「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2017年08月12日 更新

障がい者殺傷事件、松本人志さんが意味深なツイート

ダウンタウンの松本人志さんが、7月27日に投稿したツイートが意味深だと話題になっています。

松本人志

出典:Sports Nippon/Getty Images

沈殿とは、化学の実験などでよく使われる言葉。液中に混ざる物質が溶け切らずに、底に沈んでたまる現象を指します。

松本さんは優しさを沈殿物に例え、それを誰かに撹拌(かくはん:液体中の物質が均一になるよう、かき混ぜること)して欲しいと言います。

フォロワーからは「なにかあったのでしょうか?」「深いです」など一定の共感を示す声が上がったものの、実はもっと深い意味があったそうです。

松本さんが出演した7月31日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、その内容が語られました。

松本人志「僕もツイッターでこの間、軽くつぶやいたんですけどね、なんかこう・・・誰しも優しさって持ってるんですけど、ほっとくと、こう・・・沈殿していっちゃうんですよね、きっとね。だから、色んな人と会って、こうたまに誰かに混ぜてもらわないと、なんか下でどんどん地について固まっちゃって、凝り固まって変な思想が生まれちゃったり」

東野幸治「上の方に変な思想が」

松本人志「そう、だから、こう、引きこもりとかよくないのはそこかなぁと思うね」

ツイートの真意を自らの口で説明した松本さん。それは、相模原市で発生した障がい者殺傷事件を対象にしたコメントでした。

同番組に出演する宮沢エマさん曰く、犯罪を犯そうと考えている段階で、友人などと会うことにより、考えを改めることが、心理学的に証明されているようです。

松本さんは、一人で考えが凝り固まってしまう前に誰かに会って、心のバランスを取ることが大事だと、伝えたかったのです。

ツイートに対した、フォロワーからは再び「やっと意味がわかった」「そう感じることができる松本さんはとても繊細」といったコメントが寄せられました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです