「いいな」を届けるWebメディア

エンタメ

2017年08月04日 更新

桐谷美玲、東大卒の性格ブス役で総理大臣を目指す

女優の桐谷美玲(きりたにみれい)さんが今冬に公開される映画『リベンジgirl』にて、2年ぶりに主演を務めることが発表されました。(映画の公開日は2017年12月23日)

桐谷美玲さんが映画『リベンジgirl』で演じるのは24歳の宝石美輝(たからいしみき)。

美しく輝く宝石、宝石美輝は東大首席ミスキャンパスグランプリ1位の輝かしい経歴の持ち主である一方、極度の性格ブス。

大失恋をきっかけに、女性初の総理大臣を目指すという壮大な「リベンジ」を誓うストーリー。型破りなヒロイン役を演じます。

桐谷美玲

提供写真

原作は清智英さん・吉田恵里香さんの『リベンジgirl』(KADOKAWA刊)。

監督は三木康一郎(みきこういちろう)さん。バラエティ番組のディレクターとして活躍し、映画監督としては昨年のヒット映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』をはじめ『覆面系ノイズ』、『旅猫リポート』などの作品を手がけています。

桐谷美玲さんからのメッセージ

桐谷美玲さんは、別冊マーガレット連載のコミックを実写化した映画『ヒロイン失格』以来約2年ぶりとなる映画出演。

『ヒロイン失格』で女子高校生を演じてからの総理大臣を目指す本作の役について、時の流れ、面白さを感じるとのコメントを寄せています。

「明るく、はきはきとしたキャラクターをテンポよく演じていきながら、頑張る女子の背中を押すような作品に出来たらと思います。楽しみにしていてください」

映画『リベンジgirl』の公開日は12月23日です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです