「いいな」を届けるWebメディア

CM エンタメ

2017年02月28日 更新

永さん、蜷川さん、巨泉さん 蘇る3人の肉声メッセージが染みる

昭和を彩ったスター。

2016年は突然の別れが重なりました。

トミー・リー・ジョーンズ扮する宇宙人ジョーンズでお馴染みのサントリー「ボス レインボーマウンテンブレンド」のテレビCMが「なんだかグッと来た」「しみじみ」「すごいところを突いて来るなぁ」など反響を呼んでいます。

永六輔 大橋巨泉 蜷川幸雄

「この惑星の『昭和』と呼ばれる時代には濃い~奴らがいたらしい」で始まる同CMには、他界した永六輔さん、蜷川幸雄さん、大橋巨泉さんが登場。

『夢であいましょう』『上を向いて歩こう』のBGMにのせた3人の肉声メッセージで懐かしさを振り返るとともに、その思いを引き継いだ平成生まれの若者たちの前向きな姿勢を描いています。

永六輔さん(享年83)

「世の中変わっていくけども、絶対変えてはいけないものは変えない」

永六輔 サントリーボスCM

永六輔 サントリーボスCM

1933年4月10生まれ。

10代後半からラジオ番組『日曜娯楽版』(NHK)にネタを投稿しはじめ、テレビ演出の草創期に貢献。

放送作家、タレント、ラジオパーソナリティーとして幅広く活動。

計39回も出演した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)の司会・黒柳徹子さんは「永さん、永いこといいお友達でいてくださって、ありがとう」とコメントを寄せました。

『夢であいましょう』『上を向いて歩こう』の作詞を手掛けるなど、永六輔さんは数多くの名言を残しました。

大橋巨泉さん(享年82)

「人間生き方だけは、自分のチョイスでいきたいんだよね」

大橋巨泉(おおはしきょせん) サントリーボスCM

大橋巨泉(おおはしきょせん) サントリーボスCM

1934年3月22日生まれ。

放送作家として活動していた大橋巨泉さんは、深夜番組『11PM』(日本テレビ系)で司会を務め、テレビデビュー。以降、『クイズダービー』(TBS系)『世界まるごとHOWマッチ』(TBS系)などに出演。

メディア業界からセミリタイアした後は政界に進出するなど、豪快で型破りな自由人として生きました。

蜷川幸雄さん(享年80)

「やりたい事をちゃんと自己主張しなさいと」

蜷川幸雄(にながわゆきお) サントリーボスCM

蜷川幸雄(にながわゆきお) サントリーボスCM

1935年10月15日生まれ。

「世界のニナガワ」「鬼の蜷川」などの異名を持つ演出家。

『ロミオとジュリエット』(1974年)で初めてシェイクスピア作品を手がけました。

厳しいスパルタ演技指導が有名な蜷川さんは、人情的な一面を持つことでも知られています。

小栗旬さんや藤原竜也さん、綾野剛さん、成宮寛貴さん(2016年に引退)、二宮和也さんなど今や日本を代表する役者を指導し、若手の育成にも力を注ぎました。

永六輔 大橋巨泉 蜷川幸雄

画像出典:ボス『昭和』篇 60秒 トミー・リー・ジョーンズ サントリー CM(youtube.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです