「いいな」を届けるWebメディア

スポーツ 感動

2017年02月08日 更新

甲子園を決めた出雲高校、キャッチャーが勝利の瞬間にとった行動が清々しい

夏の甲子園を目指した島根県大会の決勝戦「出雲高校-立正大淞南」(松江市営野球場)が7月24日に行われました。結果は出雲高校が立正大淞南に6―1で勝利。

ライナーの打球を三塁手がキャッチした勝利の瞬間、念願の甲子園初出場を決めた出雲高校の野球部員は、マウンドを中心に歓喜の輪をつくります。

甲子園のキャッチャー

出典:PIXTA

その中で、マウンドとは逆方向に走り始めた出雲高校のキャッチャーがみせた行動に、注目が集まっています。

最後の最後まで相手チームに敬意を示した清々しすぎるスポーツマンシップには称賛の声が集まりました。

公立高校、さらに文武両道として知られる出雲高校には甲子園でも堂々とプレーして貰いたいですね!

※甲子園 出雲高校vs智弁学園戦(奈良県代表)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです