「いいな」を届けるWebメディア

日本発「絆創膏を剥がれにくくする貼り方」が海外でも話題に

ちょっとした怪我をしたとき、応急処置として一番手軽な絆創膏(ばんそうこう)。貼る前に一手間加えるだけで、剥がれにくくなり、実用性がぐっと高まるライフハックがツイッター上で話題になっています。

絆創膏(ばんそうこう)

出典:PIXTA

絆創膏の裏技を投稿したのは@ponzuyoさん。まさに目からウロコの方法は絆創膏をたすきがけにして貼るというもの。ハサミ1本で簡単にできます!(消毒したハサミを使用してください)

絆創膏をたすきがけにして貼る説明

イラスト提供:@ponzuyo(twitter.com)さん

絆創膏をたすきがけにして貼る方法(説明)

まず、絆創膏の両サイドに1本ずつ切り込みをいれます。

切込みを入れた絆創膏

下半分を左⇒右、上半分も左⇒右の順で交互に重ねていきます。このとき、接着面が交差するように貼るのがポイントです。

たすきがけにした絆創膏

この方法によって、通常よりも剥がれにくくなります!

@ponzuyoさんに画期的な貼り方を試された経緯についてお話をうかがったところ、2年ほど前の応急処置の講習会で習ったとのこと。「最近爪が剥がれ、絆創膏を使う際に思い出したので自分用に書き留めておいたものです」と回答いただきました。

日本のツイッターで大反響を呼んだ貼り方は、その手軽さや簡単さから海外メディアでも独創的な方法としてニュースに取り上げられています。

海外メディアが取り上げた絆創膏の貼り方

出典:Japanese Tweeter explains perfect way to apply a Band Aid | Daily Mail Online

知っておくと便利! 剥がれにくい絆創膏の貼り方その他

この他にも、関節が多い手指にしっかりフィットする絆創膏の貼り方を2つご紹介します。

1:指先に貼る場合

怪我した指先に絆創膏を貼っても、どうしてもサイドが浮いてきてブカブカになってしまいます。

そんなケースでは、絆創膏の中心をめがけて左右から切り込みをいれましょう。すると、浮きがちなサイドにピッタリとくっつきます。

内側は第一関節より上にして貼ると、指を曲げたときにヨレにくくなります。

2:関節に貼る場合

関節は無意識に動いてしまう部分。ちょうどその関節上に絆創膏を貼りたい場合は、接着面の端をくの字にカット。

くの字に切った絆創膏

関節を避けるように接着させてあげると、絆創膏を貼った後でも不快感なく指を曲げ伸ばしできます。

絆創膏を関節に貼った写真

【ばんそうこうの関連記事】
サビオorカットバンor絆創膏…? 実は全国で呼び方が違う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです