スッキリ!なぜ、シンデレラのガラスの靴だけは消えなかったの?理由に納得の声

シンデレラの「ガラスの靴」が消えなかった本当の理由。

有名な童話『シンデレラ』。家族からもイジメられる不幸な彼女を、魔法使いが救い出し、王子様と幸せになるというストーリーでした。

しかし、唯一の疑問が残っています。なぜ、シンデレラのガラスの靴は消えなかったのか?
0時を回ると、馬車や馬などは元に戻ってしまうのに、ガラスの靴だけは消えずに残り続けたのは不思議でした。

ネット上ではさまざまな憶測が出ていました。

各々が持論を展開していく中、なんと遂に答えが見つかりました!

果たして、ガラスの靴だけが消えなかった理由とは?

なんと、靴だけ残ったのは、ご都合主義ではなく、しっかりとした理由があったのです!
それもなんと、300年も前のシンデレラのフランス語原文「ペロー童話集」の中に!

ペロー童話集の表紙(岩波文庫)

出典:

フランス語原文には、馬車も馬も従者もドレスも動詞は「être changê(変わる)」になっている。
だがな、ガラスの靴だけはちゃんと動詞が「donna(与える)」になってるのだ。

実はあれだけ魔法で変えたのではなく、ちゃんと手渡しで別に貰っていたのだよ!!!それも原典で!!!

— 童話に興味を持ったアシェンプテルbot (@manabuAschesama) 2016年7月15日

現代人があれやこれやと試行錯誤しながら模索した答えは、300年も前に説明されていたのです。

ガラスの靴だけは魔女から「与えて」もらっていたのです。
魔法で「変えて」もらったのではなく、魔女から「与えて」もらっていたので、消えなかったのですね。

原典から日本語への翻訳をする時に、起こってしまうミスだそう。

昔からある童話に、新たな発見が出てくるのは面白いですよね。

長年の疑問がスッキリしたエピソードでした!