オリジナルコンテンツオリジナルレシピ糖質制限

糖質制限に大活躍!satomiさんに聞く【厚揚げの豚肉巻き】

2020/04/09 2020/04/11

糖質制限に勤しんでいる皆さん、毎日の食事メニューに悩んでいませんか?

低糖質な食品は様々あるものの、糖質量や調理の手間を考えると結局いつもと同じレシピ…なんて悩みは少なくありません。

今回は、今日から作ってみたくなる低糖質メニューをご紹介。

教えてくださったのはFoodieTableアンバサダー、KITCHENGRAMアンバサダーとして活躍するsatomiさん。

明るく華やかな料理写真で、中でも注目を集めているのがお弁当。

見栄えはもちろん、栄養バランスも抜群でsatomiさんのInstagramを眺めているだけでも幸せな気分になれると評判は右肩上がり。

実は筆者もsatomiさんのアカウントをフォローしており、毎日のごはん作りの参考にしております(笑)

ボリューム満点【厚揚げの豚肉巻き】の作り方

低糖質な厚揚げをメインに使用した豚肉巻きのおかずメニュー。

しっかりめの味付けと青じその爽やかさで、心もお腹も大満足。ボリューミーなおかずなので、男性も満足できる内容です。

材料(4人分)

  • 豚ロース薄切り 8枚
  • 絹厚揚げ 1パック
  • 青じそ  8枚
  • 小麦粉 適量
  • サラダ油 適量
  • 酒  大さじ2
  • みりん  大さじ2
  • 焼き肉のたれ 大さじ2~3
  • 白ごま 適量
satomiさん
「豚肉にこんがり焦げ目がつくくらい焼くと美味しく仕上がります。
焼き肉のたれの種類によっても味や濃さが変わるので、
お好みの仕上がりになるよう量を調整してください。」

糖質量 : 約30.3g(1人あたり約7.5g)

カロリー : 約550kcal (1人分)

材料費 : 約170円(1人分)

さらに糖質量を抑えたい場合は、調味料に気をつけるのがGOOD。

みりんや甘さのあるタレは糖類がたっぷり入っていることが多いので、低糖質商品を使用することで摂取する糖質量を抑えることができます。

作り方

1. 材料の下準備をする

satomiさん
「厚揚げを8本のスティック状にカットします。」

厚揚げをカットします。お好みで事前にキッチンペーパーで油を吸わせておくのもOKです。

豚ロースは広げておき、青じそは洗って水気を拭き取っておきましょう。

2. 広げた豚肉の上に、青じそ、厚揚げの順に乗せてくるくる巻く。

satomiさん
「豚ロースを広げ、青じそと厚揚げを巻きます。崩れないようにしっかり巻いておきましょう。」

崩れるのが心配な方は、爪楊枝や竹串を刺しておくのもおすすめです。

3. 2に小麦粉をまぶす。

satomiさん
「豚肉を巻いた厚揚げに、小麦粉を全体的にまぶしてなじませておきます。」

小麦粉をまぶすことでお肉の水分が外に流れ出るのを防いだり、調味料がしっかり絡みおいしく仕上げることができます。

注意したいのは、片栗粉の使用。

肉巻きの調理では小麦粉をまぶす代わりに片栗粉を使用する方も少なくないと思います。しかし片栗粉は、糖質制限中に控えたい食品の1つ。

片栗粉の主成分はデンプンなので、高カロリー&高糖質。安易に使用してしまうとせっかくの努力が水の泡となりかねませんので注意しましょう。

4. 3の具材をフライパンで焼く

satomiさん
「フライパンにサラダ油を入れて熱し、3の巻き終わりを下にして焼きます。焦げ目がついて巻き終わりの部分がしっかりくっついたら、あとの3面も焼きましょう。」

焼き始めは必ず巻き終わりから。肉巻きが崩れにくくなります。

5. 酒・みりんを加える

satomiさん
「全体が焼けたら、余分な油をキッチンペーパーで吸い取り、酒・みりんを入れます。」

酒・みりんを加えたら、軽く水分を飛ばします。

余分な油を吸うことで、カロリーもオフ!

6. 焼き肉のたれを加える

satomiさん
「焼き肉のたれも加え、艶が出るまで煮絡めます。」

味付けの決め手は焼肉のたれ。

甘みのあるタレは糖質が高めなので、糖質制限中は低糖質のタレを用意しておくと安心です。

7. 完成!

satomiさん
「器に盛り、お好みで白ごまをかけたら完成です。」

お弁当のおかずにもぴったり!

糖質制限中は外食を控え自炊を心がけている方も少なくないはず。

お昼はお弁当を作っている、という方も今回ご紹介した【厚揚げの豚肉巻き】はおすすめのおかず。

実際につくってみました!

satomiさんのレシピを紹介する記事を書いていた筆者M。おいしそうな写真を見ていたら、自分でも作ってみたくなり早速実践してみることにしました。

ライターM
「ちょっと甘辛な味が大満足でした。思っている以上に満腹感があって、ご飯の量をもっと減らせたかも。カットして詰めるだけでお弁当箱をかなり埋めてくれるので、中身がスカスカになって「おかずが足りない、どうしよう!」ってことにならないのが嬉しいです。厚揚げの切り方を間違えて小太りな肉巻きになってしまったのはご愛嬌(笑)」

お弁当作りは時々…いや気が向いた時に稀に、というレベルの私。経験値が少ないため、お弁当箱をうまく埋めるということが少々苦手でした。用意していたおかずが多い分には問題ありませんが「あ、思ったより少ない。埋まらない!」なんてことがよくあり、やや苦手意識が。

今回久しぶりにお弁当作りにチャレンジしたところ、いい感じにお弁当箱が埋まり非常に満足です。

もちろん食べても満足だったので、ぜひたくさんの方に作っていただきたいです!

メニューのレパートリーが広がると糖質制限がもっと楽しくなる

糖質制限中は、同じようなメニューにマンネリ感を感じることが少なくありません。

低糖質でおいしく食べられるメニューの幅を広げておくと、ツラい糖質制限も楽しいものに。糖質制限中でなくても、健康的な食生活に役立ちます。

また、satomiさんの食卓のように彩りにも気を使うと食事の楽しさも倍増。

ぜひsatomiさんのInstagram(@satomi614)もチェックしてみてくださいね。

Read more あわせて読みたい