【必見】転職の相談は誰にすべき?友人・エージェントなど信頼できる相談先の見極め方&おすすめエージェント

転職したい!

しかし実際に転職するために動き出すと、「あれ?」「どうしよう?」と疑問や不安を感じてしまうことがたくさん。周囲にすぐ相談できる人がいれば安心ですが、こっそり転職活動をしている人は気軽に相談できる人がいなくて不安を大きくしてしまう可能性も…。

転職の悩み、一体誰に相談するのがベストなの?

今回はそんな疑問を解決するために、転職コンサルタントとして活躍している山本幸史さんを招いて転職の心強いサポーターとなるおすすめエージェントをご紹介します!

この記事に登場する専門家

悩みなく転職できる人は稀。

今回は、100人に転職の際の悩みについてアンケート!その回答を元に転職の悩みのリアルに迫ります。

さらに転職の悩みを解決するためにはどんな人に相談したらいいのか、転職の心強いサポーターとなるエージェントのメリットや活用のコツなど、転職をスムーズに進めるためのイロハをお伝えします。

100人にアンケート!転職活動の際に悩むことは?

今回この記事を作成するにあたり、転職活動の際にどんなことで悩んだのか100人にアンケートをとってみました。すると、上記円グラフのような回答が得られました。

実に半数以上の人が転職活動に不安を抱えながら取り組んでいたことがわかります。また、働きながら転職活動を同時進行していた人にとっては時間のなさが悩みのタネに。次点で転職活動で悩んだ時に、誰に相談していいのかわからずに抱え込んでしまうという声も多く挙げられました。

以下からは、最も多く寄せられた3つの回答について詳しく見ていきましょう。

精神的に不安

転職の悩みで最も多かったのが【精神的に不安】というもの。

希望を持って転職活動をスタートするものの、次々と立ちはだかる壁に不安を感じ始める人は少なくありません。特に長期にわたり転職活動を行なっている人は、本当に転職先が見つかるのか大きな不安を抱えやすいと言えるでしょう。

ゆうか 女 29歳
職場の人間関係が耐えれず転職しようと思い転職活動をしていたが、次の職場でも人間関係がうまくいかなかったらどうしようかと悩みました。

転職後の人間関係は、実際に転職してみなければわからないもの。HPやSNS、面接などでなんとなくの雰囲気はわかるかもしれませんが、確かなものではないので不安に感じやすいでしょう。

しかし、不安に思っているだけでは前には進めません。「ここで働きたい」と思えた自分の意志や直感を信じることも大切かもしれません。

星 女 30歳
当時勤務していた会社がブラック企業で、即辞めたかったが、「次の仕事が見つかるか?」、「またブラック企業に就職したら?」という不安が1番大きかったです。

人間関係同様、転職後の労働環境も不安要素の1つ。こちらも実際に働いてみなければわからないものですが、可能な限り情報を集めることは転職前からできるはずです。

転職希望の会社の情報をなるべくたくさん集め、信頼しうる情報を得られれば抱えている不安も軽くなるはずです。

さやか 女 33歳
仕事を早く決めなければならないプレッシャーと、中々決まらない現実とで、精神的に不安定になりました。

転職を決めてからスムーズに次の職場へ移れる人はわずか一握り。多くの人は、転職活動しつつもなかなか思うように活動できなかったり、採用されなかったりといった悩みを抱えています。

転職活動が長引けば長引くほど体力もお金も消耗してしまうため、転職へのモチベーションは下がりがち。余計に採用されにくくなることも少なくありません。長期にわたり転職活動をして採用されない不安を抱え続けているのなら、1度考え方ややり方をリセットするのもおすすめです。

親身に相談に乗ってくれるエージェントならこちら!

時間がない

転職活動に取り組む人には、今の職場に勤務しつつ同時進行で取り組んでいる人が少なくありません。

多忙な会社に勤務していると、転職活動にかける時間が作りにくかったり、面接に行く日時を調整できなかったりと不安と同時に不満も溜まりがちに。かといって今の職場を辞めてから転職活動をしようとすると、収入面に不安が出てくるためバランスが取りにくいという面も。

転職にかける時間を作ろうと無理をしてしまえば、さまざまな面で不調をきたす恐れもあります。

そら 女 30歳
仕事を続けたまま、転職活動をしていたので、情報を集めたり面接に行ったり、平日の時間を確保するのが大変でした。
はなまろ 女 32歳
働きながらの転職活動だったので、とにかく時間が無かったです。
面接の時間を合わせるのにも苦労しました。

転職活動中に多い時間の悩みは、平日の時間が取りにくいこと。転職希望先の面接に平日の日中が指定されてしまった場合は、今の仕事とどう調整するか頭を抱える人も少なくありません。

しかし、転職ということを考慮して平日の夜間や土日に面接を設定してくれたりという会社もあります。転職に理解のある会社を選ぶこともスムーズな転職には欠かせないといえるでしょう。

ワンちゃん大好き 女 38歳
なかなか休めない職場だったので、有給も使いにくく、先方の企業とのやりとりが、とても困難だった。

有給を使えば転職もしやすいはず…と当初は思っていても、蓋を開けてみれば思うようにいかなかったという声も多く挙げられました。

何度も有給を取ることで、周囲からの目線が痛い…という意見も。

スケージュール管理もバッチリなエージェントはこちら

誰に相談したらいいかわからない

悩みを解決するためには、誰かに話を聞いてもらったり相談するのがベスト。有益なアドバイスがもらえたり、自分にはない発想を得られることで未来に明るい道筋が見えるようになるものです。

しかし、転職活動に関してはなかなか同じような状況の人がいなかったり、職場の人に内緒で進めているという場合もあったりして相談しにくいという意見も。相談することはできても、守りに入るような意見が多かったりすると相談する意欲も失われてしまいます。

「身近な人の体験談を聞いても参考にならなかった」

ゆか 女 28歳
家族や恋人に相談しても、それぞれ経験してきた職業や年代がまるで違うので面接や試験などの話を聞いてもあまり参考にならなかった。

転職のことは転職経験者に聞くのが1番!

しかし、職業や年代といった状況が違えば転職への考え方や取り組み方も全く違ったものに。相談するなら、似た境遇の転職成功者を探すのがおすすめです。

「周りに相談できる人が少なかった」

よしぶー 男 41歳
転職をしようとしても、その当時の職場の人間に相談すると上司等に話が漏れる可能性があり、とにかく一人で情報収集をしていました。
一人でも身近に相談できる相手が居たらかなり楽だったと思います。

今の職場に秘密にしながら転職活動を行うと、うかつに同僚や先輩後輩に話をすることはできないですよね。

普段から相談しやすい相手が同じ職場にいると、なかなか相談できないことに悩むことになりそうです。

由紀 女 28歳
周囲に転職活動をしている(していた)人が少なく、大企業がからの転職だったため親には反対され相談できる人が少なかった。

もともと大企業に勤めている場合、両親からするとリスクを冒してまで転職知るべきなのかという心配から反対意見を言ってしまうことも。親心に感謝しつつも、いい大人ですから自分のことは自分で決めたい思いもあるでしょう。

普段から家族に相談することが多い人は、転職の際に思わぬ反対意見に頭を抱える可能性もあります。

 

転職に際しては様々な悩みがあることがわかりましたが、今回フォーカスするのは、「転職の相談」。誰に相談したらいいかわからない、とお悩みの方はもちろん、「精神的に不安」「時間がない」などの悩みを持っている方も、相談相手を上手に選べば、その悩みを解消することもできるんです。

早速詳細を見ていきましょう。

転職の相談は誰にすべき?転職コンサルタントがおすすめする3人とは

この見出しに登場する専門家

家族、恋人、友人、同僚…転職の相談に適しているのはどういった人なのでしょうか。

まずは、転職コンサルタントの山本幸史さんがおすすめする、安心して転職の相談ができる3人をご紹介します。

信頼できる同僚や上司

転職コンサルタント 山本 幸史さん
大前提として、転職活動は慎重に行う必要があります。直面している問題について、本当に転職しないと解決できないものなのか、また転職によるデメリットがどういったものかを冷静に見極めなくてはいけません。
まずは信頼できる上司や同僚に相談していただき、自らの働きかけや努力で問題解決できないか考えていただくことをお勧めします。転職の意思が固かった場合でも、この手順を踏むことで上司側にも心構えができ、スムーズな退職への布石になる場合があります。

転職の相談におすすめできる人としてまずあげられるのが、あなたにとって信頼できる同僚や上司です。

同じ職場に働いていることで転職への理解が得られやすく、転職にかける時間に融通を利かせてくれることも。また、早い段階から相談し始めることで、スムーズな退職へ導いてくれる可能性も高まります。

しかし、話してみたらがらりと態度が変わってしまった…なんていうことも。信頼できるとはいっても相手の性格をしっかり見極めた上で相談するといいでしょう。

両親や配偶者の身近な人

転職コンサルタント 山本 幸史さん
現職に問題があって転職を考えている場合、本人は冷静な判断ができていないことが多々あります。自分をよく知る身近な人に相談し、転職という判断が本当に正しいものかアドバイスをもらうことも有効な手段です。

あなたのことをよく理解した上でのアドバイスが期待できるのが、両親や配偶者など身近な人。長年付き合いのある友人も含まれるでしょう。

自分のことは意外と本人も知らないもの。第三者の目線で転職が適切なものかどうか、転職先の仕事が向いているのかどうかを見極めてくれることが期待できます。

少々気をつけたいのが両親への相談。最も身近な存在ですが、それゆえに安定を求めた消極的な意見になったり、転職そのものに否定的になってしまう場合も。なぜ転職する必要があるのか、その理由をしっかり自分の中で考えておくといいでしょう。

転職エージェント

転職コンサルタント 山本 幸史さん
上司や家族に相談するべきとお勧めしましたが、家族や上司からのアドバイスを鵜呑みにしすぎて判断を誤ることもあります。上司は基本的に「辞めないでほしい」と思っているでしょうし、家族は「下手に動かないでほしい」「年収を下げないでほしい」等と考えているケースが多いためです。

身近に転職の相談できる存在がいない場合は、転職のプロである転職エージェントへ相談し協力を得るのがおすすめです。

現代は、dodaやマイナビ、JAICなど転職サポートに力を入れているところがたくさんあります。

有益なアドバイスが得られることはもちろん、転職業界について詳しいだけでなく、転職を有利に進めるためのコツなどについても教えてもらったり、一般公開されていないような求人も扱っているため自力での転職に行き詰まっている人にも非常におすすめです。

転職相談をエージェントにするメリット5つ

わざわざ転職エージェントに頼らなくてもなんとかなる…と考えている方も少なくないでしょう。

しかし、転職エージェントを頼ることで得られるメリットを知れば、今すぐにでも転職活動の相談に行きたくなってしまうこと間違いなしでしょう。

この見出しに登場する専門家

プロにしかわからない情報を知ることができる

転職コンサルタント 山本 幸史さん
転職時にもっとも重要なのは「いかに多くの情報を収集するか」という点です。自身の市場価値やアピールポイント、希望エリアの充足率や平均年収等、プロでないとわからない情報は数多く存在します。情報が不足したまま転職活動を進めると、決定年収や職場見学で得た情報しか判断材料がなく、「ここで良いんだろうか…?」と迷いが生じる原因にもなります。

情報収拾が重要な転職活動。今は情報社会のため個人でもかなりの情報を集めることはできるでしょう。しかし、一般公開されていないような情報も多いため、限界があります。

そこで出番となるのが転職エージェント。あなたが収拾しきれなかった情報や、必要な情報を選りすぐって提供してくれるため情報収拾にかける時間に無駄がありません。さらには非公開案件の求人も多く扱っていることも多いため、希望以上の転職先が叶うかもしれません。

第三者の目から分析してもらうことができる

転職コンサルタント 山本 幸史さん
転職エージェントのような客観的な立場の人間に相談し、第三者の目で自身の状況を分析してもらうことで、満足度の高い転職活動を進めることができると思います。

転職の知識が深い第三者として、転職エージェントのスタッフはあなたのことを冷静に分析することが可能です。

身近な人からの分析も素晴らしいですが、どうしても近いがゆえに盲点となってしまう点や見逃してしまっている点があったりするものです。ほどよく距離感がある転職エージェントだからこそ、あなた自身がこれまで気付かなかったようなことも知ることができるかもしれません。

自分の意思や意見も大切ですが、転職に悩んでいるタイミングなら特に、第三者からの意見を取り入れることが活路を見出すヒントとなるはずです。

 

上記は、転職コンサルタントの山本幸史さんが教えてくれた転職エージェントのメリットになります。

しかし、メリットは他にもあるんです。それはどんなものかというと…

自分の状況に合わせてアドバイスをしてもらうことができる

こまめに転職エージェントへ相談することで、その都度状況に合わせたアドバイスがもらえるため転職活動中の悩みを溜め込むことが少なくなります。

転職エージェントのスタッフの中には、実際に転職を経験したことのあるスタッフも多いため、そのアドバイスは具体的かつ有用。リアルな経験者からの意見なら、転職活動中のあなたにも響くものがあるはずです。

面接対策や履歴書添削をしてもらうことができる

転職活動に欠かせないのが面接や履歴書作成。

初めての就職活動の時とは面接でのやりとりの仕方や書くべき内容が変わってくるため、どういった内容にすればいいのか悩む人は少なくありません。

転職エージェントでは、印象の良い面接での対応の仕方や履歴書の書き方についてもレクチャーしてくれるので転職活動に自信を持つことができます。

面接日や年収などの交渉をしてもらえる

転職活動のサポートをしてくれる転職エージェントでは、面接日や年収などの交渉を代理で行ってくれるところも少なくありません。

特に収入に関しての交渉は、本人からはやりにくい部分があるもの。あなたの代わりに希望や要望を交渉してくれるので、限りなく自分の希望に沿った転職先を選ぶことが可能になります。

エージェントに相談する前にすべき4つのこと

転職活動に悩み、エージェントに相談したりサポートをお願いしようと考えるなら、その前にしておくべきことがあります。

自分の転職活動をよりスムーズにするためにも大切なステップなので、じっくり考える時間を持ちましょう。

やりたくないことを明確にしておく

転職活動ではどんな会社に入りたいか、どんな仕事をしたいのかといったやりたいことに目を向けがちですが、あえてやりたくないことを明確にしておくこともとても大切になります。やりたいことはすぐに見つけられなかったり変化したりしやすいですが、やりたくないことというのは簡単に変わるものではありません。

やりたくたいことを確実に避けることは、失敗やリスクの少ない転職を成功させる近道になります。さらに、やりたくないことを明確にしたら、その理由をりっかり説明できるようにしておくとベターです。

自分はどういう環境でストレスを感じてしまうのかを知っておく

出典:ミイダス

転職の成功率を高めるためには、自分自身への理解を深めることも重要。特にストレスが原因で転職を考えるようになった場合は、その原因をしっかり理解しておかなければ同じことを繰り返してしまう危険性があります。

労働時間が原因なのか、仕事の内容に原因があるのか、職場の人間関係が原因だったのか…原因を知ることで、それを避けた転職先を探すことができるようになるでしょう。

自分がどういったことにストレスを感じるのかよくわからない、という場合は以下の【ミイダスのコンピテンシー診断】を受診してみましょう。162問の質問に回答するだけであなたの適性や自分の強み、ストレスの感じ方などを診断してくれるサービスです。転職だけでなく、働き方への考え方を改善するいい機会にもなり得ます。自分への理解を深めるためにも、ぜひトライしてみてください。

ミイダスのコンピテンシー診断(旧キャリア適性チェック)でわかる自分の5つの強み!

興味のある企業をピックアップしておく

転職活動をよりスムーズにするなら、やはり興味のある企業をいくつかピックアップしておくことも欠かせません。

どんな企業に興味があるのかを転職エージェントが知ることであなたへの理解も増し、転職先を紹介しやすくなったり迅速なサポートが得られるようになります。

あなた自身のキャリアや希望と比較・考慮して、適している企業かどうかを客観的に判断してくれます。時には自分が希望している以上の企業の紹介を受けることもできるでしょう。

仕事を選ぶ上での優先順位を明確にする

今の仕事の環境を変えたいから転職を希望する、という人は少なくありません。

自分の理想の労働環境のために、何を優先したいかを明確にしておきましょう。

残業のない会社がいい…転勤のない会社がいい…リモートワークも可能な仕事がいい…など、自分の優先順位がはっきりしていると、企業選びがスムーズになります。

おすすめ転職エージェント4選

転職の悩み相談には転職エージェントがおすすめ!

しかし、転職エージェントを探し出すとさまざまなエージェントがあり結局どこがいいのかわからない…とさらに悩みのタネになってしまう可能性も。

ここでは、そんな悩みのタネを増やさないよう転職の相談におすすめなエージェントを4つご紹介いたします。

【転職満足度No.1!エージェントの質の良さがおすすめ】doda

出典:doda

dodaは、専門スタッフが非公開求人を含む10万件以上の求人からあなたに合ったものを紹介する、日本最大級の紹介実績を持つ転職エージェントです。

履歴書や職務経歴書の書き方サポートや面接サポートの他、応募書類の提出や面接日程の調整、年収や入社日の交渉をあなたの代わりに交渉してくれるため、今の仕事を続けながら無理なく転職活動を進めることが可能です。

求人量がかなり多く、さらに全国の非公開求人のうち8~9割をdodaが抱えているそう。提案してくれる求人数が多いことが期待できるため、まずはdodaに登録してみることをおすすめします。

 

【最短2週間で就職できる】JAIC

出典:JAIC

「就職後も安心して、長く働き続けられること」をモットーに働きたい人への支援を行うJAICは、20代の転職・就職のサポートに定評があります。また、フリーターからの正社員就職のサポートにも強いので、ブランクのある就職でも安心です。

就職成功率はなんと81.1%!入社後の定職率も高く、それはその人にマッチした仕事を紹介しているという証拠であるといえるでしょう。

JAICは営業の求人に強いため、営業の仕事をしたい方に特にオススメの転職エージェントです。

 

JAIC(ジェイック)はフリーター・既卒にぴったりの就職エージェント!最短二週間で内定がもらえる魅力を調査

【内定率96%!正社員経験がない方も】DYM就職

出典:DYM就職

就職を叶えるまで二人三脚でサポートしてくれるDYM就職は安心感の高さがウリ。さらに営業職、エンジニアに強い転職エージェントです。

さらに、採用担当や企業の社長と直接交渉ができるため、登録後に書類選考なしで面接までセッティングも可能!スピーディーな転職をしたい方に好評です。人物重視採用行なっているので、なかなか面接まで辿り着かない…と悩んでいる方にもおすすめです。

DYM就職はニートやフリーターの就職率96%!実際に使った私が登録から面接までの流れを解説

【職業紹介優良事業者に認定済み!最初から最後まで徹底的にサポートしてくれる】キャリアスタート

若手に特化した就職支援を行なっているキャリアスタートは、今の職場に満足していない上昇志向の人におすすめ

さらに、紹介してもらえる業界はIT・通信関係が一番多く、その次にサービス業、マスコミ・広告関係となっているので、その業界への転職を考えている方に特にオススメです。

転職のコツが詰まったキャリアスタートオリジナルの「転職成功BOOK」のプレゼントや転職交流会の開催を毎月行い、単純な転職支援だけではないのが人気の秘密です。特に転職交流会では、転職中の方、転職決定した方、無事転職した方が幅広く参加し、同世代で話し合う機会が得られたり仲間が増える喜びが味わえるとして毎月賑わっているといいます。

キャリアスタートはフリーター・第二新卒の転職におすすめ!6つの魅力を紹介

転職相談はエージェントにするのがおすすめ!

転職の悩みは1人で抱えないでください。

あなたの周りの信頼できる人に相談することで自信も知識もつき、精力的に転職活動に取り組むことができるでしょう。

しかし、身近に相談できる人がいなかった時は(いるという人ももちろん!)ぜひ転職エージェントを頼ってください!転職エージェントは転職サポートのプロ。効率的な転職を支援してくれます。特に今の仕事を続けながらの転職活動は時間的にも大変なことが多いもの。転職エージェントをうまく活用すれば転職にかける作業量を軽くし、効率よく取り組むことができます。

1人だけでは難しかったことも、プロの手によるサポートが得られればあっという間に希望以上の転職が叶うことも夢ではありませんよ。