「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2017年09月12日 更新

天才か!V6イノッチが発明した『ひよこボタン』が子育てママを救うと絶賛。

10月19日(水)に放送された朝の情報番組『あさイチ』(NHK)。キャスターを務めるV6イノッチこと井ノ原快彦さんが、世の中に新たな仕組み「ひよこボタン」を提案し、「天才か!」とツイッターを中心に注目を集めています。

イノッチが発明した「ひよこボタン」って?

この日の『あさイチ』では、現代社会の問題として「気を使いすぎ? 社会」を議題に取り上げます。

マタニティマークやネットの書き込み、公園のボール遊びなど、クレームや批判にまつわる様々な場面をピックアップ。

イノッチは、レストランや電車の空間で子どもが泣き出し、親が萎縮してしまう現象“すいません病”が蔓延していると指摘。

そして、自信に満ち溢れた表情で、「ひよこボタン」の導入を推奨。熱弁をふるいます。

「有働さんにもよく言ってるんですけど、コレ! “ひよこボタン”を発明したんですよ」

母と娘

出典:iStock. by Getty Images

ピヨピヨの音がママを救う

突如、こう切り出したイノッチ。『ひよこボタン』の現物が登場するのかと一瞬期待が集まりましたが、「まだ作ってないですけどね」と開発途中であることを明かし、笑いに包まれます。

しかし、構想への自信は変わらず、歯切れよくそのシステムを語り始めます。

「飛行機とか電車とかに“ひよこボタン”を設けておくんですよ。子どもが泣いたら、(周りが)このボタンを押すんです。“ピヨピヨ”って笑 それは全然大丈夫ですよって(周りからの)合図。どんどん泣きなさい。子どもは泣くのが仕事ですよって」

ひよこ

出典:iStock. by Getty Images

ゲスト「ほぉぉお~」

ゲスト小島慶子さんや又吉直樹さんも唸ったこのサイン。イノッチはさらに、心理的な切り口から『ひよこボタン』が効果的に働く理由を説明。

「“大丈夫だよ 大丈夫だよ”と思ってても、直接みんな言えない。(本人を)見ちゃうと、睨んでると思われるから、つい目をそらしちゃう」

最後は、ボタンを押すジェスチャーで「だから“ひよこボタン”。“ピヨピヨと”」と約1分の端的で熱いプレゼンを締めたMC井ノ原快彦さん。

有働アナは「(メーカーの方)特許はコチラに」と太鼓判。笑いを誘って総括しました。

期待を膨らますネットの声

※なんとアプリが登場(仕事がはやい!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです