotree」

オンラインカウンセリング「cotree」は24時間好きな場所でカウンセリングを受けることができる、画期的なサービスです。

電話・ビデオによる「話す」カウンセリングとメールでやり取りする「書く」カウンセリングがあり、自分の都合に合わせて相談することができます。悩みを聞いてもらうだけでも、かなりストレスの解消になるものです。

次の記事で、cotreeについて詳しく紹介しているので、チェックしてみてください。

無理だけは禁物。あなたが本当に仕事へ「行きたくない理由」を突き止める

多くの人が「仕事に行きたくない」と思った経験があるでしょう。その原因を知ることで、対処していくことができます。放置しているとストレスは溜まるばかり。無理だけは禁物です。

記事を参考に原因を突き止め、適切な対処法を講じていきましょう。