結婚相談所の成婚率は実は低い?本当に成婚できる結婚相談所の見分け方とは?

「結婚相談所の成婚率って信頼できるの?成婚率が記載されていないところもあるけど、実際どのくらいなのか知りたい。」

結婚相談所の成婚率が50%だと、2人に1人は結婚できていると思っていませんか?実は、実際に結婚できている人数はもっと少ない場合が多いです。それでは成婚率とは一体何の数値なのでしょうか。結婚相談所を選ぶ前に、成婚率について詳しく知っておきましょう。

 

結婚相談所を選ぶ際、成婚率で選ぶ方も多いのではないでしょうか。成婚率が何の数値なのか確認しておきましょう。また、結婚相談所の見極め方も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事のライター:mina

結婚相談所の成婚率とは?

100人に聞いた「結婚相談所の成婚率は何%だと思う?」


20代~50代の男女に、「結婚相談所の成婚率は何%くらいだと思いますか?」というアンケートをとりました。8割以上が「結婚相談所に入会すれば80%~100%の確率で結婚できる」と考えているようです。実際の成婚率はどのくらいなのでしょうか。

結婚相談所の平均成婚率は、8.3%

平成18年5月に経済産業省が公表した「少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究 」の調査データによると、「仲人・結婚相談型サービス」を利用した男性の成婚率が7.9%、女性が8.6%となっています。成婚率の計算方法は「成婚者数÷加入者数」で、平均すると8.3%です。

参考:経済産業省 「少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究 資料編」

結婚相談所によって成婚率の出し方が異なる

平均は8.3%といっても、結婚相談所の中には成婚率が50%以上と書かれているところもあります。平均成婚率の数値と比較すると、かなり優秀な結婚相談所に見えますよね。実は成婚率の数値が高くなるようなカラクリが隠されている場合が多いのです。

成婚率の求め方は、結婚相談所によってそれぞれ異なります。そのため一律で比較することが難しく、「成婚という言葉の定義」や「計算の仕方」によって、高くなったり低くなったりしてしまいます。

そもそも成婚ってどこまで?

20代~50代の男女に、結婚相談所での「成婚」の意味について、アンケートを取りました。80%の方が「成婚=結婚」と考えているようです。

しかし、実際には結婚相談所によって「成婚」の意味が異なります。「成婚」の意味が異なるということは、「成婚率」の数値も変化するということ。入会を考えている結婚相談所が、どの段階を成婚と呼んでいるのか、事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

真剣交際

「結婚を前提に交際を開始する」ことを成婚とみなす結婚相談所も多くあります。この場合、交際を開始する時点で結婚相談所を退会することになるため、交際中の相談などはできません。

婚約

婚約できたことを成婚とみなす場合も多いです。婚約といっても、「プロポーズをしてOKをもらうまで」「両親の許しをもらうまで」など、段階は結婚相談所によって様々です。

結婚

成婚を「実際に結婚するまで」と考えている結婚相談所はほとんどありません。

真剣交際をしても、婚約をしても、結婚までは至らないこともあります。「成婚=結婚」と定義していない結婚相談所では、実際に結婚できなくても、その結婚相談所が定義する成婚の条件を満たしていれば、成婚者としてカウントされてしまうのです。

実際に成婚率はどう求められているの?

成婚率の計算方法は定められていません。一般的に、成婚率というと「結婚相談所に入会した人の中で実際に結婚できた人」をイメージしがちですが、成婚率の計算方法は結婚相談所によって様々です。以下の表を基に、計算方法を3つ紹介していきます。

会員数 全退会者数 成婚による退会者数
2018年 100人 30人 10人
2019年 100人 10人 5人

①「成婚による退会者数」÷「総会員数」

1つ目は「成婚による退会者数÷総会員数」、つまり「結婚相談所に入会した人の中で実際に結婚できた人」を成婚率として計算している場合です。この計算方法で成婚率を出している結婚相談所で成婚率50%なら、2人に1人が結婚できているということになります。経済産業省が公表したデータはこの計算方法で成婚率を求めています。

表の数値から実際に成婚率を求めてみると、「15人(成婚による退会者数)÷100人(総会員数)=0.15」となり、成婚率は15%です。

②「成婚による退会者数」÷「全退会者数」

2つ目の計算方法は、「成婚による退会者数÷全退会者数」です。この計算方法には現在婚活中の会員が母数として含まれていません。

表の数値から実際に成婚率を求めてみると、「15人(成婚による退会者数)÷40人(全退会者数)=0.375」となり、成婚率は37.5%です。同じ数値を見て成婚率を求めているにも関わらず、成婚率は①の結果の2倍以上になっています。

③「一定期間の成婚による退会者数」÷「一定期間の全退会者数」

3つ目は②の計算方法を使い、期間を区切って成婚率を求める方法です。成婚による退会者数が多く、÷成婚せず退会した会員数が少ない期間で計算すると、成婚率が高くなります。

表の数値から実際に成婚率を求めてみましょう。2018年に区切って計算した場合、「10人(2018年の成婚による退会者数)÷30人(2018年の全退会者数)=0.333」となり、成婚率は33.3%です。2019年の場合は、「5人(2019年の成婚による退会者数)÷10人(2019年の全退会者数)=0.5」となり、成婚率は50%となります。

計算方法を変えれば、成婚率の見せ方を大きくすることが可能です。

大手結婚相談所の成婚率比較

大手結婚相談所4社の「成婚の定義」「成婚率の出し方」「成婚率」を比較しました。IBJメンバーズとハッピーカムカムは成婚率50%以上ですが、計算方法を見てみると2人に1人が結婚しているという訳ではなさそうです。詳しく見ていきましょう。

IBJメンバーズ クラブ・マリッジ パートナーエージェント ハッピーカムカム
成婚の定義 婚約 婚約(プロポーズ) 婚約 記載なし
成婚率の出し方 成婚退会者÷全退会者 成婚者数÷総会員数 年間成婚退会者÷年間平均在籍会員数 記載なし
成婚率 51.7% 24% 27.2% 53.3%

クラブ・マリッジ

成婚の定義 婚約(プロポーズ)
成婚率の出し方 成婚者数÷総会員数
成婚率 24%

クラブ・マリッジの成婚率は24%で、4つの結婚相談所の中では最も低い数値となっています。しかし、成婚率の出し方は「成婚による退会者数÷総会員数」のため、計算方法を変えて成婚率を高く見せようとしておらず、良心的と言えるでしょう。また、成婚の定義に関してもプロポーズまでと明記されいます。

\プロデューサーによる婚活サポート/

結婚相談所リーブの口コミと評価。関西の会員が多い地域密着型の結婚相談所!

パートナーエージェント

成婚の定義 婚約
成婚率の出し方 年間成婚退会者÷年間平均在籍会員数
成婚率 27.2%

パートナーエージェントは一定期間で区切って、「年間の成婚による退会者数÷年間平均在籍会員数」で成婚率を計算しています。「年間」というのが「去年1年間」という意味であれば、情報が更新されているため、結婚相談所の現状を正しく把握することができます。しかし、「年間」についての明記はされていないため、直近で数値の良かった年の成婚率を開示している可能性もあります。

\業界トップレベルの成婚率/

パートナーエージェントの口コミと評価。無駄なく計画的に婚活を進められる!

ハッピーカムカム

成婚の定義 記載なし
成婚率の出し方 記載なし
成婚率 53.3%

成婚率は53.3%と非常に高いですが、成婚の定義や成婚率の出し方について記載がありません。ハッピーカムカムは4つの結婚相談所の中では最も高い成婚率ですが、ほかの結婚相談所の成婚率の求め方で計算をすると、成婚率が低くなる可能性があります。

\ワンランク上の出会いができる/

ハッピーカムカムの口コミと評判。ワンランク上の男性と出会える結婚相談所?

IBJメンバーズ

成婚の定義 婚約
成婚率の出し方 成婚退会者÷全退会者
成婚率 51.7%

IBJメンバーズの成婚率は51.7%と非常に高い数値ですが、計算方法は「成婚による退会者数÷全退会者数」で、現在婚活中の会員は含まれていません。

\業界最大の会員数!/

IBJメンバーズの口コミと評価。業界最大の会員数と、独自の成婚の定義が特徴!

成婚できる結婚相談所のポイント

成婚率は定義が定められておらず結婚相談所によってそれぞれなので、成婚率だけを基準にして結婚相談所を選ぶのはおすすめしません。ここからは、結婚相談所を選ぶときに何を見ればいいか解説していきます。おすすめの結婚相談所も紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

①提出必須の証明書が多い

成婚に至るためには、自分の活動も重要ですが、そこに登録している相手がどのような気持ちで婚活をしているいかという点も重要な要素となります。いくら一生懸命活動しても、そこに登録している人が不真面目に婚活をしているならば、あなたの頑張りは無駄になってしまうでしょう。成婚をしたいなら、結婚を本気で目指している人が多く所属している結婚相談所を選ぶことが理想です。

一つの基準として証明書の提出必須の証明書について見てみると良いでしょう。証明書の提出は手間がかかることですから、独身証明書をはじめ年収や学歴証明書など多くの提出が必須の結婚相談所は本気で婚活をしている人が多いともいえます。

おすすめの結婚相談所:エン婚活エージェント

エン婚活エージェントでは入会時に、本人証明書・独身証明書・年収証明書・学歴証明書の提出が必須となります。そのため結婚歴や年収、学歴などを偽ることはできません。成婚に至るためには、やはり相手が本気で結婚を考えて活動しているかが重要。エン婚活では不真面目な婚活をしている人とは出会いにくいと言えるでしょう。

\証明書の提出が必須だから、本気で婚活している人が多い/

エン婚活エージェントの口コミ・辛口評判!評判は悪い?結婚相談所なのに会えない?

②担当カウンセラーの質が高い

サポートやアドバイスをしてくれるカウンセラーは、婚活において非常に重要な存在です。カウンセラーの教育や質に力を入れている結婚相談所を選ぶようにしましょう。

カウンセラーの資格の有無

結婚相談所のカウンセラーになるために必要な資格はありません。そのため全く資格を持っていないカウンセラーもいれば、自主的に「仲人士」などの資格を取得しているカウンセラーもいます。カウンセラーの質は資格の有無だけではありませんが、質を見分ける方法として知っておくと良いでしょう。また、結婚相談所の中には社内試験を実施しているところもあります。

サポート体制

デート中やメールの返信に困ったときなど、カウンセリング時間以外にもサポートしてもらえると心強いですよね。一人一人に専属のカウンセラーが付き、親身になって相談にのってくれる結婚相談所を選びましょう。

おすすめの結婚相談所:パートナーエージェント

総合評価  無駄なく計画的に婚活を進めたい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度
  • 独身証明書
  • 卒業証明書
  • 年収証明書 などが必要
成婚率
出会える数 平均月2名
サポート面
パートナーエージェントでは、段階ごとに分けて7人のスぺシャリストが婚活をサポートしてくれます。担当のカウンセラー以外のカウンセラーやスペシャリストからも、アドバイスをもらうことができるためおすすめです。
\業界トップレベルの成婚率/

パートナーエージェントの口コミと評価。無駄なく計画的に婚活を進められる!

③サービス内容が充実している

結婚相談所が行っているサービスはそれぞれ異なります。どこまでサポートしてもらえるのか、事前にホームページなどで確認しておきましょう。

自分に合ったサービスが選べる

求めるサポートや使用頻度、婚活に使えるお金は人それぞれです。いくつかのプランが用意されており、自分に合うプランを選べる結婚相談所がおすすめです。

婚約までサポート

相手の紹介だけでなく、交際中のアドバイスやプロポーズ、両親への顔合わせなど、婚約までをサポートしてもらえると結婚できる可能性はかなり高くなります。成婚を真剣交際までとしている結婚相談所では、婚約までのサポートを受けることができないので注意しましょう。

おすすめの結婚相談所:ツヴァイ

総合評価

色々な出会い方を試してみたい人におすすめ

料金(入会費)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度  
  • 独身証明書
  • 収入証明書
  • 卒業証明書 が必要となります。
成婚率 具体的な数字は出ていない。ただ1日あたり14人、年間5,427人が成婚退会している。
出会える数 最大96人/年
サポート面

ツヴァイでは、「プロのサポートをしっかり受けたい」「短期集中で効率よく婚活したい」「費用を抑えて自分のペースで婚活したい」など、婚活スタイルに合わせていくつかのプランが用意されています。自分に合うプランを提案してもらえるので、より無駄のない婚活ができておすすめです。

\出会う手段が豊富な結婚相談所/

ツヴァイの口コミと評価(20代~40代)!年齢層・男性のレベルは?出会い方の豊富さが魅力

 

④会員数が多くたくさんの人と出会える

どんなにカウンセラーの質が良くサービスが充実していても、会員数が少なければぴったりのパートナーと出会える確率は下がってしまいます。結婚相談所の会員数が多いところや、日本結婚相談所連盟に加盟している結婚相談所を選びましょう。日本結婚相談所連盟とは、加盟店舗の会員どうしなら他の結婚相談所の会員とも出会える、国内最大級のお見合いシステムです。

おすすめの結婚相談所:IBJメンバーズ

総合評価  婚約までしっかりとサポートしてほしい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層 男性は約66%、女性は約90%が20~30代
結婚への本気度  独身証明書など6つの証明書の提出が必須
成婚率
出会える数 6~22人以上/月(コース・利用オプションによる)
サポート面

IBJメンバーズは、結婚相談所の中でも最大級の会員数を誇ります。日本結婚相談所連盟にも加盟しており、加盟会員数を含んだ会員数は2019年2月時点で62,669名と開示されています。

\業界最大の会員数!/

IBJメンバーズの口コミと評価。業界最大の会員数と、独自の成婚の定義が特徴!

⑤婚活サービスの運営期間が長い

婚活サービスの運営機関が長い老舗の結婚相談所には、長くサービスを続けられている理由があります。ベテランのカウンセラーの方がいたり、他の結婚相談所にはない独自のノウハウがあったりと、洗礼されたサービスを受けられることが多いです。

おすすめの結婚相談所:サンマリエ

総合評価 1年以内に結婚したい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数 開示されていない
会員の年齢層 開示されていない
結婚への本気度 独身証明書など全4種の証明書の提出が必須
成婚率 開示していない
出会える数 1~31人以上/月(プランによる)
サポート面

サンマリエは、昭和56年に創業した老舗結婚相談所です。成婚率は記載されていないものの、1年以内に結婚している人が90%もいるという驚異の実績があります。データマッチングだけに頼らない、担当アドバイザーが人柄重視で相手を紹介してくれる丁寧なサービスが特徴的です。

\会員の90%が1年以内に結婚をしている!/

サンマリエの口コミと評価。90%が1年以内の結婚している実績が最大の強み!

⑥会員の活動状況が開示されている

会員の男女比に差があることや、年齢層が自分と合っていないことが入会後に判明してしまうと、時間もお金ももったいないですよね。会員の活動状況が開示されている結婚相談所であれば、結婚相談所選びの失敗をある程度は未然に防ぐことができます。

おすすめの結婚相談所:クラブ・マリッジ

総合評価   しっかりとしたサポートのもとで婚活を進めたい人におすすめ
料金(入会金)
料金(初期費用)
料金(月会費)
料金(お見合い費用)
料金(成婚料)
会員数
会員の年齢層
結婚への本気度 独身証明書をはじめとする5種類の書類の提出が必須
成婚率
出会える数 最大50名/月 の申し込みと最大3名/月 の個別紹介が可能。申し受けは無制限。
サポート面

クラブ・マリッジは、成婚の定義や成婚率の計算方法について明確に記載していましたが、会員の活動状況についても細かく開示しています。会員の年収や学歴、出身地などの情報もホームページから確認することができます。

\プロデューサーによる婚活サポート/

結婚相談所リーブの口コミと評価。関西の会員が多い地域密着型の結婚相談所!

まとめ

成婚率には決められた計算方法がないため、数値が高く見えるよう都合の良い計算方法で成婚率を求めている結婚相談所も少なくありません。成婚率を開示している結婚相談所の「成婚の定義」や「成婚率の母数や計算方法」を確認したうえで判断することが大切です。成婚率が高いからといって、その結婚相談所に決めるのはやめておいた方が良いでしょう。

結婚相談所を選ぶ際には、成婚率だけでなく担当カウンセラーの質や会員数の多さ、サポート体制などにも注目して、自分に合う結婚相談所に入会しましょう。