「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2017年02月15日 更新

「とにかく子供を殺さない」産婦人科医が父親になる友人におくったアドバイスが的確

「とにかく子供を殺さない」

産婦人科医が男性の友人に贈ったアドバイスが「素敵すぎる」「奥様から感謝状が届くレベル」などTwitter上で大きな共感を得ています。

医者と患者

出典:psphotograph / iStock. by Getty Images

出産後は不安定になりがちなお母さんの心とカラダ、その状態でスタートする育児は想像以上に大変。

旦那さんにとっては少し耳が痛いかもしれませんが、とても具体的で、現実的なアドバイスが綴られています。

「予想しているよりすごく大変で、家族のサポートがあなた以外いないので、家事などで外注できるものは外注、こだわりを捨ててとにかく子供を殺さない、生かすことだけを当面の目標に」

「週1日とか、完全に嫁がフリーで行動できる日を作る。言われる前にできることはする」

「食事はあなたが作れるものは作る。ミルク併用でいくなら夜間はあなたがあげるなどする。飲みに出かけるのは極端に減らす。嫁とのコミュニケーションをとにかく密にとろう

産婦人科医のタビトラさんが父となった友人に贈ったメッセージ。

まず優先すべきことや後回しにすべきことはなにか、そして最後はなによりも積極的なコミュニケーションの姿勢が大切だと結んでいます。

これらの力強いアドバイスはツイッター上でも「的ど真ん中」「こんな風に言ってくれる人がいたら救われただろうな」といったコメントが続々と寄せられました。

「新生児はほっといたら死ぬ 旦那はほっといても死なない どちらを優先すべきか、自明」
「とにかく子供を殺さない、に笑ったけど、本当にその通りだと思う」
「私が子育てしてるときに欲しかったな、このアドバイス」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです