ニートの末路は悲惨!?ニートから即脱出できる5つの手順とは?

きっかけがないと脱却するのが難しい「ニート」。ですが、そのまま時間ばかり経過させてしまうと、とても恐ろしい最後が待っています。

こちらでは、ニートの方の末路をハッピーエンド、バットエンドそれぞれご紹介し、バッドエンドはどう回避すればいいのかについてのアドバイスもさせていただきます。

現在ニートでこのままじゃダメだと強く感じている方、漠然と不安な方、焦りはないけれど気になる方…みなさんぜひチェックしてみてください。

この記事に登場する専門家

100人のニートの方に「ニートになってしまったきっかけ」を聞きました。実際にニートの方の口コミも添えてご紹介します。

また、バッドエンドにならないためにもどうやってニートから転職活動をすればいいのかについても細かく解説していきます。

ニートの定義をおさらい

ニートは「15歳から34歳までの家事・通学・就業をしておらず、かつ職業訓練も受けていない」人を指します。

そのため、病気や怪我で働けなかったり、大学受験に失敗し、浪人していたり、公務員浪人をしている、留学前の準備・勉強をしている人もニートに入ります。

35歳以上で、かつ家で何もしていない人は「中高年の引きこもり」

ニートの定義は34歳までなので、それ以降の年齢の方は「引きこもり」と定義されています。

ニートになってしまうきっかけ で一番多いのは「仕事をしたいけれどできない理由がある」

ここからは、100人のニートのかたに「ニートになってしまったきっかけ」をお伺いしました。

一番多く寄せられたのが「仕事をしたいけれどできない理由がある」というものでした。以下から口コミとともに具体的な理由についても解説していきます。

仕事をしたいけどできない

一番多かった「仕事をしたいけれどできない」という声では、「職場の契約を切られてしまい、そのままニートへ」や「病気になってしまい、そこから仕事に就くタイミングがわからなくなった」というものが寄せられました。

何か大きなきっかけがあり、そこからニートになってしまったという方が多いようです。

職場の契約が切られてニート状態です。ブラックが入っていた職場だったので、次の職場は失敗したくないので慎重に職探しをしています。また、家の用事が長期に渡って入っていてそれが解消されないと動けないので仕方なく現状維持しています。
数年前に大きな病気をして、入退院を繰り返し迷惑をかけてしまうからと仕事を退職して治療に専念しているうちに仕事に就くタイミングがわからなくなった。また再発したらどうしようとか体力面の不安がまだあるのでなかなか就活ができない。

就職活動に失敗してしまった

次に多かったのが「就職活動がうまくいかなかった」という声でした。

そのままやる気がなくなってしまいいつの間にかニートになってしまったという方や、面接が苦手で引きこもってしまいそのままニートになってしまった、という方がいました。

高校時代の就職活動に失敗したため、そのまま進路が決定しないまま卒業して、やる気がなくなったのと、その時期は遊ぶのが楽しかったので、友達が仕事終わるのを待ち遊ぶという生活が続きそのまま二年も仕事をしないニート生活になってしまいました。

元々、進学がしたかったのですが、経済的理由で就職するしかなく、ですが就活がうまくいかず元々人と関わることが苦手で当時は恐怖すら感じていて上手く話せないため、そこから成り行きで自分の殻に閉じこもり、ニートになりひきこもりました。

働きたくない

人間関係や職場の環境が悪く、そこから仕事に対しての印象が悪くなってしまいニートになった、という方も多いようです。

また、仕事と子育ての両立が難しいため働きたくないと感じる方の声も寄せられました。

専門学校に通っていた頃から、就職先が決まりかけていたのに、それを辞めてボランティア活動などをしていた。何度もバイトや準社員になるなどしてはいるが、人間関係や会社の考え方が合わない、縛られる働き方が嫌で辞めてしまう。
子供を出産後、フルタイムの仕事に復帰しましたが、仕事と子育てを両立できずパンク状態になってしまって、もう働きたくないと思うほどになってしまいました。時短の制度などが使えなかったことが一番の理由になりました。

経済力があり、生活の心配がない

中には経済力があるので働く必要がないという声も!女性の方の場合は専業主婦だから、男性の場合ですと株の配当金で生活をしている、という稀有な例も寄せられました。

株式等の金融資産が5000万円以上あるので、配当金や分配金で生活を賄うことが可能になったからです。労働をしなくても生活に困ることが無いのでわざわざ労働してまで金銭を頂かなくても良くなりました。ゆとりある生活を送れています。
当時彼氏と遠距離恋愛をしており、同棲するために上京しました。職探しをしていましたが、これといってやりたい仕事も見つからず、やっと見つかったと思っても不採用でした。そのとき彼氏が、無理に働かなくていいよと言ってくれたので、そのままニートになりました。

中学〜高校の頃から引きこもりのまま

学生時代から不登校だったり引きこもりでそこからずっとニートのままという方も、少数派ながらも存在していました。

中学卒業後に引きこもりになり、2年間ニートになりました。理由は人間関係に不安があったのと、両親が経済的に余裕がありニート焦らなくてもいいと言われていたからです。その後、高校、専門、アルバイトを経験しましたが、アルバイト先が閉店し、またニートになりました。経済的に余裕があるのとしばらく休みたいとの思いから現在再びニートです。
高校生の頃から人の目が凄く気になるようになりました。電車に乗るだけで汗が止まらない。外に出ようとすると動悸がするなど精神的にまいってしまいました。それからしばらく外に出れない日が続きそのままニートにと言う形になってしまいました。

ニートの末路<バットエンド編>

ここからは、そのままニートを続けていった場合どうなってしまうのかについて解説していきます。

以下はたくさんある中の一例となりますが、このまま自分がニートを続けると一番近いものはどれになるんだろう…と想像しながらチェックしてみてください。

親のお金を食いつぶしニート続行

両親のお金を頼りにそのままニートを続けることになります。ですが、両親もずっと生きているわけではありません。

それに年金生活になったら働いている時よりも貰えるお金の割合は減ることになりますし、何より働いていない自分の娘や息子がいるということは、両親の大きな負担になってしまいます

生活保護を受ける

生活保護を受けるという選択もありますが、心身が健常な場合、労働ができると見なされてもらえない恐れもあります。

ホームレス

もし生活保護を受けられない場合、家も頼る身内もなくなったら、ホームレスになってしまう恐れもあります。

仮に賃貸ではなく持ち家の場合でも、固定資産税の支払いが発生するため、支払えない場合は罰則が課せられてしまいます。

ニートの末路<ハッピーエンド編>

ここからは、ニートの方のハッピーエンドについてご紹介していきます。今から動き出せば、ニートから脱却して幸せを掴むこともできるかもしれません。

いますぐに行動したいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

就職に成功する

就職に成功し無事にニートから脱却した場合はハッピーエンドでしょう。自分でお金を稼ぐ術を手に入れれば、漠然とした不安に苛まれることもなくなります。

クラウドソーシングで稼ぐ

お金を稼ぐ手段は、何も外へ出ることだけではありません。在宅で、パソコン一つで仕事をすることができます。

クラウドソーシング系のサービスで一番おすすめなのはクラウドワークス。最大手なので安心です。未経験でもライターのお仕事をすることができます。

簡単なアンケートに答えるだけのお仕事もあるため、自宅でパソコンを使って仕事をしたいという方にはかなりおすすめです。

 

難関資格を取得

難関資格を取得して大逆転ということも。弁護士、公認会計士、司法書士はかなり難関資格ですが、取得し就職ができたらかなりの成功と言えるでしょう。

趣味で成功する

スポーツ、創作的な趣味で成功した場合も、かなりのハッピーエンドと言えるでしょう。

何か一つを極め、世間的に成功を収めることができれば、ニートをしていた期間がむしろあなたの魅力の一つになるかもしれません。

宝くじや株で資産が増える

宝くじ・株などで資産が一気に増えた場合もハッピーエンドと言えるでしょう。宝くじは運の要素が強いですが、株では実際にそれを仕事にし、トレーダーとして働いている方もいるので、向き不向きを検討してみてもいいでしょう。

結婚

専業主婦(主夫)になるという選択も、お相手がいる場合にはおすすめです。

相手が働かないことに理解があるのなら、無理に働かなくても幸せな毎日を過ごすことができます

ニートから脱出する方法

以下では、転職コンサルタントの方に「ニートから脱却する方法」について解説していただきました。

一つ一つ手順を踏んで、細かく紹介していきます。

この見出しに登場する専門家

①自分の強みを知ることが大切

グッドポイント診断は、リクルートがこれまでの取引で蓄積してきたノウハウをフル活用しているコンテンツという印象で、強みを知る意味では非常に良い選択肢だと思います。

まずは自分の強みを知ることが大切です。自己分析は就職の際にかなり重要になってきて、自己PRを考えたり履歴書を書く際にかなり役に立ちます

無料ですぐに受けることができるため、ぜひチェックしてみてください。

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

②自分の市場価値を知る

出典:ミイダス

次に、ミイダスであなたの「市場価値」を知りましょう。質問に対する回答を押していくだけであなたの年収にどれくらいポテンシャルがあるのかを知ることができます。

実際に登録してわかったミイダスのメリット4つ!特徴や注意点を紹介

③ミイダスのコンピテンシー診断を受検する

出典:ミイダス

次に、ミイダスコンピテンシー診断を受検してみましょう。あなたの適職や適性環境を知ることができます。

仕事探しをする上でかなり重要な要素を知ることができるため、こちらを受けてからエージェントに登録しましょう。

 

ミイダスのコンピテンシー診断(旧キャリア適性チェック)でわかる自分の5つの強み!

④ミイダスのパーソナリティ診断を受検する

出典:ミイダス

最後に、ミイダスのパーソナリティ診断を受けてみましょう。自身の生まれ持った個性や現在のコンディションを知ることができるだけでなく、それに対してどういう対策を取ればいいのか、どういうマインドでいればいいのかまで知ることができます

就職活動をする前の自己分析の一つとしてチェックしてみましょう。

 

ミイダスのパーソナリティ診断でわかる3つのこと!実際にやってみた

⑤ニートを手厚く支援してくれる転職エージェントに登録

最後に、ニートの方向けで、さらにエージェントが手厚く向き合ってくれると好評の転職エージェント二つに登録しましょう。

エージェントは一つのみに絞るのではなく、複数登録しておくのがオススメなので、両方登録をしておくことをお勧めします。

30代ニートでも就職実例アリの「DYM就職」

出典:DYM就職

引きこもってしまっているニートの方に特にお勧めしたいのがDYM就職です。

100パーセント正社員の求人を取り扱っているため、正社員になりたいニートの方はぜひ利用するといいでしょう。

 

DYM就職はニートやフリーターの就職率96%!実際に使った私が登録から面接までの流れを解説

社会経験がないニートでも大丈夫な「JAIC」

出典:JAIC

社会経験のないニートの方におすすめなのがJAIC。研修をバッチリ受けることができるため、社会的なマナーをしっかり学ぶことができます。

さらに研修終了後、20社を書類選考免除で面接することができます最短二週間で内定をゲットすることができるため、早くニートから脱却したい方に特におすすめです。

 

JAIC(ジェイック)はフリーター・既卒にぴったりの就職エージェント!最短二週間で内定がもらえる魅力を調査

まずは正社員以外で、という方はこんな選択肢も

いきなり正社員からはレベルが高い…と尻込みしてしまう方のために!まずはアルバイト・在宅ワークなどでステップアップさせていくのがおすすめです。

以下から具体的におすすめなサービスや例についてご紹介します。

アルバイトから始める

まずは気軽なアルバイトから始めてみましょう。おすすめなのが「プチジョブ」です。空いた時間にやりたい仕事を見つけて応募するだけで、すぐに単発の仕事をすることができます。

長期的な人間関係を築くのが苦手な方や、一度だけバイトをしてみようかな…と感じている方におすすめです。

 

クラウドソーシングで在宅ワークを始める

また、パソコン一台さえあれば在宅ワークで稼ぐことも。クラウドソーシング系サイトで最大手の「クラウドワークス」では、気軽なアンケートから、未経験関係のライティングのお仕事をすることができます。

意外なことで報酬をもらえる案件もたくさんあるため、まずは登録してみてくださいね!

 

職業訓練校に通う

適職診断を参考にして、それに関連した職業訓練校に通うのも一つの手です。

資格を取得できる場合もあるため、ニート脱却の大きな助けになります。ビジネススキルなども一緒に教えてもらえるため、社会へ踏み出す確実な一歩になります。

悲惨な末路になりたくないのであれば、今すぐ行動すべき

ニートでいるなら、絶対にこのままでいることはお勧めできません。

自分の仕事や働き方の向き・不向きを知り、自分に合った仕事と職場環境を知った上で、ゴールを明確にして就職活動をするといいでしょう。