「いいな」を届けるWebメディア

【これは知らなかった!】 「緑」ではなく「ビリジアン」が絵の具に採用される理由

「ビリジアンって緑と違うの!?」

こんなことを小学校の頃に感じた人も多いのでは?

まず、真っ先に思い浮かべるのが『ぺんてる』の水彩絵の具。カラフルなポリチューブが印象的でした。

ぺんてる 絵の具24色

出典:『ぺんてる 絵の具 エフ水彩 WFR-24 ラミチューブ入り 24色』(amazon.co.jp)

そこに並んでいたのが、「みどり」でも「きみどり」でも「エメラルドグリーン」でもないViridian(ビリジアン)

ぺんてるが絵の具にビリジアンを採用する理由がネット上で話題になっています。

ぺんてるが、絵の具にビリジアンを選定した理由

青みがかった緑を指すビリジアンは、コバルトグリーンやグリーングレイやシャドーグリーンなど数多くある緑色の一種。別名ギネーグリーンとも呼ばれます。

ビリジアンカラーを使った絵画

出典:TrancexpressMusic / iStock. by Getty Images

ビリジアンカラーのソファ

出典:dmitriymoroz / iStock. by Getty Images

よほど色彩に関心がない小学生にとって、必要あるの? と感じてしまいますが、ビリジアンを選定したのはしっかりとした理由があったそう。

ぺんてる公式キャラクター「ルル」がツイッターで紹介しています。

ぺんてる公式キャラクターの相方「ペペ」もびっくり!

ビリジアンは混色で様々な色調を表現することができるそう。

でも、その逆は無理!との答え。

ツイッター上でも、

「へーー」
「知らなかった…」
「ビリジアンが緑だと思ってた」

など目からウロコ的な感想が集まっています。

さらに、ぺんてる絵の具の雑学として「レモンいろ」や「マゼンダ」についても説明しています。

長年の謎が解けてスッキリ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです