英語の聞き取りの上達方法!聞き取れない理由&英語のリスニング力を伸ばす勉強法

リーディング、ライティングなど英語の学習やスキルにはいくつかのカテゴリーがありますが、中でも多くの人が苦手とするのが「聞き取り」です。

日本人は特に英語の聞き取りが不得意と言われ、実際聞き取りがうまくできないせいで英語学習に挫折してしまう人も少なくありません。この記事では、英語が聞き取りできない理由や、英語の音声聞き取りの勉強法などについて紹介します。

英語が聞き取りできない理由とは?英語聞き取りの二段階

英語の聞き取りで上達したいなら、まず「なぜ英語が聞き取りできないのか?」という原因を知る必要があります。英語の聞き取りは「音を認識する→意味を理解する」の二段階で行われるものです。それぞれの段階に、英語が聞き取りできない理由が隠されています。

英語の「音」が認識できない

多くの人が英語の聞き取りができない第一の理由は、そもそも英語の「音」が認識できないという点にあります。ネイティブスピードの英語を聞いたときに、もちろんしゃべっているのは聞こえるものの、一つひとつの音を認識できない(今どんな音が話されているのか、個別に識別できない)のです。

これは日本語の音と英語の音が大きく違うのがその一因でもあります。日本語の音は必ず「子音+母音」のセットか母音単独で発音されるので、子音だけが単独で発音されることはありません。これに対し、英語では子音単独での発音はごく当たり前です。それに日本語やごく一部の言語を除いて、世界の多くの言語で子音単独の発音はごく普通に見られるものなので、この点は日本人ならではのハンデと言えるでしょう。

また、英語と日本語では、話されている音の周波数がかけ離れているとも言われます。実際、英語と周波数が似ている一部のヨーロッパ系言語の話者は、たとえ英語の意味は分からなくても、日本人のように「音自体を認識・識別できない」ということはあまりないようです。

英語の音に慣れよう

英語の音が認識できないことへの対処法は、何よりも「英語の音に慣れること」から始まります。多くの人は、そもそもの「耳からの英語インプット量」が圧倒的に不足しています。英語の音を普段あまり聞かないのであれば、聞き取りがいつまでもできなくても不思議はありません。

英語の音に慣れるため、毎日一定量、色々な英語を聞くようにしてみましょう。ここでポイントになるのは、「量」と「多様性」です。「量」はそのまま量のことで、とにかく最低でも毎日英語を聞かないとなかなか耳は英語の音に慣れてくれません。

スピードラーニング無料サンプルCDの申し込み方法・内容&体験レビュー!無料試聴用CDの返品方法も

「多様性」というのは、英語教材以外の英語も聞いてみるという意味です。英語教材の英語はクリアな発音で、聞き取りやすいようにゆっくり話されていることがほとんど。しかし実際に使われる英語ではまず、そんな親切な配慮はされていません。今はインターネットで英語の動画もラジオもポッドキャストも見放題・聞き放題なわけですから、これらを積極的に活用しましょう。

英語の意味が理解できない

英語の音が認識できるようになったとしても、第二の壁として立ちはだかるのが「話されている英語の意味が理解できない」という問題です。どんな音が話されているかは大体聞き取れるようになったとしても、それらの音が何を意味しているのか、理解ができない(あるいは追いつかない)ということは珍しくありません。

この問題は様々な理由で起こりますが、要因として主要なものには語彙力不足と文法力不足が挙げられます。リスニング力アップにも、単語や文法の勉強は不可欠なのです。

英語の文法力・語彙力・言い回しに慣れよう

聞き取りで英語の意味が理解できない問題を解決するには、主に英語の文法力・語彙力を上げて、さらに英語特有の言い回しに慣れるのが効果的。文法と単語には近道がないので、こつこつ焦らずに勉強を積み重ねていきましょう。

言い回しの学習に関しては、熟語と頻出フレーズがメインになります。特に熟語はおろそかにされがちですが、実際のところ日常英語には熟語がかなりたくさん出てきます。しかも日本人からしてみると「なぜこの単語の組み合わせでこういう意味になるのか」が理解できないものが多いので、英語の勉強に熟語学習は絶対欠かせません。熟語力をきちんと上げないと、「使われている単語は全部知っているのに、意味がさっぱり理解できない……」ということが頻発してしまいます。

【番外編】ネイティブの会話スピードが早すぎる場合もある

ちなみに、単にネイティブの会話スピードが速すぎてついていけないというのもよくあること。ネイティブと一口に言っても、普段からゆっくりめに話す人だってたくさんいるので一概には言えませんが、中にはいつも早口のようにしゃべっている人がいるのも事実です。

自分が英会話初心者であることを伝え、ゆっくり話してもらおう

ネイティブと話していて、相手の会話スピードが速すぎて聞き取りに困る場合は、正直になるのが一番の対処法だと言えます。自分が英会話初心者であることを伝え、「スピードが速いと聞き取りがうまくできないので、少しゆっくり話してもらえませんか?」とお願いしてみましょう。

関連記事

「英語ができない」とは?11個の特徴・理由・効果的な勉強法!日本人が英語を話せないのは英語教育にも問題あり?

英語の練習方法!英語習得のため心がけるべき練習の原則・独学方法・おすすめ教材

「音を聞き取る」「意味を理解する」とは?

続いて、これまでの内容をもう少し突き詰めて、「英語の音を聞き取る」「英語の意味を理解する」というのが聞き取りにおいてどのような状態を意味するのか、解説します。それぞれの状態について把握して、英語の聞き取りの練習における上達度を測る物差しにしてみてください。

「音を聞き取る」は「発音を聞いて英語の文字列が浮かぶ状態」

英語の音を聞き取れるというのは、「発音を聞いて、英語の文字列が浮かぶ状態」です。

たとえば英語のテレビ番組が始まって、ホストが「Hi, welcome to the show.」と言ったとします。このとき、このセリフを聞いて頭の中に「Hi, welcome to the show.」という文字列を浮かべることができていれば、(たとえ正確なスペルや意味が分からなかったとしても)音を聞き取れていることになります。

「意味を理解する」は「発音を聞いて瞬時にそのフレーズの意味が分かる状態」

一方、英語の意味を理解できているというのは、「発音を聞いて、瞬時にそのフレーズの意味が分かる状態」です。

上記の例で言えば、聞いた瞬間に「Hi, welcome to the show.」という文字列だけではなく、「こんにちは、番組へようこそ」という意味が脳内で理解できている状態にあることを指します。

【英語の音を聞き取ろう】英語の音声聞き取りの勉強法

それでは、英語の音声聞き取りはどのように練習したらいいのでしょうか。ここからは、英語の音声聞き取りの勉強法として効果的な「精聴」と「英語の音の変化に慣れる練習」について紹介します。

精聴

精聴とは、ひとつの音声素材をじっくり何度も聞いて、リスニングの精度を高める勉強のことです。何回も繰り返して聴いたり、ディクテーションしたり、音読したりすることによって、「この音声素材のリスニングなら完璧!」という状態まで仕上げていきます。たくさんの英語音声に触れる「多聴」も大切ですが、英語の聞き取り上達には精聴も同じくらい重要です。

英語の映画脚本集やスクリプトを用意した上で聞き取るのがおすすめ

精聴の音声素材には何を使っても基本的に構わないのですが、何度も何度も繰り返し聞くことになるので、どうせなら英語の映画脚本集やスクリプトを用意して使用するのがおすすめ。英語学習素材としての質が高く、使われている英語も自然で、さらにコンテンツが面白いので簡単には飽きが来ません。有名な名作映画であれば、スクリプトをフル収録した書籍も販売されています。

聞き取った英語が正しいか「答え合わせ」をしよう

最初はスクリプトを見ずに、何度も音声だけ流してリスニングしてみましょう。それからだいたいの音が聞き取れるようになってきたら、聞き取った英語が正しいか、スクリプトを見て答え合わせをします。間違って聞き取っていた箇所があれば、なぜ間違えたのか、原因まで分析してみてください。

英語の音の変化に慣れよう

英語は日本語と違って、音が頻繁につながったり消えたりします。この英語特有の音の変化について知り、それを意識しながらリスニングを続けることで、徐々に英語の音の変化に慣れていきましょう。

リエゾン(リンキング)・リダクション・フラッピングはリスニングの難関

英語の音の変化で代表的なものが、リエゾン(リンキング)、リダクション、フラッピングの3つです。リエゾンとは、単語の最後の音と、次の単語の最初の音がつながる現象のこと。たとえば「come on」というフレーズなら、comeの最後のmの音と、onの最初のoの音が連結して、「カム オン」ではなく「カモン」となります。

リダクションは、単語の中の音が消失する現象です。

特に単語の末尾の子音は消えやすく、たとえば「get down」なら、getのtはほとんど発音されません。音が消えると聞くと、「そんな消えちゃったら正しく聞き取れるわけがないよ……」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。消えると言っても、たいていは消えた音のところに、「その音があったことを示す空白」が残ります。

「get down」なら、確かにtの音はほぼ聞こえませんが、そこにtがあったことを示すちょっとした音の余白が生まれるのです。ネイティブだって何も機械的に音を消しているわけではないので(楽をして発音しようとしているだけなので)、それほど恐れることはありません。

フラッピングは、tの音が場合によってdやrのように聞こえる現象です。tが母音と母音に挟まれているときに起きやすい傾向があります。たとえばbetterがベダー、waterがワーラーに聞こえるといった具合です。なおフラッピングはアメリカ英語では頻出しますが、イギリス英語ではほとんど起きません。

【英語の意味を理解しよう】音から意味をイメージできるようになる勉強法

次は、英語を聞いて、その意味を瞬時に理解できるようになるための勉強法を見ていきます。このステップで効果的なのが、リプロダクション、シャドーイング、ディクテーションの各練習です。

リプロダクション / シャドーイング

リプロダクションとは、聞いた音声をそっくり自分で再現する練習のこと。音声を一区切りごと(一文ごとなど)に止めて、直前に聞いた文章を自分で発音します。リプロダクションを繰り返すことで、英語の意味を自分で咀嚼する練習になります。

シャドーイングとは、音声を流しっぱなしにしたまま、そのすぐ後について真似しながら発音する練習です。音声をしっかり聞き取りながら、同時に発音するので、リスニングの精度と集中力がだいぶ鍛えられます。

ディクテーション

ディクテーションは、英語の音声をリスニングして、聞き取った文章をそのまま書き起こしするトレーニングです。細かい部分まで注意深く聞かないといけないので、聞き取りのレベルを「なんとなく聞き取れる」から「はっきり聞き取れる」まで引き上げることができます。

聞き取れるようになるため知っておこう!英語の「音」の基礎知識

英語の聞き取りができるようになるには、英語の「音」の基礎知識を持っておくことも大事です。ここでは、英語の音で知っておきたい音素、アクセント、リズムの3要素について紹介します。

音素

音素とは、音を構成する最小単位のことです。日本語と英語とでは音素のレベルから異なる部分が多いので、違いをしっかり把握しておきましょう。

英語の音素一覧

以下が、英語の音素一覧(20母音+24子音=44音素)になります。これらはすべて発音記号になりますので、発音記号が分からない人はぜひ調べてみてください。英語の発音やリスニング力を伸ばす上で、発音記号を知っていることはかなりの武器になります。

/iː/, /ɪ/, /e/, /æ/, /ʌ/, /ɑː/, /ɒ/, /ɔː/, /ʊ/, /uː/, /ɜː/, /ə/, /eɪ/, /aɪ/, /ɔɪ/, /əʊ/, /aʊ, ɑʊ/, /ɪə/, /eə/, /ʊə/; /p/, /b/, /t/, /d/, /k/, /g/, /ʧ/, /ʤ/, /f/, /v/, /θ/, /ð/, /s/, /z/, /ʃ/, /ʒ/, /h/, /m/, /n/, /ŋ/, /l/, /r/, /w/, /j/

日本語の音素一覧

続いて、日本語の音素一覧(5母音+16子音+3特殊音素=24音素)も見てみましょう。英語と比べると、だいぶ数が少ないのが分かりますね。

/a/, /i/, /u/, /e/, /o/; /j/, /w/; /k/, /s/, /c/, /t/, /n/, /h/, /m/, /r/, /g/, /ŋ/, /z/, /d/, /b/, /p/; /N/, /T/, /R/

英語は20母音・日本語は5母音

こうして英語と日本語の音素を並べてみると、まず気付くのが母音の数の違いです。英語は20個も母音があるのに、日本語は「あいうえお」のたった5つしかありません。

英語は24子音・日本語は16子音

子音の数も、母音ほどではないものの、英語のほうが日本語より多くなっています。特に/θ/や/ð/などは、日本語にはまったく存在しない子音です。

日本人が英語聞き取りを苦手とするのは「音素数」の違いが原因かも

日本人が英語聞き取りを苦手とするのは、こうした音素数の違いも一因にありそうです。たとえばmadとmudという単語は、はっきり違う音で意味もまったく異なりますが、日本語で表現すると、母音の数が少ないのでどちらも「マッド」にしかなりません。また有名な話ですが、日本語には/l/と/r/の区別がないため、単語にこれらの音が出てくると、うまく聞き取りができなくなってしまいがちです。

アクセント

アクセントに関しても、日本語と英語は決定的な違いがあります。この点をより意識するようにすると、聞き取りがもう少し楽になるかもしれません。

日本語のアクセントは「強弱」ではなく「音の高低」で決まる

日本語のアクセントは、「音の高低」で決まります。たとえば雨と飴はどちらも同じ「あめ」ですが、雨(あ↑め↓)と飴(あ↓め↑)というように、音の高低でアクセントがつけられます。これらの同音異義語が区別できるのは、音の高低があるからです。

英語のアクセントは「強弱」で決まる

一方、英語のアクセントを決めるのは「強弱」です。つまりアクセントを置きたい音節を「強く」発音し、それ以外を「弱く」発音することに。音の高低を意識することもないわけではありませんが、基本的には強弱でアクセントが決まります。

「sit」は一音節のためアクセントは気にしなくてよい

英語のアクセントは、常に母音につきます。なので「sit」のように一音節の単語は、母音がひとつしかないわけなので、アクセントを気にする必要はありません。

※音節とは、音のひとかたまりの最小単位のこと。ひとつの音節には、ひとつの母音が含まれます。

「dog」も一音節

「sit」と同様、「dog」も一音節(母音がひとつ)なのでアクセントの位置を気にする必要はありません。cat、rain、draw、street、box、feed、make、dream、room、breatheなども、全部一音節(母音がひとつだけ)の単語です。

「important」は3音節

複数音節の単語になると、アクセントの位置を考えないといけません。たとえば「important」は3音節の単語で、「im・por・tant」と区切られます。アクセントが付くのは真ん中の音節、「por」の部分です。

「football」は2音節で頭にアクセント

「football」は2音節の単語で、「foot・ball」というように分けられます。アクセントがあるのは最初の音節、「foot」の部分です。ちなみにfootballやairportのように、一語に2つ以上名詞を含む単語は、頭の単語にアクセントが行く傾向があります。

リズム

英語と日本語は、話されるときの全体的なリズムも異なります。精聴や多聴による聞き取りの練習を通じて、英語のリズムにも徐々に慣れていきましょう。

日本語はメリハリ・強弱がさほどなく、流れるように発音される

日本語は、基本的にあまりメリハリや強弱がない言語です。一定の音量と抑揚で流れるように発音される日本語は、英語とは対照的な言葉と言えるかもしれません。抑揚なくずっと「子音+母音」がセットになった一定の長さの音が続くので、日本語を知らない人が日本語の会話を聞くと、ドドドドドとぶつ切りの音が連射されているように感じるようです。

英語は内容語を強くゆっくり、それ以外を弱くやや早口に発音される

対して英語は、非常にメリハリと抑揚をつけて話される言語です。文章では強調される単語やフレーズが強くゆっくり発音され、それ以外は弱くやや早口に発音されます。日本語とは完全に異なるリズムなので、慣れないと聞き取りが難しいのは無理のないことかもしれません。

英語聞き取り(リスニング)上達のための4ステップ

残念ながら英語の聞き取りは、練習を始めたらすぐにできるようになるといったものではありません。他の単語の勉強などと同様に、コツコツとトレーニングを続けることが成功のカギです。英語聞き取り(リスニング)上達のための4ステップをまとめてみました。

1.英語の音に慣れるまではまず精聴

まずは英語の音に慣れる必要があります。本記事でも紹介した精聴で、一つひとつの音声素材を繰り返し聞き取りして、じっくりクリアしていきましょう。

英語聞き取りを習慣化しよう

英語聞き取りで早く上達したいなら、とにかく英語聞き取りを習慣化することが大事です。毎日英語を聞くのは当たり前だと思って、最初はリスニングを習慣化することに力を入れてください。

脚本集やスクリプトを見る時間がなければ「聞き流し」でもOK

精聴のトレーニングの際、スクリプトを見る時間がなければ何も見ずにただ聞き流すだけでもOKです。英語音声をスマートフォンに入れておけば、通勤時間中などのスキマ時間にさっと聞くことができます。

2.ディクテーションとシャドーイング

精聴の次のステップは、ディクテーションとシャドーイングです。この2つは少し時間と手間がかかりますが、コツコツ続けることで英語聞き取り能力を大幅に伸ばしてくれます。余裕がある人はリプロダクションも取り入れてみましょう。

3.リエゾン(リンキング)に慣れる

英語の音の変化に慣れるのも重要なステップ。特にリエゾン(リンキング)は頻出なので、多聴などを通じてよく慣れるようにしましょう。リエゾンの例としては、「in front of→イン フロントヴ(フロノヴ)」「help them out→ヘルプ ゼマウト」「need you→ニージュー」などがあります。

発声練習

聞き取りの練習は発音の練習と並行して行うと効果的です。音読やシャドーイングなどを通して、積極的に発声練習も取り入れてみてください。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を実際にやってみた!効果的な使い方を解説。瞬間英作文は何回(何周)すべき?

オンライン英会話

英語の聞き取り能力は、実践経験を積むことで飛躍的に伸びます。オンライン英会話なら気軽に毎日英語を話したり聞いたりできるので、おすすめです。

キャンブリー(CAMBLY)の口コミ・評判・体験談!予約なし・24時間対応が魅力。料金は高め

DMM英会話の口コミ・評判・効果・教材!初心者から伸びる人・伸びない人の違い&比較

4.ネイティブにリスニング/スピーキングの両面をチェックしてもらう

3までの過程で、聞き取り力は大きく向上しているはずです。そして最終的には、リスニング力とスピーキング力は切り離せません。リエゾン(リンキング)に慣れると、いわゆる「日本人の英語」に比べて発音が自然と改善されます。聞き取りができるようになり、発音も綺麗になることは、「耳が良くなった」ことを意味するのです。

そのため、「聞き取り(リスニング)とスピーキングは関係ない」と思わず、最終段階ではリスニングとスピーキングの両面をネイティブにチェックしてもらうのがおすすめです。オンライン英会話も積極的に活用してみましょう。

英語聞き取り上達のために心がけるべきこと

英語の聞き取りは、上達までにそれなりの時間がかかります。挫折しないために必要な心構えについて紹介します。

ネイティブでも相手が話したことの全てを聞き取っているわけではない

まず、ネイティブでも相手の言っていることをすべて(隅々の単語まで)聞き取れているわけではありません。私たちだって、日本語の文章をいつも100%、細かい助詞や文末まで聞き取れているかと聞かれれば、答えはノーですよね。なのでノンネイティブが完璧に英語を聞き取れないのは、当たり前のことなのです。

「大文脈」を正確に捉えることを意識しよう

最初のうち心がけるべきなのは、話されていることの「大文脈」、つまり大まかな概要や大きな話の流れを正確に捉えること。それが毎回しっかりできるようになれば、その後は加速度的に聞き取り力が上がっていきます。

英語聞き取りの勉強におすすめの教材・スクール

最後に、英語聞き取りスキルを向上させるのに効果的な教材・スクールを紹介します。英語の聞き取りがもっとできるようになりたいと考えている人は、ぜひ試してみてください。

スピードラーニング

「音から入る英語教材」の代表格と言えるスピードラーニングは、聞き取り力アップにまさにうってつけの教材です。スピードラーニングの気になる内容や効果、口コミなどについて、以下の記事で詳しく特集しています。

スピードラーニングの効果・評判・口コミ!誇大広告で効果はうそ?正しい勉強法を紹介

DMM英会話

オンライン英会話は、聞き取り力向上に不可欠な実践経験を積むのに最適な場です。中でも大手のDMM英会話は、充実した教材や洗練された使いやすさなど、多くのメリットがあります。詳しいレビューや他オンライン英会話との比較などについては、以下の記事を参考にしてみてください。

DMM英会話の口コミ・評判・効果・教材!初心者から伸びる人・伸びない人の違い&比較

さいごに

英語の聞き取りは、日本語と英語の音素の違いなどさまざまなネックが存在し、慣れるまでは苦戦するケースも多いでしょう。しかしオンライン英会話の活用やシャドーイング&ディクテーションなどを通じて、確実に聞き取り力は学習量に比例して伸びてきます。ぜひ英語聞き取りにチャレンジしてみましょう。