結婚相談所の年収は気になる?安定して生活できる男性との出会い方

「結婚に愛情は欠かせない。でも、お金で苦労するのはイヤ。結婚相談所の男性会員の年収って、気にしたほうがいいのかな?婚活している女性は、どんなふうに考えているんだろう…。」

結婚相談所で婚活するなら、お相手男性の年収は重要視すべきなのでしょうか?生涯未婚率は、男性で23.4%、女性で14.1%といわれています。高望みはよくないとわかっていても、低い年収の男性では結婚生活を続けて行けるのか懐疑的ですよね。

そこで今回は、結婚相談所で安定した生活ができる年収を持つ男性との出会い方をご紹介いたします。男性の年収が結婚に及ぼす影響を知って、より自分に合った婚活を目指していきましょう。

婚活中の女性にアンケートをとって、男性の年収についてセキララな想いを語ってもらいました。結婚相手の年収は気になる?理想の年収はいくら?年収300万円の男性と結婚できるかどうかなど、婚活女子のリアルな事情をまとめています。

結婚後、男性の年収が及ぼす女性のライフスタイルの変化もシミュレーションしてみました。自分には年収いくらの男性がピッタリなのか知りたい女性にもお役立ち情報満載です!

この記事のライター:hayakyo

婚活をする上で相手の「年収」を気にする女性は多い。


「年収の少ない人と結婚したら、苦労するよ!」って、親御さんからアドバイスされた婚活女性も多いことでしょう。結婚相談所の男性会員プロフィールシートには、必ず年収を記載する項目があります。

確かに、結婚してからお金に苦労はしたくない。だけど、結婚にどれくらい男性の年収が影響するのかはイメージしづらいところ。それに、他の女性が年収をどれくらい重要視して婚活しているのかどうかも知りたい部分ですよね。

そこで、feely編集部では、20代~40代の婚活女性に「結婚を考えたとき、お相手の年収が気になるかどうか?」のアンケートをとってみました。

「お金は気にならない、それよりも愛情重視で」という回答が多いかと思いきや、「男性の年収が気になる」と答えた婚活女性は、なんと90%に上ったんです。

やっぱり婚活はシビア!早速、世の婚活女性たちのセキララな思いを詳しく見ていきましょう。

婚活を頑張っている女性に聞いた、「結婚相手の年収」を気にしますか?

アンケート結果は以下のとおりです。結婚相手の年収がとても気になると答えた婚活女性は35%、気になると答えた女性は55%でした。どちらでもない、気にならないと答えた女性はわずか10%と低め。

お金より愛が欲しいと言いたいところなのでしょうが、ほとんどの婚活女性は、やっぱり男性の年収を重視しながら活動していたんです!今まで何も気にせずに結婚相談所で婚活していたのなら、自分にピッタリの男性年収はいくらなのかについて考えるよい機会なのかもしれませんよ。

男性会員人気年収ランキング

では、世の婚活女性はどのくらいの年収の男性を結婚相談所で希望しているのでしょう?最低年収はいくら必要なのか、理想年収はいくらであれば嬉しいのか、feely編集部でアンケートを取り、ランキング形式でまとめてみました。

最低年収ランキング 理想年収ランキング
1位 500万円(30%) 1000万円(25%)
2位 400万円(25%) 700万円・500万円(20%)
3位 300万円(20%)  600万円(15%)

 

あなたが結婚相手に希望する男性は、どのくらいの年収でしょうか?アンケート結果では、結婚するなら最低でも年収500万円は欲しい、理想では1000万円欲しいと考えている婚活女性が最も多く存在することが判明しました。

しかし、平成29年度の国税調査では、男性の平均年収は532万円との結果が…。その事実から鑑みると、世の婚活女性の理想年収の実現は少し厳しいといえそうです。

結婚相談所で、理想の年収を持つ男性と出会うためには?

結婚には愛が必要。しかし、結婚は生活でもあるので、自分に合った年収を持つ男性を重視することも大切なポイントです。この項では、理想の年収を持つ男性との出会い方をご紹介します。

プロフィールに希望年収を妥協せずに書く

理想の年収を持つ男性と出会うには、プロフィール情報に希望年収を妥協せずに記入することがおすすめです。妥協してしまえば、当然ですが理想とは違う年収の男性を紹介されてしまいます。

「本当は希望年収じゃないのに…」「この年収男性と結婚しても大丈夫なのかしら」など不安だらけでお見合いするのは精神衛生上よくありません。また、期待してお見合いに挑んでくれたお相手男性にも失礼になってしまうといえるでしょう。

理想年収の男性会員が多く在籍する結婚相談所に入る

ハイスペック男性限定だったり、月会費を安くして年収の低い男性でも入会しやすくしていたり。結婚相談所には、さまざまな個性を打ち出しているところがあります。

そのため、理想年収の男性会員が多く在籍している結婚相談所へ入会すれば、実りある婚活に近づけるといえるでしょう。男性会員の年収データを公開している結婚相談所から検討してみることがおすすめです。

年収以外の項目は、高望みしない

年収・容姿・人柄ともにパーフェクトで魅力的すぎる男性会員との出会い。ゼロではないですが、結婚相談所の出会いと考えると現実的ではないと考えられるでしょう。

そのため、婚活では年収が最優先条件と決めたなら、それ以外の項目は高望みしないことがおすすめ!容姿は見慣れると愛着を感じるかもしれませんし、会話などのフィーリングは打ち解けていくうちに変化を期待できるでしょう。

年収だけは、転職でもしない限り大きな変化を見込めません。重視するもの、妥協できるものをハッキリさせておけば、早めの成婚も夢ではないといえるのです。

女性が安定して生活するにはどれくらい必要なの?

あればあるほど嬉しい男性の年収。しかし、実際のシビアな婚活状況では夢ばかり見てはいられないものです。また、年収が希望より少なくても、素敵な男性ならぜひお見合いしてみたいという気持ちを持った女性もいることでしょう。

実際に、女性が結婚して安定して生活するにはどれくらいの年収が必要?男性の年収から予測できる結婚生活の実態と、該当する年収男性に会えるおすすめの結婚相談所をまとめてみました。

年収500万円からが結婚して安定して生活できる目安

年収500万円の男性であれば、手取り金額はおよそ400万円になります。月平均にすると、約33万円ほどのお給料となるでしょう。女性が結婚して安定した生活ができる目安は、この年収500万円から。

結婚後は子どもを設けずに夫婦2人暮らしで贅沢しないなら、専業主婦希望の女性でも大丈夫です。年収103万円の扶養内で働きながら、子育てしたい女性もやりくり次第でなんとか生活していけるといえるでしょう。

ちなみに、年収500万円は20代後半男性の年収到達目安として理想的。結婚相談所で年収500万円の20代後半男性(正規雇用)と出会えたなら、将来的に「金の卵を見つけた!」といっても過言ではないでしょう。

◆年収500万円男性なら楽天オーネット

年収500万円男性と出会いたいなら、楽天オーネットがおすすめです。年収500万円の男性が20%も在籍しています。大卒の男女比もお互いに50%を超えているので、バランスのよいお相手と出会える結婚相談所といえるでしょう。

\業界トップクラスの会員数が魅力/

楽天オーネットスーペリアの口コミ。人生のパートナーが見つかる中高年向けの婚活サービス

子供が欲しい・扶養内で働くなら年収700万円以上がおすすめ

年収700万円男性の手取り金額は、およそ550万円となります。月々にして、45万円ほどがお給料として受け取れる計算です。子供ふたり、妻は扶養内で働けば、なんとかやりくりしていけるでしょう。

しかし、年収700万円も稼ぐ男性は、20代にはほとんどいません。年収700万円男性が希望なら、その多くが30代、40代男性になるでしょう。結婚相談所でお見合いし、すぐにでも成婚・寿退職・出産を目指したい女性にとっては、理想的な年収条件の男性といえそうです。

◆年収700万円男性ならIBJメンバーズ

年収700万円の男性と出会いたいなら、IBJメンバーズがおすすめです。年収700万円前後の男性が33.9%も在籍しています。しかも、男性会員の88%が大卒というハイスペックぶり。入会しても失敗のない結婚相談所といえそうです。

\業界最大の会員数!/

IBJメンバーズの口コミと評価。業界最大の会員数と、独自の成婚の定義が特徴!

子供3人欲しいなら、共働きで年収1000万円欲しい

年収1000万円男性の手取りは、700万円台前半となります。仮に手取り金額を730万円と仮定すると月平均にして約60万円がお給料となります。リッチな年収に思えますが、子供が3人欲しいなら目指しておきたいステータス。

女性も共働きなら、男性と合算で1000万円あれば、無理なく3人の子育てを楽しんでいけるといえるでしょう。結婚して余裕ある暮らしを謳歌したい女性にも、気にしておきたい年収条件と考えられます。

◆年収1000万円男性ならマリッジクラブ・ウィッシュ

年収1000万円の男性と出会いたいなら、マリッジクラブ・ウィッシュがおすすめです。男性会員の93%が年収600万円以上、また会員の3人に1人が年収1000万円以上の男性というハイスペックな結婚相談所。収入証明書の提出は必須となっており、偽りの年収ではありませんから、安心して活動することができます。

\高スペック男性と出会える/

マリッジクラブ・ウィッシュの口コミと評価。高スペック男性と出会える結婚相談所

300万円〜1000万円以上まで幅広い年収の男性が所属「エン婚活エージェント」

 

画像引用元:エン婚活エージェント公式HPどの年収の男性をきぼうすればいいかわからない、そんな時は300万円〜1000万円まで幅広い年収の男性が登録している結婚相談所がおすすめ。エン婚活エージェントは月々9800円から始められるという圧倒的低価格でサービスを提供しているため、色々な層の男性が登録していますよ。

\圧倒的低価格の結婚相談所/

エン婚活エージェントの口コミ・辛口評判!評判は悪い?結婚相談所なのに会えない?

大手結婚相談所&出会いが無い場合の返金制度が安心「パートナーエージェント」

パートナーエージェントも幅広い層の男性と出会える相談所としておすすめです。入会3か月以内に出会いがない場合、登録料の返金があるのも良心的です。

\業界トップレベルの成婚率/

パートナーエージェントの口コミと評価。無駄なく計画的に婚活を進められる!

どうしよう…年収300万円の男性とは結婚できない?

ここで気になるのが、結婚相談所の年収300万円男性を結婚対象として見ることができるかという問題です。実際に、年収300万円で結婚相談所に登録している男性はいっぱい!お見合いして「素敵な人だったけど、年収300万円がネックで…」という女性もいるでしょう。

結局のところ、世の婚活女性は年収300万円男性を結婚相手として見ることができるのでしょうか?それとも、やはり年収300万円男性との結婚は対象外?feely編集部では、20代~40代の婚活女性に再びアンケートをとってみました。

◆あなたは年収300万円男性と結婚できますか?

気になる結果は以下の通りです。年収300万円男性と結婚できると回答した婚活女性は15%しかいませんでした。少し考えたいと回答した女性は45%、できない・断固として無理と答えた女性は40%にも上ります。

このように回答したのはどのような思いからなのか、アンケート結果から婚活女性の抱える事情を詳しく見ていきましょう。

Mさん(30代)
「苦労が目に見えているから無理。姉が年収100万円の男性と結婚して、苦労した挙句に離婚した。」
Dさん(40代)
「フルタイムで働かないといけないのはキツい。苦労するのではなく、幸せな結婚がしたいです。」
Bさん(30代)
「自分より稼ぎのない男性を結婚相手として見るのは不可能。」
Iさん(20代)
「男性に将来性と資産があれば考えます。」
cさん(30代)
「安定した職業で、相性がよく、見た目も好みなら前向きに考えます。」
Aさん(30代)
「働いていることが重要。年収よりも性格を重視したいです。」

以上のように、年収300万円男性との結婚は「無理」と考える女性が圧倒的でした。資産があったり、人柄がピッタリだったりなら、前向きに結婚を検討するという回答もありますが、積極的に年収300万円男性との結婚を望む婚活女性は限りなく少数派だといえそうです。

年収300万円は共働き必須!

年収300万円(以下、ボーナスは年収に含む)の男性と結婚した場合、手取りの金額はおよそ240万円。月々にして、20万円ほどがお給料の実質金額となるでしょう。年収300万円の男性と結婚相談所で成婚した場合、女性の共働きは必須事項となります。

夫婦2人暮らしのモデルケース

・家賃    60,000円
・食費    40,000円
・水道光熱費 10,000円
・通信費   10,000円
・日用品費    5,000円

上記のように、新婚生活では最低でも毎月125,000円が固定の生活費として必要になると考えられます。ここからさらに生命保険やガン保険、娯楽費などをプラスしていくと、将来に向けての貯蓄をする余裕はなくなってしまうと考えられるでしょう。

生活するだけでいっぱいいっぱいの年収300万円男性と成婚を目指すなら、女性も働いて200万円以上の年収をキープしたいところ!「結婚したら専業主婦になりたい」「扶養内で働きながら、子育てをしていきたい」という女性には、厳しい条件のお相手といえそうです。

逆に、「自分も仕事を辞めたくない」「バリバリ稼ぐから、家事と育児の負担は夫と半々にしたい」という女性にはよい条件を持った男性だといえるでしょう。

低い年収の男性でも結婚相談所で登録、結婚する方法

女性があえて結婚しようとは思えない年収の低い男性。このままでは、もしかすると一生結婚できないかもしれないのでしょうか?実は、そんな男性でも結婚相談所で登録、結婚する方法がたくさんあります。解決策を詳しく見ていきましょう。

低い年収の男性が集まる結婚相談所へ入る

低年収の男性がコンプレックスを感じずに婚活するためには、同じような年収の男性が集まる結婚相談所へ入会するとよいでしょう。

おすすめの結婚相談所はツヴァイ

多くの結婚相談所は、女性に人気の年収500万円~699万円ぐらいの男性がボリュームゾーン。しかし、ツヴァイでは年収300万円~499万円までの男性も、同じくらいの人数が在籍しているのです。

この理由は、ツヴァイが若い20代男性の婚活を応援しているから!なんと、20代割という割引システムを使えば、けっこうな金額の入会金が65%OFFになるんですよ。

月会費は払えても、入会金の高さに躊躇して入会を思いとどまっている低い年収の男性は多いです。また、イオングループの結婚相談所というネームバリューも、低い年収の男性が親しみを感じる一因となっているでしょう。

\出会う手段が豊富な結婚相談所/

ツヴァイの口コミと評価(20代~40代)!年齢層・男性のレベルは?出会い方の豊富さが魅力

家事や育児に協力できることをアピールする

ハイスペック男性は年収が高いぶん、仕事に拘束されている時間が長いです。そのため、結婚すると「お金はあるけど、夫は家事や育児が手伝えないからしんどい」といったデメリットが生じがちになります。

だからこそ、低い年収の男性は結婚相談所で家事や育児に協力できることをアピールするのが吉!結婚したら、夫の仕事の都合に合わせたいと考えている女性ばかりではありません。

なかには、「自分が大黒柱でよいから働きたい」「年収よりも、夫の協力が欲しい」と願う女性も多いのです。

話術や見た目を磨く

年収の高い男性は、そのぶん勉強や仕事に時間を費やしてきた人が多いです。そのため、女性に不慣れで会話が楽しくなかったり、ファッションに疎かったりなど、女性からするとトキメキ要素に欠けるデメリットがあります。

異性に求めるものは人それぞれ。やっぱり、話が面白かったり、容姿が魅力的だったりする男性じゃないと付き合えないと考える女性も多いのです。

そのため、低い年収の男性は話術や見た目を磨くのが婚活成功の第一歩!性的魅力は年収魅力を上回るパワーがあります。年収が低くても、一緒にいて楽しかったり自慢できたりする男性であれば、結婚相談所の女性からお見合い申込みが殺到するのも夢ではないでしょう。

子供をあきらめる

あまりにも年収の低い男性は、子供をあきらめることも視野に入れるとよいです。なぜ女性が年収の高い男性を結婚相手に求めるかというと、やはり出産と子育てを経験したいから。

婚活女性のなかには、年齢的に子供を望めない人、出産を望まない人もいます。そういった女性との出会いを探せば、低い年収でも結婚相談所でよき伴侶に巡り合える可能性が高まるといえるでしょう。

結婚相談所会員の年収に関する疑問

結婚相談所のプロフィールに記載している年収って?手取り額面?

結婚相談所のプロフィールに記載してある年収とは、手取り額面ではなく総収入を指しています。給与所得控除や社会保険料、所得税などを差し引く前の金額が、結婚相談所での年収情報になるのです。

そのため、実際に手にできる手取り額面は年収金額よりも低い金額に。源泉徴収票の「支払い金額」欄に記載されている金額が「年収」になります。一度、ご自身の勤める会社が発行する源泉徴収票があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

結婚相談所の年収って本当の金額なの?

婚活で出会う男性の年収には嘘が多いという噂があります。しかし、それは収入証明書の提出を義務付けていない婚活アプリや、婚活パーティーなどを利用したときの運が悪いケースだったといえるでしょう。

結婚相談所では、入会時に年収を証明する「収入証明書」の提出が必須となっています。そのため、年収の詐称はほぼ不可能といっても過言ではないのです。

しかし、前項でご説明したように、プロフィールに記載するのは手取りではなく年収。男性に大学の奨学金や車・バイクのローン返済があったり、ご実家の住宅ローンの名義人になっていたりすれば、それだけ手取り金額が減ってしまう懸念は十分に考えられるといえるでしょう。

年収制限のある結婚相談所もあるってホント?

男性の場合、年収制限に引っかかって、結婚相談所の入会を断られるケースが実際にあります。なぜなら、結婚相談所に入会する女性が重要視しているのは男性の年収だからです。

低所得すぎる男性だと、女性からの需要が少なすぎて、どうしても成婚達成が厳しくなってしまいます。最悪、無理やり入会させてもらっても、月会費だけを払い続けて損をするといった状況に陥ってしまう事態も考えられるでしょう。

ちなみに、女性は無収入でも入会できる結婚相談所がたくさんあります。プロフィール情報は「家事手伝い」となりますが、女性に年収を求めていない男性も多いので、婚活市場は成り立つということなのです。

まとめ

結婚相談所では、年収を意識して婚活している女性が圧倒的です。失敗のない成婚を目指すためには、自分に合った現実的な年収を持つ男性を妥協せず追い求めることがポイントになってくるでしょう。収入があったり、子供を望まなかったりする女性なら、年収の低い男性に目を向けることも成婚につながるひとつの方法だといえそうです。