留学なし!日本に居ながら独学で英語ペラペラになる方法は?必要な時間・勉強法・教材

英語を勉強している人、海外に興味がある人なら、「英語がペラペラになりたい!」というのは誰もが一度は抱いたことのある思いなのではないでしょうか。でも実際に毎日英語を学習してみると、英語ペラペラまでの道のりはとても遠いものに感じられます。この記事では、独学で英語ペラペラになることは可能なのかや、英語ペラペラを目指すための勉強法などついて解説します。

英会話を独学でマスターして、ペラペラになることは可能なのか?

英語ペラペラになるための勉強と聞くと、まず思い浮かぶのは海外留学や英会話スクールなどですよね。でも誰もが自由に留学できるわけではありませんし、いずれにせよ最初は独学から始めるのが現実的。英会話を独学でマスターして、英語ペラペラになることは可能なのでしょうか。

良質なインプットとアウトプットが両方不可欠

独学で英語ペラペラを目指すなら、英語の良質なインプットとアウトプットが欠かせません。基本的にリスニングとリーディングはインプット、スピーキングとライティングはアウトプットだと考えることができます。たくさんのテキストや音声素材、洋書などでリスニングとリーディングすることはもちろん大事ですし、それと同じように、音読やオンライン英会話、日記などでスピーキングとライティングすることも重要なのです。

正しい教材と正しい学習方法で学ぶことでペラペラになれる

独学で英語ペラペラになるのは、決して不可能なことではありません。大事なのは、正しい教材を使い、正しい学習方法で勉強すること。この両輪がきちんとしていて、かつ継続的に根気強く学習できれば、英会話マスターへの道は確実に見えてきます。

おすすめは「いきなりペラペラを目指さない」こと

心構えとして大切なのが、いきなりペラペラになろうと頑張りすぎたり、最初からペラペラの状態を目指さないことです。英語ペラペラまでの道のりは長い旅ですから、できるところから少しずつ無理せず頑張りましょう。

ペラペラの英語でなくとも正直に言って通じる

そもそもペラペラの英語ではなくても英会話は可能ですし、相手にも十分通じます。それに「ペラペラ」というのはある意味曖昧な概念で、自分で「ペラペラになった!」と実感できるようなものでもありません。

たとえば、日本にいると実感しづらいですが、英語圏以外の海外には、普通の日本人からすると「この人、超英語ペラペラ!」と思えるような人がたくさんいます。そういう人たちはバンバン英語でコミュニケーションをしますが、彼らの英語を注意深く聞いてみると、細かい文法が間違っていたり、発音に癖があったりというのはよくあるもの。それでもみんな互いに英語で議論したり、字幕なしで英語の映画を見たりしているのですから、決して初めから「ペラペラ」「完璧」を目指す必要はないのです。

初心者からいきなりペラペラを目指すのは現実的ではない

また、英語初心者がいきなりペラペラを目指すのは、現実的とは言えません。小さい子どもなら話は別かもしれませんが、大人になってから英語を習得しようとしたら、それなりに段階を踏んで、時間をかける必要があります。いきなりペラペラを目指すのは、挫折の元になってしまいかねません。

そもそも英語は「勉強」ではなく「コミュニケーション」!楽しむのが一番

そして一番大事なのが、英語を楽しむことです。そもそも英語は、学問や勉強の対象である以前に、コミュニケーションするための言語です。英語を学ぶこと自体ではなく、英語を使って何かをする(外国人と会話する、洋画を見る、洋楽を聞くなど)ことが目的なわけですから、その原点を忘れずに、英語を楽しみましょう。

英語がペラペラになるための学習期間の目安は「1000時間」

一般的に、英語がペラペラになるための学習時間の目安は1,000時間だと言われています。とてつもなく長く思えるかもしれませんが、そんなことはありません。毎日欠かさずに2時間ずつ勉強すれば、1年半足らずでクリアできてしまう時間です。焦らずコツコツ学習時間を積み重ねていきましょう。

そもそも「英語ができない」とはどんな状態?

英語ペラペラの状態について理解を深めるために、逆の状態、つまり「英語ができない状態」とはどんなものなのか、少し掘り下げてみます。

英語ができないとは、具体例を挙げてみると「英単語・英文法がまったく覚えられない」「英語の聞き取りがまったくできない」「ネイティブを目の当たりにすると英語のフレーズが出てこない」「あまりにも過度にボディランゲージに頼ってしまう」といった状態です。

英語ができないとはそもそもどういうことか、英語ができない原因は何かといった点を把握できると、英語ペラペラを目指す上での的確な英語学習の指針が見えてきます。英語が上達しない原因や、英語ができない人におすすめの勉強法について、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください!

「英語ができない」とは?11個の特徴・理由・効果的な勉強法!日本人が英語を話せないのは英語教育にも問題あり?

英語がペラペラな日本人の例

英語が苦手だと言われがちな日本人ですが、英語ペラペラな人もたくさんいます。ここでは、有名人・芸能人の中から、英語がペラペラな日本人の例をピックアップしてみました。それぞれの人が英語で話している動画も掲載しています。

YOSHIKI

記者会見なども颯爽と英語でこなすYOSHIKI。こちらの動画では、プロデュースしたプレミアム新作ワインについて、同席した登壇者と英語で語り合っています。

錦織圭

錦織圭選手が、けがの影響や試合前の意気込みなどについて英語でペラペラと答えている動画です。外国人記者の質問を難なく聞き取り、スムーズに回答しています。

市川紗椰

モデルの市川紗椰さんが、ハワイで現地に住む人へのインタビューなどを英語で行っています。分かりやすく流暢な英語が印象的です。

関根麻里

タレントの関根麻里さんが、当時のアメリカ大使と、米国留学について英語で対談している動画です。きれいな発音でペラペラと自然に会話していますね。

まずはブロークンでOK!ネイティブと会話ができるレベルを目指そう

英語学習は、コツコツ段階を踏んで進めていくのが挫折しないためのコツです。まずはブロークンな英語でもいいので、「ぎこちないけど、とりあえず通じる」「完璧じゃないけど、ネイティブと会話が成り立つ」というレベルを目指していきましょう。

英語がペラペラになるために身につけるべき能力

英語ペラペラになるには、「単語力・文法力」「発音」「構成力」「リスニング力」の4つの能力を、計画的にバランスよく伸ばすことが重要です。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

単語力・文法力

単語力と文法力は、言語学習の絶対的な基礎です。単語と文法を十分に知らなければ、ほかのどんな勉強もあまり役には立ちません。特に単語学習はコツコツとした積み重ねが求められるので、初心者のうちから意識的に時間を取って勉強することがポイント。単語の場合、初めのうちはとにかく質より量が大事なので、とにかくたくさんの単語をインプットしていきましょう。

また文法の勉強も、日本人が通じる英語を習得するためには必要不可欠。日本語と英語は文法の仕組みがまったく異なるからです。

たとえば日本語は「て・に・を・は」といった助詞が文章の意味を形成する重要な役割を果たすのに対し、英語では「単語の配置・順序」が文章を意味を決定します。日本語なら単語の順序が「私にはあなたが必要です。」「あなたが私には必要です。」のように変わっても意味は通じますが、英語だと「I need you.」「You need me.」のように単語の順序が変わると、意味がまったく変わってしまうのです。そのため英語ペラペラになりたいなら、英語の文法に対する深い理解が求められます。

発音

ネイティブ並みのきれいな発音を身につける必要はありませんが、かと言ってカタカナ英語のままでもだめです。カタカナ英語だとそもそも「何を言っているのか相手に通じない」という事態がかなり頻発することになります。発音を改善するには、発音記号やフォニックスを勉強したり、オンライン英会話を活用したりするのがおすすめです。

構成力

これは、代替表現を使って柔軟に言い換えたり、イディオムなどを駆使して思い通りのフレーズ・文章を構築したりする能力です。英語独特の表現や熟語に関する理解に加え、「英語に比べ、日本語は主語がなくとも意味が伝わる」といったような英語と日本語の文法構造の違いへの理解も必要となります。

リスニング力

英語ペラペラになるためには、当然「自分が言いたいことを英語で表現できる」だけではなく、「相手が英語で言っていることを聞き取れる」ようにならないといけません。リスニング力を上げるには、「たくさん英語を聞く」多聴と、「ひとつの音声素材を集中的に何度も聞く」精聴の組み合わせが効果的。精聴では、シャドーイングやディクテーションなどのトレーニングもあわせて行います。

英語の練習方法

英語ペラペラになるために身につけるべき能力が分かったら、次に大事なのが、それらの能力を習得するために効果的な練習方法を知ること。英語ができない人がペラペラになるには、特に以下のことを心がけて英語を練習するのがおすすめです。

  1. これまでの自分の学習法が「インプット偏重」か「アウトプット偏重」かを振り返りましょう。バランスよく勉強するにはどんな練習を補えばいいか、見えてきます。
  2. オンライン英会話も英語スクールも、「セルフ・トレーニング」なしでは意味がないと割り切りましょう。英会話スクールに通うにしても、独学は欠かせません。
  3. 完璧を目指さず、大体の意味をつかむことを意識しましょう。英語学習において、完璧主義は挫折の元です。
  4. いますぐシャドーイングとディクテーションを始めましょう。これら2つのトレーニングは、リスニング力向上の特効薬です。
  5. 慣れてきたら「和英辞典」「英和辞典」の使用頻度を減らしましょう。英語力が上がってきたら、なるべく英語で英語を学ぶようにします。
  6. 分からない単語や英文は英英辞典で調べてみましょう。中級者以上には、英和辞典ではなく英英辞典のほうが英語力アップに効果的です。
  7. 柔軟な言い換えを行いましょう。同じ意味の文章や単語を、ほかの表現やフレーズで自由に置き換えられるようになれば、英語ペラペラに近付きます。
  8. どんなに結果が出なくても「1000時間」はめげずに頑張りましょう。英語学習を続けていると、何度かブレークスルーを経験することになります。しばらく結果が出なくても、諦めないでくださいね。

効果的な英語の練習方法についてより詳しくは、下記の記事で解説しています。

英語の練習方法!英語習得のため心がけるべき練習の原則・独学方法・おすすめ教材

【英語 ペラペラ】単語力・文法力を身につけるためにおすすめの英語教材

英語ペラペラになるためにまず必要となるのが、単語力・文法力です。英語の単語力・文法力を鍛えるのにおすすめの英語教材をまとめました。

DUO 3.0

高品質な560本の例文を通して、英会話に必須の重要単語・熟語・フレーズを効率的に学習できる単語帳です。例文CDを活用すれば、単語力のみならず構成力、スピーキング力、リスニング力なども一緒に鍛えられます。

DUO3.0は最高品質の例文を560本収録。特徴・評価・使い方・セットで使いたい教材を全部解説

キクタン

キクタンは、「聞きながら覚える」ことに特化した人気の単語帳シリーズです。耳からインプットするので、英語ペラペラを目指す人にとっては理想的な単語教材のひとつだと言えます。英語のレベルや学習目的に合わせた多彩な単語帳ラインナップが揃っているのも特徴です。

キクタンシリーズ解説!特徴・使い方・実際の単語&例文・口コミ・他教材との比較

ターゲット1900

画像引用元:旺文社

ターゲット1900は、シンプルな構成で「単語を覚えること」にフォーカスした王道の単語帳。英語学習の初期段階で、重要単語を集中的にインプットするときに使うと効果的です。

ターゲット1900の特徴・おすすめの使い方・メリット・対象レベルを解説!TOEICにも使える?

ネクステージ(NextStage)

基礎から総合的な文法力を身につけたいなら、重要な文法項目が網羅されていて解説も分かりやすいネクステージ(Next Stage)がおすすめです。日常英会話に必要な英文法は、これ一冊をやり込むだけでマスターできます。

ネクステージ(Next Stage)は英語文法の基礎固めに最適!使い方・勉強法解説

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

持っている文法の知識を、実際の英会話でスムーズに使えるようするための練習教材として最適なのが「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」です。短く簡単な例文を繰り返し声に出して練習することで、英語ペラペラを目指す上で必須の、「英語の瞬発力」を鍛えます。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を実際にやってみた!効果的な使い方を解説。瞬間英作文は何回(何周)すべき?

【英語 ペラペラ】発音を身につけるためにおすすめの英語教材

英語ペラペラになるには、通じる発音を身につけることが不可欠です。発音を改善したいなら、オンライン英会話でスピーキングの経験を積むのが効果的。発音をよくするためにおすすめのオンライン英会話サービスをまとめました。

DMM英会話

オンライン英会話の代表的サービスであるDMM英会話は、豊富な講師数、バラエティ豊かな教材、使いやすいインターフェイスなどが特徴。フリートークで講師に発音の添削やアドバイスをしてもらうのもいいですね。

DMM英会話の口コミ・評判・効果・教材!初心者から伸びる人・伸びない人の違い&比較

キャンブリー

予約不要で思い立ったときにすぐネイティブ講師のレッスンが受けられるキャンブリー。翻訳機能付きチャットやレッスン録画など、細かいところに手の届く充実した機能が好評です。

キャンブリー(CAMBLY)の口コミ・評判・体験談!予約なし・24時間対応が魅力。料金は高め

ネイティブキャンプ

画像引用元:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプは、レッスン回数無制限で、いつでも好きなだけレッスンを受けられるオンライン英会話サービスです。毎日制限なく何回でもレッスンできるので、スピーキングの量を確保して、発音を磨くのにぴったり。Skypeなどのインストールが不要なのもメリットです。

ネイティブキャンプ(NativeCamp)英会話の口コミ・評判・実際に受けてみた感想!レッスンの様子も

産経オンライン英会話

産経オンライン英会話は、大手・産経グループならではの安心感と、シンプルな使い勝手が好評のオンライン英会話。「スピーキング初⼼者脱出プログラム」「劇的英語⾯接道場」など、多彩なコースが用意されています。

産経オンライン英会話の評判・口コミ。実際に体験&辛口レビュー!評判は悪い?他社比較も

【英語 ペラペラ】構成力を身につけるためにおすすめの英語教材

「ぎこちない・たどたどしい英語」と「ペラペラな英語」を分ける最大の要素と言えるのが、構成力です。英語の構成力を身につけるのにぴったりな教材を紹介します。

システム英単語

システム英単語は、単語力だけではなくイディオムやフレーズ、コロケーションを習得するのにも最適な単語帳。よく使われる単語の組み合わせを効率的に覚えられる「ミニマルフレーズ」が、英語のフレーズ力を鍛えるのにとても効果的です。

システム英単語(シス単)は最高の単語帳!改訂版・Basicの使い方・学習法・中身を解説

HiNative Trek

「毎日英語をアウトプット→ネイティブ講師から文章・音声の添削」というサイクルで、英語の構成力を効率的に身につけられる英語学習アプリです。スマートフォンだけで気軽に「自然な英語」「使える英語」を習得できます。

HiNative Trekの口コミ・評判・効果・料金・レビュー。ビジネス英語が1日1問届く絶妙な英語学習アプリ

スタディサプリENGLISH 日常英会話

ストーリ仕立てのオリジナル教材で、日常英会話に必要なスキルを総合的に伸ばすことができるスマートフォンアプリです。会話フレーズの練習、スピーキング、ディクテーション、クイックレスポンスなどといったトレーニングが、すべてひとつのアプリでできるようになっています。

スタディサプリENGLISH(英語)日常英会話コースの効果・評判・口コミ!TOEICには効果なし?

【英語 ペラペラ】リスニング力を身につけるためにおすすめの英語教材

英語ペラペラになるまでの道のりにおいて、一番の障害になりかねないのがリスニングです。英語ペラペラを目指す上で欠かせない高度なリスニング力を身につけるためにおすすめの英語教材を紹介します。

スピードラーニング

英語リスニング教材の筆頭と言えるスピードラーニング。英語の後に日本語が流れるという構成になっているため、基本的に「聞き流すだけでOK」なのが好評です。利用者の90%以上がリスニング力向上を実感したというデータもあります。

スピードラーニングの効果・評判・口コミ!誇大広告で効果はうそ?正しい勉強法を紹介

スピードラーニングは無料体験版もおすすめ

実はスピードラーニングは、無料で試すことができます。無料サンプルCDを申し込めば、お金をかけることなくスピードラーニングの内容や効果を確かめることが可能です。詳しい申し込み方法や実際の体験談などについては、以下の記事を見てみてくださいね。

スピードラーニング無料サンプルCDの申し込み方法・内容&体験レビュー!無料試聴用CDの返品方法も

Voice Tube

Voice Tubeは、YouTubeの人気動画で英語を学べるという、YouTube好きにはぴったりの英語学習サービスです。各動画には字幕が付いているので、初心者でも安心。スマートフォンアプリもあり、ちょっとしたエンタメ感覚で気軽にリスニング力を鍛えられます。

Voice Tubeは動画で英語を学ぶ無料サービス。使い方・勉強法を解説

英語ペラペラを目指すなら英会話スクールに通うべき?

ここまで独学で英語ペラペラを目指すための教材やサービスを色々と紹介してきましたが、「英語ペラペラになりたいならやっぱり英会話スクールに通ったほうがいいのかな?」と思っている人も少なくないはず。英語ペラペラを目指すなら英会話スクールに通うべきなのか、そして通うならどの英会話スクールがおすすめなのか、解説します。

独学で1000時間の学習時間を確保し、管理する自信がないなら通うべき

この記事でも紹介したように、独学で英語ペラペラになるまでの学習時間の目安は1,000時間だと言われています。1,000時間を達成するには、自己管理を徹底して、毎日コツコツ勉強を続けないといけません。しかし仕事をしながら、あるいは学校に通いながら英語学習をするとなると、独学で1,000時間を確保するのは大変ですよね。

もし自分だけでしっかり学習ペース・学習計画を管理して1,000時間勉強できる自信がないのであれば、英会話スクールに通うのがおすすめ。独学でダラダラと何年も勉強するより、英会話スクールに通って集中的に学習したほうが、効果的なことも多いです。

おすすめの英会話スクール

一口に英会話スクールと言っても、選択肢がたくさんありすぎて、どこに通えばいいのか判断するのはなかなか難しいもの。以下に、口コミなどでの評判も良好で、英語ペラペラを目指すのにおすすめな英会話スクールを厳選して3つ紹介します。

RIZAP ENGLISH

パーソナルトレーナーと二人三脚で英語を特訓し、短期間で集中的に英会話をマスターできるのがライザップイングリッシュです。ライザップならではの徹底した学習管理と独自の学習メソッドで、日々着実に英語力の向上を実感できると評判になっています。

【ライザップ 英語】ライザップイングリッシュの評判・口コミ・教材・体験談!実際にレッスンを受けてみた

トライズ

「トライズなら、1年で英語が話せる」をコンセプトに掲げ、1年間で1,000時間の学習時間を確保できるという今注目の英会話スクールです。専任の日本人コンサルタントとネイティブ講師が、あなたに合わせてカスタマイズされた学習プランに沿って、英語学習をサポートしてくれます。

トライズ(TORAIZ)の本当の評判・口コミ!効果がないから挫折しやすい?【受講生の声・無料カウンセリング体験談有り】

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン

オンラインで専任コーチが指導・サポートしてくれる、「スタディサプリENGLISH」の人気プランです。TOEIC対策に特化したプランとなっていますが、短期間で英語ペラペラを目指す人にも最適。一人ひとりに合わせた独自の学習プランに基づいて、専任コーチによるオンライン面談、毎日のアドバイスなどが受けられます。

スタディサプリTOEICパーソナルコーチで120点伸びた。評判・口コミ・効果を解説