英語の筆記体の書き方・つなげ方・お手本・例!「筆記体は使わない」不要説の考察も

ギフトカードを手作りしたり、クレジットカードにサインしたりするとき、「英語の筆記体が上手に書けたらな……」と思ったことはありませんか?

この記事では、筆記体の書き方やつなぎ方を詳しくレクチャー。筆記体をマスターするメリットなどについても紹介していきます。

また日本人だけでなく、ネイティブからしても読みづらいと言われる筆記体。

そもそも筆記体は必要なのか?不要なのか?日常では必要性が薄くても、それでも重宝されるのはどんな場面なのか?筆記体不要説についても解説します。

筆記体の一覧(大文字・小文字)&書き順

ブロック体と違って、筆記体の形はあまり見慣れないという人が多いかもしれません。筆記体を読み書きするには、まずそれぞれのアルファベットが筆記体ではどんな形なのか、覚える必要があります。筆記体の一覧と基本の書き順を見ていきましょう。

筆記体の一覧

こちらが、筆記体で書いた大文字と小文字の一覧です。アルファベットによっては、ブロック体と大きく形が異なるものもあります。筆記体を読んだり書いたりしたい人は、最初にこれらの形を一通り眺めて、筆記体に慣れ親しんでおきましょう。

筆記体の書き順

筆記体をきれいに書くのに、書き順はとても大切です。上の一覧は、筆記体の正しい書き順を示したもの。オレンジで塗っている箇所が、最初に書き始める箇所です。どの文字も、そこから一筆書き~2画程度で書けます。

大文字・小文字の「B」「b」の書き方

ここでは例として、大文字・小文字のBの書き方をピックアップして紹介します。実際に紙とペンを用意して、練習してみてください。

筆記体のBの書き方

大文字のBは、基本的に2画で書きます。まず、上の画像のオレンジの部分からスタート。縦の線を書き終えたらペンを離し、ここで1画目は終了です。2画目は右側の「3」のような形の部分を、上から書きます。

なおBは、2画ではなく1画で書いてもOKです。その場合は、同様にオレンジ部分から書き始め、縦線の一番下まで到達したら、そのまま一筆書きでペンを上に滑らせて、右側の「3」の部分を続けて書き切ります。

筆記体のbの書き方

小文字のbは、一筆書きで書きます。オレンジ部分から書き始めて、上まで到達したら、小さく左側に輪を作るようにして、一番下までペンを進めてください。それからまた上にペンを滑らせ、左側の縦棒と書き出し部分が交差する箇所くらいの高さまで来たら、小さく輪を書いて、最後は右の方向へ線を伸ばします。

筆記体のつなげ方

筆記体で単語を書くときは、一つひとつのアルファベットをぶつ切りにせず、つなげるようにして書きます。ここからは、筆記体の上手なつなげ方を見てみましょう。

筆記体のつなぎ方の例

こちらは、筆記体のつなぎ方の例をまとめたものです。aから他の文字につなげるときの例を掲載しています。a、d、qなど、次の文字の書き始めが丸い形のときは、前のアルファベットの最後からその文字の書き出し箇所まで移動する際、軽くペンを浮かせて微かにかすれるような筆圧に調整することも多いです。

イニシャルが「a」の文字の筆記体のつなげ方

aから別の文字につなげる際のつなぎ方がよりわかりやすくなるよう、2文字目の色を変えてみました。これらのパターンを一通り自分で書いてみると、筆記体のつなぎ方の感覚がなんとなくつかめてくるでしょう。

筆記体で書く単語の例

続いて、実際の単語やフレーズを筆記体で書いた例を紹介します。筆記体をマスターしたい人は、ぜひこれらの単語で筆記体を書く練習をしてみてください。

Happy Birthday

誕生日のギフトカードにぴったりな、Happy Birthdayの筆記体バージョンです。BirthdayのBとiがつながっていませんが、大文字+小文字のときは、無理につなげなくても構いません。

Happy Anniversary

何かの記念日を祝うときに使えるHappy Anniversaryの筆記体です。pをつなげる箇所を見栄え良く書くのが少し難しいかもしれませんが、何度かそこだけ練習してみるとうまく書けるようになりますよ。

Happy New year

年賀状のデザインに盛り込めそうな、筆記体バージョンのHappy New Yearです。rの筆記体はバランスよく書くのにちょっとコツがいるので、苦手な人はrだけ単独で練習してみてください。

Merry Christmas

クリスマスカードに書いたらおしゃれな、Merry Christmasの筆記体です。iの点は、Christmasの単語を最後まで書き終えたあとに、戻ってちょこんと付け足します。

「筆記体で書いてください」

筆記体で「Please write in cursive.」と書いてあります。cursiveのrとsをつなげる部分は、少し練習が必要かもしれません。

「ブロック体で書いてください」

こちらは筆記体で「Please write in block letters」と書いてあります。tの横線も、iの点のように、単語を書き終えてから戻って付け足しましょう。

Mathematics

「数学」を意味する単語、mathematicsを筆記体で書いてみました。ここまで取り上げた単語・フレーズを一通り筆記体で書けるようになれば、あとは大体の単語を難なく筆記体で表現できるようになるはずです。

そもそも「筆記体」は必要なのか?相次ぐ筆記体離れ

ところで、最近は英語の筆記体を書ける人が少なくなってきているのが現状です。気になる「筆記体離れ」の状況について紹介します。

近年は日本の英語の授業で「筆記体を習わない」人が多い

昔は日本の英語の授業では筆記体を学ぶのが必須だったのですが、今では筆記体を教えない学校が大多数です。そもそも筆記体を習ったことがなく、読むことすらできないという人が多くなっています。

昭和生まれまでは授業で筆記体を習った

以前は、学習指導要領で筆記体の学習が必修項目として指定されていました。そのため、誰でもある程度は筆記体を読み書きできるのが当たり前だったと言えます。昭和生まれの世代は、ほとんどの人が学校の英語の授業で筆記体を習っているはずです。

大きな転機は「ゆとり教育」

こうした状況が一変したのは、かつての「ゆとり教育」がきっかけ。2002年4月に完全実施された中学校の学習指導要領で、必修なのは「アルファベットの活字体の大文字及び小文字」のみとなり、筆記体は削除となりました。その代わり「文字指導に当たっては,生徒の学習負担に配慮し筆記体を指導することもできること」という一文が加わることに。つまり「筆記体は必須ではないが、余裕があれば教えても構わない」というスタンスに変わったのです。

以後、筆記体は授業で復活せず

その後2012年の学習指導要領改定でいわゆる「ゆとり教育」は終了しましたが、その際にも筆記体の必修化は盛り込まれず。今も筆記体の学習は「余裕があれば教えても良い」という方針のままで、必修項目として復活することはありませんでした。

いまは筆記体が読めない人も多数

こうして学校で筆記体を学ぶ機会がほぼなくなったため、筆記体は興味がある人でないとなかなか触れる機会もないものに変わってしまいました。今は筆記体を読むこともできない人が多いようです。

実は筆記体はネイティブでも読みづらい

ただこうした「筆記体離れ」は日本に限った話ではありません。実は英語圏でも、筆記体を使う人はどんどん減っています。今や仕事でも日常生活でも文字を手書きする機会が減っているので、筆記体の必要性が下がってきているのです。筆記体のスタイルや形によっては、今やネイティブでも読みづらいということも珍しくないといいます。

イギリスでは筆記体が教育に盛り込まれている

なお英語の本場イギリスでは、今でも学校で筆記体の読み書きが教えられています。筆記体を教える学年は学校によってまちまちですが、大体小学校2年生~4年生くらいで教えるところが多いようです。

一方アメリカでは、州によって状況は異なるものの、筆記体を教える学校は概ね減少傾向に。日本と同じように、若い世代では筆記体を一度も学んだことがないという人が増えています。

筆記体をマスターするメリット

筆記体離れが進んでいる昨今ですが、筆記体を書けるようになるとどんな利点があるのでしょうか。筆記体をマスターするメリットについて紹介します。

書くスピードが早くなる

英語の筆記体は、手書きでより早く、書きやすいようにと発展してきたスタイルです。文字と文字がつながっているのも、よりスピーディーに書けるようにするため。筆記体をマスターすれば、英語の文章を手早くささっと書けるようになります。

文字の見栄えがかっこいい

英語の筆記体は、何と言っても文字の見栄えが良いのが特徴ですよね。見た目がかっこいいので、ギフトカードやポスターなど、文字にデザイン性が求められる場面で非常に重宝します。

手の負担が小さい

筆記体は多くのアルファベットが一筆書きで書けるほか、文字と文字をつないで書くので、手の負担が少なくなります。英語で長文を書かなければいけないとき、ブロック体よりも筆記体で書くほうがだいぶ楽に感じるでしょう。

筆記体のデメリット

一方、筆記体で英語を書くことにはちょっとしたデメリットも。筆記体を使用するなら、場面に応じてブロック体と使い分ける必要もありそうです。

書いた文字が自分しか読めないケースが多い

手書きの筆記体はもともと、読みづらいことが多いものです。筆記体を習ったことがない人が多い現在ならなおさら、正しく読んでもらえる確率は下がります。誰かに確実にメッセージの内容を伝えたいときなどは、筆記体を避けたほうが無難かもしれません。

筆記体が重宝される場面・用途

ブロック体と違い、筆記体は使われる場面が限定されていて、ある程度決まっている傾向にあります。ここでは、英語の筆記体が重宝される場面・用途をまとめました。

クレジットカードのサイン

英語の筆記体は、クレジットカードのサインに最適です。筆記体ならすらすらと簡単に書けますし、格好よく見えますよね。英語圏では、クレジットカードに限らずサインは筆記体で書くのが普通です。

数学

数学でアルファベットが必要なときも、英語の筆記体が便利です。上の画像に入っているアルファベット、文字は見間違いやすく、ブロック体しか習っていないと「見間違い」を原因に計算ミスすることもあります。なので見間違いを防ぐ目的で、より数字とアルファベットの判別がしやすい筆記体が重用されているんです。

デザインの一環

今の時代、英語の筆記体がもっとも求められているのは「デザインの一環」としてかもしれません。バースデーカードなどをオリジナルデザインで作成するとき、デザインの一環としてさりげなく筆記体のアルファベットを盛り込むと、おしゃれになります。

筆記体を書きたい&読みたい時はどうすればいい?

「筆記体をきれいに書けるようになりたい」「難しい筆記体で書かれた文章を解読したい」――そんなときは、どうすればいいのでしょうか。最後に、筆記体を上手に書くコツや、難しい筆記体を読むときのアドバイスなどを紹介します。

筆記体を書くコツは3つ

筆記体を美しく見栄え良く書くには、いくつかちょっとしたコツがあります。特に重要な3つのポイントについて解説しましょう。

文字の大きさを揃える

英語の筆記体をきれいに書くための最初のポイントは、文字の大きさを均等に揃えることです。もちろん大文字と小文字とでは大きさが変わってきますが、大文字同士、小文字同士の大きさはなるべく同じになるように意識してみましょう。

文字の間隔を揃える

文字の間隔がバラバラだと、それだけで漫然としてあまり美しくない印象を与えてしまいます。ひとつの単語を使って、均等な文字間隔をキープするための練習をしてみるのがおすすめです。たとえば本記事でも取り上げた単語「mathematics」は、この練習にぴったりですよ。

文字の傾斜角度を揃える

実は文字の傾斜角度が揃っているかどうかも、筆記体の見栄えに大きく影響します。文章を書くとき、アルファベットの傾斜角度が一定の範囲内に収まるように注意してみてください。ちなみに、きっかり水平にするよりは、やや右斜め上に傾斜していたほうがきれいに見えます。

筆記体を書きたいなら「とにかく練習」

筆記体を上手に書けるようになりたいなら、とにかく練習して数をこなすのが一番の近道です。英語の筆記体を練習できる専用のドリルなら、楽しく効果的に練習できますよ。

英語の名文をなぞる〈筆記体〉練習帳

英語のことわざや名言、さらに「ロミオとジュリエット」「高慢と偏見」「不思議の国のアリス」「グレート・ギャッツビー」などといった英文学の名作から選び抜かれた名文をなぞりながら筆記体の練習ができるドリルです。筆記体の練習を飽きずに続けられますし、英語で書かれた名作文学への入門書としても使えます。

美しい英文が書ける 書き込み式 筆記体レッスンブック

「アルファベット→単語→文章→実践トレーニング」という4章立てになっており、英語の筆記体を基礎から系統立てて練習できます。実践トレーニングの章には、メッセージカード、季節のポストカード、クリスマスカードなどで実際に使いたくなるフレーズが満載です。

筆記体を読みたい場合は「ネイティブに読んでもらう」

筆記体で書かれた手紙が読み解けない場合などは、無理せずネイティブやバイリンガルに読んでもらうのがおすすめです。他人が書いた筆記体を自力で読み解くのは、正直多くの人にとってかなり難易度が高いと言えます。オンライン英会話を利用している人であれば、レッスンのフリートーク中に手紙の画像を送付して、読み上げてもらうのが便利ですよ。

フリートークが楽しい&便利なおすすめのオンライン英会話

オンライン英会話のフリートークは上で紹介した「筆記体の手紙を読んでもらう」に限らず、何かと英語学習の不明点を聞くことができて便利です。

今回紹介した「ネイティブでも筆記体は読みづらいし、書けないこともある」という内容が本当なのか確認しても楽しいでしょう。もちろん単純に日常の話をしたり、映画の話をするのも楽しいです。

クラウティ

家族で英語を学べるオンライン英会話、クラウティ。学研の教材を利用したレッスンができます。もちろんフリートークも可能で、クラウティの講師は「優しい」と評判です。

クラウティの詳細はこちらの記事をご覧ください。

クラウティの評判・口コミ・教材を解説!家族で受けれる英会話を実際に体験してみた

DMM英会話

DMM英会話は最大手オンライン英会話スクールの1つ。ネイティブのレッスンも、多国籍講師のレッスンも受けられる多様性が魅力。セルビア人講師の評判が高い傾向にあり、feelyでインタビューした受講生の方の中には「セルビア人講師と、セルビアで行う事業の相談をしている」という方もいました。

筆記体についての相談にのってもらうことも可能でしょう。DMM英会話の詳細はこちらを参照してください。

DMM英会話の口コミ・評判・効果・教材!初心者から伸びる人・伸びない人の違い&比較

まとめ

英語の筆記体は、ネイティブでも読みづらいという声があり、日本の英語教育では基本的にカリキュラムに組み込まれなくなっています。

ですがクレジットカードのサインや、バースデーカードのデザインなど用途は多彩で「書くことができるとカッコいい」のも事実です。

筆記体に興味をお持ちの方は、ぜひ練習してみてください!