「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題 感動

2017年11月27日 更新

圧巻…! 男子高生が宝塚を再現『カヅラカタ』の完成度が高すぎる!

 愛知県の進学校である東海高校による『カヅラカタ』がネット上で反響を呼んでいます。『宝塚歌劇団』は女性のみで構成されていますが、タ・カ・ラ・ヅ・カを逆からよんだ『カヅラカタ』は男子校に所属する学生たちが演じています。そして8日、宝塚の中でも名高いミュージカル『エリザベート』のパロディを東海高校の男子学生が披露しました。

『宝塚歌劇団』をパロディ 東海中学・東海高校の『カヅラカタ』

 プレミアチケットでたびたび話題になる『宝塚歌劇団』ですが、「東海高校カヅラカタ歌劇団」のブログによると、『カヅラカタ』も人気が高く毎回抽選までしているそう。パンフレットもかなり作りこんでいます。

 また、実力テストのため、一ヶ月前から稽古を再開して全力疾走でこの日のために準備してきたそうです。演出をはじめ歌唱力と演技力は圧巻の一語に尽きます。以下は、ツイッター上で公開されているフィナーレの模様。

 エリザベートを暗殺したルキーニ役を演じた団長の武田さんは、ブログにて感謝の言葉をつづるとともに、サプライズゲストとして宝塚版『エリザベート』の演出を手がけた小池修一郎さん、初代トート役の一路真輝さんが登場したことを明かしています。

なんといっても、サプライズゲストに小池修一郎先生、初代トートを演じられた一路真輝さんがいらっしゃったこと、もう、歓喜のあまり言葉が出ませんでした。

今まで応援して下さった皆様、ダンス指導をしていただいた名鶴先生、照明、音響をしていただいた工学院専門学校の皆様、すみれ会の親御さんの皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。

出典:ありがとうございました。|東海高校カヅラカタ歌劇団

15期公演『1789 -バスティーユの恋人たち-』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです