「いいな」を届けるWebメディア

ちょっとグロい?テッポウウリの種子爆発がマシンガン【スロー映像】

食用のスイカやカボチャなども属しているウリ科。研究者によって分類が変わるとのことですが、約110属600種が分布しているといいます。

数ある種の中でも「鉄砲瓜」の和名がつくテッポウウリは強烈。まるでロケットを発射するシーンのように、勢いよく爆発して種子を吹き飛ばします。

テッポウウリの実

出典:PIXTA

植物マシンガン 豪快に種子を飛ばす

それっぽい効果音をつけたスロー映像。感情を持っているかのような種子と果汁の破裂ぶり。相当気が立ってます。

柄から外れた瞬間、テッポウウリが次々と種子を飛ばす光景に血湧き肉躍るのを感じます。

テッポウウリの実

出典:PIXTA

タンポポのように風には頼らないテッポウウリ。

噴出について図鑑で調べてみると、2メートルの広範囲に種子を飛ばすとのこと。なんて豪快な。

テッポウウリの果実は熱すと、ちょっとした接触刺激で果柄の付け根がはずれ、同時に果実にあいた穴から多数の種子が、果汁とともに勢いよく。2メートルあまりも上方に噴き出す。属名も種小名も「射出する、はぜる」という意味があり、和名「鉄砲瓜(てっぽううり)」ももちろんこの性質をよく表したものである。日本には大正時代に渡来し、温室内で主に観賞用に栽培される。

出典:朝日新聞社「朝日百科 植物の世界 種子植物 双子葉類7」

平均20~40の弾丸(種)を放つようです。

こちらの動画はテッポウウリの実を握りつぶして噴出させています。あんまり刺激しないで。撮影者、種飛ばしがクセになってます。

テッポウウリについて

神経が高ぶりがちなテッポウウリさんは黄色い花を咲かせます。

テッポウウリ

テッポウウリ Ecballium elaterium は、地中海沿岸から中国西部にかけて分布するテッポウウリ属のつる性多年草。テッポウウリ属はこれ1種のみが知られる。全草に毛が密生し、全長50~80センチ。巻きひげはなく、地面をはう。花は単性で雌雄同株(しゆうどうしゅ)、花は黄色で広い釣り鐘形、花冠(かかん)は5裂する。果柄は長さ3~6センチ、果実は楕円(だえん)体で長さ3~5センチ、軟らかいとげを密生する。種子は褐色で長さ3~5ミリ。

出典:朝日新聞社「朝日百科 植物の世界 種子植物 双子葉類7」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです