寝違えの治し方「ゴッドハンド輝」の簡単ストレッチ方法【動画】

大人気コミック「ゴッドハンド輝」で紹介された「首の寝違えを治す方法」が動画で公開されています。痛めた首を両腕たった4分でケアする簡単ストレッチ! YouTubeで再生回数40万回を超えた人気動画「ゴッドハンド輝の寝違えの直し方」です。

医療漫画「ゴッドハンド輝」って?

「ゴッドハンド輝」は「週刊少年マガジン」(講談社)で連載された山本航暉さんが作者の大人気コミック。

ゴッドハンド輝(1) (週刊少年マガジンコミックス)

伝説のゴッドハンド・真東光介の息子である主人公の新人外科医・真東輝(まひがしてる)は医学部を卒業後、安田記念病院に着任。「ヴァルハラ」と呼ばれる名医が集う病院を舞台に、医師として成長していく姿を描いた医療漫画です。

2009年には同名漫画を原作とし、俳優の平岡祐太さん主演のテレビドラマが放映されています。

「ゴッドハンド輝」流寝違えの治し方

その「ゴッドハンド輝」に登場した「寝違えを治すストレッチ」がYouTubeにアップされています。誰でも簡単に取り組めるストレッチのテクニック動画をわかりやすく紹介しています。

指導しているのは「かたこり整体院」の松田俊輔院長です。

 寝違えの原因は腋窩(えきか)神経

院長は動画の冒頭で、寝違えを引き起こす原因を指摘。その一つに腕をつぶした状態で長時間寝た場合、首につながった脇の下を通る腋窩(えきか)神経が圧迫されてしまうことをあげています。

「ゴッドハンド輝の寝違えの治し方」では、この腋窩(えきか)神経を圧迫したストレスの解放を目的としています。

1番目のストレッチ・体操 「後ろに腕を引いてキープ」×2セット

1.まず顔を正面に向ける
2.手首の力を抜き、ゆっくりと腕を後ろに引き上げる(左首を痛めた場合、左腕)
3.腕が止まった位置で20秒静止(キープ)させる
4.腕を下ろした後、2セット目を繰り返す

2番目のストレッチ・体操 「腰を手のひらでおさえ、ゆっくりと肘を引く」×2セット

肘を後ろに引いてる様子

1.腰(ベルトの高さに位置する)の真ん中あたりを手のひらでおさえる。(首を痛めた側の手で行う)
2.肘を後ろに引き、止まった位置で20秒キープ
3.一連の動作をもう一度繰り返す(2セット目)

キープするときは肩甲骨(脇の下の裏側)が縮むことを意識しましょう。痛めない範囲で、脇の下の筋肉を伸ばして血行を回復させます。

3番目のストレッチ・体操 「軽く曲げた腕を後ろに引いてキープ」×2セット

1.腕を90度に上げ、肘の角度は120度くらいに保つ
2.角度を保ったまま腕を後ろに引いて20秒キープ
3.一連の動作をもう一度繰り返す(2セット目)

脇の下を伸ばすことよりも、後ろ側を縮ませることに意識を向けましょう。

バランスを整えるために1~3番目の体操を逆側の腕でも行ってください。両腕を行っても、計4分(片腕120秒を両側で240秒)で実践できる簡単ストレッチですね。

効果を実感できなかった人に 対処追加バージョン「首を左右に倒すストレッチ」

これまで紹介したストレッチで、首の寝違えが治らなかった人のために追加バージョンの体操も公開されています。

1.指4本をこめかみにあてる
2.首を倒しながら、指でギューっと押し返して力を4秒間拮抗させる
3.一旦、脱力
4.この動作を3回繰り返す
寝違えてどうしようもないときは、以上のストレッチを試してみてください!