「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2016年12月14日 更新

【党派を超えたエール】難病告白の原口一博議員、安倍首相のメッセージに感激

民進党の原口一博議員が遺伝性の骨の難病と診断されたことを12月10日に告白。

安倍晋三首相から党を超えたエールがあったとツイッターで明かしています。

出典:iStock. by Getty Images

正直にご報告することがあります

正式発表は苦渋の決断

心魂に徹する

産経ニュースでは「関係者によると、骨が折れやすくなる国指定難病の骨形成不全症とみられる」と伝えられています。

骨形成不全症(こつけいせいふぜんしょう)とは

骨形成不全症とは,骨がもろく弱いことから、骨折しやすくなり、骨の変形を来す先天性の病気です。目の強膜が青くなったり、難聴が見られたりすることもあります。

2万人に1人くらいの割合で生まれるとされ、推定では、6000人程度の患者さんがおられると考えられます。

出典:難病情報センター | 骨形成不全症

安倍晋三首相から党派を超えたエール

原口一博議員の突然の難病告白には、数多くのメッセージが寄せられました。

その中には、安倍晋三首相からの励ましがあったことをツイッターで明かしています。

「政治家として難病の告白は難しい決断ですが、頑張る原口さんの姿に難病に苦しむ多くの人たちもきっと勇気づけられる事と思います。ご快復をお祈りします」

2016年10月25日
撮影:FEELY

安倍首相は機能性胃腸症に襲われたことが原因で、一度首相を辞任したといわれています。

「政治家として難病の告白は難しい決断ですが、」と心情を推測した激励メッセージ。

原口一博議員は「野党の一議員の私に」と感激。

安倍首相からのメッセージを写した一枚を添えて、病室に貼ったことを報告し、快復への固い決意をにじませました。

ネット上からも「頑張ってください。難病の辛さや不安は本当にお辛いと思います」「病気を克服した安倍総理は、今や日本の為に世界を駆けずり回って仕事してる」「メッセージの重みもひとしお」などといった激励のコメントが書き込まれました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです