寝る前にストレッチをするメリット

ニートで暇すぎる?おすすめの過ごし方11選や専門家が勧めるニート脱出方法を紹介

ニートで毎日家にいると、やることがなくて暇すぎませんか?いい暇つぶしがないかと、探している人もいるでしょう。

そこで、ニートの人にアンケートを実施して、どのような暇つぶしをしているのか聞いてみました。記事では皆さんの暇のつぶし方や、専門家によるニート脱出方法のアドバイスを紹介します。

ニートの人100人に、家にいるときに何をして暇をつぶしているか、アンケートを実施しました。具体的な口コミとともに紹介します。
また、専門家による「ニートを脱出する方法」や「就職しやすい職種」のアドバイス、ニートの就職に強い転職エージェントについてもお届けしましょう。

100人にアンケート!ニートの皆さんの暇つぶし方法は??

現在ニートをしている20〜40代に、暇つぶしの方法についてアンケートを実施しました。その結果、次のグラフのような回答が得られました。


ネットを見ている人が49%と一番多い結果になりました。他には皆さん何をしているのでしょうか。

ネットを見ている

一番多かったのは、「ネットを見ている」という意見でした。ネットを見ればさまざまな情報を得ることができ、動画やゲームなど娯楽も豊富です。あっという間に時間が経過してしまうでしょう。

SNSを通して交流を行なっている人も多いのではないでしょうか。

20代女性 はろん
好きな動画を見たり、アニメを一気に見ています。見終わるとインターネットサーフィンをして暇つぶししてます。
30代女性 ロコ
お昼頃起きてベッドでゴロゴロしながらテレビをつけて、スマホでSNSを見て時間が過ぎていきます。主にInstagramで適当なハッシュタグを決めて面白い投稿を探したり仕事あるあるの漫画を見たりしています。

テレビを見ている

テレビを見て過ごしている人もいます。ネットもそうですが、テレビを通して社会との繋がりを感じている人が多いようです。ネットとテレビさえあれば世の中の動きも大体はわかるので、ニートの人の拠り所とも言えるでしょう。

30代女性 あや
テレビを見ています。テレビが唯一の社会との繋がりのような気がしていて、ジャンルを問わず見ていることが多いです。
20代女性 さくら
ほとんどテレビを見ていて、それ以外はインスタや友達のブログを見たり、ネット通販のサイトを見ています。

ゲームをしている

ゲームははまってしまうと何時間でも楽しめますね。ネットとゲームの両方で1日を過ごすと回答した人もたくさんいました。

オンラインゲームで仲間を作るなど、本格的にゲームに講じているニートの人もたくさいいいるようです

30代女性 パド
今まではゲームをまったくしなかったのですが、時間ができたので流行っているアプリゲームを検索しPUBGモバイルの存在を知りました。今でははまってしまい、毎日4時間上はゲームをしています。
20代男性 れむ
基本PS4やSwitchなどのテレビゲームをしている。オンラインでしていることが多い。同じようなニートが多いのかメンバーは基本いつも一緒です。

勉強をしている

遊びで時間を費やしてしまう人が多い中で、資格取得などの勉強を行っている人もいます。ニートも長く続けられるとは限らず、状況が変わる可能性はあるでしょう。働かなければならなくなったときに資格を持っているのといないのとでは、かなり違いが出てきます

時間があるときに、できる限りのことをしておくのはとても大切です。興味がある分野の勉強をして、できれば資格を取っておくことはぜひおすすめしたいですね。

20代女性 TT
再び働くために、英語とパソコンの勉強を始めました。英語はとりあえず英検を受けてみようと独学で勉強しています。パソコンの勉強というのはWordとExcelの資格を取るための勉強です。Wordはすぐに取ることができたのですが、Excelがとても苦手でなかなか理解できません。なので、毎日練習をしたり、模擬試験を受けてみたりしています。資格を取れば少し自分に自信がついて、面接を受ける勇気が出るかもしれないので、とにかくできることからチャレンジしているところです。
30代男性 アップル
将来の就職のために資格取得の勉強をしています。その他、体力維持のためにジョギングや筋トレもしています。

趣味を楽しんでいる

家でできる趣味を楽しんでいる人もいました。趣味を持っていると暇を持て余すことなく、場合によってはそれで収入を得ることもできるでしょう。手先が器用な人は趣味を持って何か作るのも有意義な過ごし方ですね。

30代女性 あめちゃん
ハンドメイド 作品作り・作品の撮影・出品作業・作品の発送作業・材料の仕入れ作業・複数のポイントサイトでポイントを貯めるなどをしています。
30代女性 さちこ
仕事を辞めて無職になりました。今は、YouTubeやTVをみたり、20代の頃に着ていた服で、サイズが合わないけど気に入ってとっておいた服を今の自分に合うようにリメイクしています。また、クライドワークスでデータ入力をしたり、メルカリに出品などの在宅ワークをしています。

在宅ワークをしている

実はアンケートの回答では、在宅ワークをしているという答えもかなり多かったです。(「ニート」の定義から外れるため、今回はグラフから外しました。)

今はクラウドソーシングサービスも普及してきて、働き方も多様化しています。高いスキルがあれば、高い収入を得ることも可能でしょう

十分な収入を得られるようになれば、もうニートではなくなりますね。

40代 男性 Jacques
長い間のニート生活のため、ゲームに飽きネットもおもしろくなくなり、このまま何もせずに死んでいくだけの人生はつまらないと思い、在宅ワークを少しずつやりはじめた。
20代女性 ER
外に出るのが億劫だけど、お金は少しでも欲しいのでポイントサイトやクラウドワークスを使って小銭稼ぎをして過ごしています。

こんな暇つぶし方法もある!ニートにおすすめの過ごし方3選

続いて、「毎日暇で、やることがない…」というニートの人におすすめの過ごし方を紹介しましょう。暇な時間を有効に使うことで、将来にも役立てることができます。

トレーニングをする

ニートは基本的に家にいることが多いので、運動不足になりがちです。健康のためにも、1日のうちにトレーニングをする時間を作ることをおすすめします。

家で筋トレをするのもいいですが、できれば外に出てウォーキングやジョギングをしてみましょう。1日中家にこもっているよりも外の空気を吸うことで、気分がリフレッシュできます。

運動をすることは太り過ぎを予防するだけでなく、心の健康にもつながります。

資格試験などの勉強する

アンケートの回答にもありましたが、暇な時間を資格試験の勉強にあてることもおすすめです。資格を取得することで、将来の就職活動に役立てることができます

事務系の仕事をしたい人は、パソコンの勉強は必須になるでしょう。プログラミングの勉強をすれば、在宅で仕事をすることも可能です。

資格試験は幅広い分野があるので、自分が興味を持てるものはないか探してみましょう。難しくない試験からチャレンジして合格すれば、自信をつけることができます。

資格を取得することでそれを活かせる職種への就職が有利になり、仕事もやりやすくなるでしょう。

お金を稼ぐ

今は、家にいながらでもお金を稼げる手段が増えています。クラウドソーシングサービスに登録すれば、アンケートやライティングなど、簡単な仕事をして稼ぐことができます。ポイントサイトなどでも、お小遣い稼ぎができるでしょう。

クラウドソーシングサービスはいくつかありますが、おすすめは業務の案件が圧倒的に多いクラウドワークスです。初心者でも使いやすく、短時間でできる仕事もたくさんあります。

登録は無料なので、さっそく試してみませんか?

短期のアルバイトをするのもおすすめです。アルバイトをすることで社会との繋がりができ、友人を作ることもできます。働くことに慣れることで、いざ就職というときも早く仕事に馴染むことができるでしょう。

\今日働ける求人が探せる!バイト探しなら「プチジョブ」/

ニートを脱出したいと思っている人は87パーセント

アンケートではさらに、「ニートを脱出したいと思っているか」について聞いてみました。その結果は次のグラフの通りです。

「そう思う」「まあまあ思う」を合わせると、脱出したいと思っている人が87%にもなりました。多くの人がニートでいることを好まず、脱出したいと思っているようですね

ニートを脱出するにはどうしたらいいか、専門家からのアドバイスを次に紹介しましょう。

専門家がアドバイス!ニートを脱出して就職する3STEP

ニートの期間が長いほど、就職のハードルは高くなります。ただ漠然と求人情報を見ているだけでは、就職成功の可能性は低いでしょう。

就職できたとしても、長く続けられなければ意味がありません。自分に合う仕事を見つけるために効率の良い就職活動をする必要があります。

ここでは、専門家による効率的なニートの脱出方法を紹介しましょう。

キャリアコンサルタント 山本ゆきさん
ニートを脱出するには、次に紹介する3つの段階を踏まえるのがおすすめです。

自分の強みを知る

就職活動を成功させるには、自分の強みを知ることが大切です。自分の強みを活かせない仕事では、本来の能力を発揮できません。

自分の強みを知ることで自分は何ができ、それを活かして就職先の企業にどのように貢献できるのかを考えることができます

強みがわからないと自分に合う企業に応募することができず、運良く合格できても仕事にやりがいが感じられない可能性があります。

特にニートから就職する場合、自分の強みに合った仕事でないと働くのが大変になるでしょう。

自分の強みを知るには、転職サイトの「リクナビNEXT」に登録して利用できるグッドポイント診断」が役立ちます。これは、経営元のリクルートが、これまでの取引で蓄積してきたノウハウをフル活用しているコンテンツといえるもの。強みを知るには最適なツールになります。

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

価値観を元に適した職種を知る

自分に合う職種や合わない職種、価値観に合った仕事をツールで調べることもできます。自分に合う職種を知ることで効率的な仕事探しができ、ミスマッチで仕事が続けられないということを防ぐことができます。

おすすめは、転職サイト「ミイダス」に登録すると利用できる「コンピテンシー診断」や、無料でダウンロードできる「キャリア適性診断アプリview」です

コンピテンシー診断は、いくつかの質問に答えることで適性が高い職種と低い職種を予測してくれます。

ミイダスでは、プロフィールを登録するだけで自分の現在の市場価値を知ることもできます。さらにあなたのプロフィールを見た企業から書類選考通過済みのオファーが届くこともあり、面倒な履歴書などの用意の必要なくすぐに面接を受けることも可能です

まずは無料登録して、コンピテンシー診断を受けてみましょう!

ミイダスのコンピテンシー診断(旧キャリア適性チェック)でわかる自分の5つの強み!

viewは20代向けのアプリで、自分の価値観に合った職種をAIがマッチングさせ、ランキング形式で教えてくれる仕組みです。

価値観に合う職種を知ることで、仕事選びに役立てることができるでしょう。ただしviewはまだリリース直後なので、発展途上のイメージがあります。

また、Webページ上で「ハイクラス」と銘打たれているため、ニートの人にとっては敷居が高く感じるかもしれません。しかし、無料で自分の適職を知ることができるので、気軽に利用してみるのもいいと思います。

就職活動に慣れないニートの人は、プロのキャリアアドバイザーが担当してくれる転職エージェントを利用することをおすすめします。一般的な求人に応募しても、ニートであることが大きなハンディキャップになることが多いでしょう

転職エージェントではニートの就職に強い「DYM就職」の利用がおすすめですが、他にも「就職shop」や「ハタラクティブ」、「マイナビジョブ20’s」など、ニートの就職に実績ある転職エージェントもあります。

DYM就職に関しては、詳細な体験談も紹介しています。チェックしてみてください。

DYM就職はニートやフリーターの就職率96%!実際に使った私が登録から面接までの流れを解説

【番外編】結婚して専業主婦になる

ニートを脱出するには就職だけでなく、結婚して専業主婦になるという選択肢もあります。実際に、結婚してニートから脱出したという人もたくさんいます

「ニートだけど就職するつもりはない」という人は、エージェントなどを利用して婚活をしてみるのもひとつの方法です。

ニートが就職しやすい職種とは

ニートを長くしていると、就職のハードルが高く感じますね。少しでも成功率を高めるために、ニートが就職しやすい職種を知っておきましょう。専門家のおすすめを紹介します。

キャリアコンサルタント 山本ゆきさん
一般的に就職しやすい職種をターゲットにすることで、就職の成功率が高まります。ニートの人にもおすすめの企業を2つ取り上げてみました。

IT系ベンチャー企業

業種別で見ると、IT系ベンチャー企業が人手不足という傾向があります。IT系ベンチャー企業は将来性が高く、これから躍進が期待できる業種です。

業務拡大を狙って大々的に人材を募集している企業も多く、間口が広く検討してもらいやすい環境と言えるでしょう。ニートの人でもやる気やスキルをアピールすることで、就職できる可能性が高いと思います。

人員的な余剰がある大手企業

逆に人員的な余剰がある大手企業も狙い目です。研修体制が整っていて未経験の育成に力を入れている大手企業であれば、長く安心して働くためのスキルを身に付けることができます

大手企業というと、ニートでは難しいのではないかと考えるかもしれませんが、転職エージェントでは大手の求人も多く、ニートでもたくさんの人が就職している実績があります。

次の項目では、ニートに強いエージェントを紹介していきます。

ニートの就職については、以下の記事でもアンケートを中心に情報を提供しています。合わせて読んでみてくださいね。

ニートの就職は無理でできない?本気で就職したいニートに正社員就職成功の方法・おすすめサイト紹介

ニートにおすすめの転職エージェント

就職活動に慣れない人は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職のプロが担当につき、最初の面談から就職成功まで丁寧なサポートをしてくれます。

たくさんある転職エージェントの中で、ニートに特化している2社を紹介しましょう。

DYM就職

出典:DYM就職

DYM就職は、主に20代から30代前半のフリーター・ニートに強い転職エージェントです。

DYM就職の特徴

18歳から35歳まで登録可能です。第二新卒やフリーターの人に特化したエージェントで、正社員の経験がない人、学歴に自信のない人、前職を短期間で辞めてしまった人、20代・30代前半のニートの人なども、正社員としての就職を目指すことができます

登録すると業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが担当につき、親切で丁寧なサポートをしてくれます。 「寄り添う就活」がテーマなので、長年ニートをしていた人でも安心して就職活動に望むことができるでしょう。

キャリアアドバイザーについては口コミでも評判が良く、質が高いとされています。

DYM就職のおすすめポイント

DYM就職の他にない特徴は、書類選考なしで企業面接へと進めるというものです。通常、書類審査がある会社では、学歴や経歴ではじかれる可能性があります。 しかしDYM就職では書類選考をしないので、その心配はありません。

まず、キャリアアドバイザーが応募者と面談してヒアリングをし、その結果に基づいて企業とマッチングを行います。

その後アドバイザーが企業の採用担当者と掛け合い、企業側がマッチングを信頼することで「書類選考なし」で面接に進むことができるのです

面談場所が地方の主要都市7カ所にあるので、地方で就職したい人にもおすすめです。

DYM就職はニートやフリーターの就職率96%!実際に使った私が登録から面接までの流れを解説

JAIC

出典:JAIC

JAICは未経験からの正社員就職を支援しているエージェントです。

JAICの特徴

17歳から34歳のフリーター・ニートなどを対象にしていて、就職成功率は81.1%と高いのが特徴です。入社後の定着率も91.3%と高く、企業とのマッチングがよくできていることを表しています。未経験歓迎の求人が多いので、ニートの人でも安心して就職活動ができますね。

JAICは厚生労働省の「就職紹介優良事業者」にも認定されています。

JAICのおすすめポイント

5日間の無料研修があるのが、他のエージェントにはないおすすめポイントです。ニートの期間が長い、就職したことがないという人でも、研修を受けることで仕事のスキルや知識を学ぶことができるでしょう。

JAICは一般企業向けに研修プログラムを作っているだけに、質の高い研修が期待できます。 研修を受けることで、就職への不安もなくなりますね。

研修を修了することで、JAICが紹介する優良企業20社との書類選考なしの面接を受けることができます。 集団面接を行い、お互いが希望すれば本社での個別面接に進みます。

このシステムによる就職はミスマッチが少なく、入社後の定着率は93.4%と高い数字を残しています。

JAIC(ジェイック)はフリーター・既卒にぴったりの就職エージェント!最短二週間で内定がもらえる魅力を調査

ニートを脱出して、やりがいのある仕事を見つけよう!

ニートの人は、在宅ワークやネット、ゲームなどで暇つぶしをしています。アンケートでは、そのほとんどの人がニートであることを満足せず、脱出したいと思っていました。

就職をするなら、ニートの期間はあまり長くない方がいいでしょう。できるだけ早めに行動することをおすすめします。自己分析ツールや転職エージェントなどを利用して、やりがいのある仕事を見つけてください!