「いいな」を届けるWebメディア

エンタメ

2017年04月07日 更新

映画『SINGシング』レッサーパンダーのユニットがきゃりーぱみゅぱみゅの歌を使用!

映画『SING/シング』できゃりーぱみゅぱみゅさん(動物レッサーパンダ)の歌が起用された理由、使用楽曲や登場シーンについて。

映画『SING/シング』は、動物たちがそれぞれの夢を追いかけ、歌を通じて成長していく物語。劇中ではコアラ(バスター・ムーン)やゴリラ(ジョニー)、ブタ(グンターロジータ)、ヤマアラシ(アッシュ)ネズミ(マイク)ゾウ(ミーナ)といったさまざまな動物キャラクターが登場。

その中でレッサーパンダによる5人組ユニット「キューティーズ」によって披露されるのが、日本から世界にポップカルチャーを発信し続けるきゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲。本編ではきゃりーぱみゅぱみゅさんの『きらきらキラー』『にんじゃりばんばん』『こいこいこい』3曲が使用されています。※海外キャストが歌唱しています

きゃりーぱみゅぱみゅとリース・ウィザースプーン

(C)Universal Studios.

きゃりーさんの起用理由

ガース・ジェニングス監督は以前からきゃりーぱみゅぱみゅさんを知っており、ファンだったそう。興奮気味に、ミュージックビデオを称賛し、これまでに目にしたどの衣装よりも素敵と伝えています。

音楽監修を務めたハーヴィー・メイソンJr.は歌を起用した理由について、エネルギーに溢れている、楽しい、ハッピーな雰囲気を持っていると印象を語り、だからこそ「監督がキャラクターの個性や外見に合うと考えたんじゃないかな」と説明しています。

映画『SING』の動物たち

(C)Universal Studios.

映画『SING/シング』が全米公開される目前の12月21日にロサンゼルスで行われたワールドプレミアに日本から唯一の招待ゲストとして参加したきゃりーぱみゅぱみゅさん。

きゃりーぱみゅぱみゅさんは、マシュー・マコノヒー(コアラのバスター・ムーン)やジェニファー・ハドソン(ヒツジのナナ)、タロン・エガートン(ゴリラのジョニー)、リース・ウィザースプーン(ブタのロジータ)、トリー・ケリー(ゾウのミーナ)、そしてアリアナ・グランデとコラボしたエンディング曲を歌うスティーヴィー・ワンダーらとレッドカーペットを歩き、交流しました。

スティーヴィー・ワンダーとトリー・ケリー

(C)Universal Studios.

マシュー・マコノヒーとタロン・エガートン

(C)Universal Studios.

映画『SING』で歌われたきゃりーさんの楽曲は3曲

日本が誇るアーティストきゃりーぱみゅぱみゅさんの使用楽曲は名曲『にんじゃりばんばん』をはじめ『こいこいこい』『きらきらキラー』。J-POPぽい雰囲気を醸し出すレッサーパンダのユニット・キューティーズは英語ができず日本語を話します。

きゃりーぱみゅぱみゅとリース・ウィザースプーン

(C)Universal Studios.

オーディションで落選したにもかかわらず、キューティーズはそれを理解していない?ようで、劇中の随所で練習シーンが映し出されます。そして、コアラのバスター・ムーンとみせる微妙なミスコミュニケーションがコミカルで笑いを誘います。

『にんじゃりばんばん』

あたふたして「君たちは帰って」と指示するバスター・ムーンに、「恋して にんじゃりばんばん♪」とゆるく歌うキューティーズの光景が対照的。きゃりーぱみゅぱみゅさんの名曲ちゃんばらソングです。

『にんじゃりばんばん』で健気に練習するレッサーパンダが可愛い……。

『きらきらキラー』

キューティーズがオーディションで歌った曲が『きらきらキラー』。

チアガールが応援するように「L.U.C.K.L.U.C.K.」の歌詞で歌いだし、「Kira Kira Killer, lucky lucky lucky」とラッキーをテーマにした曲。auのテレビCMにも起用されています。

『こいこいこい』

2014年にリリースされた『こいこいこい』。グリコ「アイスの実」のテレビCMで使用されています。

中世ヨーロッパの衣装に童謡風の世界観で描かれた楽曲。

「こいこいこい 濃い目の恋 と~ろりとろとろ 恋の味」の歌詞が耳に残る人も多いのでは?

ちなみに動物はレッサーパンダ

きゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲を歌うカラフルな5人組グループは、アライグマではなくレッサーパンダと発表されています。

レッサーパンダ

出典:PIXTA

字幕・日本語吹替え版ともに豪華声優キャストが出演する映画『SING/シング』の公開は3月17日。

他のアーティストの歌や楽曲は以下の記事にて。
映画『SING/シング』楽曲・挿入歌を動物・声優別に解説!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです