「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題 エンタメ

2017年02月01日 更新

「代償がデカ過ぎる」 宇多田ヒカルさん、豊胸手術に心配

歌手の宇多田ヒカルさんがTwitterにて乳がん検診の代表的な方法「マンモグラフィー検査」についてツイート。被検者が過去に乳房を大きくする豊胸手術を行っていると、マンモ検診ができないとの説明を受けたとフォロワーに報告しています。

「乳がん検診出来なくなるとか代償がデカ過ぎる」

宇多田ヒカルさんのつぶやきは次のとおり。

宇多田ヒカルさんは乳がん検診が出来なくなる可能性について「おっぱい大きくなっても乳がん検診出来なくなるとか代償がデカ過ぎる」と心配する様子をみせています。

レントゲン撮影する際、乳房を挟むことで圧迫するマンモグラフィー検査。

プロテーゼによる豊胸手術を受けた人が行うとシリコンバックが破損する恐れや検査の精度が低下するとの理由から、日本乳がん検診精度管理中央機構は推奨しないとの見解を示しているようです。(豊胸手術を行う美容クリニックによっては、強度が強く破損する恐れがないシリコンバッグを使用していると呼びかけています)

※平成28年にけいゆう病院健診センターが発表した「日本乳がん検診精度管理中央機構の見解(要約)」

1 診断精度の低下。

2 シリコンバックの場合は、劣化などによる、バッグの破裂、あるいは当初入れた部位とは大きく異なる部位への移動などにより、撮影が安全であると保証できず、様々な危険を回避するために、現段階では豊胸術実施者に対するマンモグラフィ検診を一般者と同様の条件で受けられることは推奨できない。
従って、豊胸術実施者には原則お断りすることを、検診受診者には周知徹底する。

以上の理由から、当院に於きましても、豊胸術実施後のマンモグラフィに関しましてお断りさせていただくこととしました。ご理解とご了承お願いします。

出典:keiyu-hospital.com

宇多田ヒカルさん

出典:Brad Barket/Getty Images

宇多田ヒカルさんが投稿したツイートを受け、フォロワーからは「初めて知りました」「勉強になりました」といった声や「リスク高すぎですよね」「母親みたいな意見」「ひかるちゃんみたいな方が広めてくれたら嬉しいですね」など様々な反響が集まりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです