20代から結婚相談所は早い?有効的な結婚相談所の利用方法とは?

幼い頃は、20代になったら自然に結婚して家庭を持つのが当たり前のように感じていました。

しかし近年は、実際に20代に結婚する人は減少傾向だといいます。とはいえ、結婚したくないわけではなく、結婚へのきっかけがないために悩んでいる方も少なくありません。20代のうちに結婚したいと強い結婚願望を持っている人もたくさんいるのです。

結婚へのプロである結婚相談所。なるべく早く結婚を叶えたい方や、20代のうちから結婚相談所を利用することに抵抗がある方にもおすすめしたいサービスがたくさん。気になる結婚相談所のあれこれを知って、より理想的な結婚を叶えるヒントにしてみませんか?

20代のうちに結婚したい!

でも、20代のうちから結婚相談所を使うのって実際どうなの?と不安を感じている方は少なくないはず。今回は、20代で結婚相談所を利用するメリットやデメリット、20代におすすめの結婚相談所の料金・サービス比較など気になるあれこれを徹底調査します。

この記事のライター:Ishikawa Megumi

結婚相談所ってどんなサービス?

結婚相談所は【婚活をサポートしてほしいと考えている人】におすすめ

結婚相談所 婚活アプリ 友人の紹介 婚活パーティー 街コン
費用感 初期費用に加え月会費やお見合い費用などオプション費用が必要になるため、それなりの費用が必要。 アプリの登録自体は無料のものが多いため、費用を抑えて婚活が可能。 食事やレジャー費といった一般的な交際費。 パーティー参加費用が必要。多くの場合、女性は比較的低価格で参加が可能。 街コン参加費用が都度必要。多くの場合、女性は比較的低価格で参加が可能。
出会える数 自分の性格や価値観に合う相手を月に数人紹介してもらえる。その他自分から動くことで出会いの数を増やすことが可能。 相手のプロフィールを見て実際に会うところまで行く積極性があれば多くの異性と出会える。 そこまで多くの出会いは期待できないが、自分と相手の相性がマッチしやすいため質のいい出会いが期待できる。 結婚を目的に集まるので、とにかくたくさんの異性と出会いたい方におすすめ。結婚相談所主催のパーティーならより出会いの成功率も上がる。 出会いを求める異性が集まるため交際につながりやすい。
サポート面 出会いから成婚まで、時に成婚後のサポートまで期待できる。サポート内容の詳細は結婚相談所ごとに違うので要確認。 基本的に自らの行動力が必要なので、サポート面に多くは期待できない。 友人なので、相談や交際への高いサポートが期待できる。 出会いのチャンスを作るためのサポートは期待できるが。そのあとは自らの積極性が必要。 出会いのチャンスを作るためのサポートは期待できるが。そのあとは自らの積極性が必要。
結婚までの期間 人による。早ければ数ヶ月で成婚する人も。多くは1年ほどの期間を要する。 気が合う人と出会えれば比較的早く成婚可能。 人による。早ければ数ヶ月で成婚する人も。多くは1年ほどの期間を要する。 人による。早ければ数ヶ月で成婚する人も。多くは1年ほどの期間を要する。 人による。早ければ数ヶ月で成婚する人も。多くは1年ほどの期間を要する。
結婚への本気度 結婚を目的に入会しているので本気度は高い。 交際に発展しやすいが結婚への本気度を考えるとやや低さが見える。 相手は交際相手を求めているだけで結婚を視野に入れていない場合もあるので、紹介を受ける際にはしっかり確認するのが◎。 結婚を目的に参加しているので本気度は高いが、交際相手を求めているだけの人も比較的多い。本気度の高い相手を見つけるなら結婚相談所主催のパーティーがおすすめ。 結婚を目的に参加しているので本気度は高いが、交際相手を求めているだけの人も比較的多い。

結婚相談所のタイプは2種類

◆データマッチング型

自分のプロフィールと相手のプロフィールをすり合わせて、相性がいいと判断した2人の出会いを提案する方法。

価値観や考え方、金銭感覚など細かくマッチングすることも可能なのでより効率的な出会いが期待できます。

◆仲介紹介型

データマッチングに加え、アドバイザーなど結婚相談所の専任スタッフが出会いを仲介し提案する方法。

データだけでは判断しきれない部分も視野に入れつつ相性の良し悪しを考え紹介してくれるので、高い成婚率が期待できます。

◆データマッチングと仲介紹介型どっちがいいの?

データマッチング型 仲介紹介型
メリット ・アプリを利用すれば時間や場所を問わずに相手のプロフィールを見ることができる。

・自分に合いそうな相手を効率的に探すことができる。

・相手との相性を客観的に見ることができる。

・積極的に婚活する自信がなくても、出会いを提供してもらえる。

・データマッチングに加え、人間性を見た上で相性の良さそうな相手を紹介してもらうことができる

デメリット ・データを見ているだけでは直接的な出会いにつながらない。

・嘘のデータが記載されている可能性も。

・婚活が受動的になる。

・自分の好みではない相手が紹介されてしまうこともある。

データマッチングの場合は自分が相手のプロフィールを見ながら婚活することができるので、自分主導でマイペースに相手を探すことが可能です。自分主導での婚活が難しい方は、仲介紹介型を活用することで常に一定の出会いの数をキープすることができます。

どちらも出会いの方法としておすすめなので、自分の性格や婚活へのモチベーションに合わせて臨機応変に使い分けていくのがいいでしょう。

20代から結婚相談所に入るのは早い?

大手8社結婚相談所の年齢層

ツヴァイ
ノッツェ 非公開
楽天オーネット
パートナーエージェント
IBJメンバーズ 男性は約66%、女性は約90%が20~30代
ゼクシィ縁結びエージェント
エン婚活
サンマリエ 非公開

◆20代前半の入会数はどこも少ない

結婚相談所の大手8社で会員の年齢層を比較し見てみると、全体的に20代の会員数は少なめ

特に20代前半の男性は少ない傾向です。まだ結婚に焦っておらず、仕事や遊びを十分に楽しみたい、打ち込みたいといった考えが強いためと考えられます。

◆20代後半は入会している人が多い

25歳を超えたあたりから、主に女性は結婚をリアルに考え始めるため結婚相談所への入会数が増加してきます。

とはいえ、全体の年齢層から見るとまだまだ少ないといえます。結婚相談所のメインユーザーは30〜40歳の男女であるため、年上の男性を狙って入会する20代女性も多いという噂も。

20代女性の未婚率は?

画像引用元:内閣府公式HP

20代女性の未婚率は時代とともに増加傾向にあります。

1990年代には20代前半女性の未婚率が80%を超え、以降その数は上昇を続けています。2015年には90%を超え、20代前半で結婚する女性はほぼいないという状態に。20代後半女性の場合も、2000年には未婚率が50%を超えています。2010年に60%を超え増加し続けている様子。

自由恋愛による結婚や、学歴の上昇、仕事での活躍の場の広がりが増えたことで、女性の結婚への意識は30歳前後がボーダーラインになりつつあるようです。

◆20代前半の結婚相談所入会は少し早め

近年の女性の結婚と年齢の関係性から考えると、20代前半の結婚相談所の入会は少し早い印象があります。

結婚を目標にしなくても様々な出会いがあったり、キャリアを積む楽しさなどやりがいはたくさん。人生に対する結婚の比重がまだ多くないので、婚活に焦る人は少ないといえるでしょう。

◆20代後半の結婚相談所入会は妥当

20代後半を迎えると、結婚をリアルに考える女性が増加。年齢的なものだけでなく、出産・子育てに対する肉体的なリミットも大きな原因といえます。

また、結婚相談所に入ったからといってすぐに結婚できるわけではありません。30歳になる前に結婚したいという思いを持ち始める女性が増え始めるため、20代後半の入会も比例するように増えるといいます。

20代前半で結婚相談所に入るべき?メリット・デメリット

メリット : 若いというだけで圧倒的にモテる

20代前半の女性会員は全体的に見て少なく、結婚相手に自分より若い女性を希望している男性にとって非常に魅力的に映ります。そのため、年齢が若いというだけでたくさんのアプローチが得られるでしょう。

異性からのアプローチを多数受けることで、自分に女性としての自信もついてより魅力的になりさらにモテるというプラスの循環が起こり得る可能性も。

メリット : 相手を選ぶ立場になれる

これまでモテと無縁だったのなら、いきなりの圧倒的モテに戸惑うかもしれません。

今までは自分が選ばれる立場で不安だったかもしれませんが、20代前半で結婚相談所に入会すれば自分が相手を選ぶ立場になることもできるでしょう。

メリット : 気持ちに余裕を持って婚活を進めることができる

圧倒的にモテやすい20代前半は、モテるが故に相手をうまく選んでいく必要があります。そうすると気持ちに余裕が出てきて、婚活を優位に進めることも可能です。

メリット : 結婚に対して本気の人と出会える

結婚相談所は結婚したい人達が集まる場所。ここでの出会いは結婚を前提にしているといって過言ではありません。

20代前半で結婚したいと考えるなら、結婚に対して本気の人が集まる場所に行くことでスムーズに成婚へ結びつけることができます。

メリット : 落ち着いた大人の異性が多いので年上好きには最適

結婚相談所のメインとなっている年齢層は男女ともに30〜40代。20代前半の女性にとっては、落ち着いた大人の男性が多い場所なので年上男性と結婚したいと考える方にとっては最適な場所といえるでしょう。

メリット : 若い分成婚率も高い

アプローチが多く、自分自身も余裕を持って婚活できるため成婚率が高い20代前半女性。

確実な結婚を目指すなら、結婚相談所を利用するのが近道といえそうです。

メリット : 20代向けの割引プランが多数

20代向け割引プラン比較
ツヴァイ 初期費用最大65%OFF
楽天オーネット 【20代女性向けプラン】入会金30,000円+活動初期費用20,000円、月会費10,300円
ノッツェ 【さっとさっとコース】入会金30,000円+活動初期費用23,250円、月会費3,000円、情報提供料48,000円
パートナーエージェント 【Uバリュー】登録料30,000円+成婚料50,000円、初期費用20,000円

U29/U24、またコースやエリアにより月会費が8,000〜14,000円となる

サンマリエ 【ヤングプラン】通常料金からデータ登録費用(80,000〜90,000円税抜)を割引した金額で入会可能
IBJメンバーズ 【U29プラン】登録料30,000円+活動サポート日120,000円、月会費15,500円、お見合い料無料

会員数の少ない20代を増やしたい結婚相談所は多く、20代向けにお得な料金プランを用意しているところは少なくありません。

20代の男女にとっても、収入がまだまだ不安定ななかお得に婚活ができるのはお互いにWin-Winといえるでしょう。

デメリット : 本格的な婚活が始まるので”やっぱりもう少し遊びたい”と思っても引き返せない

結婚を目標としている結婚相談所に入会することで、遊びのお付き合いがしにくくなってしまうのはデメリットの1つといえます。

まだまだ新しい出会いの可能性がある20代前半なので、結婚に急ぎすぎることで、あったかもしれないチャンスを自ら絶ってしまいかねません。

デメリット : お金をかけなくても出会いがある年代なことも事実

20代前半は遊びや仕事など、結婚相談所に頼らなくてもたくさんの出会いのチャンスがある年代でもあります。

結婚相談所への入会はある程度の出費が必要不可欠。本当にお金をかけるべきかをしっかり考える必要があります。

デメリット : 結婚への本気度が薄いなら時間と出費の無駄

結婚相談所へ入会すると、初期費用の他月会費やパーティー参加費など年間を通せば大きな金額が必要になります。

本気で結婚したいなら必要な出費になりますが、そうではないなら時間とお金の無駄になりかねません。なんのために結婚相談所に入会したいのかしっかり考えた上で入会を決めましょう。ただ異性と出会いたいだけなら別な方法はたくさんあります。

デメリット : 同年代の男性は少ない

男女ともに20代の会員は少なめな傾向がある結婚相談所。

特に男性は仕事が落ち着いてから婚活を真剣に考える人が多いので年齢層的には30代前半からが多くなります。そのため、同年代の男性との結婚を考える20代前半女性にとっては決して出会いのチャンスが多いとはいえません。

20代の会員が多い結婚相談所に入会したり、同年代が集まりやすい婚活イベントに参加するなどして、自分の理想の相手と出会うためのリサーチは必要不可欠です。

20代後半で結婚相談所に入るべき?メリット・デメリット

メリット : プランナーがついてくれるので仕事と婚活の両立がしやすい

結婚相談所では、多くは専任のプランナーとともに無理なく婚活を進めていきます。

自分の仕事と婚活のバランスがうまく両立できるように結婚へ向けてのサポートをしてくれるため、多忙な方や婚活のペースに不安がある方でも安心です。

メリット : まだまだ割引の対象内なのでコスパがいい

20代を対象に割引設定を設けている結婚相談所は少なくありません。

20代後半でも割引の対象内であることが多いので、お得に婚活を進めることができます。

メリット : 結婚適齢期なので需要がある

25〜30歳は女性にとって結婚適齢期。婚活する中でもっとも需要のある年代であるといっても過言ではないので、自信を持って相手選びをすることができます。

さらに30歳までに結婚したいという強い思いを持っている方も多いため成婚率も高まるんだそう。

◆30代になると結婚できる可能性がガクッと下がる

晩婚化が進んでいるといわれる現代、結婚する女性の平均年齢は29.4歳といわれています。

男性だけでなく女性自身も30歳は結婚に対する大きな壁と意識している方も多く、実際30代を超えると結婚する可能性が急に下がってしまうそうです。

デメリット : 同年代の男性は少ない

結婚相談所へ入会する男性は仕事が落ち着きはじめる30〜40代が多く、20代の男性会員はあまり見られません。

年上男性が好みの場合は問題ありませんが、同年代の男性との結婚を希望する場合は結婚相談所の年齢層や、同年代が多く集まるコミュニティをしっかり調べる必要がありそうです。

デメリット : 恋愛結婚のようなドキドキ感は少ない

20代は結婚相談所に頼らなくてもまだまだたくさんの恋愛が期待できる年代です。

結婚相談所に入会すると結婚への可能性が高まりますが、それに向けて業務的な取り組みが増えてしまいがち。安定感が得られる代わりに恋愛結婚のようなドキドキ感や刺激はあまりないかもしれません。

20代から結婚相談所に入った人の体験談

Iさん/23歳
「同年代の男には全く興味なくて、結婚するなら絶対自分より10歳以上上の人!と決めていました。職場は女性ばかりでいい出会いが期待できなかったので、思い切って結婚相談所に入会。真面目な方が多くて、いい出会いがたくさんありました。まあ、中には怪しいおじさんもいますが、そういう人はちゃんとNG出していけばちゃんとした相手に出会えるし、普通に生活するよりよっぽど効率的に出会えます。今は40代バツイチの方とおつきあい中。もちろん結婚も視野に入れてます。」
Yさん/24歳
「声かけられるのがマジでキモいおっさんばっかり。私はもう少し同年代に近い人の方がいいんですが…。結婚相談所ってこんなもんなんですかね。夢見すぎ?」
Hさん/27歳
「私はこれまで男性とおつきあいしたことがなくて。親も心配して半ば強引に入会させられたんですが、今となっては入会してよかったなと思っています。たまたま参加したパーティーで出会った男性とびっくりするくらい意気投合して、あれよあれよというまにおつきあいがスタート。半年ほど経つんですが、そろそろ結婚に向けて具体的に動き出そうかと彼と相談中です。結婚相談所ってもっとお堅いイメージがあったんですが、想像していたよりずっとアットホームで安心感もありました。入会していなかったら今だに男性とお付き合いすることなく30代に突入していたかもしれません。」

20代前半におすすめの結婚相談所のポイント

割引制度のある結婚相談所

20代向けに結婚相談所では、お得な料金プランを用意しているところが少なくありません。20代からの婚活を考えるなら、そういった割引制度を利用しない手はありません。

割引制度といっても結婚相談所によりさまざま。自分に合うプランを見つけてお得に婚活するのが賢い手です。

まずはデータマッチングから試してみる

婚活というと重いイメージが持たれがちですが、気軽なデータマッチングから試してみることで婚活への取り組みへの意識が変わってくるでしょう。

スマホやPCで時間問わず行えたり、中にはゲーム感覚でマッチングできるものもあるので20代前半の婚活にマッチしやすいでしょう。

サポートに魅力のある相談所を選ぶ

若さゆえに婚活にいまいち具体的なイメージが持てない人が多いのも事実。実際にどんなことをすればいいのかわからなかったりおつきあいまでのステップに自信がないときでも、専任スタッフが結婚へ向けて丁寧なサポートをしてくれます。

コースや料金によってサポート内容が変わったりするので、自分にマッチするサポート内容となっているか下調べをすることでスムーズな婚活を行うことができます。

できる限り年齢層に乖離のない相談所を選ぶ

結婚相談所の多くは20代の会員が少なめとなっていますが、中には20〜30代をメイン会員とした年齢層が比較的若い結婚相談所も増えてきています。

同年代の相手との結婚を考えるなら、自分の年齢層に乖離のない結婚相談所を選ぶことも大切です。

20代後半におすすめの結婚相談所のポイント

割引制度のある結婚相談所

20代前半だけでなく、後半も割引の対象内になっていることが多いので、上手に割引制度を使うことでコスパよく婚活を行うことができます。

浮いたお金は美容やファッションに充てることも可能なので、よりスムーズな結婚を目指すなら割引制度があるかどうかもしっかりチェックしておくのがベター。

仲介紹介型の結婚相談所を選ぶ

20代前半なら何もしなくてもモテていたかもしれませんが、後半になるとそうとはいえなくなってくる可能性も。自ら積極的に婚活できる自信がない場合は、しっかり仲介し安心できる相手を紹介してくれる結婚相談所を選ぶと婚活もスムーズです。

サポートに魅力のある相談所を選ぶ

異性とのおつきあい経験が少なかったり、婚活の方法がわからずとまどう人もまだまだ多いといえる20代後半。手厚いサポートが期待できる結婚相談所を選ぶことで、自分1人だけではできなかったような婚活での出会いの可能性を広げられます。

1年以内の結婚を目指している結婚相談所を選ぶ

30歳までに結婚したいと焦りを感じ始める20代後半。そのため、婚活にもスピーディーさが必要になってくることも。

そんなときは1年以内の結婚を目指している結婚相談所を選ぶのがおすすめです。

相手もスピーディーな成婚を希望しているので、お互いのニーズがマッチしスムーズな婚活を可能にしてくれます。

20代前半のうちに結婚するために知っておきたい「結婚相談所活用」のコツ

実際に相手と会うことを積極的に行う

データマッチングも効率的な出会いを生み出しますが、データだけでは見極められないのが人間です。頭でっかちにならないように、実際に相手との出会いの中で判断することを忘れずに。

1対1のお見合いが恥ずかしい場合は、グループで賑やかに過ごせるパーティーやイベントを活用するのもおすすめです。

相手と会う会わないの基準を明確に持っておくこと

データやプロフィール写真を見て、良くも悪くも第六感が働くこともあるでしょう。

そういった自分の直感を大切にしたり、自分の中で相手と会うための基準をしっかり持っておくと無駄な出会いを防ぐことができます。アプローチを受けたからといって、浮かれてほいほい会っているだけではあっという間に30代を迎えてしまう可能性も。

視野を狭めすぎないこと

相手に対する視野が狭すぎると、せっかくの出会いのチャンスも棒に振ってしまいます。

特に高すぎる理想を相手に押し付けるのはNG。まずは相手のいいところを見つけられるよう広い視野を持って接することが大切です。

20代後半のうちに結婚するために知っておきたい「結婚相談所活用」のコツ

恥ずかしがらずに、担当者に相談をする

結婚できないことに焦ったりそれを恥ずかしがったりすると、余計なプライドが生まれてしまうことも。30歳までに結婚したいなら、余計なプライドは無用と心得ましょう。そのプライドの高さが婚活を邪魔している可能性もあります。

まずは、結婚相談所の担当者に十分に相談しましょう。担当者もあなたのことが理解できればよりマッチした相手を紹介することができます。

相手に求める条件に、優先順位をつけておく

相性がいいだけでは結婚できないのも事実。

結婚をより現実的に形にするためには、相手に求めるものに優先順位をつけておくのも1つの方法です。価値観、仕事や収入、初婚かどうかなど、あなたが譲れないポイントを1つでも意識しておくとより効率的な婚活ができるはず。

視野を狭めすぎないこと

20代前半の時と同様に、狭すぎる視野は婚期を遅らせます。

特に20代後半にもなると自身のキャリアやさまざまな経験値から相手を必要以上に値踏みしがち。相手に求めるだけでなく、相手から求められる自分になることも意識すると結婚が近づくことでしょう。

結婚相談所に関するよくある質問

成婚率ってなに?

成婚率は会社ごとに計算方法がことなり、主に

  • 会員のうちどれくらいの人が成婚したか
  • 退会者のうち、どれくらいが成婚して退会したか

…といった内容のいずれかで計算されています。前者の場合は平均20〜25%、後者の場合は50〜60%として記載されていることが多く、成婚率が高いだけでは信用にかけるので数字だけで惑わされないよう気をつけることも必要です。

みんな結婚に本気の人が集まっているの?

結婚相談所に入会するためには、

  • 独身証明書
  • 学歴証明書
  • 収入証明書(主に男性の提出)

…など、さまざまな公的証明書の提出が必要になります。そのため既婚者がいたり、学歴や収入を偽ることはできないだけでなく、相応の手間が必要になるため遊び半分で結婚相談所に入会する人は基本的にいないといえます。

また、入会時には決して安くない費用が必要であることも少なくないので、結婚に対して本気でなければ入会できないでしょう。

入会のために必要な書類や費用は結婚相談所によって異なるので、入会時にしっかりチェックしておくことが大切です。

料金の相場を教えてください

料金は結婚相談所ごと、同じ結婚相談所内でもコースによって異なることが多いため一概にはいえません。おおまかな相場としては、

  • 入会金 3〜5万円
  • 初期費用 9〜11万円
  • 月会費 1〜2万円
  • お見合い費用 1〜1.5万円
  • 成婚料 5〜20万円

となっています。あくまでも平均値による相場なので、詳しくは入会を希望している結婚相談所の料金案内をチェックするようにしましょう。

サポートがあるかないかはどうやったらわかる?

公式HPや資料請求をして、成婚までの流れをチェックすることである程度わかります。

  • 初回カウンセリング
  • お見合いのセッティングや立会い
  • 定期カウンセリング
  • アドバイザーによる相手の紹介の有無

上記は結婚相談所のサポート内容を見極めるポイントになりやすい点です。

自分から積極的に動けなくても出会いのサポートを進めてくれるのか、あるいは自らが動かなければほとんどノータッチなのか、料金やコースによってサポートの内容が変わってくるのかしっかり確認することはスムーズな婚活を叶えるために十分に確認しておきたい点です。

【お得な料金プランがある】20代におすすめの結婚相談所

1位 : ツヴァイ

画像引用元:ツヴァイ公式HP

総合評価

色々な出会い方を試してみたい人におすすめ

料金(入会費)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度  
  • 独身証明書
  • 収入証明書
  • 卒業証明書 が必要となります。
成婚率 具体的な数字は出ていない。ただ1日あたり14人、年間5,427人が成婚退会している。
出会える数 最大96人/年
サポート面

◆お得な割引プランを使用する際のポイント

ツヴァイには、

  • 【20代割】初期費用最大65%OFF
  • 【のりかえ割】最大32,400円割引

…の割引プランがあります。20代かつ他社結婚相談所から移ることを検討している方はかなりお得に入会することが可能となっています。

2位 : サンマリエ

画像引用元:サンマリエ公式HP

総合評価 1年以内に結婚したい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数 開示されていない
会員の年齢層 開示されていない
結婚への本気度 独身証明書など全4種の証明書の提出が必須
成婚率 開示していない
出会える数 1~31人以上/月(プランによる)
サポート面

◆お得な割引プランを使用する際のポイント

サンマリエでは20代やシニアに向けたお得なプランが用意されています。

コースによって相手との出会いの数に大きく差が出てくるので、上位プランに目を向けることも大切になってきます。

3位 : パートナーエージェント

総合評価  無駄なく計画的に婚活を進めたい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度
  • 独身証明書
  • 卒業証明書
  • 年収証明書 などが必要
成婚率
出会える数 平均月2名
サポート面

お得な割引プランを使用する際のポイント

決して安いとはいえない料金設定だが【コンシェルジュライトコース】を選ぶことで初期費用を抑えることも可能。

4位 : 楽天オーネット

総合評価 多くの出会いを求める活動的な人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度 独身証明書など全4種の証明書の提出が必須
成婚率 開示していない(2019年1月時点での成婚退会者数は5,880人)
出会える数 6~22人以上/月(コース・利用オプションによる)
サポート面

◆お得な割引プランを使用する際のポイント

20代女性におすすめな【20代女子向けプラン】を活用することで通常の入会費用より50000円以上抑えることができる。

そのほか子育てママを対象にした割引プランだあるなど女性に嬉しい割引が多い。

5位 : ノッツェ

画像引用元:ノッツェ公式HP

総合評価 自分主体で精力的に婚活を進めたい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数 開示されていない
会員の年齢層 開示されていない
結婚への本気度
  • 年収証明書
  • 独身証明書
  • 卒業証明書 などが必要
成婚率 開示されていない
出会える数 最大120名/月
サポート面

お得な割引プランを使用する際のポイント

20代限定プランを確認の上活用するほか、婚活をスムーズに進めるためのセミナーなどの参加を視野に入れることでよりコスパのいい婚活が期待できます。ぜひ積極的な参加を検討してみましょう。

【サポートが強み】20代におすすめの結婚相談所

「パートナーエージェント」

総合評価  無駄なく計画的に婚活を進めたい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度
  • 独身証明書
  • 卒業証明書
  • 年収証明書 などが必要
成婚率
出会える数 平均月2名
サポート面

婚活の段階ごとに綿密に計算されたサポート体制が整っているのがおすすめポイントです。段階別に分けて7人のスペシャリストが婚活をサポートし、高い成婚率を挙げていたり、3ヶ月以内に出会いがなければ返金保証があるのも特徴的といえます。

「クラブマリッジ」

総合評価   しっかりとしたサポートのもとで婚活を進めたい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度 独身証明書をはじめとする5種類の書類の提出が必須
成婚率
出会える数 最大50名/月 の申し込みと最大3名/月 の個別紹介が可能。申し受けは無制限。
サポート面

婚活をプロデュースするという考えのもと、各分野専門のプロデューサーが成婚に向けて会員1人1人をサポートしてくれる安心感がおすすめポイントの結婚相談所です。

「WeBCon」

画像引用元:WeB Con公式HP

総合評価 サポート面の充実を求める人におすすめ
料金(入会金) なし
料金(初期費用) なし
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数 開示されていない
会員の年齢層 開示されていない
結婚への本気度  独身証明書をはじめとする全3~4種の証明書の提出が必須
成婚率 開示されていない
出会える数 1~3人以上/年(コースによる)
サポート面

女性の場合【プリンセスコース】の1種類のみでサービス料は基本無料なのが特徴的。実際に必要な経費はお見合い費10,800円と成婚料216,000円となるので、費用を抑えて婚活したい方におすすめです。もちろん充実のサポートが期待できます。

【データマッチング型】20代前半におすすめの結婚相談所

「エン婚活エージェント」

総合評価 婚活初心者のお試し入会におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)  

料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層

 

結婚への本気度 独身証明書のほか全4種の証明書の提出が必須
成婚率 開示されていない
出会える数 6名以上/月
サポート面

他の結婚相談所と比べてリーズナブルに利用できるのが特徴的といえます。会員数が少なめのため、出会いの幅を求める方には物足りないかもしれませんが、婚活初心者のお試し入会にはうってつけでしょう。

「楽天オーネット」

総合評価 多くの出会いを求める活動的な人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度 独身証明書など全4種の証明書の提出が必須
成婚率 開示していない(2019年1月時点での成婚退会者数は5,880人)
出会える数 6~22人以上/月(コース・利用オプションによる)
サポート面

規模の大きい結婚相談所なので、会員数が多く出会いの可能性が広いのがおすすめポイントです。

「結婚情報サービスエンジェル」

総合評価 【相手をしっかりと見極めたい人におすすめ】
料金(入会金)
料金(初回費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数 開示されていない
会員の年齢層
結婚への本気度 公的身分証明書が必須
成婚率 開示されていない
出会える数 月4名紹介+ご自身で検索
サポート面

比較的リーズナブルに相手探しができるのは嬉しいポイント。独自の性格分析サービス「AIPC診断」で自分の性格を知るだけでなく相手とのマッチングにも活用することができます。

【年齢層が比較的若い】20代前半におすすめの結婚相談所

「ツヴァイ」

画像引用元:ツヴァイ公式HP

総合評価

色々な出会い方を試してみたい人におすすめ

料金(入会費)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度  
  • 独身証明書
  • 収入証明書
  • 卒業証明書 が必要となります。
成婚率 具体的な数字は出ていない。ただ1日あたり14人、年間5,427人が成婚退会している。
出会える数 最大96人/年
サポート面

大手結婚相談所の安心感に加え、豊富な出会い方のバリエーションで出会いの可能性が広がるので婚活初心者でもスムーズに成婚へのステップを重ねることができます。

「結婚情報サービスエンジェル」

総合評価 【相手をしっかりと見極めたい人におすすめ】
料金(入会金)
料金(初回費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数 開示されていない
会員の年齢層
結婚への本気度 公的身分証明書が必須
成婚率 開示されていない
出会える数 月4名紹介+ご自身で検索
サポート面

結婚相談所の多くは30〜40代がメインとなっており20代の会員は少ないですが、結婚情報サービスエンジェルは20代会員が比較的多く同年代の結婚相手探しにもおすすめです。

「ゼクシィ縁結びエージェント」

総合評価  【婚活初心者におすすめ】
料金(入会金)
料金(初回費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度 独身証明書をはじめとした5つの証明書の提示が必須である。
成婚率 開示されていない
出会える数 最大16名/月
サポート面

シンプルかつ比較的リーズナブルな料金設定のため会員の年齢層が若く、結婚相談所の利用に不安を感じている方でもわかりやすく利用しやすいのがおすすめポイントです。

【仲介紹介型】20代後半におすすめの結婚相談所

「パートナーエージェント」

総合評価  無駄なく計画的に婚活を進めたい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度
  • 独身証明書
  • 卒業証明書
  • 年収証明書 などが必要
成婚率
出会える数 平均月2名
サポート面

段階ごとにそれぞれのプロが婚活をサポート。婚活に自信のない方でも自分にマッチした人の紹介をしてもらえるので婚活初心者やシャイな方にもおすすめです。

「クラブオーツー」

総合評価  完全サポートの元で婚活をしたい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数 データの開示なし
会員の年齢層 データの開示なし
結婚への本気度  独身証明書をはじめとする6つの書類の提出が必須。
成婚率 データの開示なし
出会える数 毎月1~2回の紹介あり
サポート面

入会から成婚まで手厚いサポートを希望する人におすすめな結婚相談所です。スマホやPCで行う検索システムがない分仲介による出会いの質が高いといえます。自ら積極的な婚活をしたい人には物足りなさがあるかもしれません。

「WeBCon」

画像引用元:WeB Con公式HP

総合評価 サポート面の充実を求める人におすすめ
料金(入会金) なし
料金(初期費用) なし
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数 開示されていない
会員の年齢層 開示されていない
結婚への本気度  独身証明書をはじめとする全3~4種の証明書の提出が必須
成婚率 開示されていない
出会える数 1~3人以上/年(コースによる)
サポート面

女性は基本的にサービス料が無料の上、結婚相談所のサポート力が高いのがおすすめです。

【1年以内の成婚実績がある】20代後半におすすめの結婚相談所

「サンマリエ」

画像引用元:サンマリエ公式HP

総合評価 1年以内に結婚したい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数 開示されていない
会員の年齢層 開示されていない
結婚への本気度 独身証明書など全4種の証明書の提出が必須
成婚率 開示していない
出会える数 1~31人以上/月(プランによる)
サポート面

1年以内に結婚したいという強い思いがある方におすすめの結婚相談所。

初期費用は相場よりかかりますが、出会える人数が多いので妥当な料金設定と言えます。

まとめ

結婚相談所の数は多く、自分には一体どんなところがいいのかわからなくなってしまう方は少なくありません。

自分の年齢や条件、サービス内容などにマッチした結婚相談所を選べば、婚活はよりスムーズなものとなります。今回は20代におすすめの結婚相談所をご紹介してきました。

素敵な結婚を叶えるために、あなたの結婚相談所選びのヒントになれば幸いです。