「いいな」を届けるWebメディア

エンタメ

2017年04月07日 更新

映画『SING/シング』 内村光良のバスター・ムーン(コアラ)声優に共感の声

字幕版・日本語吹替え版ともに声優が豪華だと話題の映画『SING/シング』。公開から3週連続で1位を獲得するなど、リピーターが続出しています。

『SING/シング』の主人公はコアラのバスター・ムーン。倒産寸前のオンボロ劇場の支配人であり、日本語吹替え版で演じたのは内村光良さん。

内村光良さんの他、動物の主要キャラクターは、アッシュ(ヤマアラシ)役の長澤まさみさんジョニー(ゴリラ)役のスキマスイッチ大橋卓弥さんマイク(ネズミ)役の山寺宏一さんグンター(ブタ)役のトレンディエンジェル斎藤司さんミーナ(ゾウ)役のMISIAさんロジータ(ブタ)役の坂本真綾さんらが声優を務め、有名アーティストの曲や歌を歌います。

バスター・ムーン(コアラ)の声を収録する内村光良さん

(C)Universal Studios

バスター・ムーン(コアラ)声優は内村光良さん

内村光良さんが声優を務めた主人公のバスター・ムーン(コアラ)は、倒産寸前の劇場を立て直すために開催した歌のオーディションを開催。歌にかける希望や夢を捨てきれない動物たちの才能を見極め、スターを発掘します。

超楽観的な性格ですが、ショーへの情熱は人一倍強いのがバスター・ムーン。問題児ばかりの動物たちをまとめあげるひたむきな姿に共感を覚える鑑賞者も。

これまで、お笑い芸人でいながら、俳優や映画監督としてもマルチに活躍してきた内村光良さんですが、初めて挑戦したハリウッド映画の吹替えは「やっぱり声優さんって違うな、プロって違うな」「でも勉強になりました」と振り返り、「(長澤)まさみちゃんが上手いですから、私は素人ということで観てください」とコメントし、長澤さんを困らせていました。

バスター・ムーンを演じるにあたり、彼のテンションの高さに気をつけたという内村光良さん。確かにオリジナル版では、ハリウッド俳優マシュー・マコノヒーが演じているバスター・ムーンが甲高い声でハイテンションにしゃべっています。

オリジナル版はマシュー・マコノヒーが務める

映画『SING/シング』オリジナル版では、アカデミー賞俳優Matthew David McConaughey(マシュー・デヴィッド・マコノヒー)が主人公バスター・ムーンの声優を担当。

マシュー・マコノヒー

(C)Universal Studios

※アフレコ風景の映像

マシュー・マコノヒーは「最後には劇場の存続ではなく、友情や歌への愛がすべてになる」と映画を振り返っています。

マシュー・マコノヒーとバスター・ムーン(コアラ)

(C)Universal Studios

内村さんのバスター・ムーンは運命的

ポジティブすぎて周囲の動物を振り回すこともあるけれど、お茶目で憎めないキャラクターのバスター・ムーン。

彼が全身を泡だらけにしてモップ代わりに洗車するコミカルな姿や軽快な話ぶりで口喧嘩を制する姿、「もう行き先は1つしか無い!」とみんなの背中を押す行動には、「内村さんと重なる!」という声が多数上がっています。

ピンチでも前向きに夢を追い続ける姿勢、そしてコミカルな動きと軽妙な会話でみんなを引っ張っていくその姿がぴったりと重なり、バスター役は内村光良さん以外に考えられないほど。

「バスター・ムーンは、わがままだけど誰のことも否定しない」

中には、内村光良さんが監督・脚本をつとめた映画『ボクたちの交換日記』のストーリーにも触れ、内村さんがバスターの声優を担当したことが「運命的」と評する人もいました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです