「いいな」を届けるWebメディア

エンタメ

2016年12月12日 更新

嵐・櫻井翔がキャスターを志した理由に反響「ジャニーズのくせにって…」

人気アイドルグループ嵐のメンバーであり、ニュース番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターを務める櫻井翔さん。

12月8日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にゲスト出演したV6の岡田准一さんと初めてのサシ飲みをし、ニュースキャスター挑戦への心境を明かす場面がありました。

出典:Grafissimo / iStock. by Getty Images

2人の距離が縮んだきっかけ

2人がジャニーズ事務所に入ったのは2ヶ月差。(岡田准一さんは1995年8月、櫻井翔さんは同年10月)

岡田さんはジャニーズ最速となる入所3ヶ月後にV6としてデビュー。

櫻井さんは岡田さんのライブのバックダンサーや手伝いをしていました。

そんな2人の距離が狭まったのは、2002年に共演したドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系)がきっかけ。

岡田さんは「今でも一番好きな後輩は櫻井くん」、そしてキャッツアイでの共演を通じて櫻井さんのことを“戦友”と表現します。

出典:木更津キャッツアイ Blu-ray BOX -TVドラマ(amazon.co.jp)

しかし、プライベートの交遊が一切ない

出会ってから約20年。

しかし、お互いの家に行ったことがなく、さらに2人で食事に一度も行ったことがないそう。

これに対して有吉弘行さんが、本当はビジネス上の表面的な付き合いでは? と疑念を持ちます。

有吉弘行さん

出典:有吉弘行/Hiroiki Ariyoshi, Aug 04, 2015:映画「テッド2」(セス・マクファーレン監督)のアフレコ会見 写真:MANTAN/アフロ

この事実を受け、番組はロケを決行。

櫻井さんと岡田さんが渋谷でサシ飲みをします。

お互いが抱えていたアイドルとしての苦悩を本音で語り合いました。

渋谷・肉横丁

出典:visualspace / iStock. by Getty Images

なぜ、役名で呼び合わなくなった?

キャッツアイ終了後も、お互いの名前を“ぶっさん”(岡田さん演じた主人公)“バンビ”(櫻井さん演じたキャッツのピッチャー)とそれぞれの役名で呼び合う仲でしたが、いつしかその関係も薄く……。

なぜ、役名で呼ばなくなったのか……?

そこには、岡田さんが芝居へ、櫻井さんがニュースキャスターへとジャニーズの枠を超えて進み始めるお互いの姿が原因だったといいます。

櫻井さん:
「ぶっさんって呼ぶのが一番だけど、遠くに行っちゃった人じゃないけど……、(岡田さんは)色んな作品に出てるから、木更津の思い出に岡田くんを引きずりこみ続けるのが……」

岡田さん:
「木更津キャッツアイがあって人生変わった」
「(櫻井さんは)キャスターとかで道を切り拓いていく姿をみて、もうバンビって呼んじゃいけないんだなって、もうバンビじゃねーなって」

出典:Instants / iStock. by Getty Images

そしてトークテーマは櫻井さんの活動に及びます。

岡田准一「なんでキャスターやったの?」⇒「嵐はなくなると思った」

アイドルの域を超えようとすると、常につきまとう「ジャニーズ」の看板や色眼鏡。

岡田さんは2015年に『永遠の0』でジャニーズ初となる日本アカデミー賞を獲得するなど日本を代表する俳優に。

芝居への情熱と感慨を伝えた岡田さんは、櫻井さんに「キャスターやり始めたじゃん。どういう経緯があったの?」と切り出します。

現在は人気絶頂であるものの、デビューから5年ほどは苦労する時代が続いた嵐。

当時を振り返りながら櫻井さんはニュースキャスターを志した際の心境を告白します。

NEWS ZERO

撮影:FEELY

「こんな嵐が持つと思ってなかった。(自分が)25歳の頃には、もうグループがなくなってると思った。この世界で生き残るとしたら何かって考えてた」

「バラエティで一緒に仕事をしたアナウンサーが、夕方のニュースで独占インタビューしている姿をみた。考えてみたら、ジャニーズでこんな仕事している人はいないなって」

思い立った櫻井さんは、報道といったら大袈裟だが、そういう仕事はないか? と20歳の頃に事務所に相談したといいます。

僕は中居くんみたいに太一くんみたいに井ノ原くんみたいにできない

「僕は中居くんみたいに……(国分)太一くんみたいに……井ノ原くんみたいに……数いるタレントさんとか、芸人さんとかをまわすってことはできない」

だけど、誰かにじっくりインタビューするのは僕はむしろ好きなんです。多分そういうキャスターっていう仕事に行くきっかけの一つだったのかもしれない……」

NEWS ZERO

撮影:FEELY

その後、櫻井さんは2006年10月2日に日本テレビで始まった深夜のニュース番組『NEWS ZERO』のキャスターに抜擢。

今や「ミヤネ屋」の宮根誠司さんが「もう朝飯前やわな」と評するほどの貫禄ぶりをみせています。

宮根氏は「そらやっぱり、(櫻井翔は)もうZERO(NEWS ZERO)なんか朝飯前やわな」と語って笑いを誘った。

出典:宮根誠司氏が櫻井翔親子をべた褒め「NEWS ZEROなんか朝飯前」(ライブドアニュース)

今年開催されたNEWS ZERO10周年を祝した写真展でも、寄せ書きボードに「櫻井キャスターがきっかけでニュースをみるようになった」といったコメントが多く書き込まれていました。

NEWS ZERO

撮影:FEELY

勢いに任せて言葉を発するのではなく、視聴者の目線に立って、常にワンクッション置きながら質問するーー。

櫻井キャスターとして、新たな道を踏み出してから10年。

思慮深くコメントする姿は、NEWS ZEROに欠かせない存在として視聴者の目に映っていました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです