オリジナルコンテンツオリジナルレシピ糖質制限

糖質制限中でもトレンドを楽しむ♡低糖質ダルゴナコーヒー

2020/05/11 2020/05/12

糖質制限中でもトレンドのスイーツやカフェメニューを楽しみたい!

タピオカドリンクやプリン、チーズケーキなど、近年注目の集まっているスイーツやドリンクはその多くが砂糖たっぷり。加えてSNS映えも叶うこれらの食品は、誘惑の多い糖質制限中の手強い敵。甘いものが大好きな人にとってはストレスの元になりかねません。

しかし、上手に低糖質アイテムを使えば、あんなものやこんなものも我慢することなく楽しむことができるんです!

今回ピックアップするトレンドフードは、おうちカフェを楽しむことができるダルゴナコーヒー

低糖質バージョンのレシピを教えてくれたのは、そーじゃパン職人のねねさん(@marskitchen_no1)です。

そーじゃパンとは、大豆をメインに使用した非常に低糖質なパンのこと。

生大豆を使用しているため食物繊維がたっぷりで、糖質制限にはもちろん、体質改善に役立つとしてそーじゃパンは大人気。ねねさんのそーじゃパンを扱う【北軽井沢まーずキッチン】では完全受注生産を行なっており、リピーターも多いといいます。

ねねさんは、そーじゃパン職人としてだけでなく薬膳スイーツアドバイザーとしても活躍しています。Instagramで日々発信されるバリエーション豊かな低糖質スイーツは、真似っこするフォロワーが続出中。

早速ねねさんの低糖質ダルゴナコーヒーのレシピをチェックしてみましょう。

SNS映えもバッチリ【低糖質ダルゴナコーヒー】

使用する材料はたったの4つ

手に入りやすい材料ばかりなので、今すぐにでもチェレンジしやすいのが嬉しいですね。

【材料】

  • インスタントコーヒー 大さじ1杯(すり切り)
  • エリスリトール 大さじ1杯(山盛り)
  • 水 大さじ1杯
  • アーモンドミルク 180ml

 

糖質 : 2.7g(甘味料除く)

熱量 : 39kcal

 

【作り方】

①インスタントコーヒー、エリスリトール、水ををポリ袋に入れる

破れにくいポリ袋に、アーモンドミルク以外の材料を全て入れます。

②ふんわり泡立つまで振り続ける

ねねさん
「ふんわりムース状になるのは本来砂糖の効果で、砂糖無しでは普通固まらないらしいです。
実際、ラカントでやってみたらドロっとはなるもののふんわりしませんでした。
エリスリトールは甘さが70%ほどなので、大さじ山盛り1杯にしてみたら、写真のようにふんわり大成功!
甘味料はエリスリトールが良さそうです。」

空気を入れて口をねじってしっかり持ち、ふんわり泡立つまで振り続けます。

③グラスにアーモンドミルクを注ぐ

ねねさん
「糖質、カロリー共に1番低いアーモンドミルクで作りました。」

お好みのグラスにアーモンドミルク180mlを注ぎます。

今回アーモンドミルクを使用したのは、ミルク系の中でカロリー、糖質共に非常に低く糖質制限にぴったりだったから。

しかし、好みや体質との相性もあると思うので自分に合うものをチョイスしてもOKです。

④袋の下角をハサミで切り、ミルクの上に絞り出す

ねねさん
「空気を含んでムース状になるので、ポリ袋には必ず空気を入れて膨らんだ状態で振ってください。」

袋の角をハサミでカットし、グラスに注いだミルクの上に泡が潰れないよう気を付けながら絞り出します。

しっかり泡立っていればミルクの上に乗せても沈みにくくなっています。

低糖質ダルゴナコーヒーの完成!

ねねさん
「ホイッパーで混ぜるとすごく時間がかかって大変です。
ハンドミキサーでも少ない量だとなかなか上手くできないし、洗い物も増えて面倒くさいです。
そこで、今まで試した中で1番早くできて簡単なポリ袋で作る方法をご紹介しました。
これなら洗い物も出ずに、絞り出して簡単にきれいに盛り付けられます。」

完成まではものの数分!コーヒーのホイップをグラスから溢れないようミルクに乗せたら、ストローやスプーンを添えてできあがり。あっという間におうちカフェが叶います。

コーヒーの部分はかなり苦いので、ミルクと良く混ぜながら飲むのがおすすめです。

ねねさんの低糖質ダルゴナコーヒー作ってみた!

トレンドフード、1度は味わっておきたいミーハー気味なライターM。

ねねさんの低糖質ダルゴナコーヒーを知ったら、いてもたってもいられなくなり実践しちゃいました。

ライターM
「ダルゴナコーヒーがブームになり始めの頃、スタンダードなレシピで1度作ったことがありました。それが低糖質で楽しめるのは嬉しいです!
ビニール袋を使うことで洗い物が少なくなるのもズボラ人間にとても優しい…!ただ、結構長め&しっかりめに振り続けないと全然泡立たないので気合いを入れて取り組むのが良さそうです。私はエリスリトールの入っているパルスイート※を使ったのですが、2〜3分振り続けてやっともったりしたかな?という程度。二の腕がぶるぶる揺れるのでエクササイズと思ったらいいのかも(笑)
味に関しては、通常レシピのものよりねねさんのレシピの方が好きでした♡ほんのり甘いアーモンドの香りがとてもいいです。」

がんばりが足りなかった私のコーヒーの泡は、ねねさんのレシピに載っている写真ほど泡立たなかったのが残念でしたが味は問題なし。100円SHOPで買った安い少量のインスタントコーヒーでも、こうして一手間かけることでこんなにもグレードアップすることにテンションが上がりました。

家にいながらカフェにいるかのようなドリンクメニューは、この先も度々活躍しそうです。もっとカフェっぽい雰囲気にするために、お部屋の掃除や模様替えもはかどりそう…笑

※ねねさん的にはパルスイートは糖質制限をされている方にはおすすめできないそう。糖質制限をされている方は粉末のエリスリトールを使用して作るようにしましょう!

低糖質ダルゴナコーヒーのお供に♡ねねさんの低糖質スイーツ

おうちカフェをもっと充実させるなら、ダルゴナコーヒーに合わせてスイーツを用意するのがおすすめ。

ねねさんのInstagramでは低糖質スイーツレシピがたくさん紹介されています。おかし作りが苦手な人でも簡単に手作りしやすいものをピックアップしてみたので、おうちカフェの参考にしてみてくださいね。

ココナッツミルクガナッシュ

【材料(16個分)】

  • おからパウダー(微粒子)    20g
  • アーモンドプードル 10g
  • 甘味料(砂糖換算)     40g
  • ココアパウダー 15g
  • ココナッツミルク 130g
  • ラム酒 5g

ラム酒の風味が大人っぽいココナッツミルクガナッシュは、低糖質と思えないリッチさ

ほろ苦なダルゴナコーヒーにクリーミーな生チョコが添えられていたら、おうちカフェの満足度はかなり高まるはず。

レンチンオートミールシナモンクッキー

【材料(7個分)】

  • オートミール 40g
  • アーモンドプードル 10g
  • 甘味料(砂糖換算)     25g
  • シナモンパウダー 2g
  • 塩 ひとつまみ
  • ココナッツミルク 30g
  • トッピング(カカオニブ)      適量

カフェタイムにうってつけなのがボリュームあるクッキー。

オーブンがなくても、食べ応えのあるクッキーが電子レンジでできてしまうんです。ザクザク食感のクッキーはよく噛むことで満腹感もGOOD。

オートミールおはぎ

【材料(5個分)】

  • オートミール 50g
  • サイリウム 10g
  • 甘味料(砂糖換算)     5g
  • 塩 1.5g
  • 水 150g
  • 低糖質あんこ、きな粉、クリームチーズなど 適量

洋風なスイーツもいいけど和風もいい…そんな時は低糖質なオートミールおはぎがおすすめ。

オートミールの粒感がおはぎっぽくて、かなり本物に近い感じになるそう!材料にあるサイリウムは糖質制限中に大活躍間違いなしの低糖質食品。手作りの機会が増えるおうち時間にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

ふわふわなダルゴナコーヒーができたら撮影も楽しんで

糖質制限ダイエットとトレンドフードは時にかけ離れた存在ですが、工夫次第でダイエットにも適したものに。

家で過ごす時間が増えてつい気分もこもりがちになりますが、今回ご紹介したねねさんの低糖質ダルゴナコーヒーで素敵なカフェに来た気分を味わってみましょう。

テーブルセッティングにもこだわればSNS映えも期待できるダルゴナコーヒー。

ストイックなダイエットも素晴らしいですが、楽しむことも忘れずに♡

 

Read more あわせて読みたい