優良企業(ホワイト企業)を見極めるポイントとは?!おすすめ企業150選を一挙公開

「就職・転職するなら絶対優良企業(ホワイト企業)に入りたい!」と誰もが思いますよね。でも、どの会社が優良企業なのか、探し方がわからないという人も多いでしょう。

そこでこの記事では、優良企業を見極めるポイントを専門家がアドバイス。さらにおすすめの優良企業を選んで紹介します。

優良企業(ホワイト企業)の探し方について、専門家のアドバイスを交えて説明します。また、さまざまな分野でおすすめの優良企業を一挙150件紹介しましょう。自分に合う優良企業を見つける参考になるはずです。

代表的な優良企業30選

東洋経済新報社が毎年発表している、CSR(企業の社会的責任)と財務の両面から評価した「CSRランキング」の2019年度上位30の企業を紹介します。

企業の財務状況と社会的な企業活動を考慮したランキングなので、順位が高い企業ほど優良企業と判断することができます。

NTTドコモ KDDI 花王
ブリヂストン 富士フィルムホールディングス コマツ
富士ゼロックス ダイキン工業 デンソー
旭化成 キャノン 日本電信電話
クボタ 積水ハウス セイコーエプソン
三菱電機 セブン&アイ・ホールディングス JT
トヨタ自動車 村田製作所 大阪ガス
マツダ 富士通 NEC
オムロン 東京ガス リコー
ヤフー アサヒグループホールディングス 帝人

優良企業(ホワイト企業)とは?

優良企業(ホワイト企業)は決まった定義はありませんが、一般的には次のような条件をクリアしている企業のことを言います

  • 良好な経営状態
  • 高い年収
  • 充実した福利厚生
  • 離職率が低い

優良企業と同じ意味でホワイト企業と呼ばれることもありますが、これは職場環境が悪いブラック企業の対義語として使われることも多いでしょう。

専門家がアドバイス!優良企業の3つのチェックポイント

この見出しに登場する専門家

例えば、ワークライフバランスを整えながら働きたい人は、「残業が少ない」「有給休暇取得率が高い」「フレックス制度が使える」といった企業を「優良企業」と認識します。

一方、多少の残業は気にせずにガツガツと働いて稼ぎたい、昇進したいという人は、「若くして昇進ができる」「平均年収が高い」「インセンティブ制度が充実」などに当てはまる企業を「優良企業」と認識する可能性もあります。

年間休日数が多い

年間休日数が多いことが、優良企業かどうかの目安になります。年間休日数が多い方が、当然ながら多く休日を過ごすことができます。また、土日2日間休めることで、「土曜日は少し遅い時間まで予定を入れやすい」と考えることもできるでしょう。土日を含むシフト制の場合は異なりますが、休日数の違いのイメージとしては下記のようになります。

130日以上:土日祝日完全に休日、夏季休暇や年末年始休暇も長い、見かけることは少ない
120日以上:土日は完全に休日、一部の祝日が出勤日となる場合あり
110日以上:土日は完全に休みだが、祝日が出勤日、もしくは、月一で土曜出勤あり
110日未満:土曜日が隔週で出勤、105日に設定している企業も多い

※夏季休暇や年末年始休暇をどれだけ設定しているかという兼ね合いもあるため、事情が異なる場合もあります。

キャリアコンサルタント Okamonさん
ただし、年間休日数が多くても残業はかなり多いという場合もあります。平日は遅くまで残業してもいいから多くの休日が欲しいという人がいる一方、土曜日に少し出勤日があってもいいのでできるだけ定時に帰りたいという人もいます。どちらがいいかは個人の事情や考え方によって異なるでしょう。

圧倒的な市場競争力を持っている

圧倒的に市場競争力を持っている企業は業績が安定しているため、優良企業と言えるでしょう。これは主にメーカーに当てはまるものです。

中小企業であっても、ある製品や部品が世界シェアトップの場合や、特許を保有しているため競合相手がほとんど存在しない場合もあります。

キャリアコンサルタント Okamonさん
このような企業であれば製品やサービスの価格競争に巻き込まれず利益も多くなりやすいため、ある程度落ち着いた働き方ができたり、給与という形で社員に還元されたりする可能性が高いです。

配属される部署が「優良部署」か

今回は優良企業の選び方というテーマなので少し話題がそれるかもしれませんが、「企業そのものが優良企業か?」という視点だけでなく、「配属される部署が『優良部署』か?」という視点も重要と考えられます。

同じ会社でも、「残業時間」「有給取得率」「社内(部内)の雰囲気」などは配属される部署や拠点により異なります。HPや四季報などで公開されている情報は、あくまで全社平均値です。「残業時間」を例に出しても、残業がほぼ無い場合部署がある一方、20~21時終業が常態化しているような忙しい部署もあります。

忙しい部署に配属となった場合は、入社前に考えていた残業時間と実際の残業時間に乖離がある場合があり、「入社前と話が違う」と認識する社員もいるのが実情です。

キャリアコンサルタント Okamonさん
特に中途採用の場合は、配属先が大まかにでも決まっているケースが多いため、面接の中で残業時間など実際の働き方を聞いておくのが一つの方法です。また、転職エージェントなら、そういった個人では入手しにくく聞きづらい内部情報や実情が分かる場合があるので利用したいところですね。

他にも!優良企業(ホワイト企業)の7つのチェックポイント

専門家に聞いた以外にも、チェックしておきたい重要なポイントがあります。合わせて優良企業を探すときの目安にしてください。

ここでは7つ紹介しましょう。

成長性があり、経営状態が健全

優良企業は成長性があり、経営状態が健全です。市場に需要のない商品を扱っているなど、成長性が見込めない企業は優良企業とはいえないでしょう。業績が順調にアップしていることも大事なポイントです。伸び率が高くなくても、少しずつでも右肩上がりに成長していることが優良企業といえるでしょう

会社の経営状態は、財務状況を見ることでわかります。これは企業が会計年度ごとに作成している財務諸表で確認できますが、財務諸表についてはHPにある投資家情報(IR情報)または「会社四季報」などでチェックすることができます。

CSR活動の貢献している

優良企業を調べるには、CSR活動や地域貢献を積極的に行っているかどうかがひとつの目安になります。CSRとは「Corporate Social Responsibility(企業の社会的責任)」の略で、収益を求めない環境活動や寄付活動、ボランティアなど、企業としての社会貢献の活動ということです。

CSR活動や地域貢献は直接利益につながるものではないものの、企業価値の向上につながり、それが商品購入などの利益にもつながります

企業のCSR活動については、企業のHPや東洋経済新報社の「CSR企業総覧」で見ることができます。

平均年収が一定水準をクリアしている

平均収入が一定水準をクリアしていることも重要なポイントです。年収が高いということは、毎年の昇給がスムーズに行われ、福利厚生の手当ても充実していて、残業代もしっかり支給されているということです。一定水準以上の年収は500万円以上を目安に判断するといいでしょう

残業が少ない

残業が少ないことも優良企業である証になります。労働時間は週に40時間までと決められていますが、労使協定で定めている場合に限り、一定時間の時間外労働が認められています。優良企業では法を遵守しているので、残業時間も少なくする工夫が取られています。働き方改革によって、残業時間を減らす企業はますます増えていくでしょう。今後さらに、残業時間が少ないことが優良企業であるかどうかを見極める大きな要素になっていくはずです。

離職率が低い

いわゆるブラック企業と呼ばれる会社は労働環境が劣悪なので人の入れ替わりが激しく、離職率が高い傾向があります。一方、優良企業は働きやすいので、社員の定着率は非常に高いのが特徴です。離職率をチェックすることはとても重要で、なるべく離職率が低い会社を選ぶのが必須といえるでしょう。

離職率が低い会社はその分求人も少なく入社が難しい傾向がありますが、なんとか求人が出たチャンスを捉えることが転職成功のポイントになります。

有給取得率が高い

有給休暇の取得率が高いのも、優良企業の特徴になります。日本は有休取得率が50%以下という低い現状があります。日本政府は2020年までに平均有休取得率70%を目標にしていますが、優良企業といえるためには、この目標数値の70%以上である必要があるでしょう

実際に有給休暇取得率の高い会社では社員に有休消化を呼びかけるなど、積極的に取得率を高める努力を行なっています。

福利厚生が充実している

優良企業であることの大切な条件は、福利厚生が充実していることです。社会保険など法定の福利厚生が適用されるのはもちろんですが、優良企業では住宅手当や家族手当など法定外の福利厚生も支給されています。さらに、食費補助や資格取得支援、福利厚生施設の利用などを積極的に導入しているところもあるでしょう。

優良企業(ホワイト企業)の探し方

チェックポイントがわかったら、それらを具体的に調べる方法を知っておきましょう。ここでは優良企業の探し方について説明します。

就職四季報を見る

東洋新報社が発行する「就職四季報」は、優良企業のチェックポイントの多くをこの1冊で調べることができます。就職・転職活動には必携なので、1冊用意しておきましょう

就職四季報でわかることは、次の通りです。

  • 新卒3年後の離職率(定着率)
  • 有休消化年平均
  • 平均年収
  • 残業時間・残業代
  • 休暇(週休完全2日、夏季休暇、年末年始休暇など)
  • 平均勤続年数

大手企業を掲載した「就職四季報 総合版」の他に、中堅企業を掲載した「就職四季報 優良・中堅企業版 」や女性が働きやすい企業を掲載した「就職四季報 女子版 」が発行されています。

厚生労働省認定の優良企業から探す

出典:SHEM

厚生労働省や経済産業省では、従業員の福利厚生や職場環境の改善などで一定の基準を満たした企業を認定する制度を設けています。これを「ホワイト企業認定マーク」といい、各制度に認定されていることが優良企業を探すひとつの目安になります

 

5つのホワイト企業マーク

・安全衛生優良企業公表制度(ホワイトマーク):他のホワイト企業マークに比べて認定基準が多く、取得が一番難しい制度。ホワイト企業マークの最高峰と言われる

・健康経営優良法人認定制度:社員が健康的に働けるための環境作りを積極的に行なっている企業を認定する制度。大規模法人(赤のマーク)と中小規模法人(青のマーク)があり、認定基準も異なる

・くるみん(子育て支援):仕事と子育ての両立を支援する企業を認定する制度。男性・女性の従業員の育休取得割合や残業時間、時短勤務への取り組みなどが認定基準になる。より認定基準の厳しい「プラチナくるみん」もある

・えるぼし(女性活躍推進):女性の積極的な登用や活躍を支援する企業を認定する制度。男女の採用比率、管理職比率などが認定基準になり、基準の達成度合いに応じて3段階の認定がある

・ユースエール(若者の採用・育成促進):若者の採用や育成に積極的に取り組む中小企業を認定する制度。若手の求人募集の実施や、新入社員の離職者数の公表などが認定基準になる

 

「ホワイトマーク」を取得した企業31社

「ホワイトマーク」は一番取得が難しい制度で、2019年7月現在で31社が認定されています。ホワイトマークを取得するには、

  • 過去3年間労働安全衛生関連の重大な法違反がない
  • 労働者の健康保持増進やメンタルヘルス、過重労働防止への対策など幅広い取り組みを実施している

という項目をはじめとして、約80もの基準をクリアしなければなりません。このようなホワイトマークは、「ホワイト企業としての公的な証明」と言っていいでしょう

メッセ・ゴー 同事建設 一般社団法人 かながわ土地建物保全協会 日本ウェブサービス
一般財団法人 北陸予防医学協会 ビープラスグループ SCREENビジネスサポートソリューションズ 朝日生命保険
JSRマイクロ九州 第一熱処理和歌山 国際通信企画 荒木組
ローム・ワコー メルコエアテック 岩手銀行 パナソニックモバイルコミュニケーションズ
京セラドキュメントソリューションズ サナス 栄運輸 鈴木工業
宮崎工業 トヨタ自動車 東電同窓電気 IHIエアロスペース
東邦ガス メッセホールディングス フィデア情報システムズ 医療法人晋風会
駿河重機建設 アップコン 坂川建設

(2019年7月現在)

参考:SHEM

ホワイト企業マークを多く取得した40社

「ホワイト企業認定マーク」5種類をすべて取得している企業はまだありません。最高は4種類で、2019年7月現在50社が取得しています。そのうちの40社を表にしました。

朝日新聞社 山陰合同銀行 みなと銀行 YKKビジネスサポート
第四銀行 ローソン 住友商事 東邦銀行
コスモ石油 北洋銀行 佐賀銀行 日本ユニシス
日本総合研究所 SCSK エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジー 三井住友銀行
高知銀行 野村総合研究所 沖電気工業 コネクシオ
プラザ企画 アクサ生命保険 百十四銀行 富士通
富士電機 ソフトバンク 富士通マーケティング サントリーホールディングス
日本電気 三菱商事 ニコン 伊藤忠商事
群馬銀行 第一三共 丸紅 高島屋
北陸銀行 日豊ケアサービス 静銀ビジネスクリエイト 丸井グループ

参考:SHEM

「ゆう活」を実践している企業20

国では働き方改革の一環として、「ゆう活」(ゆうやけ時間活動推進)という国民運動を推進しています。明るい時間が長い夏の間は朝早くから働き始め、夕方には家族などとゆっくり過ごせるように夏の生活スタイルを変革しようという試みです

この「ゆう活」への取り組みが評価されている企業を20社、紹介しましょう。

旭硝子 フレックスタイム制度 千代田化工建設
  • フレックスタイム制度
  • 終業後の残業制限
アサヒグループホールディングス
  • 所定労働時間の繰り上げ
  • フレックスタイム制度
  • その他独自施策による風土醸成
日産車体
  • フレックスタイム制度
  • 社内アナウンス・フロア巡回・一斉消灯
アルファシステムズ トップメッセージの発信 日本郵船
  • 朝型推奨(終業後の残業を朝へシフト)
  • トップメッセージの発信
  • 終業後の残業制限
  • 軽食の無料支給
  • その他独自施策による風土醸成
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ 朝型推奨(終業後の残業を朝へシフト) ブラザー工業
  • フレックスタイム制度
  • 終業後の残業制限
エムズメディカル
  • トップメッセージの発信
  • その他独自施策による風土醸成
一般社団法人北海道建設業協会 所定労働時間の繰り上げ
オプト
  • 朝型推奨(終業後の残業を朝へシフト)
  • 社内アナウンス・フロア巡回・一斉消灯
  • 終業後の残業制限
  • 軽食の無料支給
薬王堂 所定労働時間の繰り上げ
キヤノンエコロジーインダストリー
  • 所定労働時間の繰り上げ
  • その他独自施策による風土醸成
ユニ・チャーム
  • 所定労働時間の繰り上げ
  • フレックスタイム制度
  • その他独自施策による風土醸成
建設技術研究所
  • 朝型推奨(終業後の残業を朝へシフト)
  • 始業前の残業の割増賃金率引き上げ
  • その他独自施策による風土醸成
リコー
  • フレックスタイム制度
  • その他独自施策による風土醸成
石油資源開発
  • 所定労働時間の繰り上げ
  • 終業後の残業制限
  • その他独自施策による風土醸成
LOOP
  • 所定労働時間の繰り上げ
  • その他独自施策による風土醸成
太平洋セメント
  • 所定労働時間の繰り上げ
  • 社内アナウンス・フロア巡回・一斉消灯
りゅうせき商事
  • 所定労働時間の繰り上げ
  • トップメッセージの発信
  • 終業後の残業制限

参考:厚生労働省

転職サイトで探す

ネットではハローワークをはじめ、さまざまな転職サイトの求人を検索することができます。中には細かい条件でこだわり検索をすることができるサイトもあり、自分が求める条件を絞り込んで検索することで優良企業を見つけ出すことができます

転職エージェントで見つける

転職エージェントを利用すると、プロのキャリアアドバイザーが専任でサポートしてくれます。最初に面談を行い、こちらの希望を聞き取って最適な優良企業を探してくれます。

しかも、転職エージェントの中には独自の非公開求人を保有しているところもあり、そこには特に優良企業が多く含まれています。非公開なのでライバルが少なく、高い確率で内定を得ることができるでしょう。

優良企業(ホワイト企業)が多い業界

優良企業を探すときは、業界に着目するのもおすすめです。新規参入が多いため競合する会社が多い業界では、高い結果を求めるために厳しいノルマとコスト削減を追求するブラック企業が生まれやすくなります。しかし、メーカーなど高い専門性のある業界は新規参入が難しいため、優良企業が多い傾向があります。

また、エネルギー系など公的な機関とつながりが強い業界は少数の企業が市場を独占しているため、優良企業(ホワイト企業)である傾向が強くなります。

メーカー

電子部品・機械・化学系のメーカーは、優良企業が多いという特徴があります。これらメーカーは法人を対象にしたビジネスを行うBtoB企業なので、 消費者に向けたテレビCMや新聞広告を行いません。そのため、一般には認知されていないいわゆる「隠れ優良企業」が多い業界でもあります

メーカーは中小企業でも給与が高く労働条件がいいところが多く、就職先としてはかなりおすすめです。

代表的な優良メーカー5選

メーカーで代表的な優良企業を5つ紹介しましょう。

企業名 特徴
三菱ケミカル 合併により誕生した国内最大規模の化学メーカー
住友化学 化学メーカー国内売上高2位/平均年収824万円
昭和電工 数多くの世界シェアトップ製品を持ち、伸びしろがある
クラレ 9つのニッチ分野で圧倒的シェアを有する
東ソー 経常利益率が5年間連続で上昇し、10%を超える

エネルギー系

電力・ガス、石油などエネルギーを扱う業界は、そのほとんどが優良企業です。電力やガスは安定的な収益基盤を持つため、財務上は優良企業といえる企業がたくさんあります。

石油の場合、日本での需要が減るのは明らかなので、各企業では特に次世代エネルギーの開発や液化石油ガスLPGの精製販売などに力を注いでいます。長く蓄積されたノウハウや環境が必要な分野のため参入障壁が高く、優良企業が多いといえるでしょう。

代表的なエネルギー系優良企業5選

エネルギー系の業界で代表的な優良企業を紹介します。

企業名 特徴
昭和シェル石油 風通しの良い社風/平均年収917万円
中国電力 安定した経営基盤/男女関係なく働きやすい環境
ミツウロコグループホールディングス 自然エネルギーや蓄電システムなど次世代のエネルギーシステムの普及に取り組む
出光興産 女性が働きやすい環境作りを推進/平均年収955万円
コスモエネルギーホールディングス 風力発電事業など、次世代エネルギーの開発に尽力

離職率の低い優良企業(ホワイト企業)ランキングTOP5

厚生労働省は高校、大学などを卒業した新卒者の3年後の離職状況について、高卒者が39.3%、大卒者が31.8%という数字を発表しています。多くの新卒者が3年以内に離職していく中で、逆に離職率が少ない会社もあります。離職率の少なさは、優良企業であるひとつの目安になるでしょう。

東洋新報社の離職率の少ない企業ランキングでは、離職率ゼロの企業が8社。100位の企業の離職率も6.1%と10%を下回っています。ここでは、CSRランキングの上位にある企業のうち、新卒3年以内の離職率が低い企業を紹介します。

1位 国際石油開発帝石

特徴

  • 事業内容:鉱業
  • 本店所在地:東京都港区
  • 平均年収:922万円

会社のおすすめポイント

石油・天然ガス等の開発を行う国内最大手の企業です。政府が黄金株(一株でも拒否権がある)を保有しています。新卒3年後の離職率は0%を誇り、平均年収が非常に高いのが魅力。売上高における利益率は50%という驚くべき高さで、申し分のない優良企業と言えるでしょう

2位:塩野義製薬

特徴

  • 事業内容:医薬品メーカー
  • 本店所在地:大阪府大阪市
  • 平均年収:904万円

会社のおすすめポイント

海外でのロイヤリティ収入の増加により、直近5年の売上高や経常利益率が勢いよく増えている企業です。業績は安泰で年収が高く、新卒3年後の離職率も0%。有休の消化率も高く、働きやすい会社です。

3位:クボタ

特徴

  • 事業内容:機械メーカー
  • 本店所在地:大阪府大阪市
  • 平均年収:794万円

会社のおすすめポイント

農業機械のメーカーとしては国内首位、世界でも3位を誇る大手企業です。海外展開に積極的に取り組み、売上は全体の7割を占めています。毎年売上を伸ばし、経常利益率はずっと高い水準を維持。新卒3年後の離職率は3.03%で、メーカーとしては平均年収も高い優良企業です

4位:村田製作所

特徴

  • 事業内容:電子部品メーカー
  • 本店所在地:京都府長岡京市
  • 平均年収:744万円

会社のおすすめポイント

電子部品メーカーとして世界トップクラス、製品の90%以上が海外で販売されているグローバル企業です。セラミックの特性を活かした電子部品で、世界的でも圧倒的なシェアを誇ります。働きやすい職場で、新卒3年後の離職率は3.35%と低い数字です。

5位:デンソー

特徴

  • 事業内容:自動車部品メーカー
  • 本店所在地:愛知県刈谷市
  • 平均年収:800万円

会社のおすすめポイント

先進的な自動車技術やシステム、製品を世界中の自動車メーカーに提供するグローバル企業です。売上、経常利益共に毎年増加していて、業績は非常に良好です。新卒3年後の離職率は3.86%と低く、残業管理が徹底されている働きやすい会社です。

有給休暇の取得日数が多い優良企業(ホワイト企業)ランキングTOP5

働き方改革の一環で、2019年4月から「年次有給休暇が10日以上付与される労働者は年5日の有給休暇を確実に取得させること」が企業の義務とされています。優良企業と言えるためには、少なくとも年間の有給休暇は15日以上あることが理想的でしょう。

CSR総覧の上位にある企業のうち、有休取得日数の多い企業をランキングで紹介します。

1位:パナソニック

特徴

  • 事業内容:電機メーカー
  • 本店所在地:大阪府門真市
  • 平均年収:774万円

会社のおすすめポイント

世界的に有名な電機メーカーです。 国内の電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位の売上高を誇ります。 年間の有休所得日数は平均28.7日と、全企業の中で堂々の1位。有給取得率は79.7%と高い数字になっています。残業時間も月19時間と少なく、働きやすい環境が整備されているようです。

2位:日本郵政

特徴

  • 事業内容:グループの経営戦略策定
  • 本店所在地:東京都千代田区
  • 平均年収:780万円

会社のおすすめポイント

日本郵政株式会社法に基づき設立された特殊会社で、日本郵便、ゆうちょ銀行などを子会社に持つ日本郵政グループの持株会社です。郵便、銀行、保険の事業規模はライバルを大きく引き離す日本最大の企業グループで、安定性は十分です。年間の有休取得日数は25日、残業時間も月に12.3時間と抑えられています

3位:コマツ

特徴

  • 事業内容:機械メーカー
  • 本店所在地:東京都港区
  • 平均年収:722万円

会社のおすすめポイント

建設機械のシェアで日本のトップに位置し、世界では2位を誇る大手企業です。2018年に売り上げを大きく伸ばし、経常利益は高い水準を維持しています。安定した業績に加え、年間の有休取得日数は19.4日と多く、CSR活動と共に上位にランクイン。平均年収も高く、優良企業としての条件を十分備えています。

4位:アイシン精機

特徴

  • 事業内容:自動車部品メーカー
  • 本店所在地:愛知県刈谷市
  • 平均年収:732万円

会社のおすすめポイント

海外で122社のグループ会社を展開するグローバル企業です。日本だけでなく「需要があるところで生産する」という方針のもと、世界各国の主要自動車メーカーへ向けて部品供給を行っています。年間の有休取得日数は19.3日と多く、休暇取得を推進しています

また、女性活躍推進プロジェクトを立ち上げて働く女性の支援に取り組んでいるのも、優良企業としてのポイントが高いでしょう。

5位:JXTGホールディングス

特徴

  • 事業内容:エネルギー事業
  • 本店所在地:東京都千代田区
  • 平均年収:1,213万円

会社のおすすめポイント

国内での燃料油販売量は5割という、圧倒的なシェアを誇る大手企業です。世界でも8位のシェアを持ち、「パラキシレン」という製品では世界シェア1位を獲得しています。平均年収が1,000万円を超えるのが大きな魅力です。年間有休取得日数は18.8日で、20時以降の残業を禁止するなどの取り組みが行われています

厚生労働省認定の優良企業(ホワイト企業)5選

出典:厚生労働省

CSR総覧(CSRランキング)の上位にある企業のうち、ホワイト企業マークを多数取得した企業をランキングにしました。ホワイト企業マークは、優良企業であるという国のお墨付きです。それを多く取得し、かつCSR活動にも積極的というのは優良企業の中でもかなりランクが高い企業と言えるでしょう。

コニカミノルタ

特徴

  • 事業内容:電気機器メーカー
  • 本店所在地:東京都千代田区
  • 平均年収:721万円

会社のおすすめポイント

コニカとミノルタの経営統合によりコニカミノルタホールディングスとして発足したのち、事業子会社を吸収合併して社名変更した会社です。海外の売上が8割で、従業員の3分の2が海外国籍というグローバルな企業。 5つのホワイト企業マークのうち「ホワイトマーク」以外の4つを取得し、働きやすい環境への取り組みに積極的です

イオン

特徴

  • 事業内容:小売業
  • 本店所在地:千葉県千葉市
  • 平均年収:799万円

会社のおすすめポイント

「イオンモール」でおなじみの総合スーパーを中心に、国内外に300社以上のグループ企業を持つ国内流通大手企業です。8期連続で最高売上を更新するなど業績は良好で、平均年収も高め。ホワイト企業マークを4つ取得するなど、職場環境の向上に積極的で、産休育休・時短勤務もとりやすいと評判の会社です

リコーリース

特徴

  • 事業内容:金融サービス業
  • 本店所在地:東京都江東区
  • 平均年収:679万円

会社のおすすめポイント

取引先は中小企業が中心で、国内企業の約10%にあたる40万社と取引を行っています。売上高が8期連続増加で、業績は非常に良好。リース・割賦事業と金融サービス事業の2つのストックビジネスで、安定した収益構造を実現しています。

大日本住友製薬

特徴

  • 事業内容:医薬品メーカー
  • 本店所在地:大阪府大阪市
  • 平均年収:850万円

会社のおすすめポイント

医療用医薬品事業や動物用の医薬品事業、食品添加物事業など多くの事業を手がけ、海外事業も積極的に展開している企業です。若手でも責任のある仕事を任せるという風土で、やりがいを感じながら仕事ができるでしょう

セイコーエプソン

特徴

  • 事業内容:精密機器メーカー
  • 本店所在地:長野県諏訪市
  • 平均年収:766万円

会社のおすすめポイント

海外に向けた事業展開が特徴で、売上の8割近くを海外が占めています。業績は右肩上がりで、良好と言えるでしょう。有休取得の義務付けや厳しい残業管理など、働きやすい環境を積極的に作り出しています

業界別おすすめ優良企業(ホワイト企業)4選

CSRランキングの上位にある企業のうち、メーカー、中小企業でおすすめの優良企業を紹介します。メーカーは優良企業が多い業界で、中小企業にも大手に負けない業績を持ち、平均年収の高い会社がたくさんあります。その中から特に優良と思われる企業を厳選しました。

メーカー編

CSR活動を積極的に行っているメーカーでおすすめの企業は、次の2社です。

日本電子

特徴

事業内容:電子部品メーカー
本店所在地:東京都昭島市
平均年収:725万円

おすすめポイント

電子顕微鏡をはじめとするナノテク分野で、世界トップレベルの先端装置を開発している企業です。世界最高の技術に挑戦し続け、多くの機関や企業の研究開発を支える装置を提供。やりがいのある仕事です。

ディスコ

特徴

事業内容:半導体精密機器メーカー
本店所在地:大阪府大阪市
平均年収:966万円

おすすめポイント

半導体や電子部品を加工する装置で世界1位の企業です。製品の大半が世界シェアの約70%を占めているのが強み。自社でしか生み出せない技術を持っているのも高いポイントです。非常に高い年収が魅力。労働環境は社員の自主性に任されている部分が大きく、有給を取得しやすいなど働きやすい環境です

中小企業編

中小企業にも、CSR活動を積極的に行っている会社はたくさんあります。その中からおすすめの企業を2社ピックアップしました。

ジャパンマテリアル

特徴

事業内容:エレクトロニクス関連事業
本店所在地:三重県三重郡
平均年収:611万円

おすすめポイント

半導体や液晶工場の各種インフラ事業を手掛ける企業です。顧客や取引先、社員との信頼関係を重視し、「人」を重んじる独特な経営手法で急成長を続けています

北日本コンピューターサービス

特徴

事業内容:システム開発
本店所在地:秋田県秋田市
平均年収:600万円

おすすめポイント

全国自治体の業務負担・軽減を図るためのシステムとサービスを行なっている企業です。高齢化社会により福祉分野における需要の増加があり、全国の地方自治体に向けて福祉のシステムを開発しています。将来性の高い会社と言えるでしょう。

専門家厳選!優良企業(ホワイト企業)3選

この見出しに登場する専門家

専門家の目から見た優良企業は、働きやすい環境とやりがいのある仕事という2本立て。自信を持っておすすめします。

浜松ホトニクス

特徴

  • 事業内容:電子部品メーカー
  • 本店所在地:静岡県浜松市
  • 平均年収:672万円

光電子増倍管という電子部品では世界シェア約90%であり、圧倒的な技術力を誇ります。海外売上比率71%で日本市場に頼っていないため、将来的にも安定して伸びていくことが期待されるでしょう。その他宇宙、メディカル、ライフサイエンスといった成長領域の事業も行っています。

アドビシステムズ

特徴

  • 事業内容:ソフトウェアおよび関連サービスの提供
  • 本店所在地:東京都品川区
  • 平均年収:1,200万円

アメリカ本社の日本法人です。コンピューター・ソフトウェア関連企業で、一般にはPDFソフトウェアが有名。HPの採用情報によると、産前・産後休暇が26週間まで取得可能で、その間基本給の100% が支給されるなど、福利厚生に大変力を入れています。さらに、働きがいのある会社ランキングに選出されるなど、社内外からの評価が高い企業です。

グロービス

特徴

  • 事業内容:学校経営
  • 本店所在地:東京都千代田区
  • 平均年収:733万円

グロービス経営大学院(MBA)の運営や、教育研修を行う企業です。フレックスタイム、リモートワーク、副業制度や研修制度などが整っているのはもちろんのこと、個人のキャリアプランに合わせ、幅広く職種を経験できるゼネラリストだけでなく、専門職種でのスペシャリストを目指すことも可能です。上記のアドビシステムズと同様、働きがいのある会社ランキングに選ばれています。

隠れ優良企業も要チェック!

世間には、人気企業に負けない年収や充実した福利厚生、良好な経営状態にありながら認知されていない、いわゆる「隠れ優良企業」もたくさんあります。

一部を紹介しましょう。

企業名 特徴
日東電工 海外売上高が7割を超えるグローバル企業
ダイヘン 変圧器、アーク溶接ロボットなどで国内1位のシェア、自動車用のアーク溶接ロボットでは世界トップシェア
ウシオ電機 産業用ランプで世界トップシェアを誇る
マスダック 人気銘菓の多くが使用するなど、圧倒的なシェアを持つ菓子機械メーカー
太陽ホールディングス 「ソルダーレジスト」で世界シェアが5割以上
日本パーカライジング 金属の表面処理で国内トップ、世界でも20%のシェア
SMC 空圧制御機器の世界トップメーカー

隠れ優良企業については、次の記事で探し方など詳しい記事を読むことができます。隠れ優良企業を見つけて転職活動を成功させたい人は、さっそくチェックしてくださいね。

あわせて読みたい

隠れ優良企業の特徴と見分け方を徹底解説!特におすすめの24企業もピックアップ

続きを読む

優良企業に就職するために!就職前にするべき3つのこと

本当に優良企業と言えるには、自分にとって「優良」である必要があります。客観的に優良企業であっても、仕事内容が自分に合わなければやりがいを感じられないでしょう。

ここでは、自分に合う企業を見つけるためにするべきことを3つ紹介します。

①自分の強みを知る

就職活動の最初に必ず行うべきことが、自己分析です。仕事に活かせる自分の強みを知ることで、具体的にどんな仕事が自分に合うのかがわかります。

自分の強みを知るツールとしておすすめなのが、「グッドポイント診断」です。転職サイトの「リクナビNEXT」に無料登録すると利用できるツールで、約300もの質問に答えることで5つの強みを導き出してくれます。

無料とは思えない本格的な診断なので、ぜひ試してみてください。

次の記事では、実際に診断を受けた体験談を読むことができます。合わせてチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

続きを読む

 

②自分の市場価値を知る

出典:ミイダス

優良企業に応募するときは、その仕事が自分の市場価値に合っていることを確認することが大切です。高望みし過ぎている場合は、選考に通りづらくなるでしょう。

転職サイトの「ミイダス」に登録すると、自分の経歴・スキルに類似したユーザーへのオファー実績をベースに、現在の市場価値を算出してくれます。さらに、登録すると優良企業5万社に自分の経歴が公開され、すぐにオファーが届く場合もあります。

登録は無料なので、まずは現在の市場価値を確かめてみましょう!

ミイダスの魅力について詳しく知りたい人は、次の記事がおすすめです。

あわせて読みたい

実際に登録してわかったミイダスのメリット4つ!特徴や注意点を紹介

続きを読む

③自分の適職を知る

出典:ミイダス

ミイダスに登録すると、コンピテンシー診断を受けることもできます。適性が高い職種や低い職種、職務遂行で要求される能力要素などを予測してくれるので、自分に適した仕事選びに役立つでしょう

ストレスを感じやすい活動や条件などもわかるので、日々のコンディションのチェックにも最適です。こちらも無料で受けられるので、さっそく試してみましょう!

コンピテンシー診断については、次の記事で詳細を知ることができます。

あわせて読みたい

ミイダスのコンピテンシー診断(旧キャリア適性チェック)でわかる自分の5つの強み!

続きを読む

 

優良企業を目指すのにおすすめの転職エージェント

優良企業を効率良く探すなら、優良企業の案件を多く保有する転職エージェントの利用は必須と言ってもいいでしょう。大手のエージェントでは優良企業ばかりの非公開の案件も多数保有し、優先的に斡旋してくれます。

ここでは、おすすめのエージェントを紹介しましょう。

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大手の転職エージェントです。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人を、業界最多数の20万件以上保有。各業界に精通したプロのキャリアアドバイザーが、利用者の希望やスキルに合った求人を選んでくれます。

提出書類の添削や面接対策のサポートはもちろん、独自に分析した業界・企業情報の提供なども行なってくれます。大手エージェントならではの、蓄積したノウハウによる転職サポートが行われるでしょう。

doda

出典:doda

dodaもリクルートエージェントに引けを取らない大手のエージェントです。保有する求人数は優良企業ばかりで、実績のあるキャリアアドバイザーがプロの目線から希望の求人を選び出してくれます

求人の紹介以外でも親身なサポートが行われます。応募書類の添削や面接対策など、内定を得るまで丁寧なサポートをしてくれるでしょう。

ビズリーチ

出典:ビズリーチ

すでに十分なキャリアがあり高い年収を得ている人の転職におすすめなのが、ビズリーチです。年収1,000万円を超える求人が3分の1以上を占め、企業の中核を担うハイクラスの求人ばかりを集めています

登録した職務経歴書に興味を持った優良企業やヘッドハンターからスカウトが届くこともあり、利用者の8割以上がスカウトへの返信をきっかけに転職に成功しています。

「もっとやりがいのある職場に転職したい」「さらにキャリアアップしたい」という人は、ぜひ利用してみましょう!

DYM就職

出典:DYM就職

DYM就職は20代のフリーターや第二新卒の就職に強いエージェントです。未経験歓迎の案件が多く、正社員の採用率が96%という高い数字を弾き出しています

専任のキャリアアドバイザーが利用者の希望や悩みを聞き取り、最適な企業を探し出してくれます。

DYM就職では、書類選考をせずに面接に進めるのが他のエージェントにない特徴。求人を出している企業側ではDYM就職の面談を信頼しているので、書類選考を経ずに企業面接を行えるのです。職歴に自信のない人でも、安心して就職活動ができるでしょう。

あわせて読みたい

DYM就職はニートやフリーターの就職率96%!実際に使った私が登録から面接までの流れを解説

続きを読む

優良企業(ホワイト企業)を上手に探して就職を成功させよう!

どのような会社が優良企業(ホワイト企業)かは、自分が何を重視するかによっても違ってきます。具体的にどんな会社に入りたいのか、仕事で何を実現したいのかを考え、就職を成功させましょう。

記事の「探し方」や優良企業のリストも参考に、自分にとって本当に「優良」な企業を見つけてください!

- 1 / 1ページ -