「いいな」を届けるWebメディア

エンタメ

2017年09月12日 更新

マツコ、不倫バッシングに疑問 「悪口を楽しんでるんじゃなくて…」

昨今の不倫騒動についてマツコ・デラックスさんが意見しました。9月11日放送の情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)にて、その考えを述べています。

番組のコーナー「夕刊ベスト8」では、夕刊フジの記事を取り上げます。不倫疑惑が報道され、民進党を離党した山尾志桜里議員について、説明責任を果たしていないとして高まる批判、一方、タレントのイメージ商売とは異なり、「政治家の不倫に説明責任は必要ない」とする意見を紹介します。

人生を終わらせてしまう

マツコさんは「基本的に、悪口が楽しいんですから。人間っていうのは…」と前置きし、スキャンダル報道が過熱する流れについて「ちょっと叩きすぎだよ!って思うんだよね」とコメント。

そう感じる背景について続けます。

「悪口を、みんなで陰で言い合って、楽しませてもらってるから、『ありがとう』で終わらせておけばいいのに、その人の人生を終わらせてしまうくらい、根こそぎやっちゃうじゃない? いま」

「だからもうさ。悪口を楽しんでるんじゃなくて、人殺しを楽しんでいるようになっちゃってるよね」

マツコ・デラックス

出典:Sports Nippon/Getty Images

ネット上の陰口にも訴える

この日はゲストコメンテーターとして、女装家のナジャ・グランディーバさんも出演。

マツコさんはナジャさんをみつめながら、「(ネット上の)陰口の内容も、女装の楽屋で飛び交っているような“オシャレな文言”はないよね? あそこに」。

ナジャさんが「トドメをさしている感じ」と同調すると、マツコさんは「みんな、もうちょっとオシャレになってほしい。陰口を叩くにしても」と、たしなめました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです