転職するにはハローワークが便利!?転職エージェントとの違いや上手な利用法を専門家が解説

転職活動にハローワークを利用してみたいけど、初めての場合どんなところなのか不安だったりしますよね。

転職エージェントとどちらがいいのか、迷っている人もいるはず。そこでこの記事では、ハローワークの特徴や転職エージェントとの違いについて詳しく紹介します。

この記事に登場する専門家

ハローワークの基本的な情報や、そのメリット・デメリットを解説します。さらに転職エージェントとの違いについて、専門家が詳しく紹介。ハローワークがおすすめな人、そうでない人についても知ることができます。

ハローワークが不向きな人に、おすすめの転職エージェントの情報もお伝えします。

ハローワークってどんなところ?

ハローワークの存在は知っていても、具体的にどんなところかは知らないという人は多いのではないでしょうか?

まずはハローワークで行なっていることについて、基本的な内容を紹介します。

求人を紹介

ハローワークは、失業した人が仕事を見つけることを目的として、厚生労働省が全国各地に設置している行政機関です。他の転職サイトや転職エージェントと違って求人の掲載は無料なので、広告費をかけられない中小企業など、さまざまな企業の求人が掲載されています。そのため、求人数は非常に多いのが特徴です。

就職・転職の相談

ハローワークの窓口には就職支援の専門知識を持つ相談員が常駐し、就職や転職の相談に無料で対応してくれます。希望する求人の相談や仕事の悩みなどに、親身に対応して話を聞いてくれます。ハローワークの求人は地域に密着しているので、地元企業の情報など他のエージェントでは得られない情報を聞くこともできるでしょう。

就職・転職活動のサポート

窓口での相談だけでなく、就職・転職活動のサポートも万全です。適性検査やキャリアカウンセラーによる専門的なアドバイスを受けたり、自己分析やビジネススキルを深めるセミナーも実施されています。応募書類の添削や面接対策などのサポートも行われます。

さらに、シングルマザーやハンディキャップがある人などを対象にした窓口もあります。より細やかなニーズに寄り添う窓口やサポートがあるのが、民間の転職サイト・転職エージェントにはない特徴です。

職業訓練校の相談

ハローワークでは、職業訓練校の相談や斡旋も行なっています。職業訓練は就職に役立つ知識やスキルを無料(一部は有料)で習得できる制度で、さまざまなコースが用意されています

未経験の人でもスキルを身につけて希望の職種に就職することができ、訓練機関では就職を斡旋してくれることもあります。

失業保険の手続き

会社を退職したときに一定の条件を満たしていると失業保険を受給することができます。その手続きを行うのがハローワークで、受給の条件のひとつが「ハローワークで求職活動を行うこと」とされています。その認定のため月に1回ハローワークに出向くことが必要になりますが、受給しながら職業訓練校に入ることもできます。

ハローワークのメリット5つ

求人の紹介やサポートであれば転職エージェントでも行われていますが、特にハローワークを利用するメリットはどこにあるのでしょうか?

そのメリットを5つ紹介しましょう。

求人数が多い

ハローワークの求人掲載は無料なので、非常に多くの求人が掲載されています。それらはすべて、ハローワークの許可が出ている求人という安心感があります

インターネットで簡単に検索もできるので、できるだけたくさんの求人を見て選びたいというときに便利です。

地方(地元)の求人に強い

近くのハローワークに行くと地元の求人が多く、自宅から近い求人を簡単に探すことができます。ハローワークは職業安定法によって「求職者に対しできる限り就職の際に住居の変更を必要としない職業を紹介する」と定められていますが、これに基づいて運用されていることが地方の求人に強い理由です。

ハローワークの求人は地域ごとに密着していので、知られていない地元優良企業に出会える場合もあります。また、相談員は密接に企業とのやりとりを行なっているので、求人内容に書かれている以上の裏の企業情報を教えてくれることもあります。

近場で対面で相談できる安心感がある

ハローワークは全国540ヶ所以上あり、都市部、地方を問わず広範に設置されています。そのため、自宅から近いハローワークに出向いて相談できる安心感があります。

民間の転職エージェントはどうしても都市部が中心になるため、地方住みの人にとって近場にあることは大きなメリットになります。

いろいろ相談にのってくれる

ハローワークの相談員は専門知識が豊富で実績がある人が多く、いろいろな相談にのってくれるのがメリットです。希望する仕事についてなんでも質問することができます。

地元企業と連絡を取り合うなど求人の状況に詳しく、就職活動に有意義な情報を得ることも可能です

職業訓練の相談ができる

ハローワークの大きなメリットのひとつが、職業訓練の相談ができることです。職業訓練では3ヶ月〜6ヶ月(1年〜2年の場合もあり)という期間をかけて高度なスキルを学ぶことができ、仕事を斡旋してもらうこともできます

ハローワークの中に専用の窓口があるので、職業訓練の内容や申し込み方法、選考への対応など、なんでも相談することができます。

ハローワークのデメリット4つ

仕事

メリットがたくさんあるハローワークですが、デメリットもあります。利用する前に知っておきたいデメリットは何か、見ていきましょう。

募集要項が実際の仕事内容と異なることが多い

ハローワークは求人数が多いものの、その中には募集要項か実際の仕事内容と違うものが少なくありません。求人の中にはブラックな企業もあり、それを隠して異なる募集要項を出している場合があります。ハローワークに寄せられる苦情の多くが、募集要項と実際の仕事内容が違うことだとも言われています。

募集要項が正しいかどうかは相談員に確認してもらう、職場見学に行く、面接でしっかり確認するなど、事前に見極める必要があるでしょう。

大手企業の求人が少ない

ハローワークは求人が多いとはいっても中小企業や零細企業が多く、大手企業は少なめです。その少ない大手企業には求人が殺到して、ほとんど採用が見込めないということも多いでしょう。

求人が大手優良企業に厳選されている転職エージェントに比べると、その差は歴然としています。そのため、数は多くても質は良くないということが言われます。もちろん優良な企業は多くありますが、求人数が膨大な分ブラック企業も多く、しっかり見極めることが必要になります

相談員と相性が合わないことがある

ハローワークの相談員の対応は、人によって質が異なるという指摘がされています。親身に対応してくれる人が多いものの、ビジネスライクな人もいるようです。相性もあるので「合わない」と感じたときは、また出直すことも必要になるでしょう

面接対策など、転職エージェントのような手厚いサポートはない

転職エージェントでは面談でこちらの希望や悩みを聞き取り、それに見合った求人を紹介してくれます。また、いい求人が出ればすぐにメールなどで知らせてくれるサービスや、企業からのスカウト機能があるエージェントもあります。しかし、ハローワークでは基本的に求人を探すのは自分で、積極的に動かなければなりません

面接対策などのセミナーはありますが、個別にマンツーマンで対策をしてくれるなど手厚いサポートもありません。

ハローワークと転職エージェントの違い

この見出しに登場する専門家

ここでは、ハローワークと転職エージェントの違いについて、専門家の意見を交えながら説明していきます。

ハローワークは全国規模でたくさんの求人が掲載される

ハローワークは掲載が無料の求人情報であり、公共の安心性もあるため掲載企業も全国規模のたくさんの求人が掲載されています。

ネットで全国の求人情報を見られるほか、管轄のハローワークで検索すれば、地元企業の求人情報をたくさん見ることができます。転職サイトなどでは最寄りの企業を探すのは大変ですが、ハローワークなら簡単に探すことができるでしょう

ハローワークは特徴のある求人が多い

障害者雇用などの求人や、若年層を対象とした求人など特徴的な求人もハローワークには多く掲載されています。

障害者雇用

障害者枠の求人は約5,000件ほどあり、一般枠と同じく、ハローワークにある検索機やネットサービスで探すことができます

障害者手帳を持っている人は障害者枠の求人しか応募できないというわけではなく、一般枠での求人にエントリーすることもできます。

障害者専用の相談窓口もあります。相談員は障害のある人の仕事や就職について専門知識を持っているので、相談しながら求人を探すことができるでしょう。

若年層対象

若者向けのサポートには、新卒者向けとフリーターなど正規雇用を目指す若年者向けの2種類があります。大学院、大学、短大などの学生や既卒3年以内の卒業生向けの「新卒応援ハローワーク」が全国57ヶ所にあり、さらに、正規雇用を目指す若年者を対象にした「わかものハローワーク」や「わかもの支援コーナー」「若者支援窓口」が全国に設置され、サポートを行っています。

給付金などの他サービスも案内してもらえる

書類

ハローワークでは失業保険の給付金の他に、育児休業や教育訓練などの給付金の支給を受ける手続きも行なっています。ハローワークを利用することで、これら給付金の手続きも合わせて案内してもらうことができます。

キャリアコンサルタント 山本ゆきさん
たくさんの求人や、転職エージェントにはない求人枠から探したい人には、一度ハローワークを利用してみるといいでしょう。

このあとは専門家の意見ではありませんが、編集部で調査したハローワークと転職エージェントの違いについて説明しましょう。

転職エージェントは大手優良企業など求人の質が高い

広告料のかかる転職エージェントの求人は、資金力があり人材の確保に前向きな会社ばかりです。ハローワークに比べて数は少ないものの、大手優良企業など質が高いという特徴があります。

また、転職エージェントの中には非公開求人を保有しているところもあり、優先して紹介してもらうことで早く転職を決めることもできるでしょう

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーによるハイレベルなサポートが受けられる

転職エージェントは転職を決めることで利益を上げるサービスなので、必然的にアドバイザーの質は高くなります。しっかり教育を受けたキャリアアドバイザーによる、ハイレベルなサポートを受けることができるでしょう。

最初の面談から求職者に合う求人の紹介、応募書類の作成や面接対策などのサポート、スケジュールの調整や企業との交渉など、丁寧なサポートをしてくれます。一方、ハローワークでは基本的に仕事を探すのは自分で、これだけのサポートを受けることはできません

ハローワークがおすすめな人、そうでない人

この見出しに登場する専門家

国の機関であるハローワークと民間の転職エージェントでは、同じ求人紹介の機関ではあってもかなりの違いがあります。それぞれの特徴を見ながら、自分に合うかどうかを見極めましょう。

安心して相談できる環境を求める人におすすめ

ハローワークは公共の施設ということで、安心して相談できる環境を求める人におすすめです。転職活動で何かトラブルが起きた場合でも、しっかりアフターフォローをしてくれるという安心感があります

例えば、募集要項と実際の労働条件が異なるなど違法なブラック企業に万が一出会ってしまった場合も、公共機関として法的な対処などのフォローを行なってくれます。

給付金の手続きなどにも興味がある人にはおすすめ

ハローワークは失業保険や育児休業、教育訓練などの給付金を受けとる手続きをする場所です。失業保険の給付を受け取るのはハローワークでの求職活動が条件なので、必ず利用しなければなりません。他の給付金の手続きなどに興味がある人も、相談のついでに就職活動ができるのでおすすめです

やりたいことが決まっていない人には不向き

ハローワークには多種多様な求人がありますが、掲載数が多いため、やりたいことが決まっていない人は選択肢が多すぎて応募先を決めきれない可能性があります。やりたい仕事がある程度決まっている、自分で積極的に転職活動がしたいという人に向いています。

積極的な行動ができない人には不向き

エージェントであれば積極的に転職活動を後押ししてくれますが、ハローワークの場合は自ら積極的に行動をする必要があります。そのため、積極的に行動をすることが苦手な人にはおすすめできません。

時間がない人には不向き

ハローワークは受付時間が限られているので、働きながら転職活動をするのは難しくなります。管轄のハローワークに出向く必要があるため、職場が近くない場合は開庁の時間に間に合わない可能性が高いでしょう。転職活動をするのに十分な時間のない人には不向きとなります。

キャリアコンサルタント 山本ゆきさん
ハローワークを利用するのがおすすめな人とそうでない人は、割とハッキリ分かれるようです。ハローワークが不向きな人は、転職エージェントを利用しましょう。

ハローワークで自分に合う企業に出会う7つのポイント

この見出しに登場する専門家

ここでは、専門家が推奨する「ハローワークを利用する場合の7つのポイント」を紹介しましょう。

自己分析をする

ハローワークに限らず、転職活動をする際にはまず自己分析が必要になります。転職活動では、履歴書や職務経歴書などの応募書類や面接で自分の強みを企業に伝えなければなりません。

自己分析で自分の強みを導き出すことで初めて、しっかりと自己PRができるようになります。自分の強みを知ることで、どのように企業に貢献できるかも説得力を持って伝えることができるでしょう。

自分の強みがわからなければ、それを活かす仕事を見つけることができません。また、自己分析することでこれまで気がつかなかった自分に合う仕事を見つけることもでき、選択肢や自分の可能性が広がります。

自己分析をするのにおすすめなのが、転職サイト「リクナビNEXT」に登録すると利用できる「グッドポイント診断」です

この診断では、18の資質の中から5つの強みを知ることができます。無料ながら質問数が約300もある本格派なので、導き出される結果は信頼に値するでしょう。

\無料で5つの強みを知ろう!/

次の記事では、「グッドポイント診断」を実際に受けた体験談を読むことができます。さっそくチェックしてみてくださいね。

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

適した職種を探す

自分の強みがわかったら、次に適した職種を探しましょう。

適職診断アプリ・VIEW

出典:VIEW

自分の強みが活かせる職種であることに加えて、自分の価値観に合うかどうかがポイントです。給与や待遇が良くても、自分の価値観に合わない仕事ではやりがいを感じないでしょう。

価値観に合う職種かどうかを知るのに役立つのが、「適職診断アプリ・view」です。20代のハイクラス向けのアプリで、いくつかの質問に答えるとAIが診断し、自分の価値観に合った職種をランキング形式で教えてくれます。

ダウンロードは無料なので、まずは試してみましょう!

VIEWの詳しい内容については、次の記事で読むことができます。

価値観×AIキャリア診断「VIEW」を実際にやってみた!VIEWはどんな人にオススメ?

ミイダス「コンピテンシー診断」

自分の強みや適職を知るのに役立つツールでもうひとつおすすめなのが、「コンピテンシー診断」です。転職サイト「ミイダス」に無料登録すると利用できる診断で、自分の強みや適性の高い職種、低い職種を予想してくれるほか、マネジメント能力やストレスを感じやすい環境などについて知ることができます。

\市場価値チェック、仕事での自己分析、個性の「クセ」の対処法を知りたいなら/

次の記事で「コンピテンシー診断」の詳細が紹介されています。ぜひ読んでみてくださいね。

ミイダスのコンピテンシー診断(旧キャリア適性チェック)でわかる自分の5つの強み!

開庁時間を確かめ、余裕を持って出かける

ハローワークは地域によって利用可能な時間帯が異なり、土日祝日の対応をしていないところもあります。開庁時間を事前に確認するようにしましょう。

予約をするのがおすすめ

求人以外の用事でも多くの人が利用しているので、時間帯によっては相当な混雑が予想されます。時間には十分に余裕を持って、可能な場合は予約をして行くことをおすすめします。

自分で募集要項の内容が正しいか事実確認をする

必ず自分で募集要項の内容が正しいかどうか事実確認をしましょう。ハローワークが現地確認をしていない場合も多いため、事実と相違がある可能性もあります

いつも募集している求人は避ける

求人情報を連日見ていると、いつも募集している求人があるのに気付く場合があります。これは人の出入りが激しく、いつも人手不足で求人をしているなどブラック企業の可能性が高いでしょう。このような求人は避ける必要があります。

相性のいい相談員を見つける

ハローワークの相談員は対応の質にバラつきがあります。自分と相性が合わないと思ったら相談は早々に切り上げ、相性の合う相談員を探すようにしましょう。

欲しい情報は遠慮なく聞く

ハローワークで応募の相談をする際には、どういった人が応募したことがあるのか、採用された人はどのような人か、現在その会社に応募している人はいるのかなど、欲しい情報は遠慮せずに聞いてみてください。

ハローワークでは求人の企業と密に連絡を取り合っているのでその情報には詳しいことが多く、わからないことでもすぐにその場で電話をして確認してくれます

特に採用実績はしっかり確認する

応募しようと思う企業の情報はできるだけ多く聞くことが大切ですが、特に採用実績はしっかり確認するようにしてください。

求人掲載が無料でできるので、掲載だけしていて積極的に募集していない場合もあります。求人内容を鵜呑みにしないことが、自分に合った企業に就職するためには重要になります。

キャリアコンサルタント 山本ゆきさん
自己分析や適職診断で自分に合う職種を見つけたら、それをもとに求人を探しましょう。相性の合う相談員にできるだけ詳しく企業情報を教えてもらい、その内容を応募書類や面接に役立ててください。

転職エージェントに登録するなら、こちらがおすすめ!

ハローワークには向いている人とそうでない人がいます。「具体的にどんな仕事がやりたいのかよくわからない」「今の仕事を辞めずに転職活動がしたい」という人は、転職エージェントを試してみましょう。

特におすすめの優秀なエージェントを紹介します。

求人保有数が圧倒的!リクルートエージェント

一般の求人サイトには公開されていない非公開求人が20万件以上と、業界最大数を保有するのが強みです。各業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに沿った仕事を厳選して紹介してくれます。

応募書類の添削や面接対策などのサポートだけでなく、独自に分析した業界・企業情報を提供してくれるなど、ほかにはないサービスも魅力です。

希望する条件に合った仕事を紹介!doda

出典:doda

10万件以上の求人を保有する業界最大手のエージェントです。非公開求人も多く、プロのキャリアアドバイザーがあなたの希望や適性に合った求人を紹介してくれます

応募書類の書き方や、応募企業ごとの面接のアドバイスといったサポートもあります。応募書類の提出、面接日程の調整なども代行してくれるので、今の仕事を辞めずに転職活動を進めることができるでしょう。

年収1,000万以上の求人が多い!ビズリーチ

出典:ビズリーチ

年収1,000万円を超える求人が3分の1以上 という、ハイクラス向けの転職エージェントです。今よりも年収アップしたい、キャリアアップを図りたいという人におすすめ。企業の中核を担う求人に出会えます。

あなたの職務経歴書に興味を持った企業やヘッドハンターからスカウトが届くこともあり、8割以上の成功者がスカウトへの返信をきっかけに転職しているという実績があります。

ハローワークを上手に利用して、転職を成功させよう!

ハローワークは求人数が多く、地方の求人に強いなど転職エージェントとは違ったメリットがあります。「地元の優良企業に就職したい」「職業訓練を受けてみたい」という人は、気軽に利用してみましょう。

転職活動に不慣れで自分に合う仕事がわからない人や、在職中でハローワークに行く時間がない人は、転職エージェントの利用がおすすめです。記事で紹介したエージェントはどこも定評のある大手なので、安心して転職活動を進めることができます。ぜひ利用してみてくださいね。