「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題 エンタメ

2017年03月23日 更新

14歳で母を亡くし、弟を育て上げた成宮の人生「死ぬほど尊敬する」

爽やかな笑顔が印象的だった成宮寛貴(なりみやひろき)さん。

しかし、もうその笑顔をみることはできません。

昨日12月9日、成宮寛貴さんが所属する事務所「トップコート」より芸能界を引退するとの発表がありました。

違法薬物のコカインを使用した疑いがあるとして週刊誌『フライデー』に報じられた件を受け、成宮寛貴さんはなにを感じたのかーー。

引退を発表した直筆コメントには「絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです」「今すぐ芸能界から消えてなくなりたい」と悲痛な叫びともとれる内容が記されていました。

突然の発表に衝撃が走ったネット上では波紋が広がっています。

フライデーが記事にした音声録音が確かであれば、それは強い証拠。

真相はわかりませんが、事実無根なら証明すべき、堂々とすべき、周りも待ってくれるはずといった意見があります。

ただ、成宮さんが「絶対知られたくないセクシャリティな部分」と発したように、薬物とは無関係の“アウティング”を指摘する声も。

※アウティングとは、本人の意思を無視して性的指向や性自認を暴露すること

数多くのドラマや映画に出演

『溺れる魚』で映画デビューを果たした成宮寛貴さんは、これまで『ごくせん』で優しさを持つ不良生徒を演じ、『Stand Up!!』で純潔なる童貞を肯定し、『オレンジデイズ』で華やかな大学生活の見本を提示するなど、大きな影響を与え続けてきました。

その他『ブラッディ・マンデイ』『獣医ドリトル』『相棒』……年月が経とうとも色あせることなく、今も愛されるドラマや映画に数多く出演しています。

今後はこれらの作品を通じて、成宮寛貴さんの俳優人生が語り継がれるのかもしれません。

オレンジデイズ

出典:amazon.co.jp

優しい兄・成宮寛貴

苦しい胸の内を明かし、様々な意見が飛び交う中、昨年出演したトーク番組『A-Studio』(TBS系)で本人から明かされたエピソードがツイッター上で再び注目を集めています。

母親が亡くなって、中学からバイトして1人で弟養って高校大学までいかせて二流に受かったけど、弟の先を考えて一流に行ってくれって成宮にお願いされて、弟は辞退して一流大学に主席で合格。
今は弟結婚して自分は役者として成功した、俳優 成宮寛貴を死ぬほど尊敬する

MCの笑福亭鶴瓶さんも思わず涙したこの回。

14歳の頃にお母さんを亡くしてしまい、弟と2人で生活してきたといいます。(成宮寛貴さんは母子家庭)

14歳で兄弟2人きり、親代わりに

6歳下の弟を支えるため、引越しのバイトに励んだ成宮寛貴さん。

「不安やったろ?」と鶴瓶さんに問いかけられると「一生懸命だったので、その状況は変えられないから。上がっていくしかない」と振り返ります。

引越しのバイト

出典:PIXTA

弟にあえて浪人しろと説得

その状況から、弟が高校・大学へと進学、そして就職、結婚するまで育て上げました。

特に大学進学の状況においては、まさに父としての顔をみせています。

弟が大学に合格し、入学金を払い込んだ後、やっぱりもう一年浪人して偏差値の高い大学を目指したほうがいいのではないか? と説得したといいます。(弟は東京理科大学に進学)

「僕自身、中学校一年生くらいまでしか(学校に)行ってなかったので……。やっぱ学歴が世間に出る上で大事なものかすごく身に沁みた」

自身の経験から、弟に苦労をさせたくない。

そんな想いで弟にお願いしたそう。

鶴瓶さんは「親父にも母親にもなってる」としみじみ。

東京理科大学

出典:PIXTA

豊かになればこういうことをできるよ…

「お兄ちゃん、ちょっとコレ欲しいんだけど」

弟からそう頼まれると、成宮寛貴さんは「頼まれたモノよりも、さらにちょっとだけ良いモノ」を買い与えたといいます。

その理由について「お金の大切さというか、豊かになればこういうモノを買うことができるんだよ」と。

また、弟が390円の「のり弁当」を食べていると、成宮寛貴さんは放送局から持ち帰った「叙々苑の弁当」を横でニヤニヤしながら食べたそう。

そんな何気ない瞬間に弟がみせる悔しそうな顔が「可愛かった」と語ります。

「そういう時間を弟と過ごすのが楽しかった」

のり弁当

出典:PIXTA

芸能界、向いてたのかな……

弟の結婚式の際、成宮寛貴さんはスピーチをしませんでした。

そんな自分の性分について次のように分析します。

「基本的にみんなが笑っていてくれたら僕が幸せなんですよ」

さらに不安をのぞかせる発言も。

「だからあんまり芸能界に向いてないような気もするんですけどね。前に出ていかなかったりしなきゃいけないじゃないですか。俳優に向いてるのかなぁって毎回悩んだりもします」

弟からの手紙

出典:Eerik / iStock. by Getty Images

弟からの手紙

トークが終了するとスタジオを後にし、セット裏で直立した成宮寛貴さん。

『A-Studio』お約束の笑福亭鶴瓶さんが語るコメントを聴く準備に。

すると、鶴瓶さんは胸ポケットから手紙を取り出します。

その内容は「弟が結婚式で伝えたかった手紙」。

読み上げる鶴瓶さん、それを聴いた成宮寛貴さん2人とも目を腫らしました。

~兄へ~

幼少の頃は、母が出張で留守にしがちでよく2人で留守番していましたね。

いたずら好きな兄は、寂しくないようにとよく私をからかい泣かしていました。

おかげで泣かされていた記憶が多いです。

母が亡くなった葬儀の時は、

泣いてばかりの私に

『最後ぐらいは我慢しろ。お母さんが心配で休めないぞ。これからは2人で頑張ろう』

涙をため、手を強く握りながら言っていたのを今でも強く覚えています。

2人で生活を始めてからは、家に帰れないような忙しさの中でも、

『人気商売だからここで頑張らないと』と台本片手に家を出て行く姿は本当にかっこよかったです。

当時まだ20歳くらいにもかかわらず、

兄は私に 父のように 母のように

厳しく 優しく 接してくれました。

そのおかげで私は進んでこれたのだと思います。

兄が当たり前のように 自分の青春に変えてまで

弟の私を育ててくれたことに 感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました。

これからもお身体に気をつけてがんばってください」

~弟より~

成宮寛貴

出典:Sports Nippon/Getty Images

「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」

「今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上の迷惑をかける訳にはいかない。少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません」と最後の思いを綴った成宮寛貴さんはなにを思うのでしょうか……。

【成宮寛貴さん引退の関連記事】
【ビートたけしのフライデー自虐】成宮寛貴へのアドバイスが説得力ありすぎる…!

成宮寛貴、相棒の最終回 まさかの登場にネットで感謝の声が溢れる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです