「いいな」を届けるWebメディア

エンタメ

2017年08月31日 更新

武井壮、“告白ハラスメント”を一蹴!「恋愛って、そういうことじゃない」

8月28日放送のワイドショー番組『バラいろダンディ』(TOKYO MX)にコメンテーターとして出演した武井壮さん。

“告白ハラスメント”について「どうしようもねぇこんなの」と一蹴する一幕がありました。

身勝手な告白は、告ハラ

「男からの愛の告白はセクハラか!?」

スタジオでは『ダイヤモンド・オンライン』の記事を題材に議論。

段階を踏まない告白を不快に感じる女性が増えているとし、この現象について次のテロップで紹介しています。

・女性にとって勝算のない告白をされるのは不快な告ハラ!?
・大人の告白には「資格」がいる
・ガチ告白は高校生まで

スタジオで議論

まず、倉田真由美さんが「OKもらえるかもらえないか分からない状態なら、しないほうがいい」「関係性を重ねて、『これならいけるな!』ってなってからいったほうがいい」とアドバイスをおくります。

その一方、梅宮アンナさんは「(段階は)別に」と意に介さない様子。

そのワケについて「(段階の)境界線がわからない」と疑問視。さらに「私は言われたいな」と願望を口にします。

「逆を考えてみなさいよ」

武井壮

写真:MANTAN / アフロ

「嫌なコトも嬉しいコトもあるわけじゃない。みんな」

意見を求められた武井さんはこれに対し、憤慨した様子で語り出しました。

「逆を考えてみなさいよ。あなたが好きになった人に告白したら『君、それは告白ハラスメントだよ』って言われた時の気持ち、考えてみなさいよ」

さらに語気を強め、訴えます。

「例えば、俺らが告白して、あんまり好きじゃない女の子で。『うわぁ…。ちょっと嫌だなぁ…。これハラスメントだよなぁ。訴えます』って言ったらどう思う?」

最後は「そういうことじゃないよね? 恋愛ってさ」と問いかけ、バッサリ。真っ向から立ち向かいました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです