「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2017年08月31日 更新

「もし、松ちゃんが死んだら?」浜ちゃんの回答が涙を誘う…「やっぱり、最高のコンビだ」

浜ちゃん、相方の死を想像し、共演者を泣かす…。

結成35年のお笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんと浜田雅功さん。『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でみせたワンシーンが涙を誘うと反響を呼んでいます。

ダウンタウンに憧れ続けた宮根誠司さん、2人のサシ呑みを提案

この日の『ダウンタウンなう』のコーナー「本音でハシゴ酒」(in大井町)のゲストに登場したのは人気司会者の宮根誠司さん。番組冒頭では、ダウンタウンと同じ1963年生まれであることに触れます。

そして、新米の局アナ時代(1987年)には、当時の冠番組『4時ですよーだ』を抱えていた超人気芸人ダウンタウンの2人を憧れ続けていたことを明かしました。その後も、抜群のトーク力でゲストながら主導権を握る展開、ダウンタウンの2人を質問攻めに。

番組終盤、普段から横並びのダウンタウンは「向かい合うシーンが少ない」とし、席を対面させる配置にしたサシ呑みトークを提案。

「松ちゃんが死んだら?」相方の死に浜田さんが出した回答

席を対面させた2人は、「電話帳の登録名」をテーマにしたかわいらしい漫才を披露。坂上忍さん、MEGUMIさんを交えた5人の席は笑いに包まれます。

宮根さん「でも、どっちかが死んだらめっちゃ泣くでしょ?」

しかし、宮根さんが突如こう切り出すと、一気に感動的な雰囲気に変わります。

松本さんは「いやぁ、泣きはしないんじゃないですか…」と宮根さんを驚かせましたが、すかさず坂上さんが指を指しながら「浜田さん、泣くでしょ!」と質問の矛先を変えます。

会見で笑顔をみせる松本人志さんと浜田雅功さん

出典:Sports Nippon/Getty Images

「だから、先に死にたいんです」(浜田雅功)

膝をさすり照れながら返した浜田さん。

隣の松本人志さんは、飲んでいたレモンサワーのグラスをテーブルに置きます。

この回答に共演者は「いやだ~ 泣いちゃう」(MEGUMI)「うわぁ もぉ~」(坂上忍)としんみり、目頭を抑えます。

「(先に死にたい)旦那さんと(面倒みる)嫁さんみたいな(関係)?」

宮根さんが伝えると、浜田さんは「はいはいはい…」とうなずきました。

視聴者からは「感動した」「照れた2人がかわいい」「最高のコンビ」といった反応が寄せられました。

【関連記事】
「浜田は話さないけど…」松本人志、父の弔問に浜田雅功が訪れた時のエピソードを明かす

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです