「いいな」を届けるWebメディア

CM

2017年04月19日 更新

提供:大東建託株式会社

ふたり暮らしを始めて直面するあれこれ 「思ってたのと違う!」【PR】

なんか違う…

ずっと憧れていた、ふたり暮らし。

でもいざ一緒に住んでみると、自分では常識だと思っていたことが、相手にとっては違った…ということにたびたび出くわします。

あなたもこんな経験、ありませんか?

一緒に暮らしてはじめてわかる、すれ違い

はやく帰るって言ったのに

31308_11

帰りが遅くなるという突然の連絡。「すみません」と平謝りの彼に、余計にイラッとくる。

男女の些細な違い

31308_01

便座が上げっぱなし。親しい仲とはいえ、ちょっとした気遣いがほしいところ。

ドアの閉め忘れ

31308_02

さっき閉めたはずなのに、またドアが開いたまま!

生活リズムのズレ

31308_03

一緒に寝たいのに、夜遅くまでパソコンに夢中な彼。

ちょっとした価値観の違いは仕方ないと思いつつも、やっぱり寂しさを覚えてしまうのが女心というもの。

31308_05

一緒に住むって、こういうことなのかな

彼氏と同棲を始めて直面した、様々なギャップに戸惑うこちらの女性。

そんな中、彼女は部屋の中で『あるもの』に気付いたのでした…。

思い出がつまった大切な部屋

他人同士が同じ屋根の下で暮らすと、お互いの価値観の違いに息苦しくなることもあります。

そんな中、「ただいま」「おはよう」を言い合えたり、今日一日のできごとをとりとめもなく会話したり、ささやかな幸せを感じる瞬間が。

31308_10

俺、帰り遅いときがあるから、ここに仕切りがあったほうがいいよね。

31308_09

飾り棚に、これ置いてみない?

同棲を決めて、引っ越し準備をしたり、インテリアを選んだり、一緒にいるのが楽しくて仕方なかったあの頃。

2人でこだわって作りあげた思い入れのある部屋なら、これからの暮らしもきっと楽しいはずです。

31308_12

暮らし始めた頃のわくわくした気持ちを思い出すと、「やっぱり2人の方が楽しいかも!」そんな風に思えるかもしれません。

自分とは違う価値観の発見を楽しんでしまうくらい、ふたり暮らしを満喫できたらいいですね。

2人でこだわった部屋なら、きっとこれからも楽しい。

提供:大東建託株式会社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです