「いいな」を届けるWebメディア

エンタメ 社会

2017年08月09日 更新

「ショートにしたい方へ」病の過去明かしたダレノガレさん、呼びかけに称賛の声相次ぐ

ダレノガレ明美さんが髪を30㎝以上カットし、ショートヘアに。

美しいロングヘアの印象が強かったダレノガレさんの見事なイメチェン。

ファンからは「似合ってます」「美しい」などの感想が寄せられました。

病気の過去を明かし、髪の毛の寄付を呼びかける

ダレノガレさんは、スッキリしたショートヘア姿を自身のインスタグラムで披露すると共に、ファンに向けて「ヘアドネーション」の呼びかけを行いました。投稿文には、病の経験も明かされています。

「ヘアドネーション」によって、副作用などで髪の毛を失った人が、医療用のウィッグ(かつら)として再利用することができます。

実際、ダレノガレさんの呼びかけによって、多くの協力があったそう。今回も寄付を試みたことをツイッターで報告し、感謝と喜びを伝えました。

8日放送の『PON!』(日本テレビ系)は、病気にかかった幼い頃の経験から呼びかけをしたと訴えるダレノガレさんのメッセージを紹介。

ダレノガレさんが紹介したヘアドネーションプロジェクトのサイトでは、「ウィッグを待ち望んでいる子どもたちが大勢いる」との現実、そして「31cm以上の長さがあること」といった条件が記されています。

過去には女優の柴咲コウさんもインスタグラムで寄付したと報告しています。

髪の毛の寄付をしました #ヘアドネーション #JapanHairDonationAndCharity

柴咲コウ Ko Shibasakiさん(@ko_shibasaki)がシェアした投稿 –

また、昨年10月20日には、小林麻央さんも「ヘアードネーション」と題したブログで、寄付できなかったことが心残りと、悔む気持ちをつづっていました。

髪の毛を寄付するヘアードネーション。

抗がん剤を始める前に
長い髪を切ったとき、
思い立てばよかった。。。
これが、いつも、心残りで残念なのです。

出典:小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」Powered by Ameba

小林麻央さん

出典:Photo by Sports Nippon/Getty Images

認知が広がりつつあるものの、まだまだ知られていないヘアドネーション。

支援方法を呼びかけ、きっかけをつくったダレノガレさんの一連の投稿には「はじめて知った」「ダレちゃんエライ!」「是非ヘアドネーションを考えて欲しい」などの声が寄せられました。活動が知られ、1人でも多くの人に届くといいですね。

画像出典:@darenogare.akemi(ダレノガレ明美さんのインスタグラム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです