「いいな」を届けるWebメディア

エンタメ ニュース

2017年05月22日 更新

キングスマン続編「ゴールデン・サークル」の日本公開が決定【画像・動画】

人気スパイアクション映画『キングスマン』の続編『Kingsman: The Golden Circle』の日本公開が決定しました。(前作は2015年公開)

発表された邦題は『キングスマン:ゴールデン・サークル』。タロン・エガートン演じる主人公エグジーやマーリン(マーク・ストロング)など前作メンバーに加わる新キャストも公式に発表。監督は『キック・アス』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』などを手がけたマシュー・ヴォーンが続投です。

エグジーを演じたタロン・エガートン

公開されたエグジーのオレンジのタキシード姿

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ハリーを演じたコリンファース

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

エグジーを演じたタロン・エガートン

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

英国紳士が常識を吹き飛ばす痛快スパイアクションとして全世界興行収入4億ドル(約440億円)のメガヒットを記録した前作。

ロンドンの高級テーラーの実態は世界最強のスパイ機関。今回もスマートな紳士がみせるアクションやギミック満載のアイテムは必見です。

続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』のストーリーは、謎の敵「ゴールデン・サークル」の出現により始まります。

攻撃により壊滅したスパイ機関「キングスマン」。残ったのは労働者階級のチンピラから一流のエージェントへと成長したエグジー(タロン・エガートン)と教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみ。

スパイ機関「ステイツマン」の協力を得るためにイギリスからアメリカへと渡る2人。

英国文化の「キングスマン」とアメリカンな「ステイツマン」。文化の違いを乗り越え、「ゴールデン・サークル」に立ち向かいます。

ジェフ・ブリッジス

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

新たに登場するスパイ機関「ステイツマン」のメンバーを演じるのはハル・ベリー(ジンジャー役)、チャニング・テイタム(テキーラ役)、ジェフ・ブリッジス(シャンパン役)ら豪華キャスト。

「ゴールデン・サークル」のボスはジュリアン・ムーアになんと人気歌手のエルトン・ジョンが出演!さらに、ハリー(コリン・ファース)も死から復活。(『キングスマン:ゴールデン・サークル』公開日は未定)

ハル・ベリー

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

チャニング・テイタム

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです