「いいな」を届けるWebメディア

沼津市のセブンイレブンで渡された『レジ袋』→「有能すぎるでしょ!」と話題に

Twitter上で静岡県沼津市のセブンイレブンで渡された「レジ袋」を写した投稿が話題になりました。

レジ袋に印字されていたのは…<この袋は沼津市のごみ袋として利用できます。>

「便利!」「全国でもやって!」

静岡県沼津市のコンビニのレジ袋(この袋は沼津市のごみ袋として利用できます)

写真:FEELY

静岡県沼津市のコンビニのレジ袋(この袋は沼津市のごみ袋として利用できます)

写真:FEELY

レジ袋がそのままゴミ袋として使える仕組み。

投稿されると、「なにこれ超有能!」といった羨む声が続々と書き込まれます。

沼津市に聞きました「沼津市民にとっては、いまさらという感じですが…」

すばらしいアイデア・制度。沼津市の生活環境部ごみ対策推進課に話をうかがいました。

いつから? 平成11年から続く

「ゴミを出す際、指定袋を使う制度が始まったのは平成11年(1999年)からです。同時に、レジ袋を指定袋として利用できるようにしました」

沼津市民にとっては一般常識化されている制度とのこと。このタイミングで話題になったことに対して、やや戸惑いの様子でした。

どの袋を使うかは店の判断

コンビニだけでなく、スーパーやホームセンターなども扱う指定袋。しかし、対応するかは店の判断。

そのため、同じセブンイレブンのレジ袋であっても、指定袋の文字がプリントされていない店舗も存在します。「便利」「ありがたい」といった客のニーズに応える意味では、店側にとっても扱う意義があるのではとのことです。

また、沼津市に認定申請を行い、許可を得たレジ袋のみが指定袋になります。具体的には、素材がポリエチレン製であること、中がみえる半透明であることなど一定の基準を満たす必要があると話します。

他の自治体ではできない可能性も

便利すぎる制度ですが、前提があるようです。自治体によっては、指定したゴミ袋の代金に手数料を上乗せし、処理を有料にしているとのこと。ただ、沼津市ではゴミ処理の手数料を有料化していないため、この取り組みができるそうです。

お隣の清水町も同じ取り組み

沼津市が先がけてスタートした制度ですが、清水町も同様の指定袋をコンビニ・ドラッグストアなどで配布しています。良い取り組みは共有されていく自治体ならではの流れですね。

静岡県清水町のコンビニのレジ袋(この袋は清水町のごみ袋として利用できます)

写真:FEELY

静岡県清水町のコンビニのレジ袋(この袋は清水町のごみ袋として利用できます)

写真:FEELY

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです