「いいな」を届けるWebメディア

エンタメ

2017年04月04日 更新

リースウィザースプーンがブタ・ロジータ役でテイラーやケリーを熱唱【SING/シング】

3月17日に公開したユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントによる映画『SING/シング』。愛くるしい25匹の子豚を育てる母親ロジータ(ブタ)の声優を務めたのは、アカデミー主演女優賞にも輝いたReese Witherspoon(リース・ウィザースプーン)。マシュー・マコノヒー(バスタームーン・コアラ)、トリー・ケリー(ゾウ・ミーナ)、スカーレット・ヨハンソン(ヤマアラシ・アッシュ)ら声優キャストと『SING/シング』で共演したオスカー女優リース・ウィザースプーンの役どころはなんと専業主婦。※日本語吹替え版の声優は坂本真綾さん

ロジータ(ブタ)とリース・ウィザースプーン

(C)Universal Studios

「イギー、ペリー、カーラ、ゲイル、ローリー、ミッキー、モー、ネルソン、ハンナ、テス、キャスパ……。フゥ…」

映画『SING/シング』字幕版の吹き替えロジータ役を務めたリース・ウィザースプーン。YouTube上に公開されたアフレコ風景の映像では、25匹の子ども(子豚)の名前を呼びながら送り出し、ため息をつく献身的な専業主婦のキャラクターが描かれています。

家族に尽くすロジータ(ブタ)が密かに抱いているのは歌手の夢。諦めきれず、家事の合間を縫ってバスター・ムーン(コアラ)が主催したオーディションに参戦。リース・ウィザースプーンは、インタビューで「やらなきゃならない時やトライするだけの勇気が必要な時もある」と力強いコメントを寄せています。

合格後は、ド派手でセクシーな衣装に抵抗をみせたり、「体がついていかない」とダンスに戸惑い、一度は挫折してしまったものの、奮起。コンビを組んだブタのグンター(ニッククロール・トレエン斎藤)に励まされながら、テイラー・スウィフト『Shake It Off』やケイティ・ペリー『Firework』を歌い上げます。

グンターが「音楽に身体をまかせろ!」とアドバイスしたように、自然と足が動き始めたスーパーでのショッピングシーンは、ロジータの新たな才能が開花したシーン。まさにファイアーワークのごとくステージで輝くラストは必見です。

スーパーで踊り始めるロジータ(ブタ)

(C)Universal Studios

リース・ウィザースプーン自身は、テイラー・スウィフトやケイティ・ペリーら歌姫に謙遜したようですが、イルミネーションCEOクリス・メレダンドリは、「観客は思わず応援したくなる」「釘付けになる」と太鼓判。

豚のグンターとロジータ(映画SINGのワンシーン)

(C)Universal Studios

3児の母・オスカー女優リース・ウィザースプーンが、ロジータ(ブタ)役でみせた母性本能と頑強な意思に注目です。

【映画『SING/シング』他の声優(日本語吹替え版)】

SINGアッシュ役・長澤まさみの堂々としたロックナンバーの歌声に絶賛の声

ゴリラ・ジョニー役 スキマスイッチ大橋卓弥がSINGでサム・スミスを再現

ネズミ・マイク役 山寺宏一の渋くてダンディーな歌声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです