スノーボードの収納に最適なのは?保管のための方法とコツをご紹介

限られたシーズンにしか使用しないものは、部屋の中で収納場所に困るものです。
例えば冬しか使う機会がないスノーボードは小物なども多く、収納スペースを占拠してしまいます。
そこでおすすめしたいのが、トランクルームを活用した保管方法です。
まずは一般的な収納方法と保管のためのコツをご紹介し、トランクルームを活用するメリットについてもあわせてご説明致します。

スノーボードを収納する方法とコツ

スノーボードを保管する方法として、一般的な3つの方法と収納のためのコツをご紹介します。

玄関の中、クローゼットの中、壁掛け収納などが一般的な保管方法です。

玄関の中に置く

玄関の中であれば出し入れも簡単ですし、室内で邪魔になることもありません。

ただし、スノーボード関連用品であるブーツやビンディング、ウェアなどの小物も一緒に収納することは困難です。

必要な小物をバラバラに片付けてしまうと、いざ使おうとしたときに保管場所がわからなくなったりして、揃えるまでに時間がかかったりするので効率的ではありません。

玄関の中に置く場合のコツは、玄関の温度や湿度を一定に保てるようにして置くことです。

玄関は外に近い場所のため、地域によって梅雨や冬の時期に湿度が高くなりすぎることも考えられます。

直射日光や温度や湿度の変化は板の変形につながるため、日避けをする、換気を良くする、除湿剤を置くなどの工夫をしておきましょう。

クローゼットにしまう

クローゼットの中であれば直射日光が当たることもなく、埃やサビの心配も少ない環境です。

小物やウェアなども一緒に片付けておけるため、使うときに出しやすいというメリットもあります。

しかし大きなスノーボードを片付けてしまうと、他の物をクローゼットに片付けられなくなるという点がデメリットです。

クローゼットの中に保管する場合は、一緒に片付けられている物が汚れないように、ビニール袋やボードケースに入れて収納するようにしてください。

もし温度や湿度の変化が大きい場所にクローゼットがあれば、玄関に置くときと同じように、換気や除湿剤を置くなどの工夫をしておくことがポイントです。

壁に掛ける

壁面収納用のラックを設置してスノーボードを立て掛けておけば、アウトドア感が溢れるおしゃれな部屋にすることも可能です。

壁に掛けるとスペースを取らず、デッドスペースを活用できるというメリットもあります。

壁に掛ける際のコツは、直射日光が当たらない場所を選び、湿度・温度が変化しやすいエアコンの近くは避けることです。

また直射日光が当たらないとしても、窓の近くは結露で湿度が変化しやすいためおすすめできません。

壁に穴を空けたくないという場合、ディアウォールを活用すれば、簡単に壁面収納ができるようになります。

スノーボードの収納にはトランクルームを利用しよう

スノーボードの収納方法はさまざまですが、最適な方法としておすすめしたいのがトランクルームへの収納です。

トランクルームはレンタルできる自宅外のクローゼットのような場所です。収納ピットの場合は0.3畳からお好みのサイズを選んで物を保管して頂けます。

トランクルーム内 は高さが2mございますので、縦のスペースをうまく活用して保管して頂ければ、狭い面積でリーズナブルにご利用可能です。

スノーボードをトランクルームに収納するメリット

スノーボードはトランクルームへの保管に大変適しています。

トランクルームに預けて頂ければ、次のように5つものメリットが存在するためです。

シーズン時のみ手元に置いておける

収納ピットのトランクルームは1か月から契約可能ですので、オフシーズンだけトランクルームで保管することが可能です。

シーズン中、頻繁に使用するという方は、シーズン中のみ手元に置いておくことも可能です。

ブーツやウェアを一緒に保管できる

トランクルームには板以外のものも一緒に預けて頂くことができます。

スノーボードと一緒に、ブーツやウェア、ビンディング、その他の小物などをまとめて収納しておけば、ゲレンデに出かけるための準備は格段にスムーズになるでしょう。

保管場所を確保できるだけでなく、必要なものを一か所にまとめて保管しておくことで、収納としての利便性も高まります。

荷物量に合わせてトランクルームのサイズを選べる

収納ピットのトランクルームにはさまざまなサイズが用意されており、0.3畳から5.0畳まで、収納する荷物の量に合わせてお好みのサイズをお選び頂けます。

スノーボードに行くために、スタッドレスタイヤやチェーンを所持している方も多いでしょうが、広めのサイズであればカー用品もすべてまとめて収納できて大変便利です。

部屋スペースを有効活用できる

大きなスノーボードは部屋の中で場所を取りますが、トランクルームに預けて頂ければ、部屋を広々と使えるようになります。

今まで板やウェアを収納していた場所が空けば、他のものをたくさん片付けられるようになるでしょう。

トランクルームは、部屋の中をスッキリとさせて、スペースを有効活用させたいという方にもおすすめのサービスです。

スノーボードをトランクルームに収納する際のコツ

スノーボードをトランクルームに 収納するコツは、縦置きで収納するということです。

ボードラックを設置して頂くと、縦に保管がしやすくなります。

また、スノーボードとウェア、ゴーグルなどの小物を収納する際には、を整理しやすいように、収納ボックスや棚を設置して頂くことをおすすめします。

収納ピットのトランクルーム内は高さが2mございますので、スタッキングできるタイプの収納ボックスを活用すれば、狭いスペースに多くのものを片付けられるようになりお得です。

トランクルームはスノーボードに優しい収納場所

部屋の中でスノーボードの保管に困っているようでしたら、トランクルームに預けられることをおすすめします。

トランクルームをご利用になれば、シーズン中のみ手元に置いておくことができ、ブーツやウェア、スタッドレスタイヤなども一緒にまとめて保管することが可能です。

また、直射日光も当たらない環境になっているため、板が劣化することもございません。

収納PiTはこちら